カテゴリー別アーカイブ: 解除のしかた

汝の敵を愛せ

汝の敵を愛せ | カレスティア
職場や学校、ママ友といった集団は必ずしも良い人たちばかりとは限りません。影で悪口を言う人、嫌がらせをする人、そういった人はどこにでもいるものです。

では、そういった人から嫌がらせを受けてしまった時には、どうしたら良いのでしょうか。

聖書には「汝の敵を愛せ」という言葉がたびたび出てきます。

しかし、自分を敵視する憎い人を愛するなんて、とてもできそうにもありません。もちろん、本来そうすべきなのでしょうが、できないからこそ苦しいのです。

そこで、提案なのですが、イエス様の言葉を少し拡大解釈してみてはいかがでしょうか。

まずは、敵を愛するとは「敵を赦(ゆる)す」ととらえる。

ここで大切なのは「許す」ではなく、「赦す」だということです。
「許す」とはわかりやすくいうと、いたずらをした子供に、「もうしません」と約束をさせて、ゆるすことです。そこには「もうしない」という条件がついています。

それに対して「赦す」は、「もうしません」という条件を求めずにゆるすことです。

これは考えようによってはとてもラクです。なぜかというと、嫌な人と話し合いなんてしたくないし、そもそも、話し合ってわかるような人物じゃないから、嫌がらせをしてくるのです。だからこそ「一方的に赦してしまう」のです。

そしてさらに、相手の悪意に対して、「愛の祈りで返します」。

どんなに怒りがこみ上げてきても、こちらも負けじと仕返しをしてはいけません。そんなことをしてしまうと、相手と同じ低いレベルまで、自らを落とすことになってしまいます。

悪意を感じとった時には、心を少しだけ落ち着かせて、ごくわずかな時間でよいので、相手の心の平安を祈ります。そして、相手のカサカサとした心が穏やかになっていく様子を想像するのです。

「赦す」「愛の祈りで返す」たったこれだけです。
これだって十分に「汝の敵を愛す」行為ではないでしょうか。

嫌がらせにおびえたり、憤りを感じていた自分も気がつくと、いつの間にか心が軽くなって、本当の意味で「汝の敵を愛せた」と思える瞬間が訪れることでしょう。

なぜ、私に嫌がらせをするのだろうか?
そう悩んだときは、スピリチュアルカウンセリングで、嫌がらせの理由と解決方法を指導霊に尋ねてみてはいかがでしょうか。
詳しくはホームページをご覧ください。

こちらの記事もよく読まれています
赦し(ゆるし)
捉われた心を解放する方法
嫌がらせをされたら

念の影響を受けないためにやるべき3つのこと

念の影響を受けないためにやるべき3つのこと

他人からの念が飛んで来て、影響を受けていると感じる時がありますか?
そういったときは、やるべきことが3つあります。

まず、過去にこのブログで紹介した防御の仕方をためすこと。これには人それぞれに向き、不向きがありますので、いくつか実際に試して、自分に最も合うものを見つけてください。
「防御のしかた」紫色のマント
他はカテゴリー「防御の仕方」をご覧ください。

次にやるべきことは、念を発している人からのコネクションを断ち切ることです。これについては、下記をご覧ください。
サイキック・バンパイアからの解除の仕方

そして最後に仕上げとして、大切なことは「相手を忘れること」です。

念を感じたり、不調だと思うたびに、あなたが「また○○(名前)か!」と思うことは、意図せず、相手とのつながりをもつことになるからです。
つまり、相手からつなげてくるばかりでなく、あなたがつないでしまっているのです。

念の影響を受けないようにする仕上げとして、「○○のことを忘れることができますように」と祈り、名実ともに相手を忘却の彼方に追いやることが大切なのです。

「私の不調は誰かの影響なのかしら?」
そう思った時は、お客様の指導霊に尋ねてみてはいかがでしょうか。
真相を知り、その対処方法を教えてもらうことができます。
詳しくはホームページをご覧ください。

こちらの記事もよく読まれています
防御のしかた:紫色のマント
防御のしかた:チャクラを閉じる
霊感体質の人はなぜ憑依されやすいのか
サイキック・バンパイアからの解除の仕方
霊感体質とサイキック・スポンジ

水晶の浄化

水晶の浄化 | カレスティア

真っ白なツバキがたくさん咲きました

パワーストーンって、根強い人気がありますよね。
特に水晶の人気は高いようで、手首に巻いたり、ペンダントにしたり、少し大きめのものを部屋に飾っている方も多いようです。

ところで水晶、定期的に浄化していますか?

購入したお店で、セージを焚(た)いたり、月の光を注ぐ方法を教わった方も多いと思いますが、私はもっと簡単な方法で、水晶の浄化をしています。今日はその方法をご紹介したいと思います。

簡単な水晶の浄化の仕方、それは、流水を使うやり方です。

水晶を手に持ち、水道の蛇口をひねって、流水にさらします。そして、手のひらで水晶全体をこすりながら「この水晶にとって不要なもの、いらないものが全てきれいに洗い流されました。」と心の中で唱えます。

そして、洗いたてのタオルで水を拭き取ります。
1分もあればすぐにできてしまいます。

たったこれだけですが、浄化をする前と後では、水晶の波長や輝きが明らかに変化しているのがわかります。

本格的な浄化もよいのですが、手が込んでいるがゆえにおっくうになってしまうのであれば、流水を使うこんな簡単な方法で、こまめに浄化しみるのも手ですよ。

「自分は何のために生きているのだろう?」
そんな気持ちになったときは、スピリチュアルカウンセリングを受けてみては、いかがでしょうか。ご自身の指導霊に生きる目標や理由などを尋ねることができます。
詳しくはホームページをご覧ください。

ホームページ