月別アーカイブ: 2015年8月

「霊格向上と陥りやすいワナ」優越感

「霊格向上と陥りやすいワナ」優越感

プルーンの実がなりました

自分の霊格を高めたいと思った時に陥りやすいワナについての連載です。
今日は「人の霊格を判断して、優越感にひたらない」です。

霊的なものを学んでいくと、霊格のおおよその判断ができるようになってきます。
そして、他の人の行動や発言が鼻についてきて、「まったく、レベルの低い人だな」となり、「自分はあの人たちよりは霊格が高い」と思って、優越感にひたるようになってきます。

お恥ずかしながら、私もそういう時期がありました。

でもそれって汚い言葉ですが、目くそ鼻くそなんですよね。
自分よりもっともっと、素晴らしい人たちは、ごまんといることに気がつくようになるし、神から見たら、その差なんて、レベルが低すぎて、わからないくらいです。

人は霊的向上を目指して、何回も生まれ変わります。
自分より霊格が低いと思う人がもしいたとしたら、それは自分が歩んできた道です。
自分より霊格が高くて、まぶしいと感じる人がいたとしたら、それは自分がこれから歩む道です。

霊格の判断はあくまでも自分に対して行いましょう。
過去の自分と今の自分を比較して、ちゃんと向上しているのだろうか、停滞していないだろうか、ましてや後退していないだろうかといった具合にです。

心が癒されたいと感じたら、ヒーリングを受けてみてはいかがでしょうか?詳しくは「ヒーリング」をご覧ください。

ヒーリング

こちらの記事もよく読まれています。
「霊格向上と陥りやすいワナ」自分以外の霊格は上げられない
「霊格向上と陥りやすいワナ」霊的知識

「霊格向上と陥りやすいワナ」霊的知識

「霊格向上と陥りやすいワナ」霊的知識

挿し木をしたバラが根づき、花を咲かせてくれました。

スピリチュアルな世界に興味を持つようになると、やがて「自分の霊格を高めたい」と考える方たちが少なからずいらっしゃいます。

これはとても素晴らしいことです。

しかし、ここに陥りやすいワナがいくつかあります。
それは、
・霊的知識を増やしたからといって、霊格とはなんら関係がない
・人の霊格を判断して、優越感にひたらない
・自分以外の人の霊格を上げることはできない
ということです。

今日から3回にわたって、霊格向上と陥りやすいワナについて、詳しく書かせていただこうと思います。
まずは「霊的知識と霊格」について。

霊言書や霊訓集を読み進むうちに、たくさんの霊的知識が増えてきます。
そして現世界での常識や習慣と霊的真理が異なっていることもわかってきます。

そうするとなんだか、自分は高みに立ったような気持ちになり、あたかも霊格が向上したかのような錯覚におちいってしまいます。

霊的知識を身につけ、霊的真理に触れたとしても、残念ながら、それはただの知識でしかありません。
冷静になって考えればわかることですが、知識を多くに身につけた人が霊的に向上するなんて、ありえませんよね。

大切なのは、「霊的知識や霊的真理に従った生き方をする」ということです。
それも毎日です。
やったりやらなかったり、たまにはおやすみ、なんてありません。
どこかの教祖のように「解脱をした高貴な者は、その後、俗的な生き方をしても構わない」なんて、ウソっぱちです。
この世を去る最後の時まで、終わりがありません。

さらに注意しなくてはいけないこととして、霊的知識はよく切れるナイフにもなります。
霊的知識を振り回して、家族や大切な人を傷つけてはいけません。
霊的知識と真理はあくまでも自分に問いかけるものです。

次回は「優越感にひたらない」について書かせていただきます。

重大な決断をしなくてはいけない時に迷ってしまったのなら、あなたのスピリットガイド(指導霊)の意見を聞いてみませんか?詳しくは「ホームページ」をご覧ください。

ホームページ


こちらの記事もよく読まれています。
「霊格向上と陥りやすいワナ」優越感
「霊格向上と陥りやすいワナ」自分以外の霊格は上げられない

人生を生きる目的

人生を生きる目的

ムラサキツユクサの花です。小学校の実験で活躍しました。^^

スピリチュアルカウンセリングで、クライアント様のスピリットガイドとコンタクトをとらせていただくといつも思うことがあります。
それは、「すべての人に人生を生きる目的がある」ということです。

