カテゴリー別アーカイブ: 他界

お迎え

お迎え | カレスティア

きゅうり

人がこの世を去ろうとするときに「お迎えが来る」という言い方をよくしますよね。
この「お迎え」とは一体なんなのでしょうか。今日は「お迎え」について書こうと思います。

病気や事故で衰弱すると、肉体による意識体(魂)の支配が弱まります。肉体に支配されている間は波動は鈍重ですが、肉体の支配が弱まると、意識体だけの状態つまり、スピリットの波動に近づいていきます。

この状態になると、今では見えも聞こえもしなかったスピリットを感知できるようになります。スピリットガイド(指導霊)はいつもあなたのそばにいますので、ここで初めて、スピリットガイドを見ることになります。

霊的知識のある人であれば、それがスピリットガイドであることがわかるのでしょうが、ほとんどの人には霊的知識がありませんので「みたこともない不思議な人がいる」と感じることでしょう。

スピリットガイドは他界を控えた人がよこしまな考えを持った霊(邪霊)にそそのかされないよう、厳戒態勢に入ります。そのため、いつも担当しているスピリットガイドだけでなく、高級霊を含む多くのスピリットがやってきます。霊的知識のない人はこの状態になるとうろたえることが多いようです。

そしてさらに肉体が衰え、いよいよ旅立たなくてはという段階になると、そのことが霊界にも伝わり、既に他界している祖父母や父母もやってきます。

なぜ肉親が来るのかというと二つの理由があります。一つ目はスピリットガイドと同様によこしまな霊の餌食にならないように守るため。そして二つ目が天使やスピリットガイドによる霊界への旅立ちを本人が断ってしまったときに、かわりに説得にあたるためです。
・・・天使とスピリットガイドがどのようになことをするかはまたの機会に書かせていただきます。

これらの全行程がいわゆる「お迎え」です。

まれにですが、肉体の支配が弱り、霊的視野が広がって、スピリットガイドの存在を認めたときに「あ、お迎えがきた」と、自らの意思でシルバーコードを断ち切って、霊界に行ってしまう人もいます。もちろんこれも他界の仕方として「あり」なのですが、残された家族には多くの疑問が残ってしまいます。

というのは、確かに病気や事故で弱っていたが、危篤(きとく)というほどではなかったし、医者からも「覚悟してください」なんて一言も言われなかったのに、あっという間に他界してしまうからです。

こういう行動に出る方にはいくつかの共通点があるようです。
まず、
・この世に未練が残っていないこと
・ウジウジ悩まず、思い切りがよい性格であること
・シンプルなものの考え方をすること。
こういった方は、肉体的にはまだ生き続けることができるのに、自らの意思で他界してしまうことがあるようです。

もう一度話しがしたい方がいらっしゃいますか?
ミディアムシップで、他界した方とお話をすることができます。
詳しくはホームページのミディアムシップをご覧ください。

こちらの記事もよく読まれています
意識体は肉体から離れたがっている

肉体はもろく、あやうい

肉体はもろく、あやうい | カレスティア

ゼラニウム

魂は永遠で、決して死を迎えることはありません。
それに対して、肉体は思っている以上にもろく、危うい存在です。

この世を去る原因が病気、事故のどちらであるにせよ、他界することがその人の計画であったり、その人を原因とする因果律の結果であるとは限りません。

もう少し詳しく説明しますと、事故には必ず因果律が働いています。
たとえば、飲酒や不注意によって自動車事故が発生したとします。この場合、「ドライバーの過失」が原因で「事故が起きた」のが結果です。これが因果律です。

しかし、歩道で信号待ちをしていた歩行者に車が突っ込み、その歩行者が他界したとします。
この他界した人に、過去生を含めて、因果律の原因となるものが全くない場合もあります。

また、感染以外のほとんどの病気は、本人の日頃の意念の使い方や生き方によって発生します。しかし、本来なら病気に苦しむ程度で、死にまでは至らないはずだったのに、治療ミスや薬の副作用によって他界したとします。この場合、「誤まった医療」が原因で「病死」が結果です。
これも、患者本人に原因があるとは言いにくいケースです。

たとえ転んだだけだでも、打ち所が悪ければ、人は他界します。
たかが風邪でも、こじらせて肺炎になり、あっという間に他界することもあります。

ことほどさように、肉体とはもろく、あやういのです。
だからこそ、肉体を現世界に生きるための大切な方舟(はこぶね)として、大切に扱う必要があるのです。

家族が他界したのは、自分が原因ではないかと悩んでいませんか?
スピリチュアルカウンセリングで、指導霊に事の真相を尋ねることができます。
詳しくはホームページをご覧ください。

ホームページ

こちらの記事もよく読まれています
自然災害と因果律の関係
原因不明の因果律

未練を残しているスピリットは家族の様子がわからない

未練を残しているスピリットは現世界の様子がわからない

この寒さの中で、オオイヌノフグリが咲いているのを見つけました

人は他界して、最大で7週間(49日)までの間、現世界にとどまることができます。
これは、この期間を利用して、お世話になった人たちや愛する人たちへお別れをし、霊界へ旅立つ決意を固めるための猶予(ゆうよ)期間なのです。

