月別アーカイブ: 2015年2月

「オーラ」の大きさは変化します

「オーラ」の大きさは変化します

梅の木にメジロがいました

オーラの大きさ(出ている量)は、いつも同じではありません。

では、実際に試してみましょう。
協力者の方に反対向きに立ってもらいます。
手のひらを協力者の頭頂部に近づけ、身体から1番目のオーラ(意識体A 顕在意識)を探します。

もし、1番目のオーラが身体から近すぎて、実感しにくい場合は2番目のオーラ(意識体B 潜在意識・アカシックレコード)でも構いません。

頭頂から何cmくらい離れたところにあるか、よく覚えておいてください。

次に、協力者に、今までで、ものすごくうれしかったこできごとを思い出してもらいます。
思い出せたら、1〜2分くらい、その余韻に浸っていてもらいます。

再度、協力者のオーラを手のひらで見つけてみてください。
先ほどと比べると、頭頂からかなり離れた位置にオーラを見つけることができましたでしょうか?

オーラは感情や心の状態などによって、瞬時にその大きさ(出る量)が変わるのです。

次に鉱物で、オーラの変化を体験してみましょう。

水晶をテーブルの上においてください。
手のひらをかざして、オーラを感じるところを見つけます。
水晶から何cmくらい離れたところで感じたかをよく覚えておいてください。

次に水晶を太陽の直射日光に当ててください。
できれば晴天の日に、屋外に出したほうがより効果的です。
3〜4時間放置したら、再び室内に入れてください。

そして再度、手のひらをかざして、オーラを感じるところを見つけてください。
どうですか?
先ほどよりオーラの出方が大きくなったことを感じていただけましたか?

オーラの大きさ(量)は、刻々と変化するということを実感していただけたと思います。

スピリチュアルカウンセリングで、オーラリーディングも行っています。詳しくはホームページをご覧ください。

「オーラ」は人間だけにあるのではない

オーラは人間だけにあるのではない

梅が8分咲きになりました

前回までで、オーラを見ることができた方は、オーラを見る対象を人間以外にも広げてみましょう。

ペットを飼ってらっしゃる方は、ご自分のワンちゃんやネコちゃんを白っぽい壁の前に移動して、体の外側数センチのところを見てください。

半透明で白っぽいオーラが見えますか?
ペットはなかなかじっとしてくれないのですが、動くとオーラが少し引っ張られるようにして、ペットと一緒に移動していくのが見えると思います。
手のひらでオーラを触ってみましょう。そしてその感触を覚えておきましょう。

次は鉱物のオーラを見てみましょう。
宝石や石などをいくつか、テーブルの上において、じっと見つめてください。
ペットよりは外側への出方が小さくなりますが、オーラがあるのがわかると思います。
水晶を持っている方は、他の石のオーラと比べてください。
他の石よりも大きく出ていませんか?
それぞれのオーラを触って、感触の違いを覚えておきましょう。

植物や金属のオーラも見て、触ってください。
ありとあらゆるものに出方の大小はあるけれども、オーラがあることに気づいていただけると思います。

オーラの感触がそれぞれ違うこともわかっていただけたと思います。
これは、波動の違いです。

つまり、「すべてのものにオーラがあり、すべて波動を持っている」ということなのです。

協力者の「オーラ」を見てみよう

協力者の「オーラ」を見てみよう

シャクナゲのツボミがこんなに大きくなりました

今日はいよいよ、本格的にオーラを見てみましょう。
前回の青空を利用する方法に比べて、難易度が上がりますので、人によって、今からご紹介するステップのどこまでを見ることができるか、かなり差が出ると思います。

では早速やってみましょう。
今回は協力者が必要です。ご家族やお友達、誰でも結構ですので、お願いしましょう。

お友達に真っ白な壁の前に立って、または座ってもらいます。

壁はなるべく光沢のない、マットな素材が理想です。
ホワイトボードでもできますが、光沢があるので、少々難しくなります。

協力者の周囲から物をどけましょう。
特に色のついたものは可能な限り片付けます。1.5m以内には物がないようにしましょう。

あなたは協力者から2mくらい離れます。
協力者が立っている場合は、あなたも立ってください。協力者が座っている場合は、あなたも座ってください。

Step1
協力者の頭頂部のやや外側をじっと見つめてください。
頭頂から2〜7cmくらい離れたところがうっすらとやや白っぽく半透明なものが見えますか?
もし見えたのなら、それがオーラです。

見えないのなら、もっと頑張って見続けましょう。
ポイントは視線を動かさないことです。
人によっては注視するよりも、ぼんやりと見たほうがうまくいくことがあります。
・・・私の場合は、注視したほうが良く見えます。
見えるようになるまで、2〜3分かかるかもしれません。がんばって見続けてください。

Step2
頭頂部の外側2〜7cmに半透明のものが見えた人は、さらに見続けてください。
やがて、その半透明に色がついてくると思います。
青、黄色、緑・・・どんな色が見えますか?

色が見え出したら、視点を顔の左横側に動かしてみましょう。
色が見えてきましたか?
頭頂部の色と同じですか?違いますか?

