終末医療

ユリ

今日のブログでは、医療が治療だけではなく、死を肯定的に受け入れ、患者に人間らしい最期を提供する機能も持って欲しいという願いを書きます。

かつて、世界中の権力者は不老不死を求めてきました。なかでも中国の皇帝たちの情熱と努力は凄まじいものがありました。

莫大な資金を投じて、僕(しもべ)たちに世界中を駆け巡らせ、不老不死の妙薬を求め、現代の感覚だとまるで冗談なようなものまで口にしていました。
しかし、中国の皇帝はもちろん、死を乗り越えたは者は人類史上、未だかつて、ただの一人もいません。

過去の権力者たちの行動を笑うことは簡単です。しかし、現代における日本の医療は、不死を求める皇帝たちとどこか似ていると私は思っています。

医師たちは、高齢であったり、高ステージのがん患者に手術や抗がん治療を勧めます。本人がちゅうちょすると、家族を巻き込んで、なんとしてでも高度医療へと導いていきます。医師と家族から説得された患者は、よほど決意が固い人でもない限り、治療を開始してしまいます。

その結果、手術によって、がんよりも死期を早めてしまったり、ベッドに縛りつけられ、高濃度栄養を与えられて、苦痛を味わいながら死を迎えることになります。

医師たちは「死に立ち向かせてみせる。患者ががんばれば奇跡は起こる。死を受け入れることは敗北だ。」と考えているのでしょうか。

しかしこの考えは、あまりにも現実を見ていないと言わざるを得ません。
いくら目をそらそうとしても、医療の終着は死です。

だからこそ、死に寄り添う医療へと転換できないかと私は願っています。

以前よりは随分とましになりましたが、治療を続けるか、断念するかの決断を全面的に患者にゆだねて欲しいのです。
「治療しないなら出て行ってくれ」と罵声を浴びせたり、患者や家族に圧力をかけないで欲しいのです。

回復を望む患者さんには従来通りの高度医療を提供してください。

そして、回復を望まない患者さんには、痛みやつらさの緩和治療をし、可能な限り入院ではなく、通院できるようにしてください。

そして、緩和治療だけでなく、教育も実施してください。

たとえば、家族と過ごす時間、人生をかけてやってきた仕事や趣味を完遂すること、疎遠になっていた人たちと再会すること、感謝や詫びの言葉を伝えるべき人と会うこと、そういったことがいかに大切かを伝えて欲しいのです。

医療機関が投薬・手術・入院だけでなく、人生の旅立ちに向けて寄り添う役割も果たす。
そういったことが、日本中の総合病院で行われる。いつかそんな日がきて欲しいと私は願っています。

病気の家族がいて、「何が最善か」を悩むことがあったら、スピリチュアルカウンセリング で、指導霊に相談してはいかがでしょうか。
詳しくはホームページをご覧ください。

こちらの記事もよく読まれています
延命は家族のエゴ

指導霊の言葉は教科書どおりとは限らない

カシワバアジサイ


スピリチュアルカウンセリングを行っていると、耳を疑うような言葉がお客様の指導霊から出てくることが、たまにあります。

たとえば、こういうことがありました。

「相手の気持ちを理解することができず、不適切な発言をしてしまい、ギクシャクすることがよくあります。そもそも、人に関心が持てないのです。」という相談がありました。

私としては「もっと人を理解する努力をしましょう。そのためには・・・」という助言がお客様の指導霊から出てくるだろうと思っていました。ところが指導霊から「気にすることはありません」と言われたのです。

私は納得がいかず、「人との関係は重要なことだと思います。しかし、それを放置してよいとはどういうことですか。」とお客様の指導霊に尋ねました。すると、「この人は仕事(芸術分野)を昇華するために来ました。作品を通して、人々の感情を揺さぶり、覚醒させること。それが彼の現世における願望なのです。」といわれました。そして、「もっと仕事に集中しましょう。精進なさい。」とお客様を励ましました。

あるものを求めて現世に来たのだから、それ以外は目もくれるな、というお客様の指導霊のいさぎよさと、必ず達成させてみせるという熱意に驚きました。

また、こういうこともありました。

「両親との縁を切りたいと思いつつ、それは薄情ではないか、人として間違っているのではないか」と悩んでいる方からの相談がありました。お客様の指導霊は和解を勧めてくると思っていたところ、「感謝の思いをもって、両親との縁を切りましょう。」といわれました。

