カテゴリー別アーカイブ: 瞑想

香りと浄化

ヒルザキ・ツキミソウ

ヒルザキ・ツキミソウ

以前のブログで、部屋の浄化の仕方についてご紹介しました。その時は祈りによる浄化方法でしたが、今回は香りを使って浄化する方法をご紹介したいと思います。

ひとことで「香り」といっても、いろいろありますが、浄化を目的として使うのは、ハーブ、香草、木・樹脂などです。

ハーブや香草、ある種の木には、害虫から自分を守るための成分を持っていて、それを香りとともに発っしています。これら低級霊は嫌います。
良い香りなのに、なんだか変ですよね。

実はスピリットの波動が低くなると、清らかなもの、美しいものを避ける性格が強くなっていきます。香りもしかりです。これは親和性の法則によるもので、この特徴を使って浄化を行います。

ハーブですとたとえば、ラベンダーやローズマリー、ミント。香草ですとコリアンダー、レモングラス。木・樹脂はティートリー、フランキンセンスなどがよいでしょう。

フレッシュなものを使用するのであれば、花瓶に入れて部屋に飾りましょう。

ドライフラワーやポプリを使用する場合は、フレッシュなものに比べ、香りを発する力が劣りますので、部屋に何箇所か置くか、浄化したい時に空中で振るようにします。

エッセンシャルオイルの場合は、原材料がナチュラルであることを確認してください。合成香料を使用しているものは、浄化には使用できません。
使い方としては、スプレーの中に水を入れ、オイルを数滴垂らし、よく振ってから、エアーフレッシャーとして、部屋全体にまきます。

祈りによる浄化と香りによる浄化を併用するとさらに効果が増します。

また別の機会に、光による浄化もご紹介したいと思います。

「生涯をともにする伴侶としてこの人で良いのだろうか?」
と迷ってしまったのなら、スピリチュアルカウンセリングで、お客様のスピリットガイド(指導霊)に尋ねてみてはいかがでしょうか。
詳しくは「ホームページ」をご覧ください。

ホームページ

部屋の浄化

部屋の浄化

「今すぐ、部屋を浄化したいな」と思ったことはありませんか?

たとえば、旅行先のホテルの部屋で瞑想を始めようと思ったとき、波長の合わない人が帰った後、大切な打ち合わせを始める前など。

とても簡単に短時間で、部屋を浄化をする方法をご紹介します。

部屋の中央に立ちます。
両手を高く広げ、バンザイをしてるようなポーズをします。

そして「天界から黄金色に輝くシャワーが降り注いでいます。」と心の中で言って、空から黄色のシャワーが降り注いでくる様子をイメージします。

次に「この黄金色のシャワーによって、この部屋にとって不要なもの、不浄なものが洗い流されていきます。」と言って、部屋の中にある、目には見えない不純物が溶かされていくことをイメージします。溶かされていく速度に合わせて、両手を下げていきます。

部屋が全てきれいになったとイメージできたら「この部屋はすっかり浄化され、空っぽの空間になりました。」と心の中で言って、手を下げます。

つぎに「黄金色のシャワーがこの部屋にどんどん満たされていきます。」と言って、満たされているイメージに合わせて、手を少しずつ上げていきます。

部屋が黄金色のシャワーで埋め尽くされたとイメージできたら、「黄金色のシャワーで天井までいっぱいになりました。」と言って、両手を挙げます。

そして、「天井を閉じます」「床を閉じます」と言って、手を横に振って、閉じるイメージをします。次に四方の壁を向かい合いになるように順に閉じていきます。例えば「東の壁を閉じます」「西の壁を閉じます」といった要領です。

そして再び、両手を挙げた状態にして、「この部屋は私の指導霊と善霊だけが活躍できる、安全で神聖な空間になりました。」と宣言します。
誰かを招く場合は、「私と○○さんの・・・」というふうに適宜、変更してください。

どうです、簡単でしょ?

たったこれだけのことで、部屋が爽やかな感じになり、場のピーンと波動が高まるのを感じると思います。

「私の恋愛はこれで正しいのだろうか」と感じた時は、スピリットガイドからの言葉を聞いてみませんか?
詳しくは「ホームページ」をご覧ください。

ホームページ

「思考を制御する瞑想」ロウソクを使ったもう一つのやり方

おはようございます。

寒いですね。
なんと、初霜が降りていました。

思考を制御する瞑想

やはり、12月。
冬なんですね。笑

さて、今日はロウソクを使った「思考を制御する瞑想」のもう一つのやり方をご紹介します。

ロウソクに火をつけ、イスに腰掛ける。
自然な呼吸を心がける。
「思考」をソフトボール大の玉とイメージして、頭から、喉、胸、腹へと下げていき、おへその下まで下げます。

ここまでは同じです。

違うのは、思考の玉がへそ下で留まるイメージができたら、目を閉じてしまいます。
そして、何も考えないで、頭の中を空っぽにします。

もし、映像や音、考えが浮かんできてしまったら、思考の玉が少し上に上がるイメージをしてください。
そして、目を開きます。
ロウソクの炎をじっと見つめて、頭の中が空っぽになるのを待ちます。

