月別アーカイブ: 2014年8月

自己愛の原因

自己愛・ハート石

ハート石

なにを自己愛と呼ぶのか、なぜ自己愛がおこるのか、これを把握することはとても大切なことです。

自己愛とは、端的にいえば「自分さえよければ良い。人のことはどうでも良い」ということだと思います。
自己愛がおこる理由ですが、これは「肉体があるがゆえの生存本能」としているものが多いと私は考えています。

「自分さえよければ良い。人のことはどうでも良い」は、すぐにご理解いただけると思います。

では、「肉体があるがゆえの生存本能」に起因するとは、なんでしょうか?
もう少し詳しく説明したいと思います。

それは、現世に生きている限り、わたしたちは肉体を無視することはできません。
肉体を養なわないと、やがて衰え、死に至ってしまうからです。
・・・死といっても、肉体の死であって、魂は死にませんが。。。

人類は、長い長い間、飢餓を経験してきて、いつも死と隣り合わせでした。
日本をみても、飢えから解放されたのは、ごく最近のことです。
世界中には、まだ飢えから解放されていない国もたくさんあります。

この「肉体を守らないと生きていけない」という危機感が、私たちの記憶に刻み込まれ、たくさんの自己愛を生み出している、と私は考えます。

・欲しい物は全て欲しい
・残り少ないものはとりあえず確保する
・人と分け合うなんて、思いもつかない
・人のことよりはまず自分

どうでしょうか?
これらの欲望=自己愛は、飢餓感が遠因としていると感じませんか?

「肉体をもっている限り、永遠に自己愛との戦いである」と私は考えています。

現世で自己愛を手放す努力を最後の最後まで続けること。
それができて初めて、魂だけの霊界にいったとき、自己愛からはじめて開放されるのでは?とさえ考えています。

次回は、どうしたら隣人愛に生きられるのか?について、書かせていただこうと思います。

迷った時、悩んだ時には、スピリットガイド(指導霊)からのアドバイスを受けてみませんか?
詳しくはホームページをご覧ください。
ホームページ

「天国の住民が教えてくれること」

最近ある人に教えていただいた本を紹介したいと思います。
それは、「天国の住民が教えてくれること」 ポール・ミーク著 新紀元社です。

「人生において、いったい何冊出会えるか」というくらい、本当にすばらしい本です。
・・・教えてくださった◯◯さん、ありがとう!

天国の住民が教えてくれること

簡単にポール・ミークさんを紹介します。
ポール・ミークさんは、ミディアム(霊媒)として活躍されている方で、プライベート・シッティングはもちろん、スピリチュアル教会での公開デモンストレーションも定期的に行なっておられます。イギリス出身ですが、現在はドイツにお住まいです。
時折ドイツのテレビ番組にも出演されています。

この本は、ミディアムとして活動するにあたって、クライアント様に対しどのようなことに心配りをし、霊界に対して、どのような思いで望むべきかといったことが書かれています。

ミディアムとして活躍している方にはまさに「必読の書」です。

またそれだけではなく、霊界と現世界がどのように構成されているか、英国スピリチュアリズムの思想についても多く書かれています。
・・・ミディアムではない方々にも多くの学びを得ることができます。

そしてなによりも素晴らしいのは、クライアント様とのエピソードを通して、いかに霊界が愛にあふれているか、ということが随所に出てきます。
ポール・ミークさん自身の真摯で愛にあふれた人柄が文体にも現われ、暖かで清涼感のある書物になっています。

惜しいことに現在、この「天国の住民が教えてくれること」は、絶版になっています。
しかし、ネットで探すと、まだ中古を手に入れることができます。

私はこの本を生涯をかけて、何回も読んでみたいと思っています。
みなさまにもお薦めの一冊です。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
スピリチュアルカウンセリングのご相談はカレスティアのホームページをご覧ください。
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

「思い出のマーニー」

おはようございます。

アメブロからWordPressへお引越しして、初のブログです。^ ^

お盆あたりからジリジリとするような暑さがなくなりましたね。
過ごしやすくて助かりますが、夏が去ってしまうようで、なんだか寂しいです。

家から歩いて7〜8分のところにお寺があるのですが、そこの用水路に見事なハスの花が咲いていました。
ハスの花って、なんだか幻想的ですね。

ハスの花

ハスの花

今日は最近見た映画について書かせていただこうと思います。
その映画は「思い出のマーニー」です。

思い出のマーニー

娘が夏休みで暇そうにしているので、家内から、映画を見に行かないかと誘われました。その映画が、「思い出のマーニー」だったのです。

スタジオジブリの映画が公開中だったのを知りませんでしたし、宮崎駿が監督した作品ではなかったので、正直、過度の期待はせずに観に行きました。

ところがです。
ものすごくスピリチュアルな映画だったのです。
そう、一点の曇もないスピリチュアルな作品でした。
感動、涙、愛のぬくもり。

映画をまだご覧になっていない方のためにストーリーはあえて書きません。
ぜひご覧いただければと思います。
映画館に足を運ぶときは、ハンカチをお忘れなく。。。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
スピリチュアルカウンセリングのご相談はカレスティアのホームページをご覧ください。
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