「思考を制御する瞑想」思考を降ろす

おはようございます。
今日は、朝から風が強いですね。
さすがは12月。冬って感じです。笑

ふと空を見上げると、雲が虹色に光っていました。

思考を制御する瞑想

さて、ロウソクを使っての「思考を制御する瞑想」ですが、自分が考え事をしていることを客観的に認識できるようになったら、次のステップへと進みます。

ロウソクに火をつけ、イスに腰掛け、自然な呼吸を続けます。
そして、頭の中にソフトボールくらいの大きさの玉があるのをイメージします。これを「思考」とします。

ロウソクの炎を見つめながら、このボールをゆっくりと下げていきます。
頭→喉→胸→お腹
といった具合です。
呼吸は穏やかで自然な状態を維持します。下げるのをあわててはいけません。ゆっくりです。

下げている途中で、もし頭が何かを考えてしまったら、玉が少し上に上がってしまったようにイメージしてください。

頭が何も考えない状態を維持しながら、思考の玉を下げていきます。
そして、最終的にはおへそよりも下のところで安定させます。

へそ下で玉が維持できるようになると、突然、ロウソクの炎の見え方が変わることに気づくはずです。
シャープで、明るく、くっきりと見えるようになります。
このように見えた瞬間が、「思考を制御」できたときです。

この炎の見え方を状態を30秒維持します。

「えっ、たったの30秒?」と思うかもしれません。
30秒維持するのは結構難しいですよ。
やってみると、なかなかできなくて苦労すると思います。

30秒維持できるようになったら、次に1分間継続できるようにします。
それができるようになったら、90秒。
またできるようになったら、2分間。
というふうに伸ばしていきます。

「思考の制御」が2分間できるようになるまで、ロウソクを使った瞑想を毎日続けても、半年くらいかかるかもしれません。
ぜひ、根気強くつづてみてください。

次回は、ロウソクを使った「思考を制御する」瞑想方法の別のやり方をご紹介します。

スピリチュアルカウンセリングで、正しい瞑想の仕方のご指導も行なっています。

こちらの記事もよく読まれています
ロウソクを使っての「思考を制御する瞑想」
「思考を制御する瞑想」考えていることに気がつこう
「思考を制御する瞑想」ロウソクを使ったもう一つのやり方

コメントを残す