同じ課題が続くとき

日輪

日輪

人は現世に生まれるときに、たとえば「今回の人生では、○○を克服したい」というように、目標を決めて生まれてきます。これを「人生の課題」といいます。

人生の課題のテーマは人によって様々です。「相手の立場になって考えたい」とか「束縛しない」とか、「自己憐憫(れんびん)しない」とか、それこそ無数にあります。

人は現世に生まれると、人生の課題に対して、一生をかけて取り組むのですが、目標未達で終わってしまったり、未達どころか過ちの上塗りをしてしまうということがよくあります。そういった時は、再び来世へとその課題を持ち越すことになります。

スピリチュアルカウンセリングで多くの方と接していると、何度も繰り越された人生の課題というのは、決して珍しいことではないことがわかります。そして、繰り返される課題は、課題の対象が誰であるかによって、特徴があることがわかってきました。2つ例をあげて説明します。

1 人生の課題の対象が「特定の人」の場合

たとえば過去生で、ある人と兄弟姉妹になり、なんらかの問題が発生したとします。たとえば、「肝心なときに手を差し伸べることができなかった」とします。こういった時は、次の再生では兄弟姉妹ではなく、その方と親子になったりします。その人生でも解決できなかったら、さらに次の再生では夫婦になる。というように家族の中で立場を変えていくことが多いことがわかりました。

つまり、お互いに立場を変えることによって、過去に起きた問題「肝心なときに手を差し伸べられない」を克服しようとしているのです。兄弟姉妹でダメだった→親子でもダメだった→今度は夫婦になってみよう、ということなのです。

もちろん、兄弟姉妹、親子、夫婦の順番に決まりはありません。どのような順番でもあり得ます。

2 人生の課題の対象が「不特定の他人」の場合

たとえばある過去生で「自分の考えを伝えるのが苦手」だったとします。この課題が解決されるまで、同じ課題による再生が繰り返されるのですが、課題を持ち越すたびに、その人はより寡黙になっていき、よりかたくなで、交際範囲も小さくなっていく傾向があります。やがて、その課題そのものがその人の性格に反映され、誰から見ても「自分の考えをうまく伝えられない」人になっていきます。

いずれの場合でも、課題を持ち越すにつれ、ハードルはより高くなっていきます。

さらに重要なこととして、課題の持ち越しには限界があるということです。

人生の課題の持ち越し回数はどうやら「3回」が限度のようなのです。
いまだかつて、「今回の人生で、同じ課題に4回目に取り組んでいます」という方を見たことがないのです。

もしあなたが「生き苦しい」と感じているのなら、同じ課題に何度も取り組んでいるのかもしれません。辛く大変ですが、逃げることなく、真正面から取り組んでみてはいかがでしょうか。指導霊の助言がきっと役に立つはずです。詳しくはホームページをご覧ください。

こちらの記事もよく読まれています
人生の課題と願望、そして大志
人は何回くらい再生するのか
現世界に再生する理由

霊界と植生

スイカズラ

スイカズラ

あたたかな春の季節になりました。木々は新緑を茂らせ、草は花を咲かせています。ところで、霊界にも草花や樹木はあるのでしょうか。今日は霊界の界層と植物の関係について書きます。

さて、先程の問いかけの答えを言いますと「霊界にももちろん、草花や樹木はあります」。さらに、私たちが住む地球では地域によって植生(地域によって異なる植物群)がありますが、それと似たような感じで、霊界は界層によって植物の生え方に特徴があるのです。

では具体的に説明しましょう。

まずは比較的低い霊界について。
魂の浄化があまり進んでいないスピリットたちが住む霊界は砂漠です。私たちが砂漠としてイメージする砂砂漠ではなく、ゴツゴツとした岩が広がる岩砂漠がほとんどです。この界層では、草や木は全く生えていません。

次にもう少し上の界について。
ここは地球で生きている間、魂の浄化とか、生きる目的についてほとんど関心がなく、かといって人に恨まれたり、問題を起こすということはなかった。しかし、ただ日々に追われて人生を終えたような人たちが住むところです。
この界層はヨーロッパの旧市街のような、石で作られた古びた集合住宅と石畳で構成されています。植物はほとんど生えておらず、公園のようなとこに申し訳程度の草が生えているだけです。

さらにもう少し上の界になると、集合住宅に加え、戸建ての家が散見するようになります。戸建ての家には庭があり、私たちの世界と同じように、少しの樹木と草花が咲いています。公園には整備された樹木や植物が植えられています。

さらに、かなり上の界なりますと、建っている建物は全てが戸建てになります。なおかつ、ゆったりとした邸宅ばかりになります。庭も広いので、何本もの木が茂っていて、草花も豊富植えられています。公園もずいぶんと広く、そこでには大木が植えれられ、きれいに整備された花畑もあります。そして道には街路樹も植えられています。

このように霊界の植物は界層によって充実度がずいぶんと異なります。より上の界に行けばいくほど、緑豊かになっていき、その種類も多くなって、花もよりたくさん咲いています。

さてここまで読んで、お気づきの方もいらっしゃると思いますが、霊界では木も草もかなり管理された状態で生えています。

地球では木や草は種を作り、それを鳥が運んだり、風で遠く飛ばして、自然に繁殖していきます。そこには人の思惑というものは存在しません。だから、人が全くいないところでも植物たちは繁殖と繁栄を続けることができます。

