月別アーカイブ: 2017年7月

浄化が進むと人間関係が薄くなっていく

浄化が進むと人間関係が薄くなっていく | カレスティア

アップルミント

再生の計画のときに両親や兄弟姉妹、パートナーといった家族、そしてライバルや友人を選ぶということは、すなわちその人と何かをしなくてはいけない、すべき何かがあるということです。そしてその多くが、過去生において良好とは言えない、マイナスの関係にあったことを意味しています。

その良くなかった関係を克服すべく、お互いに話し合い、今度こそは良好な関係を結べるようにチャレンジします。

お互いに和解し、良い関係を結べることができると、もうその人とするべきことはなくなりますので、次の再生で再び縁を結ぶことはありません。

つまり、再生するたびに過去生で問題を起こした人たちとの清算を順調に繰り返し、新たな人と問題を起こさなかったとしたら、やがていつかは向き合うべき人が「0」になる時がきます。

そこまでいくと、再生する時には縁のない夫婦の元に生まれ、成人してパートナーとめぐり会っても、やはり初めて会う人になります。

ここまで読んで「なんとも寂しい話だな」と思った方もいらっしゃるとは思いますが、実はそうでもありません。

負の人間関係を全てクリアするということは、すなわち「次の段階へ進む」ことになるからです。

家族、友人、知人、職場の仲間たち、パートナー、あなたの周りにいるすべての人が、あなたにたいして意地悪をしたり、冷たくすることもありません。おだやかで、良好で温かな人たちに囲まれることになります。

そして、人間関係以外の他のテーマ、たとえば人生をかけて取り組んでみたいと思えるようなことにチャレンジし、さらなる高みへと目指していくことになるのです。

どうしてもしっくりいかない家族がいますか?
スピリチュアルカウンセリングで、どうしてその人とうまくいかないのか理由を尋ねみてはいかがでしょうか。
詳しくはホームページをご覧ください。

ホームページ

こちらの記事もよく読まれています
現世界に再生する理由
人生を生きる目的
性を選ぶ

計画した両親とは違うところに生まれてきた子

計画した両親とは違うところに生まれてきた子 | カレスティア

プラムの実が色づきました

以前ブログで、予定していた夫婦の元に赤ちゃんが宿らず、もうこれ以上、妊娠することはないだろうと判断すると、別の夫婦の元に生まれるということを書きました

こういった子供の場合、反抗もしないし、逆に依存もしないし、実に育てやすい良い子になります。そして、大人になるとあっという間に親から離れていってしまいます。それゆえ、少し物足りなさも感じるものです。

しかし、子どもの視点から両親を見ると、少し違うものになります。

まず、(過去性による愛憎がないため)父、母共に分け隔てなく自分に接して育ててくれたが、深い愛を感じることができない、かといって憎しみも感じられない。大人になって、家族に縛られることなく、やりたいことをやっているが、ふとしたときに、親のことをすっかり忘れている自分に気づき「冷たい人間なのではないか」と悩むようになります。

もし仮にやりたいことも見つけられず、地域性や古い考えを受け入れ、親と同居し続けている場合は、年老いてゆく親を見て、やはり先ほどのようにどこか親身になれない自分を感じて悩むことになります。

ドライな考え方をする人や、あまり深くものを考えることのない人であれば、こういった悩みもないのでしょうが、多くの場合はこういった問題に直面することになるでしょう。

さてどうしたら良いかというと、縁のない両親の元に生まれた子は「親孝行すべきという考えは捨てた方が良い」と、私は思います。

日本は儒教の影響を少なからず今に残していますので、子は親に尽くすべし、孝行すべしといった考え方が染みついています。そして、年老いた親との過ごし方に理想を描いてしまいがちです。でもこれは、ある家族においては当てはまったとしても、我が家は違うんだと考えたほうが良いでしょう。

そして、年老いた親を「親」というよりも、人生を生きる「先輩」としてとらえ、人としての敬意と善意で接した方が、きっと良い結果になるのではないでしょうか。

親との接し方で悩んでいませんか?
ご自身の指導霊に親とどう接したら良いか尋ねることができます。
詳しくはホームページをご覧ください。

こちらの記事もよく読まれています
希望する夫婦のもとに生まれることができないとき

お迎え

お迎え | カレスティア

きゅうり

人がこの世を去ろうとするときに「お迎えが来る」という言い方をよくしますよね。
この「お迎え」とは一体なんなのでしょうか。今日は「お迎え」について書こうと思います。

病気や事故で衰弱すると、肉体による意識体(魂)の支配が弱まります。肉体に支配されている間は波動は鈍重ですが、肉体の支配が弱まると、意識体だけの状態つまり、スピリットの波動に近づいていきます。