思考を止めることができたら、思考のボールが下がって、へそ下で留まるイメージをします。
そしてまた目を閉じます。

頭が働くたびに、ボールが上がることをイメージして、目を開いて、ロウソクを見つめる。
ボールがへそ下まで下がる。目を閉じる。
これをひたすら繰り返します。

思考の制御をまずは30秒できるように目指しましょう。
そして、1分、90秒と伸ばしていくようにしましょう。

前回ご紹介した方法と今回の両方で、できるようにしておきましょう。

♢♢♢♢♢♢♢♢♢♢♢♢♢♢♢♢♢♢♢♢♢♢♢♢♢♢♢♢♢♢♢♢♢♢♢♢♢♢
スピリチュアルカウンセリングのご相談は、こちらをクリックしてください。
♢♢♢♢♢♢♢♢♢♢♢♢♢♢♢♢♢♢♢♢♢♢♢♢♢♢♢♢♢♢♢♢♢♢♢♢♢♢

こちらの記事もよく読まれています
ロウソクを使っての「思考を制御する瞑想」
「思考を制御する瞑想」考えていることに気がつこう
「思考を制御する瞑想」思考を降ろす

「思考を制御する瞑想」思考を降ろす

おはようございます。
今日は、朝から風が強いですね。
さすがは12月。冬って感じです。笑

ふと空を見上げると、雲が虹色に光っていました。

思考を制御する瞑想

さて、ロウソクを使っての「思考を制御する瞑想」ですが、自分が考え事をしていることを客観的に認識できるようになったら、次のステップへと進みます。

ロウソクに火をつけ、イスに腰掛け、自然な呼吸を続けます。
そして、頭の中にソフトボールくらいの大きさの玉があるのをイメージします。これを「思考」とします。

ロウソクの炎を見つめながら、このボールをゆっくりと下げていきます。
頭→喉→胸→お腹
といった具合です。
呼吸は穏やかで自然な状態を維持します。下げるのをあわててはいけません。ゆっくりです。

下げている途中で、もし頭が何かを考えてしまったら、玉が少し上に上がってしまったようにイメージしてください。

頭が何も考えない状態を維持しながら、思考の玉を下げていきます。
そして、最終的にはおへそよりも下のところで安定させます。

へそ下で玉が維持できるようになると、突然、ロウソクの炎の見え方が変わることに気づくはずです。
シャープで、明るく、くっきりと見えるようになります。
このように見えた瞬間が、「思考を制御」できたときです。

この炎の見え方を状態を30秒維持します。

「えっ、たったの30秒?」と思うかもしれません。
30秒維持するのは結構難しいですよ。
やってみると、なかなかできなくて苦労すると思います。

30秒維持できるようになったら、次に1分間継続できるようにします。
それができるようになったら、90秒。
またできるようになったら、2分間。
というふうに伸ばしていきます。

「思考の制御」が2分間できるようになるまで、ロウソクを使った瞑想を毎日続けても、半年くらいかかるかもしれません。
ぜひ、根気強くつづてみてください。

次回は、ロウソクを使った「思考を制御する」瞑想方法の別のやり方をご紹介します。

スピリチュアルカウンセリングで、正しい瞑想の仕方のご指導も行なっています。

こちらの記事もよく読まれています
ロウソクを使っての「思考を制御する瞑想」
「思考を制御する瞑想」考えていることに気がつこう
「思考を制御する瞑想」ロウソクを使ったもう一つのやり方

「思考を制御する瞑想」考えていることに気がつこう

おはようございます。
雨が二日ほど続いたので、空気に潤いが出てきましたね。

仕事で新宿によく行くのですが、新宿駅の南口のサザンテラスがイルミネーションできれいに飾られていました。
夕方、暗くなるのが早くなってきましたが、イルミネーションがあると、心が華やぎますね。

思考を制御する瞑想・イルミネーション

ロウソクを使ってどのように思考を制御する方法の続きです。

ロウソクに火をつけ、自然な呼吸を心がけます。
ロウソクの炎をひたすら見続け、視点を動かしません。

そして、頭の中を空っぽにし、何も考えないようにします。

ところが、これが難しいんですよね。
ふと気がつくと、何か考えていたり、音楽のフレーズが浮かんできたり。。。

どうしたらよいのでしょうか。

まずやるべきことは、「ああ、自分は考えているな」と客観的に認識することです。
「気がついたら、しばらく何か考えていた」というのではダメです。
考えていることに、気づくことが大切です。

考えている自分を認識できれば、制御することは可能になります。
「ああ、考えているな」とわかったら、「今は考えるのはやめよう」とか、「瞑想が終わったら、考えよう」と自分に言い聞かせます。

自分が考えているということを早い時点で気がつく、これができるようになるまで、1〜2週間かかってしまうかもしれません。

次回は、これができるようになった次のステップをご紹介します。

こちらの記事もよく読まれています
ロウソクを使っての「思考を制御する瞑想」
「思考を制御する瞑想」思考を降ろす
「思考を制御する瞑想」ロウソクを使ったもう一つのやり方