天使は怒ることがあるのか:大天使ミカエル

「天使といえども怒ることはありますか」と質問を受けたことがあります。
結論を先に申し上げますと「天使は怒りません」。

ではなぜ、天使は怒らないのかを説明します。

極論すると、天使=スピリット=人であり、天使とスピリット、人には種別的な差はありません。天使は元を正せば、私たちと同じ人だったのです。魂を浄化し、神からの愛を受け入れ、真実の愛(隣人愛)に生きることによって、天使になったのです。

ですから、人やスピリットがどんなに愚かなことをしても、それは自分が歩んできた道のりであり、迷える人々を心から救いたいと願いこそすれ、怒るなどということはないのです。

さてここで、天使に詳しい人だとある疑問がわくと思うのです。それは「大天使ミカエルは戦闘の天使でしょ?」と。

大天使ミカエルの図を見て欲しいのですが、確かに剣を持ち、何か悪そうなものを踏みつけています。これはどう見ても戦いですよね。この図を見た人が、大天使ミカエルは戦闘の神だと思っても仕方がないと思います。

しかし大天使ミカエルが戦っている相手は敵ではありません。おのれの中にある邪(よこしま)な思いと闘っているのです。自己中心的な考えや周囲から一目おかれたいという世間愛と真っ向から立ち向かっているのです。そしてそういった渦中にある人やスピリットを支援するのが大天使ミカエルなのです。

ちなみに余談ですが、ミカエルは英語ではマイケル、ドイツ語ではミハエル、フランス語ではミッシェルと発音します。そう、マイケル・ジャクソンもミハエル・シューマッハも、ミッシェル・ポルナレフも同じ大天使ミカエルから名前をいただいているのです。


また仏教に詳しい人だとこのような感想をもったと思うのです。
「あれ?なんだか似たような仏様がいたような」と。そう「不動明王」です。不動明王も剣を持ち、邪悪なものを踏みつけにしている姿でよく描かれることがあります。
こういった図から、悪者や災難から身を守ってくれる仏と思っている人たちがいるようですが、これも違います。不動明王は不退転の気持ちで、おのれの邪な気持ちと闘っていて、同じ苦悶の中にいる人たちに勇気を与えているのです。そして戦いが終わると、穏やかで慈愛に満ちた大日如来の姿になると言われています。

いかがでしたでしょうか。
天使は怒ることはなく、毅然とした態度で臨むのはおのれに対してだけであるということがわかっていただけましたでしょうか。人に対して怒ったり、厳しくするのは未熟者がすることなのです。

怒りっぽい、人を非難するクセがあるようでしたら、スピリチュアルカウンセリングで、ご自身の指導霊に相談してみてはいかがでしょうか。
詳しくはホームページをご覧ください。

こちらの記事もよく読まれています
守護天使と大天使
こちらの記事もよく読まれています
守護天使は人を災難から守る存在ではない

オーラとは何か

スモークツリー

スモークツリー

オーラには出ている量、形、明暗、色、過去の体験の記録があるということをこのブログでも何回か書いてきました。今日は最もシンプルかつ、本質的な疑問「オーラとは何か」について書きます。

「オーラとは何か」という質問に、わかりやすく答えるならば、「あふれでているエネルギー」といっていいと思います。

「エネルギー」についてまず最初に理解してもらいたいのは振動です。

オーラは人間だけのものではありません。犬や猫といった哺乳類、鳥や虫、爬虫類、あげ出したらきりがありませんが、命を持つすべての生き物にあります。また、生き物だけでなく、金属や石といった鉱物、無生物にもにオーラがあります。

「動物はまあ分かるとして、なぜ石にも?」と思われた方もいらっしゃると思います。

この世に存在しているものはすべて振動しています(詳しくは「波長にもっと気を配ろう」をご参照ください)。振動しているということは、すなわち「エネルギー」なのです。

だから、無生物にもオーラが出ているのです。

無生物の振動数は温度が変わらない限り一定です。よって、オーラの量や形に変化はありません。

それに対して生き物には、温度以外にエネルギーを変化させる要素があります。

たとえば、肉体の状態。
健康であればあるほど、エネルギー量は多くなり、オーラはたくさん出ます。逆に病気やケガなどで弱っている時はエネルギー量が少なくなり、オーラの出方も少なくなります。

