今、起きている問題は人生の課題とリンクしていることが多い

人は生きていると数々の問題に直面します。そしてそのたびにやるせなさや生きづらさを感じることがあります。しかし、一見バラバラで別の問題にみえるようなことが、実は人生の課題とつながっているというのはよくあることです。

たとえばここにAさんという人がいたとします。

Aさんは職場の仲間に陰口を言われたり、嫌がらせをされて困っています。これが特定の誰かではなく、自分以外のほぼ全員がこのような状態です。なんとか同僚たちとの関係を回復しようと明るくあいさつをしたり、話かける努力をしているのですが改善するどころか、より孤立化を深める結果になってしまいました。

Aさんが辛いのは職場だけではありません。娘のことでも心を悩ませています。

小さい頃はあんなに素直で、無邪気だった娘が、近頃ではAさんを避けるようになってきました。他の家族と一緒の時はそうでもないのですが、Aさんと二人きりになると娘はそそくさと自分の部屋に行ってしまいます。

思春期なのかな、反抗期だから仕方がないのかなと頭ではわかっているのですが、Aさんは寂しくて仕方がありません。

このAさんの場合、職場の同僚に問題があったのではなく、実はAさん自身に問題があったのです。
家庭の問題も娘さんが反抗期だからではなく、やはりAさんの方に問題があったのです。

Aさんは職場で、問題点を見つけると、もっとこうした方がいいよと同僚たちにアドバイスをしていました。こういったアドバイスにより、仕事はより円滑に進み、同僚もミスを減らすことができると思って、親切心で話していたのです。そしてそういったアドバイスができることを少し誇りにさえ思っていました。

しかしAさんは大きな点を見落としています。相手の問題点を指摘するのを他の同僚たちの前で話していたのです。同僚は侮辱された、馬鹿にされたと思い、みるみる表情がかたくなっていくのですが、そういったサインをAさんは全く気がついていません。

娘さんには、部活にあまり夢中になっていないで、勉強をもっとがんばろうとアドバイスをしていました。今はまだ先ですが、受験はいずれやってきます。今から始めておいた方が良いに決まっています。人生の先輩として、親として当然のアドバイスでした。

しかし娘さんは、部活のことで悩んでいました。部活の定期発表会が1ヶ月後に控えているのに、みんなの気持ちがひとつになっていません。なんとか良い発表会になるように、自分を励ましながら、頑張っているのでした。この話は、食卓での話題でも出していました。

実はAさんの人生の課題は「相手の立場を理解するのが下手なので、それを改善する」というものでした。

Aさんは良かれと思って、数々の助言をするのですが、相手がどんな状況にあるのか、どうしてそうしているのかを考えることができません。

おまけに、話が始まると熱が入って、止まらなくなる癖があり、相手がどんな表情をしているのかを見落としてしまうのです。

こうやって、職場でも家庭でも少しずつ孤立化していくのでした。

このように、自分が抱えている問題は、一見バラバラのように見えますが、実は根っこの部分が同じ、というのはよくあることなのです。自分の人生の課題はなんなのかを考えるのが、物事を解決する1番の早道なのです。

人生の課題は自分には分かりにくいものです。スピリチュアルカウンセリングで、ご自身の指導霊に人生の課題について尋ねてみてはいかがでしょうか。詳しくはホームページをご覧ください。

こちらの記事もよく読まれています
人生の課題と願望、そして大志
弱点に気がつかない

波長にもっと気を配ろう

マンサクの花

マンサクの花

今日は自分がどのような波長をしているのか、もっと注意を払うべきだということについて書きます。

私たちは「波長」とか「波動」といった言葉を日常的によく使います。
たとえば、
・あの人とはなんとなく波長が合わない
・あの人からイライラとした波動を感じる
といったようにです。

実は「波長」も「波動」も、ときには「雰囲気」も同じものなのです。波長、波動、雰囲気もともに「振動」を表しています。

この世の全ての物体は振動しています(高校化学で教わりましたね)。特に命のあるものは感情や思考に合わせて振動が変化します。これが波長の正体です。

波長を整え、より良いものへと変えていく。これがスピリチュアリズムの究極の目標の一つなのです。

しかし「波長」という言葉だとおそらくみなさんはピンと来ないでしょう。今日は分かりやすいように「波長=音楽」で、たとえてみます。

激しい怒りや暴力的な気持ち、全てがなくなってしまえと自暴自棄な感情のときは、魂から「パンクロック」の破壊的で、無秩序な激しい音楽が流れています。

誰かを恨んでいたり、世の中を呪っているときは魂から「デス・メタル」の地獄の叫びのようなボーカルと、のしかかるような重々しいビートが流れています。

うまくいかないことを誰かのせいにしたり、自分は報われていないという気持ちのときは魂から「ストリート・ヒップホップ」の批判的で、挑発的、それでいてどうせ俺はこの世界から抜け出せないんだという音楽が流れているのです。

「波長=音楽」をたとえると、こんな感じです。

魂からいつもパンク・ロックが流れている人は、なげやりで、攻撃的な感じがするので、建設的な考えを持っている人や将来をしっかり考えている人を寄せつけません。
その結果、自分の周りに生き方や人生のお手本となるような人が存在しません。

