月別アーカイブ: 2017年5月

念の影響を受けないためにやるべき3つのこと

念の影響を受けないためにやるべき3つのこと

他人からの念が飛んで来て、影響を受けていると感じる時がありますか?
そういったときは、やるべきことが3つあります。

まず、過去にこのブログで紹介した防御の仕方をためすこと。これには人それぞれに向き、不向きがありますので、いくつか実際に試して、自分に最も合うものを見つけてください。
「防御のしかた」紫色のマント
他はカテゴリー「防御の仕方」をご覧ください。

次にやるべきことは、念を発している人からのコネクションを断ち切ることです。これについては、下記をご覧ください。
サイキック・バンパイアからの解除の仕方

そして最後に仕上げとして、大切なことは「相手を忘れること」です。

念を感じたり、不調だと思うたびに、あなたが「また○○(名前)か!」と思うことは、意図せず、相手とのつながりをもつことになるからです。
つまり、相手からつなげてくるばかりでなく、あなたがつないでしまっているのです。

念の影響を受けないようにする仕上げとして、「○○のことを忘れることができますように」と祈り、名実ともに相手を忘却の彼方に追いやることが大切なのです。

「私の不調は誰かの影響なのかしら?」
そう思った時は、お客様の指導霊に尋ねてみてはいかがでしょうか。
真相を知り、その対処方法を教えてもらうことができます。
詳しくはホームページをご覧ください。

こちらの記事もよく読まれています
防御のしかた:紫色のマント
防御のしかた:チャクラを閉じる
霊感体質の人はなぜ憑依されやすいのか
サイキック・バンパイアからの解除の仕方
霊感体質とサイキック・スポンジ

妖精

妖精 | カレスティア

プラムの実がふくらんできました

スピリチュアリズムや神秘主義、ヨーロッパの古い言い伝えなどで、妖精(ようせい)はよく出てくる概念の一つです。

馴染み深いと言っていいと思うのですが、改めて「妖精って何ですか?」と尋ねると、人によって様々な答になり、定義がいまひとつはっきりとしないといえるかもしれません。
今日は、英国スピリチュアリズムに関わる人たちの間で語られる妖精についての考え方を書こうと思います。

まず最初に、妖精は空想の産物ではありません。ちゃんと存在します。
・・・大丈夫かこの人って、思った人いますよね?^^

私はいままで、2回見たことがあります。
まず1回目は早朝の森林の中で、野草の花を咲かせるために忙しく飛び回っている姿を見ました。激しく動いていたので、じっくりと観察することはできませんでしたが、人に近い姿をしていました。そして、羽が生えていたようにも見えたのですが、いまひとつ、はっきりしませんでした。

そして2回目、これはかなり強烈な体験でした。
茨城県の大洗海岸で車を停め、海を眺めていると、遠くの方に防波堤のような形状で、山と同じくらいの高さに海が盛り上がっているのが見えたのです。ありえないような景色が広がっていましたので、思わず周りを見回したのですが、車でサボっている営業マンらしい人が何人かいましたが、海の方は見ていませんでした。
そのまま、15分くらい見続けていたのですが、待ち合わせの時間が迫っていたので、仕方なく車を動かしました。そして運転中に急に「あれはオケアノスだ!」と、急にわかったのです。妖精について書かれている本を読んでいたので、オケアノスのことはもちろん知っていたのですが、それを見ている時には、何だかわからなくて、ぼうっとしていたのです。不思議ですね。

ところで、妖精は何のために存在しているのでしょうか。
実は私たちと同じく、霊的進歩向上の過程にあり、役割があるのです。

人は人との関わり合いの中で、自らの魂を磨き、隣人愛に生きることによって、一歩ずつ霊的成長の階段を登っていきます。
それに対し妖精は、自然界への貢献によって、魂を向上し、霊的成長をしていくのです。

ある妖精たちは植物と深い関わりがあります。植物は周期的に、花が咲かせ、葉が茂らせ、やがて実をつけます。しかし、温度、日照時間、降水の変化だけでは、このように変化することはなく、妖精たちの関与が必要なのです。
先ほどのオケアノスは、海の浄化を行なっています。
このように、動植物たちの生命維持と繁殖、そして自然界の浄化や運行に妖精が深く関わっているのです。

そして、私たちが究極的に霊的向上をすると天使になるのと同じように、妖精たちも究極的に霊的向上すると天使になるのだそうです。
ですから天使には人出身の者と、妖精出身の者、両方がいるのだそうです。

日頃疑問に思っていることや神秘的と思っていることについて、指導霊に尋ねてみてはいかがでしょうか
詳しくはホームページをご覧ください。

ホームページ

人類は超能力を少しずつ失ってきた

人類は超能力を少しずつ失ってきた | カレスティア

五感とは視覚、聴覚、嗅覚、味覚、触覚のことです。
いずれも肉体の器官を通して、情報をキャッチします。
それに対し、肉体の器官を使用せずに情報を得るのが「超能力(サイキック)」です。

超能力には「超」という字がつくくらいですから、かなり特別な力で、ごく一部の人たちだけが持つものという感じがするかもしれませんが、実はそれほど大げさなものではありません。超能力は誰でも持っている能力の一つです。

たとえば、
・じゃんけんのとき、相手が何を出すかわかる
・「当たりそう」と思ったくじが当たる
・予感が働く
・デジャヴュー(既視感)を見る
など、これらを体験した方も多いと思います。
これも立派な超能力なのです。

しかし、人間は知恵を発達させ、技術革新を続けて行く過程で、超能力を少しずつ失ってきました。つまり、古代の人は自分の直感や能力を信じて生きてきたけれども、時代が進むにつれ、能力が鈍くなり、それらを信じなくなってしまいました。

失ってしまっても良い能力なんて、本当はないはずです。
現代の私たちは超能力に真の価値を見いだせていないだけで、本当はもっと大きな可能性を秘めているのかもしれません。
自分のカンやひらめきに疑いを持たずに、もっと大切にしてみたいものです。

自分では気がついていない才能を知りたいとお思いですか?
ご自身の指導霊にあなたが気づいていない才能や能力について尋ねることができます。
詳しくはホームページをご覧ください。

ホームページ