パートナーを決めてこなかった場合

婚活で気持ちが負けそうになったら | カレスティア

ツタも赤く色づきました

以前、再生の計画で、結婚の相手(パートナー)を決めてくる人と、パートナーを決めずに再生する人がいる、ということを書きました。

パートナーを決めてこなかった人は、パートナーを決めてきた人よりも、出会いのためのハードルがどうしても高くなってしまいます。

「日々の暮らしの中で、自然な形で出会う」というのは難しくて、街コンに参加したり、友人が紹介してくれるというのなら、臆(おく)せず会いに行く、というくらいの積極的な努力が必要になります。

この点が、パートナーを決めてきた人との大きな違いです。
「なんだか大変そう」とため息が出てしまうかもしれませんが、実はそう悪いことばかりではありません。

パートナーを決めているということは、そのパートナーと過去生で、なんらかの縁があり、その人との関係を修復する必要があったり、やらなくてはいけない課題ががあるという意味でもあるのです。

いっぽう、パートナーを決めてこなかった人は、お相手の方と過去生でのつながりがありませんから、やらなくてはいけないことがない分、荷が軽いといってもいいでしょう。

婚活に疲れやあきらめを感じはじめたら、「悪いことばかりではない」と自分を励まし、勇気を出してみてはいかがでしょうか。

「自分はパートナーを決めてきたの?」
「まだ見ぬパートナーは今どこで、何をしているの?」
スピリチュアルカウンセリングで、お客様のスピリットガイドにパートナーについて尋ねることができます。
詳しくはホームページをご覧ください。

ホームページ

こちらの記事もよく読まれています
霊界で結婚の約束をしている
何歳で結婚する?
「結婚相手との出会いをさまたげるもの」 元彼(元彼女)
「結婚相手との出会いをさまたげるもの」忙しすぎる

コメントを残す