介護といかに向き合うか

ご家族の中に病気や障がい、老齢の人がいて、介護をしているという方もいらっしゃると思います。そういった方は、介護の苦労に加え、自分の生活とのバランス、先行きの不安といった様々な苦悩が重なり合い、辛い思いをされていらっしゃると思います。

今日は介護が必要な家族とどのように向き合っていったらよいのか、その指標となる考え方を私自身の体験とスピリチュアルカウンセリング を通して語られた指導霊達の言葉、そしてスピリチュアリズムの観点から、わかりやすくまとめてお伝えしようと思います。

介護といかに向き合ったらよいかは、以下の4つの視点に絞ることができます。
1 情で介護をしない
2 理想に縛られない
3 被介護者と自分と家族との関係
4 人生の目的と到達度
この4つとそれぞれのバランスです。では一つずつ解説していきます。

まずはじめに「情で介護をしない」についてです。

「かわいそう」とか、「前はあんなに元気だったのに」という気持ちで、かいがいしく世話をしていませんか?
残念ながら、それはあまり正しい向き合い方とはいえません。介護が必要になったのは、その人にとっての必然かもしれませんし、助けてもらう立場になってこそ気づけることがあるのかもしれません。「かわいそう」と思うのは、あなたの思い込みにすぎません。考え方を変えるべきです。

次に「理想に縛られない」について。

「できるだけのことをしてあげたい」と無理をしていませんか?
介護は介護される方とあなたの双方が笑顔でいることが、あるべき姿です。そのためには無理のない範囲で介護をすることが大切です。手が抜ける時は抜いて、忙しいときには他の家族やプロにお願いしてよいのです。すべてをあなたが完璧にやろうと思わないことです。

3つめ「被介護者とあなたの関係」

ここが最も大切です。
被介護者、わかりやすくするために仮に父とします。あなたとお父さんは、もともと関係のある組み合わせなのでしょうか。向き合うべき相手なのでしょうか?

あなたとお父さんが和解のために、または何かを乗り越えるために親子になったのだとしたら、愛憎や苦渋がたくさんあるでしょうが、真剣に取り組まなくてはいけません。そのために生まれてきたのであり、介護が締めくくりなのですから。

もし、あなたとお父さんとの間に取り組むべき課題がない、つまり初めての組み合わせだとしたら、他の家族と父の関係をみてみましょう。仮にあなたの弟と父との間に取り組むべき課題があったとしたら、弟に介護をしてもらうべきです。
「弟は親と離れて暮らしているから・・・」そんな状況は、関係ありません。あなたが介護をしていることが、意図せず、父と弟の関係改善の障害になっていることもあるのです。

そして最後に「人生の目的と到達度」について

あなたの人生の目的はなんでしょうか。ちゃんと取り組めていますか?到達度はどれくらいですか?

あなたが人生の目的に着実に取り組んでいて、年齢相応の到達度であるのなら、あなたとお父さんに向き合うべき課題がなかったとしても、人として、愛を分け与えるために介護をしても、もちろん大丈夫です。

しかし、人生の目標に取り組めていない、または進捗に遅れがある、なおかつ、お父さんとの間に課題がないのだとしたら、すぐにでも介護を他の方に頼むべきです。他の家族にもお父さんと関係がないのであれば、施設に入れることを検討してください。
こういう場合、指導霊からも「介護よりも、あなたがやるべきことをしなさい」と言われてしまいます。

ここで大切なのは「薄情なのではないか」「家族なのに」と後ろ髪をひかれないことです。
後悔の念を持ってあなたが他界してしまうと、本来は関係はないはずの父と、来世でペアを組むことになってしまいます。そして、どうあるべきかを学び直すことになるのです。

霊的真理やスピリチュアリズムは決してドライではありません。
むしろその真逆で、愛そのものです。

しかし人々は、本当の愛を理解できていません。
ついつい、情念の愛や世間的な愛と混同してしまうのです。大切な家族の介護だからこそ、冷静に考え、判断することが大切なのです。

「どのように介護をしていったらよいのかわからない。このままでは共倒れになってしまう。」
そんなときは、スピリチュアルカウンセリング で、ご家族とどう向き合い、介護をしていったら良いのか、指導霊からアドバイスをもらってはいかがでしょうか。あなたの置かれている状況に合った適切な言葉をもらえます。
詳しくはホームページをご覧ください。

こちらの記事もよく読まれています
「再生の計画」前世と親子関係について
再生の計画で選んだ親なのに課題がない
計画した両親とは違うところに生まれてきた子
障碍のある体をあえて選ぶ

霊界はどこにある

「霊界は、どこにあるのですか?」という質問を受けることがあります。

この質問に対して私は、「私たちが生きているこの世界も霊界の一部です。そして、私たちが立ち入ることができない世界にも霊界はあります。」と答えています。

この返答を聞くと、おそらくみなさんは「なんだか納得がいかないズレた答えだな」と思うことでしょう。でもこれは本当なのです。

「どこ?」と質問しているのですから、たとえば、雲の上、宇宙、火星といった具体的な場所で答えるべきなのでしょう。しかし、霊界は私たちが生きている世界とは別の世界で、霊界がある場所を私たちが理解できる言葉で表現する方法がないのです。そのようなことから、こんなはっきりとしない答え方しかできないのです。

