カテゴリー別アーカイブ: 自殺

自殺をしても愛する人と会うことはできない

自殺をしても愛する人と会うことはできない | カレスティア

鮮やかなオレンジ色の花、ノウゼンカズラが咲きました

「愛する夫(妻)に先立たれてしまい、生きる希望も意欲もなくなってしまった。もう一度あの人に会いたい。いっそ自殺してしまえば、また会うことができますか?」
といった、せっぱつまった相談を受けることがあります。

愛する人を失った喪失感と将来の不安から、そのようなことを考えてしまう気持ちもよくわかりますが、知っておいていただきたい大切なことがあります。

それは、「自殺をすると、大切なご主人(奥様)に会えない」ということ。そして、そればかりでなく「先に霊界に行っている両親、祖父母にも会えない」ということです。

自殺をしてしまったスピリットは、中間世という、現世界と霊界の隙間のようなところに行くことになります。病気や事故で他界したスピリットが行く、霊界の病院のようなところ(パラダイス)に行くことも、霊界に行くこともできません。
・・・詳しくは「自殺した霊はどこへ行くのか」をご覧ください。

いったんその中間世に行くと、気持ちの整理がついて、波動が穏やかになるまで、そこを離れることができません。霊界に行けるようになるまで、数十年かかることも、決して珍しくありません。

そして、中間世にいる間は、ご主人(奥様)も肉親も会いに行く方法がありません。中間世とはそれくらい、霊界とも、現世界とも断絶した世界なのです。

愛する夫(妻)に会いたいと思うのであれば、寿命が尽きるまで、現世界に生きるしかありません。そして願わくは、少しずつ元気と笑顔を取り戻して、前向きに生きることです。

あまりにも悲嘆にくれた生き方をしていると、霊界にいるご主人(奥様)もやがてそれを知ることになります。その原因が自分にあることを知ってしまったら、どんなに傷つくことでしょう。そして、再び会ったとき、どういう顔してあったら良いのか、わからなくなってしまうのではと思うのです。

残されたものの義務と思って、懸命に生きることです。

ミディアムシップで、他界した愛する方とお話をすることができます。
詳しくはミディアムシップをご覧ください。

ミディアムシップ

こちらの記事もよく読まれています
自殺した霊は中間世で何をするのか
他界した子供達
パラダイス
スピリットは霊界で何をしているのか

自殺をしないために、させないために その2

自殺をしないために、させないために その2

ピンク+オレンジのような色のバラが咲きました

前回に引き続き、霊による影響で自殺をしてしまわない、させないための方法です。

今回は「霊界にいる邪霊対策」です。
結論から言うと「八方ふさがりだと思わないこと。解決策は必ずある。」ということです。

たとえば、
・以前は事業があれほどうまくいってたのに、だんだんと売り上げが落ち始め、資金繰りも悪くなってきた。今では月末の支払いができるかどうかもわからない。

・乗りに乗っていたギャンブル。しかしツキが落ちて、気がついたら多額のローンを抱えてしまった。自分の稼ぎではとても返せない。

などなど。

これらの共通点は、いったん、現世的利益を享受していることです。
現世的利益とは、儲け、物欲、名声、お金に裏づけられた偽物の愛などです。

霊界にいる邪霊が、現世界の人を虜(とりこ)にさせるため、いったんは現世的な喜びを与えます。しかし、それは長続きしません。持ち上げたら、次に落としにきます。
さながら、生き地獄のような苦しみを味あわせます。そして「この苦しみから逃れるには死しかない。」と思わせるのです。

でも待ってください。

事業や借金、メンツ、(偽物の)愛も大切でしょう。
でも、あなたの伴侶や子供、父母よりも、それは大切なのですか?
自分が死んでしまったら、最愛の人たちを悲しませるのではありませんか?

事業を経営されているのなら、税理士に相談してください。
そして、不採算部門の切り離しや事業の縮小による再生。それが無理なら、債権者に負担を与えない方法での清算。うまくいけば会社を売ることができるかもしれません。

借金があるのなら、司法書士や弁護士に相談してください。
複数の借入先をまとめ、返済計画を立てる手助けをしてくます。それでも無理なら自己破産という方法もあります。

つまり、ひとりで悩まないこと。誰かに相談することが大切です。
もちろん、スピリットガイドにアドバイスを求めるの良いです。
自分の知恵では思いつかない、解決策が必ずあるはずです。

自殺で解決にはなりません。多くの人を苦しめます。
そして、辛さから逃れるためにした自殺の結果、その何倍もの苦しみを中間世で味わうことになるのです。

邪霊のカラクリを知りさえすれば、苦しい状況は作られたものであることが、よくわかると思います。みすみす彼らの手に乗ることはありません。辛さを乗り越えて、邪霊を見返してやりましょう。

数回に渡って続いた自殺についてですが、今回で一区切りさせていただきます。

「心から癒されたい」そう思っている方は、ヒーリングを通して、スピリットからの愛を受け取ってみてはいかがでしょうか?
詳しくはホームページをご覧ください。

ヒーリング


こちらの記事もよく読まれています。
自殺をしないために、させないために その1
自殺はなぜおきるのか
自殺した霊に家族や友人がしてあげられること

自殺をしないために、させないために その1

自殺をしないために、させないために その1

昨日、梅雨入りをしました。雨とアジサイはお似合いの組み合わせですね。

自殺に至る経緯や理由は様々ですが、自殺に霊が関わる場合の対処方法について、2回に分けて書かせていただきます。

まずは「中間世にいる霊に巻き込まれないようにする」です。
霊感体質の人、気落ちしている人、精神的に弱っている人は自殺の名所や城、城下町、戦場跡、古刹を訪れてはいけません。
こういった場所には霊界に行けずに中間世にとどまっている霊達が地縛の状態で、その地にいます。

