カテゴリー別アーカイブ: カルマ

今、起きている問題は人生の課題とリンクしていることが多い

人は生きていると数々の問題に直面します。そしてそのたびにやるせなさや生きづらさを感じることがあります。しかし、一見バラバラで別の問題にみえるようなことが、実は人生の課題とつながっているというのはよくあることです。

たとえばここにAさんという人がいたとします。

Aさんは職場の仲間に陰口を言われたり、嫌がらせをされて困っています。これが特定の誰かではなく、自分以外のほぼ全員がこのような状態です。なんとか同僚たちとの関係を回復しようと明るくあいさつをしたり、話かける努力をしているのですが改善するどころか、より孤立化を深める結果になってしまいました。

Aさんが辛いのは職場だけではありません。娘のことでも心を悩ませています。

小さい頃はあんなに素直で、無邪気だった娘が、近頃ではAさんを避けるようになってきました。他の家族と一緒の時はそうでもないのですが、Aさんと二人きりになると娘はそそくさと自分の部屋に行ってしまいます。

思春期なのかな、反抗期だから仕方がないのかなと頭ではわかっているのですが、Aさんは寂しくて仕方がありません。

このAさんの場合、職場の同僚に問題があったのではなく、実はAさん自身に問題があったのです。
家庭の問題も娘さんが反抗期だからではなく、やはりAさんの方に問題があったのです。

Aさんは職場で、問題点を見つけると、もっとこうした方がいいよと同僚たちにアドバイスをしていました。こういったアドバイスにより、仕事はより円滑に進み、同僚もミスを減らすことができると思って、親切心で話していたのです。そしてそういったアドバイスができることを少し誇りにさえ思っていました。

しかしAさんは大きな点を見落としています。相手の問題点を指摘するのを他の同僚たちの前で話していたのです。同僚は侮辱された、馬鹿にされたと思い、みるみる表情がかたくなっていくのですが、そういったサインをAさんは全く気がついていません。

娘さんには、部活にあまり夢中になっていないで、勉強をもっとがんばろうとアドバイスをしていました。今はまだ先ですが、受験はいずれやってきます。今から始めておいた方が良いに決まっています。人生の先輩として、親として当然のアドバイスでした。

しかし娘さんは、部活のことで悩んでいました。部活の定期発表会が1ヶ月後に控えているのに、みんなの気持ちがひとつになっていません。なんとか良い発表会になるように、自分を励ましながら、頑張っているのでした。この話は、食卓での話題でも出していました。

実はAさんの人生の課題は「相手の立場を理解するのが下手なので、それを改善する」というものでした。

Aさんは良かれと思って、数々の助言をするのですが、相手がどんな状況にあるのか、どうしてそうしているのかを考えることができません。

おまけに、話が始まると熱が入って、止まらなくなる癖があり、相手がどんな表情をしているのかを見落としてしまうのです。

こうやって、職場でも家庭でも少しずつ孤立化していくのでした。

このように、自分が抱えている問題は、一見バラバラのように見えますが、実は根っこの部分が同じ、というのはよくあることなのです。自分の人生の課題はなんなのかを考えるのが、物事を解決する1番の早道なのです。

人生の課題は自分には分かりにくいものです。スピリチュアルカウンセリングで、ご自身の指導霊に人生の課題について尋ねてみてはいかがでしょうか。詳しくはホームページをご覧ください。

こちらの記事もよく読まれています
人生の課題と願望、そして大志
弱点に気がつかない

カルマとは何か

ノウゼンカズラ

ノウゼンカズラ


お客様とお話をしていると、カルマについて、誤解をしている方が結構、多いことに気がつきました。
カルマを正しく理解することは、今起きている不都合や生きづらさを克服する上で、大切な要素となりますので、今日は「カルマとは何か」を説明したいと思います。

多くの方は、カルマのことを過去生で自分が起こした犯罪や人を傷つける行為など、なんらかの悪事ととらえていることが多いようです。もちろん、それもカルマではありますが、それだけではありません。

カルマとは日本語で言うと「業(ごう)」のことです。
これだとまだ、よくわかりませんね。もっとわかりやすい言葉で、表現します。
「カルマとは生き方の癖や性格」のことです。

そう、カルマとは悪事や犯罪のことばかりではなく、良いことも含めてカルマなのです。
たとえば、
・自分の意見を言えない
・自分が有利なるように仕向けてしまう
・世話好き
・争い事を嫌う
こういったみなさんが無意識のうちに行ったり、思ったりする、生き方の癖や性格がカルマなのです。

カルマは過去生から現世まで、連綿と引き継がれてきたものです。
そして今、行っていることや思考の特徴、性格は来世へと引き継がれていきます。

言い方を変えると「カルマがあなたを形成している」といってもいいでしょう。

さて例にあげた「自分の意見を言えない」という方は、もしかしたら過去生で、自分を愛し、自分を信じてくれている家族とともに暮らしていたのではなく、心が通いにくい、赤の他人の中で生きていかなくてはいけない過酷な人生だったのかもしれません。それゆえ、突出しないよう、目立たないように生きていく必要があったのかもしれません。そして、その時の生き方(処世術)が現世にも引き継がれ、周りの目が気になっているのかもしれません。