顔の左横側に色が見えたら、左肩に視点を移動しましょう。
同じように色が見えてきましたか?何色ですか?

見えたら今度は左腕の外側に視点を動かしましょう。
色が見えましたか?何色でしょうか?

ここまでできたら、同じ要領で、顔の右横→右肩→右腕とやってみてください。

ここまで全部できたら、Step2の終了です。
Step1と2では意識体A(顕在意識)を見ていたのです。

Step3
今度は、頭頂から10〜40cmくらい離れたところを見てください。
半透明に見えますか?
これはStep1よりも難易度がグッと上がります。

Step4
頭頂から10〜40cmくらい離れたところに半透明のものが見えた人は、さらに見続けてください。
色が見えだしましたか?

頭頂部の色が見えたら、Step2と同じ要領で、左顔→左肩→左腕→右顔→右肩→右腕という順番に色を見ていきましょう。
ここまでできる人はすごく少なくなると思います。
Step3と4で見ていたのは意識体B(潜在意識・アカシックレコード)です。

もし、Step1が見えなかったからといって、がっかりしないでください。
ひたすら練習あるのみです。
Step2までは見えたけれども、Step3は見えなかったという人も同じです。
練習を重ねればやがて見えてきますのでご安心ください。

次回は、「オーラは人間だけにあるものではない」というテーマで書かせていただこうと思います。

スピリチュアルカウンセリングで、オーラリーディングも行っています。詳しくはホームページをご覧ください。

青空を利用して「オーラ」を見てみよう

青空を利用して「オーラ」を見てみよう

タンポポが咲いているのを発見!春が近づいています。

前回のブログで、「オーラを触ってみよう」という内容を書かせていただきました。
実際に試していただいた方、オーラの感触、わかりましたか?

今日はいよいよ、オーラを見てみましょう。

オーラを見るのには少なからず訓練が必要ですが、今日ご紹介する方法でしたら、ほとんどの方がすぐに見ることができると思います。
協力者も不要ですので、簡単にできますよ。

天気の良い日に、外に出てください。
そして、なるべく雲のない青空の部分を探します。
その方向に向けて、自分の手のひらを広げて、じっと見ます。

すると、指の外側に、7〜8mmくらいの太さで、やや白みがかった半透明の輪郭線がありませんか?
その輪郭線をさらにじっと見続けてみましょう。
やがて、細かい粒々がキラキラと光り出しくるのが見えるはずです。

これが確認できたら、人差し指と親指でOKマークを作ってみてください。
そして、人差し指と親指をゆっくりと離してください。
指と指の間のキラキラが粘着性の物体のように、伸びていって、やがてプツンと切れるのが見えると思います。

どうですか?
見えましたか?

そう、これがオーラなんです。
・・・感動しました?それとも、子供の頃見たことがあると思った人、いますか?

オーラって、体のどこにでもあるんです。
それと、オーラ同士が近くにあるとくっ付き合う、という性質があるのも、わかってもらえたと思います。

これは、他の人と近づくとと、その人のオーラと自分のオーラがくっつき合うということを示しているのです。例えば、電車のイスに座るときなどです。このことは、いつか機会があったら、書かせていただこうと思います。

次回は、協力者のオーラを見る方法をご紹介します。

ヒーリングで、オーラリーディングも行っています。詳しくはホームページをご覧ください。

「オーラ」を触ってみよう

オーラを見るのには少々訓練が必要ですが、触って感じることは誰でも、すぐにできると思います。
・・・私の経験では、体感できなかったという人は今までいませんでした。

まずは誰か協力者を探してください。
お友達、家族、誰でも良いです。

協力者が見つかったら、その人に背中を向けて立ってもらってください。

あなたは協力者から3m位離れた位置で、両方の手のひらを協力者の方に向けて広げ、自分の胸のあたりで固定してください。

「オーラ」を触ってみよう

こんな感じで手のひらを開き、胸の高さで固定します。

そして、ゆっくりと一歩ずつ、時間をかけて近づいていきます。

すると弾力を感じるところがあるはずです。
そこが、協力者の一番外側のオーラである意識体C(超意識)です。
協力者の背中からの距離はどれくらい離れているでしょうか。覚えておいてください。

さらに、少しずつ近づいていきます。
また弾力を感じるところがあるはずです。
そこが、外側から2つめのオーラ、意識体B(潜在意識・アカシッックレコード)です。
この距離も覚えておきましょう。

協力者にかなり近づいているはずなので、今度は手だけを近づけていきましょう。
さらに弾力を感じるところがあれば、そこが意識体A(顕在意識)です。
しかし、意識体Bと意識体は距離が近すぎるので、手で感じとれないことも多いです。

さあ、どうでしょうか。
オーラを手で感じることができましたか?
協力者に、どれくらい離れたところで、弾力を感じたか教えてあげてください。
「本当にオーラってあるんだ」と感動しますよね。

交代して、オーラを感じた距離の差をシェアするのも楽しいですね。

次回は、オーラを見るための訓練方法をご紹介します。

ミディアムシップで、オーラリーディングも行っています。詳しくはホームページをご覧ください。

follow us in feedly