また、神社、仏閣を訪問するのも避けましょう。
中間世にいる霊が人に憑依し、その人が神社仏閣を訪れると、霊は中に入ることはできるのですが、結界から出ることができなくて、敷地内にとどまってしまいます。

中間世にいる霊の中には「まだ私は死にきれていない」と思っている者が少なからずいます。
そこに、オーラのエネルギーが弱り、防御力を失っている人、つまり霊感体質や気落ち、精神的に弱っている人が近づくと、その人に憑依し、その身を借りて再度死のうとするのです。

周囲から見ると「死ぬほど悩んでいるように見えなかった」とか、「遺書も残さずに突然、自殺してしまった」というような、突発的な自殺をしてしまった人たちは、たいてい中間世にいる霊達に憑依された結果、起きてしまった「事故」なのです。

次回は、霊界にいる邪霊への対策を書かせていただきます。

悩みがあるときは、ご自身の指導霊の言葉に耳を傾けてみませんか。
詳しくは「ホームページ」をご覧ください。
ホームページ


こちらの記事もよく読まれています。
自殺をしないために、させないために その2
自殺はなぜおきるのか
自殺した霊に家族や友人がしてあげられること

自殺した霊に家族や友人がしてあげられること

自殺した霊に家族や友人がしてあげられること

今年は大きな梅が収穫できました

自殺をしてしまった人の家族や友人は、
「どうして自殺してしまったのだろうか」
「私にできることはなかったのだろうか」
そういった思いがとめどなく出てきて、嘆き悲しみます。

自分を愛してくれている人を悲しませるということは、愛の対極であり、罪となります。
家族や友人が悲しめば悲しむほど、中間世にいる霊は罪の意識に苦しむことになります。
そして、悲しむ家族や友人のことが気になり、霊界に行くことを躊躇(ちゅうちょ)し、中間世を離れるのが遅くなってしまいます。

自殺した霊のことを考えると、家族や友人はできるだけ悲しまない方が良いのですが、それはできない相談です。愛する人を失って悲しくない人なんて、いないのですから。

ではどうしたら良いのでしょうか。

それは、「祈ること」です。
自殺した人のことで悲しくなったら、遠慮せずに悲しんでください。
そしてただ悲しむのではなく、最後に「◯◯が、早く霊界に行けますように」と祈ってください。

祈りは必ず届きます。
「自分が自殺したことによって、多くの人を悲しませている。しかし、その人たちは自分が霊界に行くことを願ってくれている」
そう伝わることにより、中間世にいる霊は現世界への未練を断ち切り、霊界へ行く努力に励むことができるのです。

ご家族や友人は悲しみの中にあっても、ぜひ祈ってください。

つらく苦しい時はスピリチュアルカウンセリングで、お客様のスピリットガイド(指導霊)のことばを聞いてみませんか。詳しくはカウンセリングをご覧ください。
カウンセリング


こちらの記事もよく読まれています。
自殺はなぜおきるのか
自殺をしないために、させないために その1
自殺をしないために、させないために その2

自殺した霊は中間世で何をするのか

自殺した霊は中間世で何をするのか

おちょこのような可愛らしい花が咲きました。ヒルザキツキミソウというのだそうです。

自殺した霊が中間世で行うこと、それは「反省」です。

自分がいかに自己中心的な考えで生きてきたか、大切にするべきものを見失い、現世界では重要なもののように見えるが、霊的視点からみると無価値といえるものにいかに重きを置いてしまっていたか、愛すべき人たちにどれだけ苦痛を与えてしまっていたか、などなどです。

中間世が暗く、寒く、孤独であることは罰ではありません。
一人でいることによって、しっかりと反省をするためです。
そして、暗く、寒いのは神からの降り注ぐ愛をその人自身が拒否しているからなのです。
中間世の存在はむしろ神の愛なのです。

ひたすら孤独というわけでもありません。時折、指導霊が訪れて反省を促します。

指導霊の言葉に耳を傾け、十分に反省をし、自殺による心の動揺がしずまり、波動が霊界に相応した穏やかなものになると、中間世を離れ、霊界に行くことができます。

ただし注意も必要です。
中間世に訪れるのは指導霊だけではありません。
邪霊も訪れます。
そして、こんな境遇にいるのは神のせいだといい、神を呪い、侮辱するよう煽ります。
邪霊に同調してしまうと、中間世を離れるときがきても、邪霊たちが住む霊界の低い層に行くことになってしまいます。

また、現世界への強い未練を捨てきれないでいると、いつまでも中間世にとどまることになってしまいます。

中間世は反省のために必要ではあるけれども、非常にあやうい世界でもあるのです。

次回は自殺してしまった霊に対して、家族や友人が何をしてあげられるのか、について書かせていただきます。

心からの癒しを必要とされていらっしゃるのなら、スピリットヒーリングを受けてはいかがでしょうか。
詳しくはスピリットヒーリングをご覧ください。
ミディアムシップ


こちらの記事もよく読まれています。
自殺した霊に家族や友人がしてあげられること
自殺をしないために、させないために その1
自殺をしないために、させないために その2
自殺はなぜおきるのか