月別アーカイブ: 2016年7月

サイキック・バンパイア

サイキックバンパイア | カレスティア

奄美大島に来ています。月桃(げっとう)という香草として使わる植物のお花です

○○さんと会うと、すごく疲れてしまう。
○○さんから、良くない感情を向けられている気がする。

こういう思いをしたことがありますか?

この○○さんのことを「サイキック・バンパイア」と言います。

人の意念はエネルギーです。
誰かに対して、特別な感情を持つと、このエネルギーが相手とつながり、お互いに影響し合います。

好意や愛の感情であれば、良い影響となります。
しかし良くない感情、たとえば、憎しみや恨みといった感情だと、相手に悪い影響を与えます。

通常、このつながりはごく瞬間的なものであり、あまり心配する必要はないのですが、あまりにも強い感情をもたれたり、サイキック・スポンジ体質の人が受け取った場合、つながりぱなしになってしまうことがあります。

この状態の時、オーラを読み取れる人が見ると、鉤(かぎ)が打ち込まれていたり、チェーンでぐるぐる巻きになっていたり、檻(おり)に閉じ込められているように見えます。

もちろん、これは決して良い状態ではありませんので、早く手を打たなくてはいけません。

次回、サイキック・バンパイアからの解除の仕方をご紹介します。

「自分は何のために生まれてきたのだろう?」
そんな疑問を感じたときには、スピリットガイド(指導霊)に尋ねてみてはいかがでしょうか。
詳しくは「ホームページ」をご覧ください。

ホームページ

予知夢

予知夢 | カレスティア

奄美大島に来ています。アダンが甘い香りを漂わせて、大きな実をつけています

みなさんは「予知夢」を見たことがありますか?
そう、夢の中で見たでき事が、現実に起こるという、あの「予知夢」です。

「一、二度くらいなら見たことがある」という方も案外、多いのではないでしょうか。

ではなぜ、予知夢は起こるのでしょうか?
その原因として、二つのことが考えられると思います。
まず一つ目は「サイキック」に由来するもの、そして二つ目が「スピリットからのメッセージ」です。

一つ目の「サイキック」について。
サイキックとは、超能力のことで、人として持っている一般的な能力を超える、なんらかの能力を持っていることを指します。

たとえば、バッグや包みの中にあるものがわかったり、目の前にいる人の言っている内容や表情は別にして、何を考えているのかが、なんとなくわかってしまう、といった力です。

こういった人は、睡眠によって、サイキック能力を押さえ込んでいた大脳から解放され、力がフルに発揮されて、予知夢を見ることがあります。

そして二つ目の「スピリットからのメッセージ」。
ある日を境に立て続けに予知夢を見る場合は、スピリットからのメッセージの可能性があります。

他界した肉親や親しい人、スピリットガイドが、何かを伝えたくて、あなたに話しかけているのかもしれません。
「これから見る夢を単なる夢で終わらせないで」といった思いから、すぐに起こることを何回か見せて、夢に注意を払わせようとしている可能性があります。

立て続けに見た予知夢の後に、予知夢とは少し違った雰囲気の夢を見たら、そこにスピリットからのメッセージが込められているのかもしれません。伝えたかった真意を読み取って下さい。

「子供とどうもしっくりいかない。意思の疎通がしっかりとれているとは言えない」
そんな悩みがあるときには、お客様のスピリットガイド(指導霊)に、原因と解決策を尋ねてみてはいかがでしょうか。
詳しくは「ホームページ」をご覧ください。

ホームページ

知的な障碍

知的な障碍 | カレスティア

ローズマリーの花です。とても小さな花ですが、思いっきりクローズアップしました

過去生において、何度も繰り返してきた不自然な生き方が原因となって、現世で生まれながらの障碍(しょうがい)をもつことがあります。

特に四肢、聴覚、視覚の障碍などで、それが多く見られます。つまり、因果律によって、肉体に意識体の特徴が現れたということです。
これについては、また別の機会に詳しく書かせていただくことにして、今回は知的障碍に着目してみようと思います。

