人疲れからの回復方法

人疲れからの回復方法 | カレスティア

「人混みからようやく家に着き、ホッと一息ついて座ったら、もう立つ気力がなくなってしまった。」
「苦手な人と話をしていて、やっと解放されたと思ったら、どんよりしてしまった。」

こんな経験、みなさんにもあると思います。

こういう状態の時にその人のオーラを見ると、灰色にくすんで、重苦しい感じになっています。

これはよくない念の波長、または自分とは合わない波長を持った人との接触によって、自分の魂がその人の波長と同調してしまい、疲弊してしまったことによって起きる現象です。

今日はこのような状態になったときに、簡単に本来の元気な状態に戻す方法の1つをご紹介します。

「塩」をご用意ください。

食塩でも良いのですが、雑貨屋さんで売っている岩塩を球体やハート型に成形したものがあれば、そちらの方がより使いやすいです。

お風呂に入ります。
いつも通りに体を洗って、お風呂から出るときに、食塩の場合は洗面器にお湯を入れ、濃いめの食塩水を作ります。岩塩の場合は、手をお湯にひたし、手が濡れた状態で、岩塩を手のひらに溶かしこみます。

そして食塩水を手ですくって、または岩塩がついた手のひらで、顔全体、あご、首回り、肩、わき、胸、背中、太もものつけ根にこすりつけます。特にあごとわき、太もものつけ根にはリンパ節がありますので、念入りに行います。

皮膚が丈夫な方はタオルで拭き取って終了。
肌が赤くなってしまうのでは、と心配な方はシャワーで塩分を流してください。

たったこれだけです。

なぜ塩を塗り込むことによって、復調するのか、そのメカニズムを説明します。

現世界に生きる私たちは肉体と魂は切り離すことができません。そして肉体と魂は、相互に影響し合っています。
皮膚にとって塩は刺激物です。その塩を擦り込むことによって、塩に負けまいと皮膚が活性化し、やがて肉体全体も活性化します。肉体に活力がみなぎってくると、それに同調して、魂もやがて元気を取り戻すのです。

私はカウンセリング等で、お客様の波長の影響を常に受けています。
フレッシュハーブ、ハーブチンキ、エッセンシャルオイル、塩をローテンションで使うことによって、肉体に耐性ができてしまうことを防ぎながら、毎日リセットしています。

「精神的に疲れたな」と思った時は、塩水を肌に塗る方法を試してみてください。

「人間関係で、心底疲れてしまった。」
そんなときは、スピリットヒーリングで、深遠なる癒しを受けてみませんか。
詳しくはホームページをご覧ください。

こちらの記事もよく読まれています
肉体と魂

最初に行く霊界

最初に行く霊界 | カレスティア

今日は人が他界して最初に行く霊界は、どういうところで、そこで何をするのか、ということについて書きます。

人は他界した後、すぐに霊界には行かずに、いったんパラダイスと呼ばれる霊界の病院のようなところへ行きます。そしてこのパラダイスで、現世界での疲れを癒し、波動を安定させ、霊界へ行くための準備をする、ということをこのブログでも以前お伝えしました。

このパラダイスを出ると、いよいよ霊界へ行くのですが、実は最初に行く霊界は各人の霊格に正確に応じたものではなく、かなり大まかな感じで「とりあえず」行き先が決まるのだそうです。

この話を始めてスピリットから聞いたときは、かなり衝撃を受けました。今から3年くらい前だったでしょうか。

というのは、「霊界にはたくさんの界がある。そして、親和性の法則が働くことによって、同じ霊格の似た者同士で界を構成している」ということを書物でも読んでいましたし、スピリットからも聞いていたからです。

それにもかかわらず、「とりあえずの界」へ行くということに、唖然としたのです。

この話を複数のスピリットから聞くことができ、私の指導霊にも確かめたところ、普遍性のあることと判断できたので、今回ブログで公表します。

では、その「とりあえずの界」でなにをするかというと、「霊界の生活に馴染むこと」が主目的なのだそうです。ですから、自分が生きてきた人生の振り返りや真理の教育、奉仕や社会活動は一切行わないのだそうです。