当然ながら、現世界にいる間は、スピリットは現世界にいる人々を見たり、聞いたりすることができます。
しかしまれに、現世界にいるのにもかかわらず、見ることも聞くこともできない、ということがあります。

実はミディアムシップを行なっていて、こういったケースがとてもまれではありますが、やっぱりあるのです。その個々の状況をそれぞれの指導霊に問い合わせたところ、ある共通点がありました。

それは、「スピリットが現世界に対し、過度の未練を残している」ということです。

現世界から霊界へ旅立つのは、本人の意志が必要です。
高級霊といえども、首に縄をくくって連れて行くということはできないのです。

つまり、この猶予期間で「思い残すことはもうない、霊界へ旅立とう」と、本人が思うことが大切で、霊界へ行くことを拒(こば)み、この期間を過ぎてしまうと、現世界と霊界に間にある中間世にとどまり、いわゆる地縛霊となってしまうのです。

愛する人が悲嘆にくれている姿を見せないようにして、霊界への旅立ちを躊躇(ちゅうちょ)しないよう、指導霊があえて、現世界の人を見ることも聞くこともできない状態にしているのです。
これも霊界の愛なのです。

たとえ未練を残して他界した方であっても、ミディアムシップでなら会話ができます。
詳しくはミディアムシップをご覧ください。

ミディアムシップ

お葬式は必要?

お葬式は必要? | カレスティア

11月に雪が降るのは、都心では54年ぶりだそうです

家族が他界すると、残された家族はお葬式をします。

友人・知人だけでなく、仕事関係の方まで参列する式もあれば、親族だけ、家族だけといった式もあります。また、僧侶や神官を招かない自由葬というのも少しずつ増えて来ました。宗教観や個人の自由意志を社会が受け入れられるようになったことで、葬儀のあり方もさまざまに変化しています。

ところで、他界した本人にとって、お葬式は必要なのでしょうか?

結論から言うと「お葬式はした方が良い」と、私は思っています。もちろん、生前本人から「お葬式はしないで」と言われているのであれば別ですが。

というのは、肉体から離れても、考えること、見ること、聞くことができます。そして、自分が肉体から離れる瞬間や自身の亡骸(なきがら)を見ていないということが結構多いのです。そういったことから、自分が他界したことに気づいていないスピリットというのが少なからずいます。

そういったスピリットが、自分の遺影が飾られ、泣いている親族、喪服を着た懐かしい友の姿を見ることによって「自分は他界したのだ」ということを実感し、肉体の死を受け入れることができるようになります。そのチャンスがお葬式だと私は考えています。

霊界に移動しなければいけない期限が迫っているのに、自分が死んだことを否定し、指導霊や先に他界した親族のスピリットをてこずらせている様子を見ることもまま、あります。

そうならないためにも、他界した人へのいたわり、はなむけとして、ご家族の方はお葬式をしていただければと思います。

「家族に対して、言い残したことがあるのではないか」
という気がかりがあるのなら、ミディアムシップで、故人の方に尋ねてみてはいかがでしょうか。
詳しくはミディアムシップをご覧ください。

ミディアムシップ

「死の自覚」その3

「死の自覚」その3

かぼちゃの花です

連載3回目です。

「B-2 気がついたら別の世界に来ていたスピリット」は、死んでしまった肉体も見ていないし、他界の際にスピリットガイドと一緒に別の世界に移行していない、というスピリットのグループです。

現世界から誰の手も借りずに、他の世界に移行できるとは考えにくいので、実際はスピリットガイドとともに移行したのでしょうが、それを忘れてしまっているか、気がついていないのかもしれません。

いずれにせよ、このB-2グループのスピリットは、「気がついたら野原のようなところで一人で寝ていた。目をあけてみると、人が一人いて、色々な話をしてくれた」と語っています。

スピリットによって、目覚める場所が小高い丘の上だったり、花畑だったりとロケーションの差はあるようですが、目覚めた時に必ず人(スピリットガイド)がいること、それが一人であること、自分とその人(スピリットガイド)以外は誰もいないことが、みなさん共通しています。

このB-2グループのスピリットたちは、他のグループと比べて、死の自覚が最も遅く、スピリットによっては自分の死をなかなか受け入れられないということも多いようです。

さらに、ミディアムシップの際に「自分の死因を知らない」と回答することが多いのが、このB-2グループのようです。この場合、スピリットの体の不調部分を感じることによって、エビデンスとして死因を推察してクライアント様にお伝えしています。

ところで、なぜ死因を知らないのかを私なりに考えてみると、スピリットとしては別の世界にすでにきてしまっているので、その世界へに順応することが何よりも大切で、死因についてじっくりと考えている余裕がなかったのかもしれません。

3回に渡って連載した「死の自覚」はこれで一区切りとさせていただきます。

「自分の生き方はこれで良いのだろうか?」とふと考えたら、スピリットガイドからの言葉を聞いてみませんか?。詳しくは「ホームページ」をご覧ください。

ホームページ