それに対して霊界の木や草は種で増えているのではありません。あくまでもスピリットの意思で存在しているのです。ですから、スピリットがいる界層には、人を寄せつけない森林やジャングルは存在していません。

つまり、界を構成するスピリットの心のありようと植生が一致しているのです。

たとえば、自分のことで精一杯で、植物にまで気を配る余裕のないスピリットたちが集まっている界には草一本生えていません。それに対して、隣人愛に重きをおいているスピリット達で構成されている界では、草木を愛でる気持ちの余裕がありますので、植物たちが育てられているのです。

ちなみに霊界に雑草は存在していません。雑草はスピリットにとって、いらないものなので、生えようがないのです。庭の草むしりから解放されているなんて、何て素晴らしいことでしょう。

では霊界には、草花が咲き乱れる草原はないのでしょうか。

もちろん存在します。しかし、霊界として特殊な場所です。こういった草原にはスピリットは誰も住んでいません。では何のために草原はあるのでしょうか。

それは、気持ちの整理をつけたいとか、沈思黙考したいといったときに、スピリットが訪れるためにあるのです。

こういった草原は、スピリットが住む界層とは地続きでつながっていません。スピリットが草原に行きたいと願うと、ポーンと飛ばされて、草花が咲き乱れる草原を訪れることができるのです。

自分がこの世に生まれてきた目的を知りたいですか?
スピリチュアルカウンセリングで、ご自身の指導霊に尋ねることができます。
詳しくはホームページをご覧ください。

こちらの記事もよく読まれています
霊界の大きさ
霊界の住まい

指導霊の服装と持ち物

モミジ

新緑のモミジ
ハート型が見えますか?

スピリチュアルカウンセリングでお客様の指導霊と対話をしていると、ときおり「おやっ」と思うような服装や、いでたちをした指導霊に会うことがあります。今日は指導霊の服装と持ち物について、それが意味することについて書きます。

多くの場合は、指導霊は現世界で生きていた最後の時代の服装をしています。ですから、服装から指導霊が生きていた時代や地域を推察することができます。しかしなかには、当時の服装に加えて、ちょっと変わったアイテムを持って現れることがあります。そういう時は、指導霊になぜそれを持っているのか理由を尋ねるようにしています。では、例をいくつか紹介します。

「剣を持っている」
剣や刀をたずさえて指導霊が現れることはよくあります。しかしその多くは剣を鞘(さや)にいれて、腰帯などにさしています。しかし中には、剣をむき出しで、なおかつ、手にかざしていることもあります。

なぜ剣を持っているのか尋ねると「(相談者が)自分の良くない点や魂の浄化に反する行為や思考に気がつき始めた。みずからをいましめ、立ち向かってほしい」という趣旨のことを言うことがあります。

剣は他人に対してではなく、自分の中にある弱いもの、悪癖に対するものなのでしょう。そしてそれらに、果敢に立ち向かってほしいという指導霊からの応援の気持ちを表しています。

「カブトをかぶっている」
鎧(よろい)や、脛(すね)当て、肘(ひじ)当てなどの武具を身につけて現れることもよくあります。しかしそのような場合でも、大抵はカブトはつけていません。このような場合は、指導霊が武者であったことのしるしで、それ以上の意味があるということはあまりありません。

しかしカブトまでかぶっているとなると、事情は少し異なるようです。

カブトをかぶっている場合は、相談者が特定の誰かや自分以外の全ての人からの対処に苦慮し、攻撃を受けているような意識持ち、自分を守りたいと思っているというときに多くあります。

「宝飾品を過度につけている」
髪飾りやネックレスをつけていることはよくあります。しかし、髪飾りやヘアバンド、ネックレス、ときには服にまで宝石が散りばめられているというのは、そう多くはありません。

こういった過度な宝飾品を身につけている理由を尋ねると、相談者が本当の自分よりもよく見せたい、他人から評価されたいといった、世間体を気にしていることがあります。

指導霊としては、「実態とはかけ離れて飾り立てるのは、むしろ滑稽(こっけい)ではありませんか?」というメッセージのようです。

「性別と反対の服装をしている」
男性の指導霊なのに女装をしていたり、女性なのに男装をしている時です。

これは何を意味しているかというと、相談者が肉体の性とは異なる性の思考を持っている、トランスジェンダーだという意味ではなく、二面性を持っているという意味を表していることが多いようです。

たとえば、とても人当たりがよくみんなから親しまれているが、本当は方便のためにそうしているだけで、心の中では違うことを考えているとか、優等生的な言動をしているが、実際は自己中心的であるという場合です。

処世術としては優秀なのかもしれませんが、世の中をうまく渡っていけている分、自分のまずさに気がついていないという警告を意味している時があります。

これらの例はあくまでも参考でしかありません。

指導霊がこのような姿をしていたら、それは即○○だということではありません。実際はもう少し複雑で、指導霊に直接尋ねないと、本当の趣旨はわかりません。

いずれにせよ、指導霊の服装や持ち物は、自分の担当している人に対する警告や応援といった、メッセージ性をもつことがよくあります。

自分の指導霊はどんな人かを知りたくなりましたか?
スピリチュアルカウンセリングで、ご自身の指導霊がどのような人なのか、なぜ自分の指導霊をしているのかを尋ねることができます。
詳しくはホームページをご覧ください。

こちらの記事もよく読まれています
スピリットガイド(指導霊)の役割