人を呪ってはいけない 対策編

前回のブログで、嫌な相手が困っている様子を想像するのは呪っているのも同然だということ。そして呪いは自分の魂を傷つけ、霊格をおとしめる行為だと書きました。

これはどうしても避けなくてはいけません。では人からいじめられたり、敵対され、苦しい状況になった時にどうしたら良いのか、具体的な方法をご紹介します。

憎い相手に対して、次の4つのステップを順に進めてください。
なお、Step1〜Step4を全て行うのではなく、問題が解決した時点で、終了してください。

Step1 「和解をする」
相手とよく話し合い、お互いに過ぎたことを詫び、仲直りをします。

とても勇気がいる行動ですが、自分が折れることにより、意外にも相手が軟化してくれることがあります。不仲の原因がちょっとした行き違いであったり、勘違いだったというのはよくあることです。

誠意を持って話し合うことはとても大切です。このステップで解消できたら、「違いを受け入れる」「我を張らない」という点で、霊的に成長したことになります。

Step2 「相手の幸せを願う」
和解に失敗したときは、相手の幸せを願います。

具体的には「○○さんの心に平安が訪れますように」「○○さんが愛されますように」というように祈るのです。

この時注意して欲しいのは「いじめをやめますように」というように、自分への有利な行動を願ってはいけません。ただひたすら、相手の幸せを願い、祈るのです。これを毎日数回、最低でも1ヶ月は続けてください。

呪いとは「不幸を願うこと」です。その真逆の「幸せを願う」ことは、絶大な力を発揮します。

憎い相手の幸せを願うのは、かなり葛藤があるはずです。しかしそのジレンマを乗り越えて、純粋に相手の幸せを願えるようになれば、「隣人愛」の実戦として、霊的に成長できたことになります。

Step3 「解除の瞑想をする」
相手の幸せを願い続けて、1ヶ月経っても効果が出ない時は、双方の念がお互いの魂に絡みつき、拘束状態になっている可能性があります。拘束を解かなくてはいけません。解除の瞑想を試みてください。

詳しいやり方については、サイキック・バンパイアからの解除の仕方を参照してください。

Step4 「鏡の瞑想をする」
Step1〜Step3を順に行っても効果が現れない時は「鏡の瞑想」をしてください。

ただしこれは、その人との縁を完全に断ち切る方法ですので、安易に行ってはいけません。あくまでも万策尽き果てたときの最終手段です。また、魂の浄化や霊的成長の面から見ると憂慮すべき点があります。そのため、被害を受けないために仕方なく行うのだと理解してください。

詳しいやり方については、「防御のしかた」大きな鏡を参照してください。

呪いは私たちの暮らしのすぐそばにあります。
人の不幸を願うことは絶対に避けなくてはいけませんし、不幸を願われても困ります。念の負の連鎖から抜け出し、魂が本来求めている、明るく、前向きで、穏やかな状態を保てるようにしましょう。

人から憎まれてしまったその原因をスピリチュアルカウンセリングでご自身の指導霊に尋ねてみてはいかがでしょうか。指導霊から対応方法も教えてもらえます。
詳しくはホームページをご覧ください。

こちらの記事もよく読まれています
嫌がらせをされたら
サイキック・バンパイアからの解除の仕方
「防御のしかた」ガラスのドーム
「防御のしかた」大きな鏡

人を呪ってはいけない 理由編

ニラの花

今日はなぜ、人を呪(のろ)ってはいけないのか、その理由について書きます。

みなさんは「呪い」ときくと、呪文を唱えたり、丑三(うしみつ)参りといった特殊なやり方や、人形や写真を使うなどアイテムを使った方法を思い浮かべると思います。

もちろん、こういったものも呪いですが、呪いはこればかりではありません。

たとえば自分をいじめる人に「○○がみんなから嫌われますように」と祈るのは完全に呪いです。

それだけではありません。「○○が辛い思いをしたり」「○○がみんなから嫌われて一人ぼっちになる姿」を想像するのも呪いなのです。

自分では解決できない苦しみに対して、心の中で想像して復讐をする。これって結構やってしまいがちなことです。自分では呪っているという意識はなくても、結果として呪っていることになるのです。

では、「呪い」とはどういうことなのでしょうか。

それは、誰かの「不幸を願う」ことが呪いなのです。呪文を唱える、祈る、想像する、方法が違っても差はありません。人の不幸を願えば、それは呪いなのです。

ではなぜ人を呪ってはいけないのでしょうか。
それには2つの理由があります。

1つめ。人を呪うことで自分の魂を傷つけてしまい、その結果、心と体に不調をきたし、呪っているのと同じくらいまたはそれ以上のダメージを受けてしまうからです。

人の不幸を願う気持ちはネガティブな思考です。ネガティブな思考は魂を落ち込ませ、深みへと入らせます。いったん深みに入ってしまうと抜け出すことは容易ではありません。繰り返し何度も人の不幸を願うようになります。

人の不幸を願うことは一見、攻撃しているようですが、激しい念の波動によって、自分の魂も傷つけてしまいます。思いが強ければ強いほど、自分の魂をより深く傷つけることになります。

不幸を願う気持ちは、相手にも伝わります。
相手のことを想像していると、たとえどんなに距離が離れていても、自分のオーラが長く伸びていって、やがて相手に到達します。

オーラが接触した相手は、ふとあなたのことを思い出します。日頃あなたをいじめるような人物ですから、次はどんな手を使ってあなたをいじめようかと想像し、ほくそ笑みます。

すると相手のオーラが長く伸びだし、やがてあなたに到達して、あなたを攻撃しだすのです。これらが、人を呪うと自分の魂が傷ついてしまうメカニズムです。そして、魂が傷つけばゆっくりと体の調子も悪くなってきます。

そして2つめ。人を呪うということは、自分の霊格をおとしめることになるからです。

人の不幸を願うのは、隣人愛の真逆の行為であり、霊的真理に反します。それと同時に霊格を下げる行為でもあります。他界後、とても後悔することになるでしょう。そして人を呪ったことが、来世への課題になってしまいます。

魂は本来、明るく、前向きで、穏やかな状態を好みます。それに反することは、魂を疲弊させてしまいます。「人を呪わば穴二つ」という言葉は本当のことなのです。

次回は人の不幸を願いたくなってしまったとき、どうしたらよいのかについて書きます。

自分の力では解決できない人との悩みは、ご自身の指導霊に相談するのが一番です。
詳しくはホームページをご覧ください。

ヘブンリー・カフェ 10月開催のお知らせ

カレスティア渋谷サロン

10月2日(日)に瞑想と、リラックスしたトーク交流会を行います。
ヘブンリー・カフェに参加するのがはじめてという方、カレスティアのスピリチュアルカウンセリングやミディアムシップをまだ受けたことがないという方も、もちろん歓迎です。

トークの話題としては、
・スピリチュアリズムに関すること
・魂の浄化について
・スピリットの世界
など

村田哲郎からの話はもちろん、参加していただいたみな様が体験した出来事や、カレスティアのブログを読んで疑問に思ったことなどを質問していただき、みな様の考えをうかがったり、村田はどのように考えるかなどを自由な感じでトーク交流したいと思います。ご希望の方は下記のフォームメールからお申し込みください。

日付 10月2日(日)
時間 午前の部 10:00開始 11:30終了 あと2名募集中
   午後の部 14:00開始 15:30終了 定員になりました
場所 カレスティア 渋谷サロン ご予約の方に詳しい行き方地図をお送りします
費用 3,000円
募集人数 午前の部、午後の部ともに各5名 

ヘブンリー・カフェは4月、6月、8月、10月、12月に開催しています。