カテゴリー別アーカイブ: サイキック

超能力

超能力 | カレスティア

セージにしずくが玉のように乗っていました

「超能力」
なんだかすごい言葉ですよね。
ごく限られた人だけに与えられた特殊な能力という感じがします。

でも超能力って、それほどすごいことなんでしょうか?
実は案外そうでもありません。たとえばこんな経験って、ないでしょうか。

「もう何年も会っていない友人のことを突然思い出し、「そういえば○○さん、元気にしているかな?」とふと考えていると、電話が鳴り、出てみると、なんとその○○さんからだった」というものです。

これに近い経験をしたことがある人って、結構多いと思うのです。

人間が持つ「視覚、聴覚、触覚、味覚、嗅覚」といった五つの感覚機能を超える力が「超能力」です。そう考えると、超能力が案外身近なんだということが、わかってもらえると思います。

人は必ずしも五感だけを頼りに生きているわけではありません。
「予感がする」とか、「きっと○○だと思う」とか、日常の会話の中にも、五感を超えた言葉が結構出てきます。

もし、そういった「不確かなもの」を一笑に付してしまっているのなら、五感以上の情報を切り捨ててしまうクセがついているだけなのかもしれません。

予感がしたのなら、なぜそう思ったのか、そしてのその結果は真実だったのか検証する習慣をつけてみてはいかがでしょうか。これらを繰り返すうちに、五感を超えた超能力に磨きがかかり、人生が少し歩きやすくなるかもしれませんよ。

人生につまづきを感じていらっしゃるのなら、スピリチュアルカウンセリングを受けてみませんか?
詳しくはホームページをご覧ください。

ホームページ

こちらの記事もよく読まれています
予知夢
人類は超能力を少しずつ失ってきた

人類は超能力を少しずつ失ってきた

人類は超能力を少しずつ失ってきた | カレスティア

五感とは視覚、聴覚、嗅覚、味覚、触覚のことです。
いずれも肉体の器官を通して、情報をキャッチします。
それに対し、肉体の器官を使用せずに情報を得るのが「超能力(サイキック)」です。

超能力には「超」という字がつくくらいですから、かなり特別な力で、ごく一部の人たちだけが持つものという感じがするかもしれませんが、実はそれほど大げさなものではありません。超能力は誰でも持っている能力の一つです。

たとえば、
・じゃんけんのとき、相手が何を出すかわかる
・「当たりそう」と思ったくじが当たる
・予感が働く
・デジャヴュー(既視感)を見る
など、これらを体験した方も多いと思います。
これも立派な超能力なのです。

しかし、人間は知恵を発達させ、技術革新を続けて行く過程で、超能力を少しずつ失ってきました。つまり、古代の人は自分の直感や能力を信じて生きてきたけれども、時代が進むにつれ、能力が鈍くなり、それらを信じなくなってしまいました。

失ってしまっても良い能力なんて、本当はないはずです。
現代の私たちは超能力に真の価値を見いだせていないだけで、本当はもっと大きな可能性を秘めているのかもしれません。
自分のカンやひらめきに疑いを持たずに、もっと大切にしてみたいものです。

自分では気がついていない才能を知りたいとお思いですか?
ご自身の指導霊にあなたが気づいていない才能や能力について尋ねることができます。
詳しくはホームページをご覧ください。

ホームページ

予知夢

予知夢 | カレスティア

奄美大島に来ています。アダンが甘い香りを漂わせて、大きな実をつけています

みなさんは「予知夢」を見たことがありますか?
そう、夢の中で見たでき事が、現実に起こるという、あの「予知夢」です。

「一、二度くらいなら見たことがある」という方も案外、多いのではないでしょうか。

ではなぜ、予知夢は起こるのでしょうか?
その原因として、二つのことが考えられると思います。
まず一つ目は「サイキック」に由来するもの、そして二つ目が「スピリットからのメッセージ」です。

一つ目の「サイキック」について。
サイキックとは、超能力のことで、人として持っている一般的な能力を超える、なんらかの能力を持っていることを指します。

たとえば、バッグや包みの中にあるものがわかったり、目の前にいる人の言っている内容や表情は別にして、何を考えているのかが、なんとなくわかってしまう、といった力です。

こういった人は、睡眠によって、サイキック能力を押さえ込んでいた大脳から解放され、力がフルに発揮されて、予知夢を見ることがあります。

そして二つ目の「スピリットからのメッセージ」。
ある日を境に立て続けに予知夢を見る場合は、スピリットからのメッセージの可能性があります。

他界した肉親や親しい人、スピリットガイドが、何かを伝えたくて、あなたに話しかけているのかもしれません。
「これから見る夢を単なる夢で終わらせないで」といった思いから、すぐに起こることを何回か見せて、夢に注意を払わせようとしている可能性があります。

立て続けに見た予知夢の後に、予知夢とは少し違った雰囲気の夢を見たら、そこにスピリットからのメッセージが込められているのかもしれません。伝えたかった真意を読み取って下さい。

「子供とどうもしっくりいかない。意思の疎通がしっかりとれているとは言えない」
そんな悩みがあるときには、お客様のスピリットガイド(指導霊)に、原因と解決策を尋ねてみてはいかがでしょうか。
詳しくは「ホームページ」をご覧ください。

ホームページ