カテゴリー別アーカイブ: 自由意志

家族を支配する

家族を支配する | カレスティア

ツタが真っ赤に紅葉しました

もしあなたが家族に対して、
・なんだかまとまっていない感じがする
・うまくいくときもあれば、うまくいかない時もある
・期待通りで、喜べることもあれば、がっかりすることもある
というような感じを抱いているとしたら、それはあなたが家族に対して、思い違いをしているせいかもしれません。

家族といえども、魂は別の人間です。
両親、パートナー、子供達、それぞれが課題やテーマ、やりたいことがあって現世界にきています。

家族であるがゆえにあなたと共通する課題を持ってはいますが、それが全てではありません。むしろあなたとは共通しないことの方が多いといってもいいでしょう。

あなたがもっている価値観を家族にあてはめ、一喜一憂すること自体に無理があるのです。家族に対しなんらかの理想図を持っているとしたら、それは幻でしかありません。

家族に意見を言ったり、アドバイスをすることは、まったく構いません。
しかし、それをどうとるか、どう判断するかは家族側の自由意志です。そして行動し、結果を受け取るのもその本人です。

心のどこかで家族に対し、「思う通りにさせたい、きっとその方がうまくいく、それが家族の幸せなんだ」という思いがあるとしたらそれは、「人を支配したい」という願望がでている警告なのかもしれませんね。

将来が心配な家族がいますか?
スピリチュアルカウンセリング であなたの指導霊に、そのご家族にどのように接したらよいかを尋ねてみてはいかがでしょうか。
詳しくはホームページをご覧ください。

自由意志

自由意志

タイツリソウです。釣り竿にたくさんのお魚がかかっているみたいに見えます。鯛というより金魚?

自分が思っている以上に、人には選択の自由が与えられています。

しかしながら、両親の考え方、生まれた家の経済状況、都会か地方か、といった様々な状況が自分を縛っていて、選択の余地は限られていると思っている方がほとんどです。

でもこれは思い込みでしかありません。
人生に起こる様々な出来事に対し、自分で考え自分で選ぶという「自由意志」が与えられているのです。

特に霊性の向上、魂の形成に関わることは、自由意志に任されています。

人生には何度も節目があり、その節目ごとに何かを選択しなくてはいけません。
そのとき、何を選ぶのか、そしてそれを選んだ動機は何なのかが、重要になってくるのです。

過去はいざ知らず、これから迎える節目の時には、霊性の向上や魂の形成に最も適切な選択はどれだろう、と考えてみてはいかがでしょうか。

「他界した妻や夫ともう一度話がしたい。」この思いをミディアムシップで実現できます。
詳しくは「ミディアムシップ」をご覧ください。

ミディアムシップ

人と、人以外の生き物との違い

人と、人以外の生き物との違い

菜の花とニラバナのお花畑

スピリチュアリズムの視点からみて、人と、人以外の生き物のあいだに何か違いはあるのでしょうか?

まず、同じこととしてあげられるのは「人も、人以外の生き物も、霊的進化を続けている」ということです。
鉱物、植物、昆虫、両生類、爬虫類、哺乳類、全てが例外ではありません。

では違いは何でしょうか。
おそらく、最大の違いは「自由意志」だと思います。

人以外の生き物は「本能」の占める割合がとても大きく、たとえば、親に育てられない種類の生き物は、親から食べ物の取り方を教わらなくてもちゃんと食べて、生きていけます。
渡り鳥は方角を間違えることなく、長い旅を続け、望む場所に到着します。
そして人以外の全ての生き物が、子育てに最も適した季節に生まれるよう、繁殖の時期を誤りません。
これらは全て本能で行っています。

人以外の生き物の「自由意志」は、移動したいところに移動したり、食欲を満たされた時ぶ遊ぶことくらいと、かなり限定的です。

それに対し、人間は行動のうち、そのほとんどを「自由意志」で行っており、本能の占める割合はとてもわずかです。
たとえば、目の前にものが飛んできた時に目をつぶる。
血糖値が下がると食べたくなる。
二酸化炭素の量が増えると息苦しさを感じるなど、肉体を維持するために必要な、最低限のものにしか本能は働きません。

ではなぜ、人間に「自由意志」が大きく与えられているのでしょうか?

それは「自分の意志で真理を選択して、真理に沿う生き方をできるか」という問いだと思うのです。
この言い方だとピンとこないというのであれば「人として、より理想といえる生き方を自からの意志で選んで、実際にその通りに生きているのだろうか」という問いだと言い換えられると思います。

この「自由意志」が、人を霊的に進化させる大きな「鍵」になっていると私は思うのです。

「家族ともっとおだやかに心を通わせることができたらな」と思ったことはありませんか?穏やかになれない、心を通わせられない根本的な理由と対策をスピリットガイドに尋ねてみてはいかがでしょうか?
詳しくは「ホームページ」をご覧ください。

ホームページ

スピリットガイドのメッセージと自由意志

スピリットガイドのメッセージと自由意志

私はスピリチュアルカウンセラーとして、たくさんのクライアントさんとお会いし、たくさんのスピリットガイドとコンタクトをとっていますが、どのスピリットガイドも例外なく共通していることがあります。

それは、「スピリットガイドから、◯◯をしなさい」という命令が一切ないということです。

クライアントさんの悩みに対し、「それは◯◯が原因となって、今の状況になっているのですよ」とスピリットガイドが丁寧に説明してくれます。
そして、「◯◯のようにしたら、もっと状況が良くなりますよ。いかがですか?やってみますか?」と続きます。

場合によっては、「◯◯すると◯◯という結果になります。または◯◯とすることも可能で、その場合は◯◯という結果になります。どちらを選んでも良いのですよ。」と言われることもあります。

スピリットガイドが「◯◯しなさい」と命令したことは、私が記憶する限り一度もありません。

スピリットガイドが命令してしまい、クライアントがそれを丸呑みにして行動に移すと、まるで操り人形のようですね。
これでは自分の人生を生きているとは言い難くなります。

スピリットガイドは限りない愛を与えつつ、その人が気づき、より正しい行動がとれることをひたすら待っています。そう、忍耐です。

スピリチュアルカウンセリングという機会を利用して、気づきのチャンスを与えますが、それでも決して命令はしません。
これこそ、スピリットガイドの真実の愛なのだと思います。

「自分はなんのために生まれてきたのか?」そんな疑問がわいた時には、スピリットガイドのメッセージを聞いてみませんか。詳しくは「ホームページ」をご覧ください。

ホームページ