自己憐憫をしてはいけない

トマトの花

トマトの花

人は生きていると、どうしたら良いのか分からなくなるくらい困難な状況が訪れることがあります。そういったときに、「困った、困った」言い続けるのは考えものです。

当然ながら、困っているだけでしたら、先には進めません。
困っているだけというのは、状況改善のための努力を怠っている証拠でもあります。

さらに、「困った」を繰り返しているとやがて、「自分はなんて哀れなんだ」と自己憐憫(じこれんびん)をしてしましまうことになります。それを続けていると、胃が痛くなったり、ウツのような症状が出て、事態はさらに深刻になってしまいます。

困難な局面になった時こそ、冷静さが必要です。

「どうしたら良いか」という方向性を求めがちですが、ここは辛抱です。
まずやるべきことは、どうしてそのような状況になったのかを考えることです。つまり、「原因」を探すのです。

ことの発端つまり原因は、その多くが自分にあることがわかるはずです。

もし原因を景気動向や自分ではどうにもならないこと、たとえば今ですと、コロナウィルスだと思ったのなら、それは本質的原因ではありません。

景気の動向や災害は、あなただけに降りかかっている問題ではありません。社会全体に、あるいはその地域のみんなが同じはずです。しかしそういった中、なんとかやっていけている人たちもいるのも事実です。

そうつまり、景気や災害などは引き金でしかないのです。

今の困難の原因は必ず、自分の中にあります。その原因を慎重に探し出すことが、まずすべきことなのです。

原因が分かったのなら、次にやるべきことが「どうしたら良いのか」なのです。
絶望的状況であったとしても、原因がわかれば、打つ手は意外に多くあることに気づきます。
手が見つかったら、あとはやるだけです。

人は困難に陥った時に「どうしたら良いか」という答えを求めがちですが、それは少し早計です。どうしてそうなったのかをじっくりと考え、自分の非を認めることが大切なのです。

「困った困った」「自分はなんてかわいそう」という自己憐憫は、最悪手です。
苦しい時こそ、生き方の間違いに気づき、それを正すチャンスととらえましょう。

スピリチュアルカウンセリング では「どうしたら良いか」だけでなく、困難な状況を引き起こしている「原因」について必ずお伝えしています。原因がわかれば、今後似たような状況が起こった時に、「どうしたら良いか」のヒントになるはずです。
詳しくはホームページをご覧ください。

カルマとは何か

ノウゼンカズラ

ノウゼンカズラ


お客様とお話をしていると、カルマについて、誤解をしている方が結構、多いことに気がつきました。
カルマを正しく理解することは、今起きている不都合や生きづらさを克服する上で、大切な要素となりますので、今日は「カルマとは何か」を説明したいと思います。

多くの方は、カルマのことを過去生で自分が起こした犯罪や人を傷つける行為など、なんらかの悪事ととらえていることが多いようです。もちろん、それもカルマではありますが、それだけではありません。

カルマとは日本語で言うと「業(ごう)」のことです。
これだとまだ、よくわかりませんね。もっとわかりやすい言葉で、表現します。
「カルマとは生き方の癖や性格」のことです。

そう、カルマとは悪事や犯罪のことばかりではなく、良いことも含めてカルマなのです。
たとえば、
・自分の意見を言えない
・自分が有利なるように仕向けてしまう
・世話好き
・争い事を嫌う
こういったみなさんが無意識のうちに行ったり、思ったりする、生き方の癖や性格がカルマなのです。

カルマは過去生から現世まで、連綿と引き継がれてきたものです。
そして今、行っていることや思考の特徴、性格は来世へと引き継がれていきます。

言い方を変えると「カルマがあなたを形成している」といってもいいでしょう。

さて例にあげた「自分の意見を言えない」という方は、もしかしたら過去生で、自分を愛し、自分を信じてくれている家族とともに暮らしていたのではなく、心が通いにくい、赤の他人の中で生きていかなくてはいけない過酷な人生だったのかもしれません。それゆえ、突出しないよう、目立たないように生きていく必要があったのかもしれません。そして、その時の生き方(処世術)が現世にも引き継がれ、周りの目が気になっているのかもしれません。

「自分の意見を言えない」というのは、因果律でいうところの「結果」です。
結果には必ず「原因」があります。

原因が行動や言動であれば、それを探すのはさほど難しくはありません。
しかし、生き方の癖や性格が原因だとしたら、それに気づくのはかなり難しくなります。なぜなら、生き方の癖や性格は、過去生からずっと続けていることであり、「自分は他の人とは違うんだ」ということに気がつきにくいからです。

もう少し端的に言いましょう。

あなたが今直面している不都合や生きづらさは、過去性からずっと続けているカルマに原因があるのかもしれません。

カルマを過去生で起こした悪事と考えていて、その結果、今の状態があるのだと思っているのだとしたら、打つべき手は何もありません。ただひたすら、不都合を甘んじて受け入れるしかありません。

