月別アーカイブ: 2014年2月

「再生の計画」霊界で行なうこと

おはようございます!

今日は朝から、とても暖かいですね。
日差しも柔らかくて、明日からはいよいよ3月。春がすぐやってきますよ!!

今日の写真は、カレスティアの庭の梅の木です。
もうこんなにたくさん咲いています。

再生の計画霊界・梅の花

人は死んだら、霊界に行きます。
その霊界で行なう重要な事柄の一つが、今生の反省です。

自然界に人として生を受け、いろいろな人と出会い、さまざまな出来事がありました。そのとき、どのように考え、どのような選択をしたかを検証、反省します。
・・・これについては、また別の機会に詳しく書かせていただきたいと思います。

その時、大抵の人は、「ああ、失敗した。間違った。」となるわけです。

それをふまえて、霊界でのもう一つの重要なこと、再生の計画をたてます。
過去生で失敗したこと、未達だったことを来世でどうしたら達成できるか、その人生計画をたてるのです。

そして、夢と希望をいただいて、ふたたび、自然界に生まれてきます。

次回は、その再生の計画内容について、書かせていただこうと思います。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
スピリチュアルカウンセリングのご相談はカレスティアのホームページをご覧ください。
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

「輪廻」人はなぜ生まれ変わるのか

おはようございます!

先々週に降った雪が、日陰にまだ残っていますね。
足で踏んでみると、雪というより氷のようにかちかちになっていて、ちょっとびっくりです。

今日は「小判草」という、おもしろ形をした穂をつけた草の写真です。

カレスティアの庭に、植えたわけでもないのに、いつの間にか生えていました。
かわいらしい草ですが、ネットで調べたら、どうやら雑草の一種のようです。
もちろんこれは、今生えているのではなく、去年の夏に撮ったものです(笑)。

輪廻・小判草

「人はなぜ生まれ変わるのか」この偉大なテーマの回答をひとことで言うと、「前世での目標が未達成だったから、やり直しのために生まれてきた」ということになります。

これは、私の経験、そしてスピリチュアリズムを通して学んだことを通してのことです。

今、自然界に生きているすべての人が、前世を赤点で終わらせてしまった「落第生」なのです。たとえ社会的地位のある人、いわゆる成功者と言われている人、徳の高い人、両親、友人、ありとあらゆる人たちがそうなのです。
・・・もちろん、私もです。

そう考えると、なんだかほっとするというか、少し笑ってしまいますね。
目標とはなんなのか、再生のメカニズムについて、しばらく話題を続けていきたいと思います。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
スピリチュアルカウンセリングのご相談はカレスティアのホームページをご覧ください。
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

「輪廻」人は生まれ変わり、永遠に生きる

こんにちは!

まだまだ寒さが厳しいですが、日中の陽の光には、どことなくやわらかな春の気配を感じますね。
季節は確実に回っています。

ちょっと気が早いですが、新緑をたくさん茂らせて育っている木の写真を貼ります。もちろん、これは昨年の写真です(笑)。

輪廻・木

さて、「輪廻転生」という言葉を聞いたことがありますか?

人の死は肉体の死であり、人はなんども生まれ変わり、人は決して死なない。という考え方です。
これは仏教の中心となっている重要な教えですから、私たち日本人には、日常会話にも、たまに出てきますね。

この「人は生まれ変わる」というのは、仏教徒だけのものではありません。キリスト教徒にも、他の宗教を信じる人達にも、世界中の人達にある考え方です。

しかしこのことが経典に記載されてなく、教会からの教えにもない場合もあります。でも、その信仰の人々も、「人は生まれ変わる」という言葉を知っていたり、なんとなくではあっても信じている人も多いです。
きっと、新しい宗教がその地に訪れる前にあった、土着信仰にそうした考えがあったためでしょう。

実際、人はなんども生まれ変わっています。

私がスピリチュアルカウンセリングやミディアムシップをしてますと、クライアント様の前世を垣間見ることが少なくありません。

「人は生まれ変わる」ということについて、これから何回かに分けて、書こうと思います。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
スピリチュアルカウンセリングのご相談はカレスティアのホームページをご覧ください。
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