表の顔と裏の顔

ゴーヤの実

ゴーヤの実

今日は「二つの顔を持つことはよくない」ということを書きたいと思います。

みなさんの周りに、自分の思っていることをなんでも口にして場を凍りつかせたり、険悪な雰囲気になっても平気、という人がいると思います。
その一方で、いつも穏やかにしていて、嫌なことを言われても笑顔を崩さず、自分の意見はあまり言わず、平和主義者。そんな人も思い浮かべることができるかと思います。

さて、この二人、どちらが霊的には上なのでしょうか?

多くの方が後者を上げると思いますが、正解は先に述べた「好き勝手放題にやっている人」の方が上です。
この答えにショックをうける方や異論を唱えたい方もいらっしゃることでしょう。

確かに私たちは、幼い頃から親や先生に、「人前で感情を出してはいけません」「自分の意見をやたらに言ってはいけません」ということを教わってきました。そして、そうすることが、周囲との調和を生み、大人らしい生き方であり、美徳だと言われてきました。

しかし、この考えは人に「表の顔と裏の顔」をもたせる要因にもなっているのです。

「表の顔と裏の顔」とはどういうことでしょうか。例をいくつかあげてみます。

・いい嫁であることを演じたいので、ついつい義母の前では従順なふりをする。
・仕事の打ち合わせや会議で、本当は違う意見を持っているのだけれども、事案が順調に進まなくなるのを恐れて、賛同のふりをしてしまう。
・本当はだらしなくて、いい加減なのだけれども、人前ではそつなくこなしているように装っている。

「表の顔と裏の顔」というと、大層なことのように聞こえますが、このように、ごく日常的にやりがちなこと、これもれっきとした「表の顔と裏の顔」なのです。

「場を読まないで好き勝手なことを言っている人」は「表の顔と裏の顔をもって、大人の振る舞いができる人」よりも霊的には上ですが、周囲の人を嫌な気持ちにさせたり、自己中心的な考えをしている点から見ると、いまだ霊的成長の過程であることは間違いありません。

最終的に目指しているのは、いかなるときも一つだけの顔(ありのままの自分)で、自分が思っていることをちゃんと表現し、それを人にわかってもらえるよう努力をすること。そして、相手にの気持ちも理解して、どうやったらみんなにとってベストなのかを考え、行動できるようになること。これがゴールなのです。

階段は飛ばして昇ることはできません。
私たちがまずやるべきこと、それは、「いかなる時も一つの顔(ありのままの自分)でいる」ことです。
これは結構難しい課題でもあります。

「人とうまくやっていけない」
そんな悩みがあるときは、スピリチュアルカウンセリングを受けてみてはいかがでしょうか。自分では気がつかない盲点がわかるかもしれません。
詳しくはホームページをご覧ください。

同じ人生の目標

ノウゼンカズラ

ノウゼンカズラ

人は霊界にいるときに、再生の計画をたてます。
そして、今世では「○○をしよう」というように、人生の目標をたてます。

しかし、たとえ人生の目標が同じであったとしても、人によって背景や立ち位置は随分と異なります。

例をあげて説明しましょう。
ここにAさんとBさんという二人の女性がいたとします。そして二人とも「自立した生き方をしよう」と、同じ人生の目標をもっていたとします。

Aさんは、幼い頃から両親や周囲の人の影響をほとんど受ける事なく、独自の価値観を持ち、イエス、ノーがはっきりしていて、人に迎合することはありません。

一方 Bさんは、何をするにも親がかりで、親が決めた学校に通い、就職先も親のコネで入りました。親にも、仲の良い友達にも「○○をしたい」と自分の意見を言ったことがありません。いつも誰かに合わせています。

ここまでですと、AさんとBさんが、同じ人生の目標を持っているとはちょっと思えませんよね。

この差は一体どこから来ているのでしょうか?
それは、過去生の生き方の差から来ているのです。

Aさんは、直前の過去生、2つ前の過去生ともに今と同様に女性でした。そしていずれのときも、親やパートナーの収入が低く、自らが一家の大黒柱となって働き、家族を養ってきました。

Bさんも、ここしばらくの過去生で女性でした。いずれのときも、過保護気味の親に育てられ、親が決めた相手と結婚しました。そして、親も伴侶も資産家で、経済的に豊かな生活を送ってきました。

それにしてもここまで異なるAさんとBさんがともに「自立した生き方をする」という目標を持ったのはなぜでしょうか。

それは、Aさんが働き、収入を得ていたのは、自らの意思で決めたことではなく「私が家族を養わなければ、家族が飢えてしまうから」必要に迫られてのことでした。だからこそ今度は、自らの意思と選択で、自分のために「自立したい」と願ったのです。

