勤務中のケガ

勤務中のケガ

オオイヌノフグリのつぼみです。別名「星の瞳」ともいうのだそうです。ロマンチッック!


勤務中にケガをされて療養されている、または、ケガをした経験がある方はそのまま、そういった経験がおありでないなら、ケガをしたと仮定して、お読みください。

ケガは偶然ではなく、因果律によって発生します。
ですから「不運だった」で、片付けてしまってはいけません。原因をしっかりと見極める必要があります。

たとえば、
・不注意、慢心
・手順やルールを守らなかった
・集中力に欠いていた
など。
なぜケガをしてしまったのか、その原因を把握しましょう。

それと、ケガこそしなかったけれども、ひやっとしたり、怖いと感じたといったような経験がありませんでしたか?
そういった経験が何回かあった後にケガをしていませんか?

因果律は大切なことを知らせてくれるサインです。
ケガに至るまでにいくつものサインがあったはずです。
あなたはそのサインを見逃していたのではありませんか?

今回のケガもサインです。
このサインを無視してはいけません。次は今のケガよりも、もっと大きな問題が起きてしまうかもしれません。

不注意や手順無視をしていたことが分かったのなら、それらをしてしまったそもそもの原因と理由を解明し、手を打たなくてはいけません。

それともう一つの可能性も考えてみてください。
あなたが職場を辞めたいと思っている最中での事故であったのなら、迷っているあなたの背中を押し、転職を促すためのスピリットガイドからのメッセージかもしれません。

どうしてもウマの合わない人がいる。その人ともう少しうまくやっていくには、どうしたら良いのだろうか?そんな時には、スピリットガイドのアドバイスを聞いてみませんか?詳しくは「ホームページ」をご覧ください。

ホームページ


スピリチュアルブログをもっと見る

購読すると最新の投稿がメールで届きます。

コメントを残す