お供え

お供え | カレスティア

ナスの花


今年の夏は、連日30度を越える長く厳しい日が続いています。私は「やっとお盆を迎えることができた」という感じがしています。

お盆にお仏壇に果物やお花をお備えしたり、食卓に陰膳を用意する、というご家庭もあるかと思います。

さてお盆に限らず、私たちが日頃しているお供えは、スピリットにとって意味があることなのでしょうか。それともただ、私たちの自己満足なのでしょうか。

実は、お供えした品々はちゃんと霊界に届いているのです。

これからご紹介することは、ミディアムシップや指導霊との対話で出てきた話から、いくつかをピックアップしてのご紹介です。

まず「お花」について。
お花はそのままの姿で、霊界に住む家族のもとに届いているのだそうです。どのように届くのかというと、スピリットが住む霊界のお家に花瓶があり、さっきまで空だった花瓶が、突然、お花がいけられた状態になるのだそうです。
そしてスピリットは、届けられた花の美しさや香りを楽しむのだそうです。

次にお茶や水などの「飲み物」について。
これも、お茶はお茶として、水は水として届くのだそうです。
他界して間もないスピリットは渇きの感覚が残っていて、飲み物が届くと、それによって、癒される感じがするのだそうです。

そして「食べ物」。
これも霊界に届きます。他界してさほど年数が経っていないスピリットは、おいしく食べていた時代を思い出し、満たされた気持ちになるのだそうです。
しかし他界してからの年数が経つにつれ、少しずつ食への興味を失っていき、最初は食べ物の香りを楽しんでいますが、やがて、食べ物そのものの興味を失ってしまうのだそうです。

一方、お花をみて美しいと感じたり、香りを楽しむ気持ちは、他界して何年経とうとも変わりはないのだそうです。

お供えを通して、私たちと霊界がつながっている。なんとも不思議な感じですね。

もう一度話しがしたい大切な方がいらっしゃいますか?
ミディアムシップで、他界した方とお話をすることができます。
詳しくはホームページをご覧ください。

パワースポットを選んでみよう

パワースポットを選んでみよう | カレスティア

山椒の実

突然ですが、パワースポット巡りをしたことはありますか?

パワースポットについて、多くの方が関心をもっているようで、スピリチュアルなこととは関係のないファッション誌や家庭誌にもパワースポットに関する記事がときおり掲載されています。

今日は、せっかくパワースポットに行くのなら、目的にあったパワースポットを訪れた方がより効果的、ということについて書こうと思います。

ただ漫然とパワースポットに行くのではなく、まず「何のためにパワースポットに行くのか」を明確にしましょう。

たとえば、
・最近忙しくて、めまぐるしい日々が続いている。ホッと一息ついて癒されたい。
・近々どうしても負けられないプレゼンテーションがある。必勝のカツを入れたい。
・気持ちが最近沈みがち。元気を出したい。
・エネルギーを充填して、パワフルに日々を過ごしたい。
といったように「自分が必要とするもの」を理解します。

そして、その欲しいものが得られる「パワースポットの選択」を行います。

カレスティアのサロンがある渋谷地区で例をあげますと、「ホッと一息ついて癒されたい」気持ちに最適なのは、氷川神社です。木々に囲まれた、たおやかなエネルギーが満たされている渋谷図書館交差点側にある鳥居付近はとくにお勧めです。公園で遊ぶ子供たちの歓声を聞きながら、しばし佇んでみてはいかがでしょうか。

そして、「必勝のカツを入れたい」という方には、金王八幡がお勧めです。
とくに金王丸御影堂付近は、強力なパワーに満たされています。御影堂で敵に勝つ、己に勝つといったイメージをしっかりもつと良いでしょう。

このように、各パワースポットにはエネルギーの質に違いがあり、パワースポットならどこでも良いというものではありません。目的に沿ったパワースポットを訪れることで、物事がより良い方向に進むパワーを心と体にチャージすることができます。

ここで気をつけるべきことは、ミスマッチしているパワースポットには訪れないことです。

たとえば、「ホッと一息ついていされたい」と思っている方が、金王八幡に訪れてしまうと、神経が高ぶり、イライラが増長し、疲れてしまいます。逆に「必勝の思い」の方が、氷川神社を訪れると「争うことはよくないよね」と、平和的な心になってしまって、普通なら勝てるプレゼンテーションにみすみす負けることになってしまいます。

必要なときに必要なエネルギーを充填する。そのためには、オリジナルのパワースポット・データベースを作っておくことをお勧めします。

肉体や心に疲労を感じていない健康で時間のあるときに、自宅や会社の近くにあるパワースポットに訪れてみましょう。そして、エネルギーを感じ取り、メモをとるのです。このメモがいくつかたまると、立派なデータベースになります。