「自分の意見を言えない」というのは、因果律でいうところの「結果」です。
結果には必ず「原因」があります。

原因が行動や言動であれば、それを探すのはさほど難しくはありません。
しかし、生き方の癖や性格が原因だとしたら、それに気づくのはかなり難しくなります。なぜなら、生き方の癖や性格は、過去生からずっと続けていることであり、「自分は他の人とは違うんだ」ということに気がつきにくいからです。

もう少し端的に言いましょう。

あなたが今直面している不都合や生きづらさは、過去性からずっと続けているカルマに原因があるのかもしれません。

カルマを過去生で起こした悪事と考えていて、その結果、今の状態があるのだと思っているのだとしたら、打つべき手は何もありません。ただひたすら、不都合を甘んじて受け入れるしかありません。

しかし、カルマは過去生から続けている、生き方の癖や性格なんだということがわかれば、解決策は必ずあります。

カルマを正しく理解することは、不都合や生きづらさを乗り越える重要な鍵なのです。

ご自身のカルマを客観的に知りたいですか?
スピリチュアルカウンセリング で指導霊から、どのような過去生を送っていたのか、それが現世にどんな影響を与えているのか、そしてその解決策を尋ねることができます。
詳しくはホームページをご覧ください。

こちらの記事もよく読まれています
法則としての因果律 まとめ
なぜ因果律があるのか
原因不明の因果律

カルマの代行

スピリチュアルカウンセリングで最近、似た内容の相談が続きました。指導霊からのメッセージはそれぞれの立場での話でしたが、結論はいずれも同じでしたので、このブログに書きたいと思います。

さて、同じような相談とは、「あなたのカルマを浄化してあげる」、「前世での悪行を消してあげる」と言われたけれども、本当にしてもらってもよいのでしょうか、というものです。

指導霊がどのように言ったのかをお伝えする前に2点、知っておいて欲しいことがあります。それは、「カルマ」と「人生の課題」についての正しい知識です。

まず1め、「カルマ」について
カルマも悪行も業も、表現は違いますが、全て同じものです。以降、文章を簡略化するため、カルマと書きます。

人は生きている間に残念ではありますが、霊的真理から外れた思考や行為をしてしまいます。さらに、同じ種類の失敗を繰り返してしまいます。これがカルマです。

霊的真理から外れた思考や行為の具体的な例をあげると
・人への愛が足りない
・自分さえよければという考え方
・うわべは温かそうなのに本当は冷たい
などです。
人を殺した、重傷を負わせ、犯罪者だったという極悪なものばかりがカルマではないのです。

そして2つめ「人生の課題」について。

私たちはこの世に生まれるときに目的を持って生まれてきます。その目的の代表格が、人生の課題の達成です。たとえば、「父を信頼することできなかった。その父と今度は夫婦になって、相手を信じたい」というようにです。

過去生で私たちは多くの失敗をしています。今回の人生で、その全てを解消するのはとても難しく、ほぼ不可能です。そのため、課題を1つか、2つにしぼりこんで、「今度こそは達成してみせる」と決意して生まれてくるのです。

課題の原因となっているのが、霊的真理にそぐわない思考や行為の積み重ねであり、すわなちカルマなのです。言い換えると「人生の課題を達成する」ということは、「カルマを解消する」と同義なのです。

さあここからが本題です。
人の手でカルマを解消しもらおうかどうか悩んだ相談に対し、指導霊は共通して以下のことを言いました。

「その人がカルマを消すことができるかは疑問です。
しかし仮にその人がカルマを消すことができたとしても、大きな問題を抱えることになります。
なぜなら、あなたは○○という課題を達成するために生まれてきました。そのための計画もたててきました。しかし、その課題の原因であるカルマを消してしまうと、因果律にもとづいて、他のカルマを原因とする新たな困難が発生しまいます。しかし、それに対する計画をあなたは持ちあわせていません。また、それを乗り越える知恵も覚悟もできていません。その結果、新たな困難によって生じる苦しみは、今とは比べ物のならないものになるでしょう。」

というものでした。

人生を生きるのは確かに辛く、苦しみに満ちています。
しかし、この辛さや苦しみも全ては、課題を乗り越えるために計画したものです。苦しいからといって、人の手を借りて、余計な困難を招くことは愚の骨頂といえるのではないでしょうか。

毎日が苦しく、辛いものですか?
そういうときは、スピリチュアルカウンセリング で、ご自身の指導霊に相談してみてはいかがでしょうか。活路がきっと見出せるでしょう。
詳しくはホームページをご覧ください。

こちらの記事もよく読まれています
人生の課題
人生の課題と願望、そして大志