カテゴリー別アーカイブ: 他界

幼くして他界する

タンポポ

幼い我が子が他界する。これは親にとって、家族にとって、実に切なく、耐えがたいことです。
今日はなぜ、幼い我が子がこの世を旅立たなくてはいけなかったのか、その真実を知るための手がかりをお伝えします。

まずは幼い子が他界した、霊的な理由をいくつかあげてみます。
・可能性にかけた
・意図していた
・偶発的な事情
・因果律
おもな理由は大きくこの4つに分けられると思います。

最初に「可能性にかけた」について

スピリットは胎児に入るときに、性別はどちらなのか、順調に育っているかを綿密に調べます。そのため、赤ちゃんに遺伝的な問題や病気、障がいがあることは事前にわかっています。そういった肉体的な問題が、再生の計画において好都合となる場合もあります。そういった場合は迷わず、スピリットはその肉体に入ります。

その反対に、肉体的な問題が再生の計画にそぐわない場合もあります。そういった時は、肉体に入るのを見送りにして、次の妊娠を待ちます。

しかし次の妊娠が難しいと判断したときや、どうしてもこの両親のもとに生まれたいという願いを優先した場合は、胎児に魂が入ることもあります。この場合、発達した現代医療による病(やまい)の克服や病気が発生しない「可能性にかける」ことになります。

つまり、病気の克服や発病しない可能性をかけたにもかかわらず、肉体がもたず、この世を去ることになってしまったというのが1つ目のケースです。

次に「意図していた」について

たくさんのケースがありますが、1つ具体的な例をご紹介します。
両親となる人が命の大切さや、生きる意味に関心がない、または軽んじている傾向がある場合、スピリットが命の尊さを教えるためにあえて、短命の肉体に入ることがあります。

この場合、スピリットには大人になってから何をする、どうしたいといった再生の計画がまったくありません。まさに命をかけて、両親に伝えたかったのです。

「偶発的な事情」について

肉体というのは実にもろいものです。
子や親になんら責任がなくても、自然災害や事故、病気によって他界してしまうことがあります。この場合、当然ながらその子には、大人なってからしたいことや、やるべきことといった、再生の計画があります。つまり、この子の死はあくまでも偶然でしかありません。

この場合、親は自分を責めるのをやめなくてはいけません。さらに、子の無念さを知り、霊界で安らかな気持ちで過ごせることを祈り、子が果たせなかった分までしっかりと、自身の人生の目標を目指す生き方を実践することが大切です。

そして最後に「因果律」について

これは過去生における生き方が原因で、早すぎる死を迎えたものです。
原因となった生き方には様々なケースがあります。具体的な例をあげると、読むのが辛くなるようなことを書くことになりますので割愛しますが、いずれにせよ、子に原因がある場合と親に原因がある場合があります。

ただ、注意していただきたいのは、因果律とは懲罰(ちょうばつ)のようなものではありません。早すぎる死を親も子も承知した上でこの世に生まれてきているのです。そしてこの死を体験し、乗り越える必要があるのです。

今まであげた例はあくまでも、一例でしかありません。
大切なのは、我が子の死に対し、勝手な理由をつけて、自分をごまかし、納得しようとしないことです。

子供が他界した本当の理由を知ることが、これからの生き方の指標となり、他界した子に愛と感謝を伝えることにもなるのです。

子供が他界した理由がどうしてもわからないときは、スピリチュアルカウンセリング で、指導霊に真実を教えてもらってはいかがでしょうか。詳しくはホームページをご覧ください。

こちらの記事もよく読まれています
肉体はもろく、あやうい
肉体は大切
肉体と魂

他界直後に起こること

スモークツリー

ミディアムシップを行なっていると、他界してから霊界の病院(パラダイス)に行くまでの間に何が起こるか、何をするかが、人によって違いがあることがわかってきました。
・・・霊界の病院(パラダイス)については、過去のブログをお読みください。

私の指導霊に質問をしたところ、回答をもらえましたので、ブログに要約を書こうと思います。

霊界の病院に移るまでの過程において、人によって違いがある最大の理由は「死を受け入れているかどうか」にあります。

病気などで徐々に衰弱し、「ああ、もうすぐ死ぬのかな」と思い、それを肯定的に、または仕方なくでも死を受け入れている場合は、魂が肉体から抜けたあと、わずかな時間的余裕が与えられます。そのことによって、自分の肉体を部屋の上空から眺めたり、家族が悲しんでいる姿を見ることもあります。そして、指導霊に導かれて、おだやかに中間世へと移動していきます。

一方、「死にたくない」と死をこばんでいる場合は、魂が肉体から離れるとすぐに、中間世へと移動することになります。

また、事故やくも膜下出血などで、通常の生活から瞬時に死を迎えた場合、魂は気を失った状態になります。そして指導霊たちに守られながら、中間世へと移動し、目が覚めたら見知らぬ世界にいたということになります。

中間世とは、現世界でも、霊界でもない、文字通り「中間」に位置する界です。
ここは本人と指導霊以外、他のスピリットが存在せず、真っ暗で、冷たい世界です。
少し恐ろしい感じもしますが、視点を変えると、非常に安定した波動の世界であり、他のスピリットがいないため、誘惑もなく、自分としっかり向き合える場でもあります。