ここぞというときに、適切なパワースポットに訪れる。そして、必要なエネルギーチャージをする。これが理想のパワースポット巡りです。

「物事がうまく進まない」
そんなときは、自分では気がつかない「待った」がかかっているのかもしれません。スピリチュアルカウンセリング で、何が原因で進まないのかを尋ねてみてはいかがでしょうか。
詳しくはホームページをご覧ください。

こちらの記事もよく読まれています
パワースポット巡り in 英国 その1
パワースポット巡り in 英国 その2

延命は家族のエゴ

延命は家族のエゴ | カレスティア

オクラの花

延命は本人に無用の苦痛を与え、それが他界の際に強い影響を与えてしまう、ということについて書きます。なお、今回のブログは衝撃的な表現が含まれますので、心配な方はここから先はお読みにならないようお願いします。

私はスピリットヒーリングやスピリチュアルカウンセリングを通して、終末医療に関わる医療関係者や終末患者をケアをする方々とお話をする機会があります。

そういった中、彼らのいたたまれない吐露として、頻繁に出てくる話であり、なおかつ私自身が心穏やかに聞くことができない話題があります。

それはガンなどが体中に転移し、動くこともままならない、そして胃ろう(胃に直接栄養を送り込む処置)や高栄養点滴を受けている患者さんから「殺してくれ」と枯れた声で訴えかけられるというものです。

人や動物は本来、自ら咀嚼(そしゃく)し、食べ物を飲み込むことができなくなると、緩やかに栄養失調になっていきます。そうなると、一番栄養が必要となる脳の働きは緩慢になり、痛みや苦しさが少しずつ感じにくくなっていきます。そして、栄養失調が続くことによって、痛みはほとんど感じなくなってきて、うとうとすることが多くなり、やがて恍惚の状態になって他界していきます。これは、神が与えた霊界への旅立ちの愛あふれる配慮であり、自然界の摂理でもあります。

しかし医療が発達した現在は、その気になれば、心臓が止まるぎりぎりまで、咀嚼や嚥下(飲み込むこと)ができなくなった人に栄養を与え続けて、生かすことができます。

しかしそのことは、脳を最後まで活性化させることであり、心臓が止まる直前まで、痛みと辛さを味わせ続けさせるという不幸な結果を招きます。

そういった患者さんは、臨終の間際に天使や指導霊、先に他界した家族が会いに来てくれるという、本来誰もが体験できるはずの貴重な瞬間を痛みや辛さのあまり、愛や喜びをもって受け入れることができなくなってしまいます。

そればかりでなく、痛みや辛さを耐える期間が長かったため、霊界の病院での滞在期間が一般の方よりも長くなってしまいます。それだけ、霊界の穏やかな波動になるのに時間がかかるということです。

これはとても看過できないことです。

さらに、こういった延命措置を希望する家族に、ある共通点を見出すことができます。

それは、患者(父または母)と家族(息子または娘)の関係が疎遠であったり、ギクシャクしていたり、いわゆる温かな親子関係を結べてないことが多いということがあります。

おそらく家族側が老いゆく親の姿を間近で見続けていなかったため、死を受け入れることができなかったり、「親とはうまくいっていなかったけれども、最期はできるだけのことはした」と言い訳をしたいのでしょう。

患者さん本人が胃ろうや高栄養点滴による治療を希望している場合はもちろん別です。

しかし、患者の意思確認ができない、なおかつ、回復が見込みがない、老齢であるなどの場合は、苦痛を与え続けるだけの延命措置はよくよく考えなくてはいけません。家族の言い訳で生かし続けるのだとしたら、それはあまりにも残忍なエゴでしかありません。延命処置よりも、鎮痛処置に切り替え、苦痛を遠ざけることを検討してください。

親との関係がうまくいっていないのであれば、最期くらい毎日病院に通い、親の手を握り、反応があろうとなかろうと語りかけてください。そして、大切な他界の瞬間を迎えさせてあげてください。そのほうがよほど、愛のある行為です。

「年老いた親とどう接したら良いかわからない」
そういうときは、スピリチュアルカウンセリング で、なぜこの親を選んできたのか、親との関係でやり残していることはないかをご自身の指導霊に尋ねてみてはいかがでしょうか。
詳しくはホームページをご覧ください。

こちらの記事もよく読まれています
お迎え
霊界の病院(パラダイス)

