相手を理解する努力

梅のつぼみ

梅のつぼみがふくらんできました

今日のブログは、「相手を理解しようとする努力」が大切、ということについて書きます。

私たちは、人里離れたところで独りで生活をしているのでもない限り、人との接触やコミュニケーションは避けて通れません。

コミュニケーションと聞くと、「私は話し下手だから…」と消極的な気持ちになる方もいらっしゃると思います。しかし、コミュニケーションは話すことだけではありません。このブログでも以前ご紹介した通り、コミュニケーションとは自分の思いを相手に伝えること。そして、相手の話をよく聞き、表情や仕草、伝わってくる雰囲気など、言葉では表現されていない、さまざまな事柄も五感を総動員して、相手の立場や思いを理解すること。この両方ができて初めて、コミュニケーションが成立したといえるのです。決して、自分の言いたいことだけを饒舌(じょうぜつ)に語ることではありません。

実はこの「相手を理解しようとする努力」は、現世界だからこそ、できる体験の一つなのです。

霊界にいるスピリットには、意識体(魂)を覆う肉体がありません。意識体がむき出しの状態ですから、相手の思っていることは手に取るように分かります。そのため霊界では、相手を知ろうという努力が不要です。

一方、現世界は意識体が肉体で覆われているので、相手が何を思っているかはよくわかりません。だからこそ、「相手を理解しようとする努力」が必要になってくるのです。

ではなぜ、そんなまどろっこしいことを私たちは体験しているのでしょうか。

それは、相手を理解する努力を怠ると、人はどうしても自分中心に考え、自分が有利に、得になることばかり考えるようになります。そして、相手のことを思いやる気持ち(隣人愛)から遠のいていってしまいます。

つまり、「相手を理解しようとする努力」は隣人愛への第一歩なのです。

大切な人と会うとき、苦手な人と会うとき、重要な話をするときは、「相手を理解する努力ができますように」と、ひそかに心の中でお祈りをしてから、会話を始めるといいかもしれません。

「人の気持ちがわからない」
そんなときは、スピリチュアルカウンセリング で、ご自身の指導霊からどうしたら良いかを尋ねてみてはいかがでしょうか。
詳しくはホームページをご覧ください。

こちらの記事もよく読まれています
コミュニケーション
どうしたら隣人愛に生きられるのか?

お祓い

水仙

水仙

「よくないものが憑(つ)いている気がする」「悪いことばかりが続く」といった時に、お祓(はら)いをしてもらおうかな、と考える方もいらっしゃると思います。
ところで、お祓いは本当に効果があるのでしょうか。

結論を先に言いますと、霊や生きている人のよくない念が理由で不調をきたしているのであれば、お祓いは効果があります。ただしその効果は一時的だということ。そして、お祓い以上に大切なのは、なぜそうなったのか原因を知ること、そして今後の対策が重要です。

では詳しく説明したいと思います。

低級霊や生きている人からの良くない念は、低い波長をしています。この念が、人の意識体に覆いかぶさるような状態になります。覆いかぶさられた人の意識体は、低い波長に同調してしまい調子が悪くなります。これが憑依の状態です。

もし憑依されているのであれば、お祓いをすることによって、憑依をはずすことができます。

お祓いは、神社でお祓いをしてもらう、霊能者に除霊をしてもらう、といったものばかりではありません。このブログでも紹介している塩を使う方法マントで身を守るイメージ法などでも十分に効果があります。

しかし、憑依されているのではない、他の理由で不調なのだとしたら、お祓いをしてもなんの効果もありません。

さらに注意していただきたいのは、お祓の効果はあくまでも「一時的」だということです。

想像していただくとわかると思いますが、自分に覆いかぶさっていた低級霊や悪意を持った人の念をお祓いによって取り外したとしても、低級霊が好む状態から脱したり、悪意を持ってい人があきらめない限り、再び憑依されてしまうのです。