さらに、知能を持った生き物には感情があります。
うれしくってじゃれているときはエネルギーがいっぱいになり、オーラの出方も大きく、輪郭はなめらかになります。一方、怒ってうなりをあげている時は、これから戦いになるかもしれないので、エネルギー量は増え、オーラの出方も大きくなりますが、輪郭がトゲトゲになります。

複雑な感情をもっている人間の場合は、オーラに明暗と色が加わります。
人から認められたり、苦労が報われた瞬間に、その喜びからエネルギー量が増え、オーラはとても大きくなり、まぶしいくらいの輝きで、太陽を直接見たときのような無色透明になります。それに対して、誰かを憎しんでいて、復讐をするよこしまな妄想をはたらかせている時は、エネルギーが増え、オーラも大きくなり、暗く、赤色になります。また、昔のことにとらわれ、クヨクヨしている時はエネルギーが少なくなり、オーラは小さく、暗く、緑色になります。

オーラに記録されているエネルギーの歴史をたどることによって、過去の体験を読み取ることもできます。この詳細についてはまた別の機会にブログで書きたいと思います。

いかがでしたでしょうか。「オーラはあふれでているエネルギー」だということがおわかりいただければ、オーラの本質を理解できるようになるのです。

自分のオーラの状態を知りたいですか?
スピリチュアルカウンセリングでお客様のオーラについて詳しくお伝えすることができます。
詳しくはホームページをご覧ください。

こちらの記事もよく読まれています
波長にもっと気を配ろう
「オーラ」の形も変化します
オーラの色と意味
オーラリーディング

念は残る

念は時間とともに少なくなったり、自然に消えてしまったりはしない。特別なことをしない限り、長期間にわたって残るものだということについて書きます。

まずは「念」とは何かについて、説明します。

念とは簡単にいうと、思考エネルギーのことです。何かを考えたり、思ったりする、これが念です。スピリチュアリズムでは「意念」といいますが、あまり一般的な言葉ではありませんので、ここではみなさんにもなじみのある「念」という言葉を使うことにします。

とりわけ、強く思ったり、繰り返し考え続けたりするとそのエネルギー量は大きくなります。そして、念のエネルギーは建物や地面に付着して、そこに長期にわたってとどまります。

たとえば、霊能者が交通事故のあった現場に行って、「ここではこんな事故がありました」と話しているのをテレビで見たことがありませんか?

これは事故現場に残っている被害者の驚きや痛み、恐怖といった念を霊能者が読み取っているのです。よく考えて欲しいのですが、事故現場にスピリットがいて、そのスピリットとコンタクトをとっているなんてあり得ないのです。みなさんだって、「いつか霊能者が来るかもしれないので、ここに数ヶ月待っててください」と言われたって、嫌でしょ?スピリットだって同じです。そして、そんなに暇ではありません。

念に関するエピソードとして、こんなことがありました。
私はイギリスのティンタジェル城に友人の霊能者と一緒に訪れたことがあります。この城はイギリスの伝説的英雄アーサー王が住んでいたといわれています。

この城で瞑想をし、残存している念を友人と一緒に読み取ってみました。すると、ここに住んでいた王はやさしいが、とてもおくびょうで、大陸から軍隊が船で攻めてくるのではないかと不安で、しょっちゅう海を眺めていました。勇ましいアーサー王とは程遠い別の人物でした。この城の王は今から約1500年前に住んでいたと言われていますので、念がとても長く残るということがおわかりいただける思います。

念は悲惨な出来事や伝説的人物だけのものではありません。この世のすべての人たちに存在しています。

残存している念に注意すべき代表格は、マンション、アパートといった賃貸物件や中古住宅です。

前の住人が変死をした事故物件が嫌がられるのは、なんとなく気持ち悪いからだけではありません。事故後に住んだ住人が居心地の悪さを感じたり、いたたまれなくなってすぐに退去してしまうことから「やっぱり事故物件は…」となり、敬遠されるのです。

もちろんこういった好ましくない念は、事故物件だけではありません。アル中、いつも怒っている、悩みがある、気持ちが不安定といった前の住人の念も残っています。

では、建物に残った念に対して打つ手はないのかというと、そうではありません。前の住人の念を消して、クリアな状態にすることができます。ただこの方法には、どのケースにもあてはまる普遍的なものはなく、建物、前の住人が残した念、新しく住む人の組み合わせでアレンジする必要があります。

スピリチュアルカウンセリングで、建物についた念の適正な消去のしたかをお教えすることができます。荷物や家具を入れる前にクリアな状態にしてみませんか。