仕事に忙殺されてはいけない

仕事に忙殺されてはいけない | カレスティア

フウセンカズラの花

働き盛りの方に会うたびに思うことがあります。
それは「仕事に忙殺されて、人生について考えることを放棄してしまっている」そして、「それがとてもまずいことだと気がついていない」人が多いということです。

確かに仕事は忙しいです。
朝早く出社して、気がついたら陽はとっくにくれ、夕飯を食べる間も惜しんで働き、やっとの思いで家に着いたら、もうクタクタでお風呂に入って寝るのがせいぜい。私も過労の時代を過ごしてきましたら、よくわかります。

しかしです。
いくら忙しいからといって、週末にいつまでも寝て、テレビを見たり、ゲームをして過ごす。これではいけません。月曜日から金曜日まで、自分の時間を持つことができなかったのですから、やりたいようにやりたいと思うのもわかりますが、パートナーや子供たちと、もっと一緒に過ごす時間を作りましょう。

パートナーや子供たちは、偶然一緒になったのではありません。
あなたと共に人生を歩むことを選んだ人たちです。その大切な人たちと、共に何かをしたり、共に向上すべき何かがあるはずです。しっかりと向き合わなくてはいけません。

それに週末だけではありません。
仕事をしている平日こそ、同僚たちと良い関係を結べているか、仕事を通して奉仕ができているか、内省することが大切です。

「忙しい」だからこそ時間を作り、考える習慣をぜひとも身につけたいものです。

忙しさにかまけて、定年を迎えてしまうと、はたと「いったい自分は何をしてきたのだ」と後悔しても時すでに遅しですよ。

「自分は人生の目的に沿った生き方ができているのだろうか?」
そう思ったときは、スピリチュアルカウンセリング で、ご自身の指導霊に相談してみてはいかがでしょうか。
詳しくはホームページをご覧ください。

向き合うべき親がいない

向き合うべき親がいない | カレスティア

ノウゼンカズラ

以前のブログで、計画していた両親とは違うところに生まれて来た子が、やがて成長し、親元を離れて、気がつくとすっかり親のことを忘れている。そして「自分は冷たい人間なのではないか」と悩んでしまうというケースについて書きました。

今回は、計画とは違う両親のもとに生まれたことによって、人生の目的に影響が出てしまう場合について書きます。

まずは、このブログにまだあまり馴染みがない方のために、ごく簡単に再生の計画について説明します。

人は何度も再生を繰り返しています。
そして、むやみに生まれ変わっているのではなく、それぞれに目的や願望を持って生まれてきています。
さらに、目的や願望が達成することができるよう、時代や国、地域をどこにするか、そして、誰を両親にするのか、性別をどちらにするのを決めます。
これらの計画が決まったら、大人の魂から、幼子の魂へ移行して、現世界に生まれる準備をします。

では、ここから本編です。

再生したいスピリットは、お母さんとなる人のお腹の中に赤ちゃんができるのをじっと待ちます。そして、期待通りにお母さんのお腹に赤ちゃんができれば、胎児の中へと入っていきます。

しかし、待っていても赤ちゃんができない場合もあります。

そういったとき、スピリットはこの夫婦に子供ができるのをいつまでも長々と待つことはできません。なぜかというと、すでに幼子の魂になってしまっているので、再生しなくてはいけないからです。

計画とは違う両親のもとに生まれざるを得なくても、人生の目的が果たせるよう、なるべく条件が揃った両親を選びます。

しかし、人生の主たる目的が親との和解であったり、この親でなくてはならない、という場合は問題が発生しがちです。

たとえば、現世界に生を受けて、幼少時代も大人になっても「○○をしたい」という目標も、「○○をしなくちゃ」という使命感も感じられず、日々がなんとなく過ぎ、「自分はいったい何をしたいのだろう?」と悩んでしまうことが起こりうるからです。

そういった場合は思い切って、興味を持てたことはなんでもやってみるというのもひとつの手です。そして、親も含めて、出会う人たちと真摯に接していくのです。

向き合うべき親がいるということは、見方を変えれば生まれた時からハードルがあるということ。しかし、そのハードルがないのですから、束縛なくあらゆることに挑戦できるという意味でもあります。

やりたいことをやれる自由さを手に入れ、愛を基準に生きていけるかを腕試しをしてみる。そう考えると、実に魅力的で意味のある人生に変わるのではないでしょうか。

「本当にこの親は、自分で選んだ親なの?」
そう思ってしまうのなら、スピリチュアルカウンセリング で、ご自身の指導霊に尋ねてみてはいかがでしょうか。
詳しくはホームページをご覧ください。

こちらの記事もよく読まれています
計画した両親とは違うところに生まれてきた子
国や両親、性別、パートナーを決める

1 / 8112345...最後 »