この「とりあえずの界」は、霊界に馴染むため専用の界ではなく、ここに住み、学んだり、社会活動を行なっているスピリットたちもいる界です。

そして、他界してまもないスピリットに与えられる家は、戸建てではなく、集合住宅のことが多いようです。集合住宅といってもマンションやアパートのようなものではなく、ヨーロッパでよく見られる古めかしい建物であることを何回か見せてもらいました。

そこでは個室が与えられ、一人で暮らします。時折、指導霊が様子をみにもきてもくれます。

やることといえば、散歩をしたり、他のスピリットと雑談をしたりなど、本当にただブラブラしているだけです。

しかし、この界での生活はあまり長くなく、霊界に時間はありませんが、現世界の尺度でいうと、数ヶ月程度なのだそうです。

そしてこの界をでて、次の界に移る時が、正確にそのスピリットの持つ波動・霊格にぴたりとあった界になるのだそうです。

「自分ではもうどうにもならない」そう思った時は、スピリチュアルカウンセリング で、ご自身の指導霊からの深遠なアドバイスをきいてみはいかがでしょうか。きっと、よい活路が見出せるはずです。
詳しくはホームページをご覧ください。

こちらの記事もよく読まれています
霊界の病院(パラダイス)
パラダイス
霊界でも親和性の法則が働く

スピリットの姿と認識

スピリットの姿と認識 | カレスティア

サザンカ

以前のブログで、スピリットは自分を見せたいように見せるという趣旨のことを書きました。

ところがあるミディアムシップで、見せたい(隠したい)からそういう姿で見せたのか、それとも認識の関係でそうなったのか、判然としないケースがありました。今日は、そのことについて書こうと思います。

数ヶ月前にある方のミディアムシップを行いました。その時のスピリットは老齢の女性でした。顔の輪郭や目鼻立ちを伝えた時に、お客様から「他に特徴はありませんか?」と言われたのですが、どう見ても、それ以上の特徴はありませんでした。

他のエビデンスもお伝えし、スピリットとの対話も無事終了しました。
そして、お客様と雑談をしていたところ、お客様が「実は闘病の最後の方に黄疸の症状が出ていて、顔全体が黄色かったのです」とおっしゃったのです。

スピリットが女性だったこともあり、黄疸を意図的に隠したのだと思い、私は「スピリットは私たちに見せたい姿で見せます。そして、こういったことはよくありますよ。」とお伝えしました。

それからしばらく経った後、ミディアムシップにお越しいただいたお客様のご家族がスピリチュアルカウンセリング にお越しになりました。

スピリチュアルカウンセリング を終え、お話をしていたところ、ミディアムシップの話題に及びました。そして、「実は○○は認知症の症状が出ていて、自分が黄疸で顔が黄色くなっていたことを知らなかったと思うのです。」とおっしゃったのです。

この一言は私に新鮮な驚きを与えてくれました。

つまり、ミディアムシップでスピリットは意図的に黄疸を隠していたのではなく、自分に黄疸の症状が出ていたことを知らなかったから、サインとしても現わしようがなかったという可能性があるのです。

しかし残念ながら、本当はどちらの理由でそうなったのかは、今は、はかりようもありません。

こういったケースに出会うたびに、スピリットの世界は、私たちが思う以上に複雑で、計り知れないことがたくさんあると、改めて思うのです。

どうしたら良いのかわからない。
そんなときは、スピリチュアルカウンセリング で、ご自身の指導霊に助けを求めてみてはいかがでしょうか。
詳しくはホームページをご覧ください。

こちらの記事もよく読まれています
スピリットは姿を自由に変えられる

相続と指導霊

相続と指導霊 | カレスティア

秋咲きのバラが咲きました

スピリチュアルカウンセリング でうける相談内容は実にさまざまなのですが、ここのところなぜか相続、それも土地活用に関する相談が続いています。

親やパートナーが他界されたことによって急に土地を相続した場合、潜在している問題は複雑で、たとえば
・相続税を支払わなくてはいけなくなったけれども、手持ちや相続した現預金では支払いきれない。銀行に融資を受けてでも相続税を支払った方が良いのか、それとも土地を売却して支払った方が良いのか。売却するなら全て、それとも一部売却のどちらが良いのか。
・築年の古いアパートが建っている。このまま家賃収入を得た方が良いのか、それとも思い切って建て直した方が良いのか。建て直すにしても借り入れをしても大丈夫なのか。

