「チャクラの瞑想」 どこでしたらよい?

おはようございます。
今朝も寒いですね。

明日からは11月。早いなあ。
鉢植えのカシワバアジサイもすっかり紅葉しました。

チャクラの瞑想・カシワバアジサイ

カシワバアジサイ

前回に引き続き、「チャクラの瞑想」ですが、とても一回では詳しく書くことができなかったので、何回かに分けて書かせていただこうと思います。
今日は「場所」についてです。

「なるべくいつも同じ場所で瞑想する」

自宅で瞑想をする場合は、瞑想をする部屋を決めましょう。
同じ部屋で瞑想を続けていると、次第にその部屋が浄化されていき、やがて、サンクチュアリ(神聖な場所)になります。

初めのうち、指導霊と対話を試みても、なかなかすぐには対話ができなくて苦労することと思いますが、サンクチュアリがあれば、よりスムーズに対話が始められるようになります。
・・・慣れてくれば、場所に関係なく、指導霊と対話できるようになります。

また、サンクチュアリは低級霊が近づきにくく、より高級な霊が滞在しやすくなるので、大切な物事を決めるときやインスピレーションを受けたいときに、自分のサンクチュアリを持つことはとても良いことです。

また、家の中にサンクチュアリがあると、次第に他の部屋にも神聖さが広がっていき、家全体が清浄になっていきます。

では、どのような部屋で瞑想をしたらよいのでしょうか?

瞑想をしているときに他の家族がいると集中力に欠けますので、書斎や寝室のような一人きりになれる部屋が良いです。
書斎がない、寝室には他の家族が寝ているという場合は、家族がまだ起きる前に瞑想をすることを前提にすれば、リビングでもいいでしょう。
ただし、いくら一人きりになれるとしても、トイレはやめましょう。笑

朝、歩行をされる方であれば、心地の良いベンチや大木の下で瞑想というのも、良いです。
ただ、真冬の寒い時期や雨、雪で天候が悪くなったときに瞑想できる他の場所も確保しておきましょう。

次回はイスと日の出の方向を向く理由を詳しく書かせていただきたいと思います。

「職場にどうしても気の合わない人がいる」
毎日顔をあわせる相手ですから辛いですね。どうしたら少しでも良い関係になれるか指導霊に相談してみてはいかがでしょうか。
詳しくはホームページをご覧ください。

コメントを残す