そこで重要になるのが、原因を知ることと対策です。

まずは最近の行動を思い出してください。
神社や仏閣、何かがまつられているところに行ってはいませんか。
もしそうだとしたら、お祓いをすることで解決できます。
今後は安易な気持ちでそういったところに出入りをしないことです。祈願をしたい、決意を新たにしたいといったような、しっかりとした目的があるときのみ、敬意をもち、真摯な気持ちで訪れましょう。心霊スポットや廃墟に興味本位で行くのは論外です。

次に日頃の自分の心の中の状態を確認してください。
後ろ向きなことを考えている、将来に不安を持っている、後悔している、などはありませんか。
これらは自分の意識体の波長を下げる行為です。波長が下がると、オーラによる防御力が下がります。すると、同じような波長帯にいる低級霊が付着してしまいます。
お祓いなどで憑依を解除できたら、自分の心の中を常に健常でいることを心がけてください。
「意識体を消耗させる行為」覚え方と解決方法が参考になりますのでお読みください。

そして最後に、人に恨みをかっていないか反省してください。
人は傷つけられることには敏感ですが、傷つけることには無頓着です。
日頃の自分の言葉や行動に高慢さがなかったか、人を押しのけようとしていなかったか、などを省みてください。
そしてもし、傷つけてしまった人がいることに気がついたら、勇気を出して謝ることです。
どうしても謝ることができないのなら、せめて祈ることです。「ごめんなさい。もう私のことを恨まないでください」ではなく、自分の過ちを詫び、その人に心の平安が訪れることを祈るのです。
今後の対策として大切なのは、自分勝手な考え方や振る舞い、言葉をいましめ、自己中心的な考え方から脱却することです。

「○○さんは、私のことをどう思っているのかしら?」
そう思った時はスピリチュアルカウンセリング で、ご自身の指導霊に尋ねてみてはいかがでしょうか。
詳しくはホームページをご覧ください。

一年の計

あけまして、おめでとうございます。
今年一年が、みなさまにとって素敵な年になりますように。

さて、年の始まりにふさわしく、「一年の計は元旦にあり」について、書こうと思います。

小学生の時に冬休みの宿題として、今年一年をどんな年にしたいかを書いた記憶のある方もいらっしゃると思います。子供にとって一年はずいぶんと先のことで、その日その日がすべてです。そこをむりやり考えて、やっとの思いで宿題を提出した、という方も多いのではないでしょうか。

しかしこの「一年の計は元旦にあり」は、一考の価値がある言葉です。

簡単な例をあげてみましょう。

「○○の資格を取りたい」と願う人が、たゆまぬ努力の結果、○○の資格を手に入れることはできます。
「○○の資格を取りたい」と思ったことさえない人が、気がついたら、○○の資格がとれた、なんてことはありません。

「○○を克服したい」と願う人が自分と向き合い、努力を重ねた結果、○○を克服することはできます。
「○○の克服したい」と思ったことさえない人が、いつのまにか、○○を克服することができた、なんてもこともありません。

当たり前のことです。

「どうしたいか」「どうなりたいか」を考えること、目標を持つことは、それを実現するための大切なステップです。

そもそも私たちは霊界から、こちらの世界に来るときに、「○○をしたい」「○○ができるようになりたい」と、熱い思いを持ってやってきました。

それは今、どれくらいできているのでしょうか?

私たちは、ついうっかりすると、日々の生活に追われてしまいます。何も考えずに決まりきったルーチンを繰り返してるだけになってしまいます。

仕事もお休み、街も静か、ほっと一息つける年始だからこそ、自分は何をしたくてこちらの世界にやってきたのか想いを巡らせ、必要があれば軌道修正の「一年の計」をたててみてはいかがでしょうか。

「自分は何をしたいと思って、生まれてきたのだろうか」
そう思った時は、スピリチュアルカウンセリング で、ご自身の指導霊に人生の目標についてたずてみてはいかがでしょうか。
詳しくはホームページをご覧ください。