Bさんは、いつも親や夫の言う通りに生きてきて、自分の人生を歩んできたという実感がありませんでした。だから今世は、自分でしっかりと物事を決めて、収入も得て「自立した生き方をしたい」と考えたのです。

以前のブログで「若い頃は過去生を再現する」ということを書きましたが、幼少期、少年期、そして社会人になって2、3年までは、過去生の生き方とそっくりになります。そして、そういった生き方に行き詰まりや不都合を感じたときに「さあどう生きるか」と、いよいよ人生の本番になるのです。

たとえばAさんは、過去生で、より多くの収入を得ようとして、肉体労働や危険を伴う職業についていたのなら、今世でも、手っ取り早く収入を得られる道を選びがちです。
しかし過去生で、頑張っている割には評価されない悔しさを体験しているのなら、今世では安易に仕事を選ばずに、人に認めれ、一目置かれるような仕事に就きたいという気持ちの葛藤があるかもしれません。

Bさんは、ぬるま湯から抜け出すことができず、ついつい流されてしまいがちでしょう。親からの支援を受けずに、自分の収入だけで生きていくことに魅力を感じつつも、決断できずにいつの間にか時が経ってしまうかもしれません。

このように、同じ人生の目標を持っていたとしても、その中身は随分と異なるものなのです。

「自分は何をするために生まれてきたのだろう?」
そう思った時は、スピリチュアルカウンセリング で、ご自身の再生の計画を指導霊に尋ねてみてはいかがでしょうか。
詳しくはホームページをご覧ください。

こちらの記事もよく読まれています
若い頃は過去生を再現する
浄化の課題
願望
大志

指導霊に話しかけてみよう

ゴーヤの花

ゴーヤの花

今日は「自分の指導霊にもっと話しかけてみてはいかがでしょうか」という提案をしたいと思います。

指導霊は、上から目線で指図をする存在ではなく、自分よりも少し上の霊格ではあるものの、いわば仲間のような存在です。そして、たとえどんなささいなことでも相談したり、尋ねたり、話しかけても良いのです。

しかし指導霊としての考えや応えをもらうには、指導霊とコミュニケーションをとる必要があります。

まず最初は一方通行で構いません。
「困ったな」「どうしよう」ということが起きたら、「指導霊様、どうしたら良いですか」とか、「指導霊様、正しい判断ができますように」と語りかけてみてください。

ここで大切なのは、冒頭に「指導霊様・・・」と、話したい相手を明確にすることです。これをすることによって、あなたの想いは指導霊に届くようになります。

これができるようになったら、今度は日常的に指導霊に語りかけてみてください。

たとえば朝、出勤する時に「指導霊様、無事に会社に着きますように」とか、「指導霊様、今日一日、お会いするすべての人たちと正しい意念でお話ができますように」というようにです。

そして、会社に着いたら、「指導霊様、無事会社に着きました」とか、退社の時に「指導霊様、おかげさまでお会いした皆さんと正しい意念でお話ができました」または「○○さんとは、もう少し親身になって話せれば良かったと思います」というように、感謝や反省の言葉を伝えてみてください。

指導霊への語りかけがしばらく続くと、指導霊の方もなんとかして自分の思いを伝えなくてはと、行動を開始します。

しかし私たちは肉体を持っているが故に、簡単にはコミュニケーションができません。

そこで、指導霊はあらゆる方法を試みます。
短い言葉として聞こえたり、自分とは異なる思考が伝わってきたり、映像が瞬間的に見えたり、象徴的な出来事が起きたりなど、何かが起こります。

ごくわずかな時間見えたり、気がする程度では、コミュニケーションとしては頼りないのは事実ですが、大切なのは「指導霊の存在を常に意識している」ということを指導霊にわかってもらうことです。

いついかなる時も指導霊とともに考え、行動をするようになると、本当の意味でのチームメイトになるのです。

人に与えられた時間は思っている以上に短いものです。
遠回りをしたり、誤った選択はできだけしないに越したことはありません。

人生の目的に向かって、しっかりと歩みを進めるためにも、指導霊に語りかけることを習慣としてみてはいかがでしょうか。

「本当にこのままで良いのだろうか」
と思ったときはスピリチュアルカウンセリング で、指導霊の意見を尋ねてみてはいかがでしょうか。
詳しくはホームページをご覧ください。

こちらの記事もよく読まれています
スピリットガイド(指導霊)の役割
スピリットガイドの霊格
スピリットガイドになるように頼んできた
スピリットガイドはチームメイト

指導霊は自分に似ている?

