「いけちゃんとぼく」

いけちゃんとぼく

この緑色のニュルッとしたのが「いけちゃん」です

今日は映画をご紹介したいと思います。
タイトルは「いけちゃんとぼく」。

栃木の自宅から渋谷サロンへの移動に、高速バスを利用しているのですが、その時間がちょうど映画一本分。スマホの小さな画面で見て、人目もはばからず思わず涙してしまったのが、この映画です。

スピリチュアリズム的に正しい描写をしているかとかは抜きにして、お勧めしたいと思います。

乱暴なシーンも多いし、中盤でダレるところもありますが、最後までがんばって見てください。きっと、涙があふれ、温かな気持ちになると思います。

それともう一つのお楽しみ。
不思議な存在の「いけちゃん」、意外な人が吹き替えをやっていました。誰の声なのか想像しながら見ても面白いかもしれません。正解はエンドロールを見てください。

「できることなら、もう一度あの人と話しがしたい」
そう思う大切な方いらっしゃいますか?
ミディアムシップで、他界された方とお話をすることができます。
詳しくはミディアムシップをご覧ください。

ミディアムシップ

コメントを残す