驚いた私は、お客様の指導霊に「一体どういうことですか」と確認したところ、
「この家族は、いつも父は父、母は母は、そして子は子として生まれ、いつも同じ価値観に縛られ、それが原因で同じ失敗を繰り返しています。しかし、その価値観そのものに誤りがあることに本人が気がつき、違う道を歩みたいと考えました。そのためにもまずこのグループから抜けることが先決で、現世はそれをしに来たのです。」
と言われたのです。

縁を切って良い仲というのは通常では考えにくいことです。お互いを理解し、歩み寄って、より良い人間関係へと進めるのが一般的でしょう。しかし、人生をかけて縁を切ることを目標にしていると聞いたとき、私はあぜんとせずにいられませんでした。

このように、指導霊からの言葉は教科書どおりとは限りません。

どうしてこのようなことが起きるのでしょうか。それはきっと
「人によって、立ち位置が異なるから。いずれは理想を目指すべきではあるが、少なくとも今はその理想を行うことは難しい。それなら、無理をして階段を2段飛び、3段飛びをして失敗するよりは、今できることを試みて一段だけ登るほうが、長い目で見てもよい。」
ということなのでしょう。

スピリチュアリズムの本やブログは、不特定多数の方が読むことを想定しています。そのためどうしても、お手本的な内容で書かざるを得ません。
総論では本やブログで書かれている通りではありますが、各論では違うということもありえるのです。

本来はこうすべきだとわかっていても、それができなくて困っていませんか?
もしかしたら、一般論では計り知れないなにかがあるのかもしれません。スピリチュアルカウンセリングで、ご自身の指導霊に相談してみてはいかがでしょうか
詳しくはホームページをご覧ください。

人生の反省は何回も行う

スイカズラ

スイカズラ

他界したあと霊界で、今まで送ってきた人生を反省するということは、このブログでも何回か紹介してきました。しかし、人生の反省は一度だけではないと言ったら驚くでしょうか?

私の複数いる指導霊達に尋ねたところ、いずれの指導霊も人生を二度にわたって、反省したと回答しました。そして、私の指導霊だけでなく、他の多くのスピリットも同様だそうです。

まず最初の反省では、自分が地球に生まれてから、両親に育てられ、幼少〜老年〜他界まで、どのような出来事があったのかを映像を見ながら、すっかり忘れてしまっているような小さなことまで克明に振り返ります。この時見る映像は、私たちが知っているビデオとは少し違っていて、言葉や行動だけでなく、当時、心の中でどのようなことを思っていたかまでが再現されます。

反省には指導霊も同席します。しかし、指導霊はあえて感想を言わず、本来はこうすべきだったという意見も述べません。
そして時折、「その判断は正しかったと思いますか?」と質問するのだそうです。そして聞かれた本人は、どのように考え、行動した方が良かったか意見を述べることになります。

霊界に時間はありませんが、一生分の反省を綿密に行うので、地球の時間で換算すると、数年から十数年かかることもあります。

そして指導霊は、この人には真理のこういった部分に思い違いがあるとか、不足があると判断すると、その部分を補うための教育に行くよう勧めます。

教育施設は各界にあって、教育専門のスピリットたちによって行われます。

施設は地球の学校とは少し様子が異なります。木造で、一見すると集会所のような小さなものです。教室には机や黒板はなく、少人数制で、机や黒板はありません。各人自由に座ります。そして、ケースワークや討論形式で授業が行われます。ときには屋外に出て授業を行うこともあります。

真理の教育は、足りなかった部分の補完が行われたと判断されるまで、数年かけて行われます。
そして、再び人生の反省を行うのです。

すると、最初の反省ではあまり重要だとは思っていなかったが、実は大切なことだと気がついたり、こうすべきだったという考えに変化が起こるのだそうです。

もし人生の反省が2回で終わったとしても、ここまでに20〜30年くらいかかってしまうこともあります。

つまり、私たちの一生はそれくらい貴重なものだということです。
毎日を大切に、納得のいく生き方をしたいですね。

「自分は悔いのない生き方をしているのだろうか?」
そう思った時は、スピリチュアルカウンセリング で、ミニ人生の反省を行ってみてはいかがでしょうか。
詳しくはホームページをご覧ください。

こちらの記事もよく読まれています
霊界で人生の振り返りを行う
動機が重要
霊界で人生の反省をどのように行うのか

タフな相手に囲まれる幸せ

タフな相手に囲まれる幸せ | カレスティア

ジャガイモの花

スピリチュアルカウンセリングを行っていると、「再生の計画が不十分だったのでは?」と感じる方がたまにいらっしゃいます。

たとえば、誰を父母にするかを決め、その両親と「○○をしたい」とか、「今までできなかった○○に取り組みたい」と、詳細を決めてあるにもかかわらず、パートナーに関しては「できれば一緒になりたいね」と雑談レベルだったり、本人は結婚したいと思いつつも、相手の了承をとらないまま、こちらの世界にきてしまっている、というようなことがあるのです。