百日草(ジニア)

百日草(ジニア)

この世に生きる全ての人にスピリットガイド(指導霊)がいます。
今日は指導霊は自分と似ているか、ということについて書きます。

まずは性別について
男性の場合は男性の指導霊、女性の場合は女性の指導霊ということが多く見受けられます。
しかし、男性だけれども女性の指導霊、逆に女性だけど男性の指導霊ということも、もちろんあります。これは、男っぽい女性には男性の指導霊というわけではありません。本人と指導霊との性差には特別な理由がないようです。

次に容姿について
これは全く関係ありません。
背が高い、低い、太っている、痩せているなどは全く一致しません。ときおり、顔の雰囲気が似ている場合もありますが、これは後述する性格由来なのかもしれません。
それと人種や国籍も全く関係ありません。

性格について
本人と指導霊の性格は基本的によく似ています。
物静かで人見知りな人に、陽気で社交的な指導霊という組み合わせはまずあり得ません。これは本人が再生の計画の時に、自ら指導霊を選んでいる都合上、どうしても似た者同士を選ぶからなのでしょう。
ちなみに指導霊の性格が本人に影響を与える、ということはまずないと思います。

職業について
人生の目的に職業が含まれる場合は、明らかな共通点があります。
たとえば薬剤師として活躍することを目的としている人には、過去生で薬草に関わる仕事をしていたスピリットが指導霊になります。ここはかなりはっきりしていて、医療というくくりは同じであっても、看護の経験のあるスピリットや医師だったスピリットが指導霊になることはありません。医師は医師、看護師は医療助手や看護の経験のあるスピリットというように明確に区分けをしています。これはおそらく、職業特有の悩みや問題に対し、同じ体験をしたことがあり、それに共感できたり、乗り越えてきた経験を持つスピリットを指導霊として選んでいるからなのでしょう。
ちなみに、どのような職業についていても、人生の目的にその職業がリンクしていない場合は、指導霊の職業は一致していません。たとえ、医師であったとしても、別の職業体験の指導霊というようにです。

そして境遇について
これはほぼ全ての人が一致しているといって良いでしょう。
たとえば、経済的に豊かな環境に生まれることによって、そこから正しい選択をしようとしている人には、同じように経済的に豊かだったスピリットが指導霊になっています。
親の過干渉から独立し、自分の意思を通したいと思っている人には、やはり同じような体験をしてきたスピリットが指導霊になっています。

「自分の指導霊はどんな人なんだろう?」
そう思った時は、スピリチュアルカウンセリング で、自分の指導令について尋ねてみてはいかがでしょうか。
詳しくはホームページをご覧ください。

こちらの記事もよく読まれています
スピリットガイドになるように頼んできた
スピリットガイド(指導霊)の特徴
スピリットガイド(指導霊)の選び方

腸は脳の一部

アジサイ

「考えがまとまらない」「気持ちがすっきりしない」、そんな症状はありませんか?

もし悩みや心配事がないのに、このような症状が出ているとしたら、腸の動きを確認してみてください。そしてもし「最近お腹を下している」「消化不良気味かも」などがあったら、原因は腸にあるのかもしれません。

ダーウィンの進化論を持ち出すまでもなく、人の肉体は進化の過程の中で、現在の姿をしています。

最初のうちは、なまこやミミズなどのように、口→腸→肛門といった、ごく単純な構造をしている生き物でした。やがて、その腸が少しずつ胃や肝臓、すい臓といった複雑な消化器官を作り、やがて脳を作るまでになりました。

つまり、人の体のあらゆる臓器、たとえば脳、脊髄、食道、消化器から肛門までは一本につながっているという見方もできます。ですから、消化器の不調が脳にも影響を与えることは、想像にかたくありません。

実際、スピリットヒーリングでにお越しのお客様で、「なんだかもやもやする」ということを訴えられる方に対して、スピリットドクターから乳酸菌や酪酸菌などの整腸作用のあるものを具体的に品名をあげて、摂取するように勧められることもたびたびあります。

また、現代の食事、とくに加工食品やコンビニで販売されている食品類にはPH調整剤が使用されています。これは、食品の腐敗やそれによる食中毒を避けるために使われているのですが、PH調整剤を摂取することによって、腸内にある有用な菌類も殺してしまいます。

人の消化、吸収は消化液や胃腸の動きだけで行なっているのではありません。菌類の働きも借りているのです。

「気持ちがすっきりしない」そんなときは、腸の動きが順調かどうか、そして、加工食品ばかりを食べ続けていないか、見直してみるのも良いと思います。

「なんだか体調がすぐれない」
そんなときは、スピリットヒーリングを受けて、スピリットドクターからのアドバイスに耳を傾けてみてはいかがでしょうか。
詳しくはホームページをご覧ください。