親と不仲だからといって、課題を持っているとは限らない

ヒメツルソバ

親との仲がうまくいっていなかったり、どうしても好きなれなくて、自分の未熟さや我の強さに悩んでいたとしても、そのことが必ずしも、人生の課題とは限らないということもあります。

私たちはこの世に生まれるときに、必ず親を選ばなくてはいけません。
なぜかというと、それはとても簡単なことで、たとえどのような立場の人であっても、父母なくしてこの世に生まれてくることができないからです。

そして多くの人が、父母を過去生で縁があった人の中から選びます。なおかつ、「ただ縁があった」というようなものではなく、愛憎があったり、裏切られたりというように、何らかの問題があって、それを乗り越えたいと思う相手を親として選んでいます。

しかし中には、親をこの世に生まれるための「手段としてのみ」で選んでいる人たちもいます。

たとえば、演奏家(ピアノやバイオリンなど)として成功したいという願いを持って生まれてくる人は、親選びはかなり慎重になります。なぜなら、親に財力があって、親が音楽に関心があり、幼い頃から楽器を習わせてくれること。なおかつ、自分の出生地の近くに優秀な先生がいる必要もあります。そうなると、過去生で縁のあった人から選ぶのは困難になります。

もう一つ例をあげましょう。たとえば、ある人と現世で、どうしても夫婦になりたい。その人がもうすぐ生まれそうだということを急に知ったとします。そうすると、じっくり親選びをしている時間はありません。その人と会うことができるような地域に生まれることが最優先になります。そうした場合、過去生で縁のあった人の中に、その地域で生活している人が一人もいないということもあります。

例であげた演奏家志望の人も、彼(彼女)を追いかけて産まれようとする人も、実は共通していることがあります。それはどちらも「願望」を人生の主たる目的として、生まれてくることです。

最初の例の人は、「演奏家として成功したい」という願望。二つ目の例の人は「彼(彼女)と結ばれたい」という願望です。
このように「願望」を人生の目的としている人は、過去生で縁のな人を親として選ぶ可能性があるのです。

このような方がスピリチュアルカウンセリング にお越しいただき、「親とうまくいかないのですが、どうしたら良いのでしょうか」と相談されたとします。すると指導霊からは「親とのことに悩む前に、あなたがこの世に生まれてきた目的がまだ達成していません。そのことに最大限の努力をしてください。親は、隣人としての善意にとどめ、過剰に思いわずらわないことです。」と言われてしまうこともあるのです。

現世で与えられた時間は思っている以上に短いです。

自分が本当にしたいこと、しなくてはいけないことに全力で向き合うことが大切です。人生の課題ではない事は「ほどほどに」ということもあるのです。

日頃心を痛め、悩んでいることは人生の課題なのでしょうか?
スピリチュアルカウンセリング で、ご自身の指導霊に本当の課題を確かめてみてはいかがでしょうか。
詳しくはホームページをご覧ください。

こちらの記事もよく読まれています
人生の課題と願望、そして大志
願望

お祀(まつ)りをすると低級霊がつく

「もう誰も住まなくなった実家をとり壊して、土地を売りたいと思っています。しかし、敷地にお稲荷様がまつってあって、どうしたらよいのか困っています。」という相談を受けることがあります。

もちろん、指導霊からは、その家の事情にそった具体的で、的確なアドバイスがもらえます。

しかし、たくさんの相談を通して私が持つ印象は「まつってあるものを壊すのは一筋縄ではいかないな」というものです。

なぜかというと「神主や僧侶などを招いて、魂抜きをしてもらえば良い」というような簡単なことではないからです。

お稲荷様などを壊すときに一番厄介なのは、まつっている対象ではなく、そこにいる低級霊なのです。低級霊に納得してもらい、敬意をもって立ち去ってもらうことが大切で、それを怠ると、低級霊が嫌がらせをしてくるのです。