など一筋縄ではいかない、たくさんの内容が含まれています。

しかしそういった困難な問題であっても、指導霊からの回答は実に明快です。

たとえば、
今、土地を売却することは勧めません。大変だと感じるかもしれませんが、有価証券は全て売り、不足している分については融資を受けて相続税を払いましょう。古いアパートは手を加えずに家賃収入を得ましょう。しかし、空室が出ても追加募集をせずに入居者がいなくなるのを待ちます。全員が退去したら、解体しましょう。この土地を買いたいという話が出てきますが時間差がありますので、それまでは駐車場にして、しばらく収入を得ましょう。別の土地に建っているマンションはリフォームし、さらに長く家賃収入を得られるようにしましょう。
といった具合です。

指導霊は私たちが思っている以上に私たちの不動産、現預金や有価証券といった動産についても正確に把握しています。そして、それらが将来どのような見込みを持っているか、私たちとは比較にならないくらいの先見があります。

それゆえ、不動産コンサルタントや投資家たちがリスク回避のために小出しの方策を打つのとは違って、実に大胆で迷いがありません。

さて、ここで疑問なのは、本来、人に対して魂の浄化や向上をのぞむ指導霊がどうして資産運用のアドバイスをするのかということです。それにはやはり理由があります。

生活に困窮したり、不必要な借金を背負うってしまうとお金のことばかりに関心が移ってしまい、魂の浄化に励めなくなってしまう。そして、現世でやろうとしていたこともできなくなってしまう、ということを懸念しているのです。
またときには、急な富を得ることが、再生の計画にもともと入っていて、そのふって湧いたかのような富を得て、さてどうするのかが課題ということもあります。

いずれにせよ指導霊は本来必要としていない苦労や回り道、貧困は望んでいません。
そして、私たちには想像もできないくらいの先々を考えてのアドバイスであることに間違いありません。

相続をすることになったけど、今まで親や夫に任せきりだったので、どうしたら良いのかさっぱりわからない。
そんなときは、指導霊にどうすることが自分にとってのベストなのかを尋ねてみませんか
詳しくはホームページをご覧ください。

家族を支配する

家族を支配する | カレスティア

ツタが真っ赤に紅葉しました

もしあなたが家族に対して、
・なんだかまとまっていない感じがする
・うまくいくときもあれば、うまくいかない時もある
・期待通りで、喜べることもあれば、がっかりすることもある
というような感じを抱いているとしたら、それはあなたが家族に対して、思い違いをしているせいかもしれません。

家族といえども、魂は別の人間です。
両親、パートナー、子供達、それぞれが課題やテーマ、やりたいことがあって現世界にきています。

家族であるがゆえにあなたと共通する課題を持ってはいますが、それが全てではありません。むしろあなたとは共通しないことの方が多いといってもいいでしょう。

あなたがもっている価値観を家族にあてはめ、一喜一憂すること自体に無理があるのです。家族に対しなんらかの理想図を持っているとしたら、それは幻でしかありません。

家族に意見を言ったり、アドバイスをすることは、まったく構いません。
しかし、それをどうとるか、どう判断するかは家族側の自由意志です。そして行動し、結果を受け取るのもその本人です。

心のどこかで家族に対し、「思う通りにさせたい、きっとその方がうまくいく、それが家族の幸せなんだ」という思いがあるとしたらそれは、「人を支配したい」という願望がでている警告なのかもしれませんね。

将来が心配な家族がいますか?
スピリチュアルカウンセリング であなたの指導霊に、そのご家族にどのように接したらよいかを尋ねてみてはいかがでしょうか。
詳しくはホームページをご覧ください。