スピリットガイドから、「あなたは人生の目的から少し道を外していますよ」とか、「あなたは人生を生きる目的を見失っていますよ」という言葉がよく出てくるのです。

そして、「あなたは霊界で現世界に生まれる計画の時に、あれほど熱い思いと決心でいらしたのに、いったいどうしたのですか?」となることが多いのです。

ただなんとなく、またはこれといった目的もなく現世界に生まれてくる人なんて、いないのだなと改めて思います。

人生を生きる目的は実に様々です。
・何かを成し遂げようとして生まれてくる人
・親や伴侶との人間関係の修復のために生まれてくる人
・ひたすら霊格の向上のために生まれてくる人
などなど。

今までの自分の人生を振り返って、自分は何のために生まれてきたのかをじっくりと考える時間を持ってみてはいかがでしょうか。
霊界に戻ったときに「しまった!」と後悔しないためにも大切なことだと思います。

スピリットの世界に行ってしまわれた方と懐かしくお話をすることができます。詳しくは「ミディアムシップ」をご覧ください。

ミディアムシップ

現世界では大丈夫でも、意識体の浄化としてダメなこと

現世界では大丈夫でも、意識体の浄化としてダメなこと

モロヘイヤの小さな花が咲きました。収穫ももう終わり。ありがとう!

今日は、現世界で容認されている事が、スピリットの基準、つまり意識体の浄化の観点からみると実はダメな場合がある、ということについて書こうと思います。

法律で禁じられている暴力、窃盗、詐欺などが、意識体の浄化に反する行為であることは容易に想像がつくと思います。しかし、法律違反をしなければそれで良いのかというと、そうではありません。

例をあげてみます。
・陰口、悪口、悪い噂をたてる
・嫌がらせ
・不倫、愛のない性行為
これらを行ったからといって、即、法律で罰せられたりはしません。
でもこれらは意識体にとって、れっきとした「悪」なのです。

そればかりではありません。
・ねたみ、嫉妬
・相手を傷つける妄想、暴力の妄想
・他人の失敗を願う
・不純な性的妄想
実はこれらも、ダメなのです。

最初にあげた例は行動をともなうものであり、後にあげた例は行動をともなわない、思考の中だけで行っていることです。
意識体にとって、行動をともなわないからといって、軽い扱いにならないのです。
行動しても、しなくても、全く同じ「悪」という扱いになってしまうのです。

ハードルが高いですね。

霊格の向上を願っている人は、まずは意識体の浄化から始めることが大切です。
善や愛の反対方向にある行動と思考は全て「悪」であると理解し、改める必要があります。

また、「最近どうも良くないことばかり起こる」「私には運がないのかしら」と感じていらっしゃる方がいたとしたら、それは因果律が発生しているのかもしれません。
あなたの思考の中にわき起こるあらゆる「悪」を排除する努力を続けてみてはいかがでしょうか?
事態が好転するかもしれません。

霊格の向上を願っているのなら、スピリットガイドの意見を聞いてみませんか?。詳しくは「ホームページ」をご覧ください。

ホームページ

「美しき緑の星」

「美しき緑の星」

今日は映画の紹介をさせていただきます。
タイトルは「美しき緑の星」。

1995年にフランスで公開されたものの、慈善団体の反感を買う表現があり、訴訟を起こされ、EU圏内での上映が禁止されてしまったという、いわくつきの映画です。

上映禁止とは、なんとも物騒な印象を受けるかもしれませんが、内容はいたって、柔らかで、愛に満ちた、メッセージ性の高い映画です。

地球よりも霊格が高い他の星の人が、地球に訪れるのですが、添加物の多い食事を吐き出してしまったり、愛のない言葉に驚いたり、建前を話す政治家にちょっとイタズラをしたりといった、ユーモアにあふれた映画です。
そして、私たちがいかに愛、真実、自然といった基本から離れた生き方をしているのかを考えさせられる内容になっています。

残念ながら、訴訟の対象となった慈善団体が建前で募金をし、金を集めるシーンはカットされてしまっていますが、Vimeoで、日本語訳つきで見ることができます

幼いお子さんも安心して楽しむことができますので、お盆休みに家族そろってご覧になってはいかがでしょうか?

「なぜ自分は生まれてきたのだろう?」と素朴な疑問が湧いたのなら、スピリットガイドからの言葉を聞いてみませんか?。詳しくは「ホームページ」をご覧ください。

ホームページ