死をこばんでいる場合や急な死を迎えた場合に急いで中間世へと移行する理由は、死なないで欲しいという家族の願いや、この人が死んだら私たちはどうやって生きていくのかといった思惑、現世界に残してきた仕事や財産といったものがスピリットを引き止めてしまわないようにするためです。そして、静寂の中に身におき、気持ちを落ち着かせるのが目的です。霊的配慮にもとづく愛といってよいでしょう。

中間世でおだやかな気持ちになり、死を受け入れることができたスピリットは、指導霊から「現世界に戻って、しばしの別れができること」そして「その期間はなるべく短くすること」を伝えられます。

滞在の期間を短くするように言われるのは、家族や友と別れをしているうちに「やっぱり霊界に行きたくない」と気が変わってしまうのを避けるためです。

そして、十分なお別れができたと満足すると、指導霊に導かれて霊界の病院へと移動します。

一方、お別れを勧められても、自らの意思で現世界に戻らないスピリットもいます。
それは「この世は苦しみばかりだ」と、現世界に未練がなかったり、孤独であったり、世捨て人のような生き方をしてきて、お別れを言う相手がいないスピリットたちです。
こういったスピリットは、すぐに霊界の病院へと移動します。

そして、まれではありますが、静寂に身を置き、指導霊からの説得があっても、かたくなに霊界に行くことをこばむスピリットもいます。

この場合、指導霊は中間世を去り、スピリット一人だけにします。そして、気持ちが変わるのをひたすら待ちます。これが世間で言うところの「成仏できていない」という状況です。

しかし、心配は全くいりません。

指導霊は時折、スピリットのもとを訪れ、さらなる説得を試みます。そして、本人が「霊界へ行きたい」という気持ちになったときにすみやかに霊界の病院へと導きます。永遠に成仏できないということは決してありません。
強制しない、本人の気持ちが変わるまでひたすら待つ、これも霊的愛なのです。

「大切なあの人は今、霊界で何をしているのかしら」
そう思った時は、ミディアムシップで、他界した方とお話をしてみてはいかがでしょうか。
詳しくはホームページをご覧ください。

こちらの記事もよく読まれています
パラダイス
最初に行く霊界
自殺した霊はどこへ行くのか
未練を残しているスピリットは家族の様子がわからない

終末医療

ユリ

今日のブログでは、医療が治療だけではなく、死を肯定的に受け入れ、患者に人間らしい最期を提供する機能も持って欲しいという願いを書きます。

かつて、世界中の権力者は不老不死を求めてきました。なかでも中国の皇帝たちの情熱と努力は凄まじいものがありました。

莫大な資金を投じて、僕(しもべ)たちに世界中を駆け巡らせ、不老不死の妙薬を求め、現代の感覚だとまるで冗談なようなものまで口にしていました。
しかし、中国の皇帝はもちろん、死を乗り越えたは者は人類史上、未だかつて、ただの一人もいません。

過去の権力者たちの行動を笑うことは簡単です。しかし、現代における日本の医療は、不死を求める皇帝たちとどこか似ていると私は思っています。

医師たちは、高齢であったり、高ステージのがん患者に手術や抗がん治療を勧めます。本人がちゅうちょすると、家族を巻き込んで、なんとしてでも高度医療へと導いていきます。医師と家族から説得された患者は、よほど決意が固い人でもない限り、治療を開始してしまいます。

その結果、手術によって、がんよりも死期を早めてしまったり、ベッドに縛りつけられ、高濃度栄養を与えられて、苦痛を味わいながら死を迎えることになります。

医師たちは「死に立ち向かせてみせる。患者ががんばれば奇跡は起こる。死を受け入れることは敗北だ。」と考えているのでしょうか。

しかしこの考えは、あまりにも現実を見ていないと言わざるを得ません。
いくら目をそらそうとしても、医療の終着は死です。

だからこそ、死に寄り添う医療へと転換できないかと私は願っています。

以前よりは随分とましになりましたが、治療を続けるか、断念するかの決断を全面的に患者にゆだねて欲しいのです。
「治療しないなら出て行ってくれ」と罵声を浴びせたり、患者や家族に圧力をかけないで欲しいのです。

回復を望む患者さんには従来通りの高度医療を提供してください。

そして、回復を望まない患者さんには、痛みやつらさの緩和治療をし、可能な限り入院ではなく、通院できるようにしてください。

そして、緩和治療だけでなく、教育も実施してください。

たとえば、家族と過ごす時間、人生をかけてやってきた仕事や趣味を完遂すること、疎遠になっていた人たちと再会すること、感謝や詫びの言葉を伝えるべき人と会うこと、そういったことがいかに大切かを伝えて欲しいのです。

医療機関が投薬・手術・入院だけでなく、人生の旅立ちに向けて寄り添う役割も果たす。
そういったことが、日本中の総合病院で行われる。いつかそんな日がきて欲しいと私は願っています。

病気の家族がいて、「何が最善か」を悩むことがあったら、スピリチュアルカウンセリング で、指導霊に相談してはいかがでしょうか。
詳しくはホームページをご覧ください。

こちらの記事もよく読まれています
延命は家族のエゴ