なぜこのようなことが起きてしまうのでしょうか。

まず、私達は闇雲にこの世に生まれてきているわけではありません。

今までの過去生をしっかりと反省し、自分の問題点は、ある特定の人との間に発生するのか、それとも誰に対しても起こりうることなのかを解析します。そして、その原因はどこにあるのか、どうやったら乗り越えられるのかを検討し、綿密な計画を立てます。それらができたら、再生の準備を始めます。

しかしこの綿密さが、どうやら仇(あだ)になることがあるようなのです。

ある人との問題を解決したいと思ったとします。その人とのトラブルは親子としての関係で発生するものであり、姉妹、夫婦では起きないことがわかったとします。そういった場合、その人の子供として生まれる必要があります。

しかし、人が子供を産むことができる期間は、何十年もあるわけではありません。せいぜい10数年といったところでしょうか。

つまり、再生する時期はかなり狭い範囲で限定されてしまうというです。

一方、パートナーとなる人も過去生で縁があって、お互いにやるべき何かがある間柄であることが理想です。しかし、自分が生まれようとしている期間内にパートナーとして適任な人たちが、再生する予定がないことがあります。この場合、誰ともパートナーの約束をすることができずに、現世界に生まれて来ざるを得ません。

また、人生の反省や親との計画に時間をかけ過ぎてしまったため、パートナーを誰にし、何をするかまで手が回らなくなってしまうこともあります。この場合、この人をパートナーにしたいと思いつつも、再生のタイミングが迫っていて、相手から了承を得ることも、詳細な計画もたてられずに、現世界に来ることになってしまいます。

こう考えると、取り組むべき課題のある人たちを父母、パートナー、子供に迎えられるということは、とても幸運だと言ってもいいのかもしれませんね。

自分の再生の計画は万全だったのだろうか?
そう疑問を持った時は、スピリチュアルカウンセリング でご自身の指導霊に尋ねてみてはいかがでしょうか。
詳しくはホームページをご覧ください。

こちらの記事もよく読まれています
人生の課題と願望、そして大志
「再生の計画」自分が困難を仕掛けた
「再生の計画」前世と親子関係について

弱点に気がつかない

弱点に気がつかない | カレスティア

「岡目八目」という言葉があります。

碁を打っている当事者よりも、はたで眺めている人のほうが、全体の局面をよく理解できるということから「第三者には、当事者よりもかえって物事の真相がよくわかる」という意味で使われます。

人生の課題においてもこの「岡目八目」がよくあります。

たとえば、自分はコミュニケーションはどちらかというと得意な方で、人ともうまくやっていけていると思っている人がいたとします。

しかし実際は、自分が言いたいことばかりを言っていて、必要な会話は何もできていなく、無駄な言葉を多く発して自己満足しているだけ。相手が何を思って、何が言いたいかは全く理解できていない。その結果、相手は顔にこそ出さないものの、苦手だ、できればつきあいたくないとさえ思われている、ということはよくあります。

こんなこともあります。

自分は集中力が高く、仕事ができる、と思っている人がいたとします。

しかし実際は、自分の仕事だけに没頭していて、チームのみんながどのような状態をなのかを見てないし、把握もしていない。その結果、チーム全体の足を引っ張っている。自分には達成感があるかもしれないが、同僚からは仕事ができないやつだ、できれば一緒に仕事をしたくないと思われている。こういうこともよくあります。

「自分はできている。全く問題ない。むしろ得意だ」と思っていることの中に課題があるということがよくあります。

こういった悲劇は、自分を客観的にみつめる冷静さに欠けているから起きるのです。

すべてを自分中心に考えずに、第三者の視点にたち、自身の行動や心の中を定期的にチェックすることを心がけてください。すると、思わぬことに気がつくかもしれません。

もし、赤面してしまうようなことが発見できたら、暗闇から抜け出し、一歩、前進できたと言ってもよいでしょう。あとは改善に向けて着手するのみです。

自分の課題とは一体、何なんだろう?
そう思ったときは、スピリチュアルカウンセリングで、指導霊にご自身の課題を尋ねてみてはいかがでしょうか
詳しくはホームページをご覧ください。