この状態になると、今では見えも聞こえもしなかったスピリットを感知できるようになります。スピリットガイド(指導霊)はいつもあなたのそばにいますので、ここで初めて、スピリットガイドを見ることになります。

霊的知識のある人であれば、それがスピリットガイドであることがわかるのでしょうが、ほとんどの人には霊的知識がありませんので「みたこともない不思議な人がいる」と感じることでしょう。

スピリットガイドは他界を控えた人がよこしまな考えを持った霊(邪霊)にそそのかされないよう、厳戒態勢に入ります。そのため、いつも担当しているスピリットガイドだけでなく、高級霊を含む多くのスピリットがやってきます。霊的知識のない人はこの状態になるとうろたえることが多いようです。

そしてさらに肉体が衰え、いよいよ旅立たなくてはという段階になると、そのことが霊界にも伝わり、既に他界している祖父母や父母もやってきます。

なぜ肉親が来るのかというと二つの理由があります。一つ目はスピリットガイドと同様によこしまな霊の餌食にならないように守るため。そして二つ目が天使やスピリットガイドによる霊界への旅立ちを本人が断ってしまったときに、かわりに説得にあたるためです。
・・・天使とスピリットガイドがどのようになことをするかはまたの機会に書かせていただきます。

これらの全行程がいわゆる「お迎え」です。

まれにですが、肉体の支配が弱り、霊的視野が広がって、スピリットガイドの存在を認めたときに「あ、お迎えがきた」と、自らの意思でシルバーコードを断ち切って、霊界に行ってしまう人もいます。もちろんこれも他界の仕方として「あり」なのですが、残された家族には多くの疑問が残ってしまいます。

というのは、確かに病気や事故で弱っていたが、危篤(きとく)というほどではなかったし、医者からも「覚悟してください」なんて一言も言われなかったのに、あっという間に他界してしまうからです。

こういう行動に出る方にはいくつかの共通点があるようです。
まず、
・この世に未練が残っていないこと
・ウジウジ悩まず、思い切りがよい性格であること
・シンプルなものの考え方をすること。
こういった方は、肉体的にはまだ生き続けることができるのに、自らの意思で他界してしまうことがあるようです。

もう一度話しがしたい方がいらっしゃいますか?
ミディアムシップで、他界した方とお話をすることができます。
詳しくはホームページのミディアムシップをご覧ください。

こちらの記事もよく読まれています
意識体は肉体から離れたがっている

自殺をしても愛する人と会うことはできない

自殺をしても愛する人と会うことはできない | カレスティア

鮮やかなオレンジ色の花、ノウゼンカズラが咲きました

「愛する夫(妻)に先立たれてしまい、生きる希望も意欲もなくなってしまった。もう一度あの人に会いたい。いっそ自殺してしまえば、また会うことができますか?」
といった、せっぱつまった相談を受けることがあります。

愛する人を失った喪失感と将来の不安から、そのようなことを考えてしまう気持ちもよくわかりますが、知っておいていただきたい大切なことがあります。

それは、「自殺をすると、大切なご主人(奥様)に会えない」ということ。そして、そればかりでなく「先に霊界に行っている両親、祖父母にも会えない」ということです。

自殺をしてしまったスピリットは、中間世という、現世界と霊界の隙間のようなところに行くことになります。病気や事故で他界したスピリットが行く、霊界の病院のようなところ(パラダイス)に行くことも、霊界に行くこともできません。
・・・詳しくは「自殺した霊はどこへ行くのか」をご覧ください。

いったんその中間世に行くと、気持ちの整理がついて、波動が穏やかになるまで、そこを離れることができません。霊界に行けるようになるまで、数十年かかることも、決して珍しくありません。

そして、中間世にいる間は、ご主人(奥様)も肉親も会いに行く方法がありません。中間世とはそれくらい、霊界とも、現世界とも断絶した世界なのです。

愛する夫(妻)に会いたいと思うのであれば、寿命が尽きるまで、現世界に生きるしかありません。そして願わくは、少しずつ元気と笑顔を取り戻して、前向きに生きることです。

あまりにも悲嘆にくれた生き方をしていると、霊界にいるご主人(奥様)もやがてそれを知ることになります。その原因が自分にあることを知ってしまったら、どんなに傷つくことでしょう。そして、再び会ったとき、どういう顔してあったら良いのか、わからなくなってしまうのではと思うのです。

残されたものの義務と思って、懸命に生きることです。

ミディアムシップで、他界した愛する方とお話をすることができます。
詳しくはミディアムシップをご覧ください。

ミディアムシップ

こちらの記事もよく読まれています
自殺した霊は中間世で何をするのか
他界した子供達
パラダイス
スピリットは霊界で何をしているのか