「結婚相手との出会いをさまたげるもの」忙しすぎる

「結婚相手との出会いをさまたげるもの」忙しくしすぎない

淡いピンク色をした椿のつぼみです

霊界で決めた結婚相手との出会いを妨げるものに、「忙しすぎる」というのがあります。

仕事が充実していて忙しいというのは、仕事が波に乗っている30代ではよくあることです。
ここで注意して欲しいのは、仕事に励んではいけないと言っているのではない、ということです。仕事とプライベート、つまりワーク・ライフ・バランスに気をつけて欲しいのです。

せっかくの休日も仕事をしたり、家にいたとしても仕事のことばかりを考えているようでは、ライフの部分が極端に少なく、ワークとのバランスが崩れています。
しかし、仕事がどんなに忙しくても、休日には友達と会って、楽しく過ごしているのであれば、ライフも充実していて、ワーク・ライフ・バランスが取れています。

さて、ワーク・ライフ・バランスを霊的視点ではどのように見ているのでしょうか?

ワークとライフのバランスが取れているているということは、結婚のための準備が整っているということであり、さらにプライベートが充実しているということは、夫婦となって、お互いを深め合うための時間を持つことが可能である、ということになります。

結婚をする、しないという事実よりも、パートナーと共に時を過ごし、相手を理解し、受け入れるということを重視しています。そのためには、プライベートな時間の確保とその意思が大切なのです。

ですから、さほど仕事が充実しているわけでもないのに、休日にいつまでも寝ていて、起きたと思ったら、引きこもったようにして、1日に終わりにしてしまう。こういった人も、ワーク・ライフ・バランスを欠いていて、霊界で結婚を決めた相手の出会いが、いつまでたってもやってきません。

人生は人との出会い、人との関わり合いですので、人と会わないプライベートの過ごし方は、充実しているとは言えません。そして、結婚に関しては、特に異性との出会いですから、同性とばっかり会うような過ごし方もプライベートが充実しているとは言えません。

次回は、結婚相手の出会いを妨げるものとして、「よこしまな愛」について書かせていただきます。

「どうしたらよいのかわからなくなってしまった」という時は、スピリットガイドの意見をきいてみませんか?詳しくは「ホームページ」をご覧ください。

ホームページ

こちらの記事もよく読まれています
霊界で結婚の約束をしている
何歳で結婚する?
「結婚相手との出会いをさまたげるもの」 元彼(元彼女)
パートナーを決めてこなかった場合

コメントを残す