では、別の世界というのはどういうことなのでしょうか。
私たちが生きる世界は三次元ですから、霊界は四次元とか、五次元なのでしょうか。

それは違います。
次元の差ではなく、「霊界は私たちが生きている世界と違う波長の世界」なのです。

これについては、ラジオを例にあげて説明することができます。

私たちの周りにはたくさんの話し声や音楽にあふれています。「何を急に言っているんだ」と思われたかもしれませんね。しかし、ラジオのスイッチを入れてみてください。ラジオから人の声や音楽が聞こえてきますね。AMのTBSに周波数を合わせていたとしたら、少しだけ波長を高くしてみましょう。すると、文化放送が聞こえてきます。もっと周波数を変えてFMに合わせてみましょう。するとFM東京が聞こえます。そこから周波数を上げると、J-waveが聞こえます。こういうことなのです。

いくら耳をすましても、話し声も音楽も聞こえません。しかしそれは、私たちが認識できていないだけで、私たちは無数の音声に囲まれているのです。

霊界も同じです。あなたの目に見えないし、聞こえないのは波長が違うからです。見えない、感じないからといって、私たちと同じ空間にスピリットがいないということにはならないのです。これで、私たちが生きている世界も霊界の一部だということがわかっていただけたと思います。

それでは、私たちの世界が霊界の全てかというと、そうではありません。

あまり正確ではありませんが、少しでも事実に近い表現をするなら、宇宙が霊界です。そこにはもちろん地球も含まれていますし、他の惑星や星も含まれます。でも、惑星や星という物体はあまり関係がありません。星と星の間、宇宙空間も霊界なのです。

「宇宙空間が霊界だとすると、スピリットはふわふわとい浮いているの?」と思われたとしたら、それも違います。

星、空間という見方は私たちの概念です。波長を変えると、そこは星でもなければ、空間ですらないのです。なんだかわかりにくくなってきますね。これが、私たちにはわからないし、説明しにくいことなのです。

また、全宇宙が霊界なのかというと、それは違います。
どこからどこまでが霊界、ということを私たちが理解できる言葉で表現することができないのです。

このようなわけで「霊界は、どこにあるのですか?」というシンプルな質問に対し、「私たちが生きているこの世界も霊界の一部。そして、私たちが立ち入ることができない世界にも霊界はあります。」という、なんとも釈然としない回答をするしかないのです。

もし霊界やスピリチュアルリズムに関する疑問がおありでしたら、スピリチュアルカウンセリング で、指導霊に質問をしてみてはいかがでしょうか。
詳しくはホームページをご覧ください。

こちらの記事もよく読まれています
霊界の住まい
霊界に四季はある?
地獄はあるか

守護霊はいるのか

梅の花

梅の花が咲きました

唐突ですが、みなさんに質問をしたいと思います。
「守護霊は存在すると思いますか?」

さて、どうお答えになるでしょうか。
色々な考えがあるとは思いますが、結論を先に述べますと守護霊はいません。残念ですが。

なぜ守護霊がいないのかを説明する前に、共通の認識を持つため、「守護霊とは何か」という言葉の定義をしましょう。
「守護霊」を、みなさんは「事故や病気、災難などから助けてくれる存在」と考えていると思います。これを守護霊としましょう。

ではあらためて、私たちを災難から守ってくれる霊がいるのかを考えてみましょう。

私たちの日常は、病気、交通事故、仕事上の事故、自然災害など、ありとあらゆるリスクに囲まれています。そういったすべてのことから守られていて無縁の人って、いるのでしょうか?
世界中どこを探しても、おそらくそんな人はいないと思います。

それとも、事故や災害に遭った人たちは、信仰や信心、謙虚さ、日頃の生き方に問題があって、守護霊に見放されてしまったから、災難にあったのでしょうか?
もちろん、そんなわけはないですよね。信仰に厚い人や良心にあふれる人でも災難に遭うことはいくらでもあります。

守護霊を「守ってくれる存在」と定義するなら、やはり守護霊はいないと結論づけるしかありません。

それではなぜ、多くの人が「守護霊」がいると思っているのでしょうか?

それは、私たちの人生は予測不可能なことが多く、自分の力だけではどうにもならないことばかりで、身体も命もはかないものだと感じているからでしょう。そして、そういった災厄から守ってほしいという願いが、守護霊という虚像を生み出しているのだと思います。

では私たちは、孤立無縁で奮闘しなくてはいけないのかというと、もちろんそうではありません。
このブログでも書いているように、指導霊、主護霊(発音は同じですね)、守護天使がいます。それぞれが何のためにいるのか、私たちとどう関わっているのかについては、過去のブログのリンクを貼っておきますので、お読みいただければと思います。

いつも自分と共にいる指導霊と話をしてみたいとお思いですか?
それなら、スピリチュアルカウンセリング で、その思いが実現します。
詳しくはホームページをご覧ください。

こちらの記事もよく読まれています
スピリットガイド(指導霊)の役割
守護天使と大天使
守護天使は人を災難から守る存在ではない