しかし、カルマは過去生から続けている、生き方の癖や性格なんだということがわかれば、解決策は必ずあります。

カルマを正しく理解することは、不都合や生きづらさを乗り越える重要な鍵なのです。

ご自身のカルマを客観的に知りたいですか?
スピリチュアルカウンセリング で指導霊から、どのような過去生を送っていたのか、それが現世にどんな影響を与えているのか、そしてその解決策を尋ねることができます。
詳しくはホームページをご覧ください。

こちらの記事もよく読まれています
法則としての因果律 まとめ
なぜ因果律があるのか
原因不明の因果律

繁盛する店

今日は繁盛するお店には、スピリットや土地の持つ力が影響を与えている、ということについて書きます。

お酒が飲める方にとって、会社帰りに居酒屋に立ち寄るのは一つの楽しみですよね。
駅周辺や繁華街にはたくさんの居酒屋があります。その中でも、何十年と続く老舗の居酒屋は、どの街にもあって、いつもたくさんのお客様で賑わっています。

さて、そういった老舗居酒屋を冷静な視点で観察してみたことはありますか。
何か特別なメニューとか、ここでしか飲めないお酒って置いてあったでしょうか。

もちろんおいしいおつまみはあります。しかし「このお店ならではですか?」ときかれると案外そうでもないはずです。他のお店でも出していたりします。
お酒も同様です。今時ここでしか飲めないお酒といったら、地酒ぐらいでしょう。しかし、そういったお酒はどうしても高額になりがちです。そのため、老舗の居酒屋にはむしろ置いていなくて、どこでも飲める、ごく普通のお酒を出していたりします。

それでは、他のお店との違いは一体どこにあるのでしょうか。
長い年月がかもしだす趣(おもむき)のある雰囲気であったり、庶民的な肩の張らない親しみやすさかもしれません。
しかしそれだけで、お客様を何十年も魅了し続けることができるでしょうか。

実は繁盛している店は、お店の中、つまり客席が霊界の通り道になっていることがとても多いのです。

私のようなミディアムから見ると、繁盛している老舗居酒屋には、人に混じって、スピリットが、しごく当たり前の顔をして椅子に座り楽しんでいる様子やまるで常連のように、静かに座っている姿をよく見かけるのです。

もちろんスピリットはお酒を飲むことはしませんし、つまみを食べることもできません。
居酒屋の雰囲気を楽しんでいるのです。きっと生前はお酒が好きなスピリットだったのでしょう。

これはいったいどういうことかというと、実はスピリットの流れと人の流れはほぼ一致しているということなのです。つまり、霊が多く通るところは、人も多く訪れるということ。これが商売繁盛へと結びつくのです。

特に客単価が低く、高い回転率が要求される商売の場合は、霊の通り道が店舗内にあることがベストです。もしそういった店舗に入居できれば、商売繁盛が確約されたも同然です。

しかし、客単価が高く、回転率をあまり気にしなくても良い商品を扱っている場合は、むしろ霊の通り道にはお店を出さない方が賢明です。

もしそのようなところにお店を出すと、たくさんのお客様が訪れてはくれるのですが、売り上げには結びつかず、冷やかしの客ばかりになってしまいます。そういった感じの客が店内にあふれていると、じっくりと商品を選びたいと思っている本来のターゲット客を逃してしまうことになります。これは要注意です。

また土地の持つ力も商売と密接な関係があります。

骨董品や芸術品を扱っていて、長年にわたって営業を続けているお店ってありますよね。
でもそういうお店に限って、通りから眺めても、客が入っているところをほとんど見かけることがありません。一体どうやって商売しているんだろうと不思議に思います。

実は極端に客単価が高い商品の場合、お客様の足があまり向かないところの方が良いのです。
具体的には、土地の持つ波動が低く、鈍重で、陰気なところが向いているのです。もちろん、霊の通り道であってはいけません。

「客が来ないのでは商売が成立しないじゃないか」と思うかもしれませんが、実はそうではありません。お目当てのものがあって、じっくりと静かに見たい、吟味したいという客に実に好都合なのです。

そもそも高額商品なので、1日に何人ものお客様に来ていただく必要がありません。たとえ数日に1人であっても、利幅の大きい商品を買ってもらえれば、それで十分なのです。

店舗をどこにするかは、扱う商品、客単価、回転率などによって変ります。それを計算した上で、霊の通り道、土地の持つ波動が最適なところに出店すれば、商売繁盛へと直結するのです。

店舗をお探しですか?
現地にお伺いして、ご商売に適切なお店かどうかをアドバイスすることができます。ホームページからお問い合わせください。

こちらの記事もよく読まれています
家選びで気をつけること
マンション探し