私の経験からいうと、知的障碍については、因果律を原因としていない場合がとても多く、霊視をしても、障碍があるということはまずわかりません。

ではなぜ、この障碍のある肉体を選んで生まれてきたのでしょうか。

大きく分けて二つの理由があるようで、一つ目は「この父と母との間に生まれることが大切で、障碍のあるなしは二の次だった」という場合。

そして二つ目は「両親からたくさんの愛を受け取るため」という理由です。
この場合は、前世でこの父母からもっと愛されたかった。だから、現世では思いっきり甘えて、たくさん愛されたい、という思いから積極的にこの肉体を選んだ場合があります。

知的障害は、あくまでも脳というハードウェアの問題であって、オーラや意識体には何ら影響を与えることなく、美しく光り輝いていることがとても多いのです。

「大好きな彼(彼女)と、どうして別れてしまったのだろう」「もう一度やり直すことはできないだろうか」
こんな想いの時は、スピリチュアルカウンセリングで、お客様のスピリットガイド(指導霊)に理由と善後策を尋ねてみてはいかがでしょうか。
詳しくは「ホームページ」をご覧ください。

ホームページ

霊界の大きさ

霊界の大きさ

モントブレチア 鮮やかなオレンジ色の花が咲きました

「霊界は多くの界から成り立っている」という話を聞いたことはありますか?

霊界に行くとまず、どこかの界に居場所が決まって、そこでしばらく過ごし、霊的成長を遂げると、別の界へ移り、さらに成長するとまた別の界に移るというものです。霊界について書かれた本によく出てくる話ですが、これはやはり、本当のことのようです。

何人かいる私の指導霊に尋ねても、ミディアムシップでお話をする機会を得たスピリットに尋ねても、自身が成長することによって、界が変わるとの答えが返ってきます。

では、界の大きさはどれくらいなのでしょうか?

これも私の指導霊に尋ねたところ、一つの界は私たちが想像するよりも、ずっと小さいようです。

ではどれくらいかというと、一つの都市くらいの大きさしかないそうです。
当然、そこにいるスピリットの数も少なく、一都市の住人と同じくらいの数しかいないとのこと。

となると「なぜ一つの界がそんなに小さいのか」という疑問が出てきます。

その答えは、波動の高さが同じで、なおかつ、霊界での役割、つまり奉仕の内容が同じスピリットたちで一つの界を形成するので、とても細かく分かれているから、となるようです。

こういった小さな界が、想像絶するくらい集まっているのが、霊界です。きっと、霊界全体は無限と言っていいくらいの大きさなのでしょう。

「今の仕事に充実感が得られない。けれども転職するにしても、いまひとつ踏ん切りがつかない」
そのような時には、スピリチュアルカウンセリングで、お客様のスピリットガイド(指導霊)に尋ねてみてはいかがでしょうか。
詳しくは「ホームページ」をご覧ください。

ホームページ

病(やまい)は気づきのチャンス

病(やまい)は気づきのチャンス

ガザニア

病原菌によって感染する病(やまい)以外、言いかえると、ほとんどの病の原因は、自分の心の在り方にあると言っても過言ではありません。

もう少し具体的に言うと、頑(かたく)なだったり、バランスを欠いていたり、要するに人としてのあるべき姿、本来の自然な状態から長く外れていると、やがて病となって身体に症状が現れてくるのです。

ときには、現世だけではなく、過去生においても不自然な心の状態を何度も繰り返してきたことによって、生まれついての病となる場合もあります。

しかしながら、病を信賞必罰のようにとらえるのは、少々筋違いです。
むしろ病は気づきのチャンスととらえたほうが、より建設的です。

病になったら、自分の心の中にバランスを欠いているものがないか、不自然さがないかをじっくりと考えてみましょう。気づくことがあったのなら、それを少しずつ直していけばよいのです。

病は人生をより素晴らしく、輝くものにしてくれる可能性を秘めているのです。

家族が他界し「あの人は何をしているのだろう」と不安と心細さを感じたら、ミディアムシップを受けてみませんか?
詳しくは「ミディアムシップ」をご覧ください。

ホームページ