霊界で人生の振り返りを行う

霊界で人生の振り返りを行う | カレスティア

エアーポテト こぶし大のムカゴを収穫します。山芋のような味がします

人は肉体の死を迎えると、魂だけの状態になって、霊界に戻ります。

・・・正確には、いきなり霊界に行くのではなく、霊界の病院のようなところにまずは行くのですが、意識体の浄化に焦点を当てるため、詳しい経緯は省いて説明します。

霊界に戻って、最初に行うことは「人生の振り返り」です。

赤ちゃんとして現世界に生まれてから、少年期、青年期、壮年期、老齢、そして最後に肉体の死を迎えるまで、もうとっくに忘れてしまったようなことも、詳細に振り返ります。

なぜこのようなことができるかというと、魂には「アカシックレコード」といわれる記憶の倉庫があります。肉体の脳は粗雑な作りなので、大切なことでも、うっかりすると忘れてしまいますが、アカシックレコードには忘却という機能がありません。話したり、行動したことばかりでなく、その時、心の中でどう思っていたのかまで、全てが再現できるのです。

この人生の振り返りをあなた一人で行うのではなく、あなたのスピリットガイド(指導霊)も同席して行います。

そして各シーンごとに、あの時はこうしたが、本当はどうすべきだったのか。こう思っていたが、どう思っていた方が良かったのか、一つ一つ検証していきます。

そのため、人生すべての振り返りを行うには、かなりの時間がかかってしまいます。一概には言えませんが、こちらの時間でいうと数ヶ月から数年、ときにはもっとかかることもあるようです。

長い人生では、隠しておきたい、人には言えないようなことが誰しもあると思います。しかし、霊界に行くと、そういった一つ一つがすべて、明らかになり、なぜそうしたのか、心のうちまでも再現されてしまうのです。なんとも寒気がしませんか?

ここで注意して欲しいことが一つあります。

それは、「たとえどんな人生を歩んできたとしても、誰にも裁かれない」ということです。

自分の人生を自分で振り返り、自分自身が恥じ入るような気持ちになるのです。
そして、自分に何が足りないのか、もう一度、霊界で学び直しをするのです。

これについては次回の記事で、もう少し詳しく書こうと思います。

自分は人生を順調に歩んでいるのだろうか?
そう思った時は、ご自身のスピリットガイド(指導霊)に尋ねてみませんか?
詳しくはホームページをご覧ください。

ホームページ

こちらの記事もよく読まれています
霊界で人生の反省をどのように行うのか

お読みの記事は連載記事です。カテゴリーで「スピリチュアリズム講座 入門編」を選択していただき、2017年8月25日の記事から時系列でお読みください。

コメントを残す