カテゴリー別アーカイブ: サイキック

おみくじは当たるのか

弁慶草に水滴

1年って本当に早いですよね。今週末はいよいよ大晦日です。
神社にお参りをされる方、そして「新年はどんな年になるかな」と期待や願いを込めて、おみくじを引かれる方もいらっしゃるのではないでしょうか。

今日はおみくじは本当に当たるのか、という話題で書きます。

まずは、おみくじはどのような構造になっているのかについて考えてみましょう。

一般的に、おみくじの文書はあらかじめ印刷されています。そして、文書の種類は数10から100くらいだと思います。つまり、おみくじを引く人の状況を判断して、オーダーメイドで内容が変化するわけではありません。数学的にいうと、すでに印刷された文書のうちどれを引き当てるか、という確率でしかありません。

「じゃあ当たらないのか」というと、そうでもないのです。

カードを使う占い師さんは、相談者の過去や未来をカードを引いて占います。これも数学的にいうと、どのカードが出るかは、ただの確率でしかありません。

でも実際はそうではありません。

プロの占い師というのは、サイキック能力を使って相談者の概況を読み取り、その人の過去や現在、未来を占う最も適切なカードを引き出してくるのです。
そしてなおかつ、ガイドブックにあるように「このカードはこういう意味で・・・」とやっているのではありません。相談者と現れたカードの両方をかんがみて、適切なメッセージを伝えているのです。

つまり、当たる占い師かどうかは、サイキック能力が高いかどうかにかかっているのです。

これと同じことがおみくじにもいえるのです。
サイキック能力の高い人が引くおみくじはよく当たります。

しかし、自分のサイキック能力が高いかどうかなんて、よくわかりませんよね。

そういうときは、「最近、勘がよく働くな」とか、「こんなことが起こりそうと思っていたら、本当に起こった」ということがあったとしたら、サイキック能力が高まっている証拠です。

こういったときは、おみくじを引いてみましょう。たくさんあるおみくじの中から、自分に最もあったものを引き寄せることができます。これが「当たるおみくじ」の真相なのです。

逆に「なんだか勘が働かないな」「不運がつづいているな」という時のおみくじは見当はずれなものを引いてしまいます。

では結論を述べます。
おみくじが当たるかどうかは、その人のサイキック能力の高さ(一時的なものも含めて)によって決まるのです。

今年も一年、カレスティアのブログをお読みいただきまして、ありがとうございました。
みなさまが、素敵な新年を迎えることができますように。

「全てが思う通りにいかない」
そういったときは、ご自身の指導霊になにがよくないのか、どうしたら良いのかを尋ねてみませんか。
詳しくはホームページをご覧ください。

超能力

超能力 | カレスティア

セージにしずくが玉のように乗っていました

「超能力」
なんだかすごい言葉ですよね。
ごく限られた人だけに与えられた特殊な能力という感じがします。

でも超能力って、それほどすごいことなんでしょうか?
実は案外そうでもありません。たとえばこんな経験って、ないでしょうか。

「もう何年も会っていない友人のことを突然思い出し、「そういえば○○さん、元気にしているかな?」とふと考えていると、電話が鳴り、出てみると、なんとその○○さんからだった」というものです。

これに近い経験をしたことがある人って、結構多いと思うのです。

人間が持つ「視覚、聴覚、触覚、味覚、嗅覚」といった五つの感覚機能を超える力が「超能力」です。そう考えると、超能力が案外身近なんだということが、わかってもらえると思います。

人は必ずしも五感だけを頼りに生きているわけではありません。
「予感がする」とか、「きっと○○だと思う」とか、日常の会話の中にも、五感を超えた言葉が結構出てきます。

もし、そういった「不確かなもの」を一笑に付してしまっているのなら、五感以上の情報を切り捨ててしまうクセがついているだけなのかもしれません。

予感がしたのなら、なぜそう思ったのか、そしてのその結果は真実だったのか検証する習慣をつけてみてはいかがでしょうか。これらを繰り返すうちに、五感を超えた超能力に磨きがかかり、人生が少し歩きやすくなるかもしれませんよ。

人生につまづきを感じていらっしゃるのなら、スピリチュアルカウンセリングを受けてみませんか?
詳しくはホームページをご覧ください。

ホームページ

こちらの記事もよく読まれています
予知夢
人類は超能力を少しずつ失ってきた

人類は超能力を少しずつ失ってきた

人類は超能力を少しずつ失ってきた | カレスティア

五感とは視覚、聴覚、嗅覚、味覚、触覚のことです。
いずれも肉体の器官を通して、情報をキャッチします。
それに対し、肉体の器官を使用せずに情報を得るのが「超能力(サイキック)」です。

超能力には「超」という字がつくくらいですから、かなり特別な力で、ごく一部の人たちだけが持つものという感じがするかもしれませんが、実はそれほど大げさなものではありません。超能力は誰でも持っている能力の一つです。

たとえば、
・じゃんけんのとき、相手が何を出すかわかる
・「当たりそう」と思ったくじが当たる
・予感が働く
・デジャヴュー(既視感)を見る
など、これらを体験した方も多いと思います。
これも立派な超能力なのです。

しかし、人間は知恵を発達させ、技術革新を続けて行く過程で、超能力を少しずつ失ってきました。つまり、古代の人は自分の直感や能力を信じて生きてきたけれども、時代が進むにつれ、能力が鈍くなり、それらを信じなくなってしまいました。

失ってしまっても良い能力なんて、本当はないはずです。
現代の私たちは超能力に真の価値を見いだせていないだけで、本当はもっと大きな可能性を秘めているのかもしれません。
自分のカンやひらめきに疑いを持たずに、もっと大切にしてみたいものです。

自分では気がついていない才能を知りたいとお思いですか?
ご自身の指導霊にあなたが気づいていない才能や能力について尋ねることができます。
詳しくはホームページをご覧ください。

ホームページ