それにしてもなぜ、お稲荷様やお宮に低級霊がいるのでしょうか。

それは、お供えをしたり、手を合わせて祈ることが、あがめられたい、うやまわれたいといった気持ちを抱いている低級霊を呼び寄せてしまうからなのです。

人はあくまでもお稲荷様に手を合わせているのですが、そういった家人の前に偉そうにふんぞりかえって、満悦な表情をしている低級霊の姿を見たことがあります。

低級霊というと、なんとも恐ろしそうに聞こえてしまうかもしれませんが、実はただのスピリットでしかありません。呪ったり、末代までたたるような凄まじいパワーがあるわけではありません。しかし、世俗の欲にまみれたスピリットではありますので、くだらない嫌がらせをするのも事実です。

すでにまつられてしまっているものを取り壊すときには、用心を重ねて、まつっている対象とそこにいるであろう低級霊にも配慮して慎重に行うべきです。

もし、これからお宮や神棚など、崇拝の対象となるものを設置しようとしているのだったら、決して安易な気持ちではなく、子や孫たちにも負担をかけることがなかいかを熟考した上で、まつるべきでしょう。

土地の造成や新築、取り壊しで気になることがありますか?
そういったときは、スピリチュアルカウンセリング にて、お客様の指導霊からのアドバイスを聞いてみてはいかがでしょうか。
詳しくはホームページをご覧ください。

こちらの記事もよく読まれています
家選びで気をつけること

人は人以外に生まれ変わるか

センニンソウ

センニンソウ

人が霊界と現世界(地球)を行ったり来たりして再生することを輪廻(りんね)といいます。

ところで、人が生まれ変わって再び現世界に来る時に、人以外、たとえば動物や鳥類、は虫類、昆虫などに生まれることってあるのでしょうか。

結論を先に言いますと、人は人にしか生まれません。人が動物や鳥類に生まれ変わることはないのです。

ではどうして人は人にしか生まれないのでしょうか。それは地球での霊的グループの棲み分けが鍵を握っています。

地球にはいくつかの霊的グループが存在しています。そのうち代表的な3つを紹介します。

まず1つめ、動物や鳥類、植物や菌類など、人以外のすべての生き物たちのグループです。
このグループは地球という自然界を形成し、生命の営みを通して、地球を3次元的な意味で、生きた惑星にしています。

このグループの特徴に、本能で生きているというのがあります。
昆虫は卵を産んだら親の役割は終わりです。卵が孵化(ふか)すると、幼虫たちは誰からも教わることなく食べ物を取って、生殖をして、卵を生みます。
鳥類や動物は子供が生まれると、ある程度の大きさになるまで育てはしますが、それ以上の面倒はみません。鳥類や動物の子供たちも親に頼らずに、本能によって、たくましく生きていきます。

2つ目のグループは精霊たちのグループです。

このグループは地球上の生き物たちの生育や成長、自然の管理と運行をつかさどっています。
たとえば、植物たちに発芽うながしたり、花を咲かせたり、実をつけることも精霊たちの仕事です。

「温かくなったら芽が出るのでは?」「受粉は昆虫が行っているのでは?」という反論が聞こえてきそうですが、温度や湿度、日照などは条件でしかありません。私たちの目には見えませんが、妖精たちの働きなしに動植物の生育はありません。
他には海をクリーニングしたり、大気をコントロールしている精霊もいます。

そして最後の3つ目のグループが、私たち人間です。

これら3つのグループには霊的進化の道筋として、ゴールに明確な区分けがあります。

動植物は、食物連鎖を形成して、自らの命を提供することによって、他を養うという究極の奉仕をしています。
精霊は、先ほども述べましたように地球そのものや、地球に生きる生き物たちの営みをコントロールすることによって奉仕をしています。
人は、隣人愛を生き方の中心にすえることが目標です。

ちなみに、「人と動植物の何が違うの?」と疑問を持たれる方には、人は食物連鎖の中に加わっていない、何の役割もしていない、ということをみていただけると理解できると思います。

少し長くなりましたが、地球上にはこのような代表的な3つのグループが存在しています。
グループにおけるゴールに到達することが、そこに属する者達の使命です。目標未達のままで、グループを越境し、前回は人だった者が、今回は動物に生まれるということはありえないのです。

人のゴールは隣人愛ですが、ゴールに至るまでには個々の課題があります。
自分の課題を知りたくなった時は、指導霊に尋ねてみてはいかがでしょうか。
詳しくはホームページをご覧ください。

こちらの記事もよく読まれています
「輪廻」人はなぜ生まれ変わるのか