魂からいつもデス・メタルが流れている人は、穏やかな人や明るい気持ちの人を寄せつけません。暗く重い感じを常に漂わせていて、幸せとが平安からみずから無縁になっています。

魂からいつもストリート・ヒップホップが流れている人は、人を批判しているので、いさかいや争いがしょっちゅう起こります。

なんで自分は人づき合いがうまくいかないんだろう
良い友達に恵まれないんだろう
なんで不運ばかり続くのだろう
と嘆く前に、自分の魂からどんな音楽を流れているのかを注目してください。

良き友人や望むような未来を遠ざける音楽を出し続けているのは、自分自身なのです。あなたが日頃考えている頭の中の思考と感情が「音楽」を作り出しているのです。

あなたが望むような未来や、仲良くなりたい人たち、家族に平和と調和をもたらすような音楽が魂からいつも出ているようにもっと気を使ってはいかがでしょうか。

自分はどんな波長なのだろうか、魂からどんな音楽が流れているのだろうか?
気になったら、スピリチュアルカウンセリングで、ご自身の指導霊に尋ねてみてはいかがでしょうか。指導霊から改善の仕方の具体的なアドバイスをもらうことができます。

こちらの記事もよく読まれています
仲の良い友人から自分の霊格を知る方法
魂の状態は他人からわかる

指導霊をする理由

ムスカリ

ムスカリ

今日は指導霊がなぜ人の生涯を見守り、道を踏み外さないように気づきの仕掛けをし、ときにはミディアムを通してアドバイスをしてくれるのか、その理由について書きます。

ちなみに、指導霊はある日突然、あなたの指導霊になったのではありません。あなたが現世界に生まれる前に、霊界で指導霊候補となるたくさんのスピリットの中から、あなた自身が「私の指導霊になってください」とお願いしたのです。このことは以前のブログ(スピリットガイドになるように頼んできた)でも書きましたので、よろしかったらご覧ください。

ではなぜ、そのスピリットは現世界に生まれるのではなく、指導霊という役割を選んだのでしょうか。

それは、再生とは別の手段による自分自身の「魂の進歩向上」のためなのです。

人もスピリットも基本的には私利私欲のかたまりです。自分が得するように、楽するように、自己中心的な考えや行動をしてしまうものです。

しかしそういった気持ちを全て抑えて、現世界へと生まれた人のために、ひたすら行動をする。これは、魂の成長に大きく役立つことになります。しかし並大抵のことではありません。

人は生まれる前は「今度こそ○○をするぞ!」と希望をもち、熱い思いでいたのに、いったん現世界に生まれてしまうと、その決意を全て忘れてしまいます。そして、また過去生のときと同じような愚行を繰り返します。

これをかたわらで見続けている指導霊は、相当ヤキモキしていることでしょう。「そうじゃないでしょ」と語りかけても、人はスピリットの言葉を聞くことができません。

それならばと、人間関係での問題や、ときには病気や事故といった、その人にとっての不都合を発生させ、自身の過ちに気がつくような仕掛けを行います。でも、人は「どうせ私は嫌われ者」とふてくさったり、医者に通って病気を治してそれで終わり、事故にあえば「不運だった」で片付けてしまいます。

指導霊として、なんとやるせないことでしょう。

それだけではありません。指導霊は個人的価値観とか私情を持ちこんではいけないのです。あくまでも人が霊界で決意した事が実践できるように専念することが要求されているのです。

あらゆる仕掛けを用意したけれどもそのすべてを人がすり抜けてしまい、さあどうしようとなったとき、指導霊はミディアムを仲介してメッセージを伝えるという方法にでることもあります。

そう、人は自分の意思でスピリチュアルカウンセリンを受けたいと考え、自らの方法でミディアムを選んでいると思っていますが、実際は指導霊が用意し、導いているのです。

それを証拠に、スピリチュアルカウンセリングにくる人は何かに困っていて、解決策が見つからず苦しんでいます。またはこれといって悩みはないけれども、生き方に満足感が得られず、これで良いのかと疑問を持っています。これこそが指導霊が仕掛けをやり尽くした証拠なのです。

人の指導霊をするというのはとても大変なことです。

人の希望や願いを達成するために尽力をする。自分の価値観や欲を一切いれない。聞き入れてくれない相手と常に対峙(たいじ)する。これは隣人愛そのものです。忍耐力も相当養われるでしょう。

そして、人生を当事者ではなく、第三者として見続けることで、人間の持つ弱さや、自己中心的な考えを理解することができます。その理解が、自分の魂の進歩向上に役立てることができるのです。

これが、スピリットが指導霊をしている理由なのです。

自分の生き方に迷いはありませんか?
スピリチュアルカウンセリングで、ご自身の指導霊に、これであっているのか尋ねてみてはいかがでしょうか。
詳しくはホームページをご覧ください。

こちらの記事もよく読まれています
守護霊はいるのか
スピリットガイドは守ってくれる?
スピリットガイド(指導霊)の選び方