カテゴリー別アーカイブ: 親和性の法則

人はなぜ人間関係で悩むのか

人はなぜ人間関係で悩むのか

菜の花がまぶしいくらいの黄色の花を咲かせています

今まで生きてきた人生を振り返ってみると、ごくわずかな期間を除いて、常に悩みとともにあったと思いませんか?

何に悩んでいたかについてさらにみると親子、学校、仕事・・・。本当にたくさんのことに悩んできました。

では、学校の何に悩んでいたかを思い出してみましょう
・友達とけんかをした
・仲の良い友達ができない
・先生のことが嫌い

同じように、仕事の何に悩んでいたかというと
・同僚としっくりいかない
・嫌な上司がいる

といったように、人との関係に悩んでいたことがとても多いことに気がつくと思います。

もちろん、「成績が伸びないと」とか「売り上げが落ちてきている」といった種類の悩みもあるでしょうが、やはり、圧倒的に人との関わりで悩んでいることが多いと思うのです。親子の悩みなんて、まさに人間関係の悩みですよね。

では一体なぜ、人は「人との関係に悩む」のでしょうか?

その答えは、「人が現世界に再生する理由と直結している」のではないか、と私は考えています。

霊界では親和性の法則が強く働いていて(詳しくは「霊界でも親和性の法則が働く」をごらんください)、似た者同士で社会を形成しています。そのため、意見や価値観の相違といったものがもともとないので、他人との間に軋轢(あつれき)や衝突が発生しません。

それに対し、現世界は親和性の法則が緩やかに働いているので、考え方が全く違う人同士で共存しています。そのうえ、過去生において良好とはいえない関係であった相手と現世で巡り会うように自ら計画していますので、なおさら人との問題は避けて通れません。

極論すれば「人との問題を味わうために現世界に生まれてきた」といっても過言ではないのかもしれません。

もちろん、たんに味わう=経験するだけではなく、その時どう思うか、どう行動するかが問われているのです。

人間関係の悩みには必ず取るべき方法があります。
スピリチュアルカウンセリングで、あなたの指導霊にその方法を訪ねてみませんか?
詳しくはホームページをご覧ください。

マンション探し

マンション探し

家探しって「こんなところに住みたい」「こんな街がいいな」といった楽しみもありますが、実際に探すとなると結構大変ですよね。

今回は既存の建物、たとえば、賃貸のマンションやアパート、分譲マンションを探すときのポイントをご紹介をしたいと思います。新築する場合の土地探しについては、また別の機会に書かせていただきます。

気になる物件をインターネットや不動産屋さんで見つけたら、実際に足を運んでみましょう。このとき大切なことは「五感を働かせる」ことです。

立地
建物を中心にぐるっと一周、一区画分を歩いてみて、周囲の建物やそこに住んでいる人たちの雰囲気をつかんでみる

建物
お目当の建物全体を見たときの第一印象

エントランス
入った瞬間の空気感

部屋
各部屋に入った時の印象
暮らしている姿を想像してみて、楽しさや明るさを感じることができるか

これら立地、建物、エントランス、部屋の全てに違和感を感じなければ、即入居を決めましょう。
もし、「嫌だな」とか「ちょっと。。。」と感じる何かがあったら、別の物件を検討しましょう。水周りが良い、備品が最新式といったスペックに魅かれて決めてしまうと、あとで後悔することになります。

今回ご紹介した方法は、実は自分の波動と物件が合っているかの確認方法です。

人は一人一人波動が違うので、万人に良い物件というのは存在しません。ある人には良いのに、ある人にとっては居心地が悪いということがよくあります。自分にあった地と建物の波動の物件が、あなたにとっての最良物件なのです。

家探しについて、スピリットガイド(指導霊)からアドバイスをもらうことができます。現在の家から見た方角、町名、どんな地形に建っていて、日当たり、どういった外観をしているかなど、あなたにぴったりの住まいを具体的に教えてもらえます。
詳しくは「ホームページ」をご覧ください。

ホームページ

現世界で、親和性の法則がゆるやかな理由

昨日の夜から、今朝にかけて私の住む栃木県南部でも台風がきました。
雨とやや強めの台風特有の風が吹きましたが、現在は台風も過ぎ去って、空は真っ青に晴れています。

現世界で、親和性の法則がゆるやかな理由

さて、前回のブログでも告知しましたが、今日のテーマは「なぜ現世界では、親和性の法則がゆるやかに働くのか」についてです。

霊界では、波動が似たもの同士が近くに集まって社会を形成し、波動が合わない人達とは距離をおきます。波動が合わない人同士でも、もちろんコミュニケーションを取ることはできますが、どうもしっくりといかず、結局、離れてしまい、似たもの同士と過ごすことになります。これが、親和性の法則です。

現世界でも街によって、似たもの同士が集まっていますが、完全に同じ波動の人達が社会を形成しているというわけではありません。現世界でも親和性の法則は働いていますが、霊界ほど、はっきりとはしていません。

ではなぜ、現世界では、親和性の法則がはっきりとしていないのでしょうか?
その理由は、「肉体をもっているから」です。

肉体があるということは、緩衝材のようなもので、その人のもっている意念や波動がダイレクトに外に出にくくなっています。
だから、その人が何を考え、どう思っているかは、表情、動作からなんとなく推測することができますが、手に取るようにはっきり分かるというほどではないのです。受け手側も、自分の肉体があるゆえに、これが緩衝材となって、さらに波動を受け取る量が少なくなります。

だから、親和性の法則がゆるやかに働いているのです。

次回は、なぜ現世界で肉体が必要なのか、について書かせていただこうと思います。

♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡
スピリチュアルカウンセリングのご相談はこちらから
♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡

霊界でも親和性の法則が働く

明日は皆既月食。
夕方6:15頃から始まって夜の9:35に終わるそうなので、観察にはもってこいの時間帯ですね。
明日は、壮大な天体ショーを楽しみたいと思っています。

霊界でも親和性の法則が働く

さて、親和性の法則は、私たちが住んでいる現世界だけでなく、霊界でも機能しているのだそうです。というより、むしろ霊界のほうがよりはっきりと、親和性の法則がはたらいているのだそうです。

書物によりますと、霊界は波動、つまり霊格が似たもの同士でグループや組織を形成し、霊界での役割や働きを行っているとのこと。

波動の異なる人とはどうしてもしっくりいかず、いっとき一緒にいることはあっても、別れてしまい、結局は似たもの同士といることになるのだそうです。

波動が似ているということは、価値観も同じような人達同士ですから、居心地が良く、平穏な日々になるのだそうです。

毎日が平穏、価値観が似ている人達との日々、ということは、言葉を返すと、切磋琢磨がないとも言えます。
自分とは違う立場にいる人を受け入れ、認めるという機会も少なくなります。

霊界は、この親和性の法則がより強くので、霊的成長の速度が遅いのだそうです。
それに対し、現世界では、親和性の法則が緩やかに機能しているので、自分と波動の違う人達と日々接することになり、霊的成長を急速に高めるチャンスが多いのだそうです。

次回は、なぜ現世界では、親和性の法則がゆるやかに働くのかについて書かせていただこうと思います。