カテゴリー別アーカイブ: 解除のしかた

パワーストーンの選び方

一時期ほどではないものの、パワーストーンを手首に巻いている方が結構いらっしゃいます。パワーストーンの人気は相変わらずのようですね。

ところでみなさんは、パワーストーンをどのようにして選んでいるのでしょうか。
・店員さんや、信頼できる人に選んでもらった
・色が素敵だと思った
この2つが多くを占めるのではないかと思います。

でもこの2つは、パワーストーンの選び方として、残念ながら良いとはいえません。もちろん、アクセサリーとしてなら、これでも構いません。

せっかくパワーストーンを身につけるのですから、効果のある石を選びたいですよね。今日はパワーストーンをどのように選んだら良いのかをお伝えします。

まずは、石が持つそれぞれの効能はいったん忘れてください。たとえば、恋愛運とか金運とか、健康運といったようなものです。これらはパワーストン屋さんが勝手につけた効能で、意味もなければ、根拠もありません。

次に目で見るのをやめましょう。目で判断すると、どうしても色や形、濁りや透明度が気になってしまいます。しかし、これらはパワーストーンの力とほとんど関係がありません。

この2つをしっかりと覚えたら、パワーストーンを売っているお店に足を運んでください。

そして石の全てを片っ端から、手をかざしてみてください。慣れないうちは石から5cmくらい上がいいと思います。手を軽く開いて、手のひらを石のほうに向けます。そして、手をかざしたままゆっくりと左右に動かします。

すると、ふわっと暖かい感じがしたり、弾力を感じたり、ピリピリとしたしびれのようなものを感じる瞬間があります。もしそのような感じを受けたら、どの石がその波長を出しているのか、慎重に選別します。特定の石が見つかったら、トレーなどに確保しましょう。

そして引き続き、店内の全ての石に手をかざして、感触のあるものを全て選び出します。

たくさんの石が置かれているお店といえども、感触を得られる石はせいぜい3〜5個くらいだと思います。

実は全てのパワーストーン(正確にはどんな石でも)は、波長を出しているのですが、自分の波長と同じ波長を出している石はさほど多くはないのです。

そして、選別した石を一つ一つ丁寧に手をかざして、「この石を身につけたい」と思えるかどうかの基準で選んでください。暖かいのが良くて、刺激的なのはだめ、というのではありません。もちろん、色や美しさに惑わされてはいけません。

波長を感じた石とはいえ、「身につけたい」と思えるのは案外少ないものです。
何軒ものパワーストーンのお店をめぐって、やっと1つ巡り合えるということもありえます。

これが本当にあなたにあったパワーストーなのです。
手首に巻けるくらいのパワーストーンを集めるとなると、数年がかりになってしまうかもしれませんね。

人間関係に疲れていませんか?
そのようなときは、スピリチュアルカウンセリング で、ご自身の指導霊に相談してみてはいかがでしょうか。
詳しくはホームページをご覧ください。

こちらの記事もよく読まれています

汝の敵を愛せ

汝の敵を愛せ | カレスティア
職場や学校、ママ友といった集団は必ずしも良い人たちばかりとは限りません。影で悪口を言う人、嫌がらせをする人、そういった人はどこにでもいるものです。

では、そういった人から嫌がらせを受けてしまった時には、どうしたら良いのでしょうか。

聖書には「汝の敵を愛せ」という言葉がたびたび出てきます。

しかし、自分を敵視する憎い人を愛するなんて、とてもできそうにもありません。もちろん、本来そうすべきなのでしょうが、できないからこそ苦しいのです。

そこで、提案なのですが、イエス様の言葉を少し拡大解釈してみてはいかがでしょうか。

まずは、敵を愛するとは「敵を赦(ゆる)す」ととらえる。

ここで大切なのは「許す」ではなく、「赦す」だということです。
「許す」とはわかりやすくいうと、いたずらをした子供に、「もうしません」と約束をさせて、ゆるすことです。そこには「もうしない」という条件がついています。

それに対して「赦す」は、「もうしません」という条件を求めずにゆるすことです。

これは考えようによってはとてもラクです。なぜかというと、嫌な人と話し合いなんてしたくないし、そもそも、話し合ってわかるような人物じゃないから、嫌がらせをしてくるのです。だからこそ「一方的に赦してしまう」のです。

そしてさらに、相手の悪意に対して、「愛の祈りで返します」。

どんなに怒りがこみ上げてきても、こちらも負けじと仕返しをしてはいけません。そんなことをしてしまうと、相手と同じ低いレベルまで、自らを落とすことになってしまいます。

悪意を感じとった時には、心を少しだけ落ち着かせて、ごくわずかな時間でよいので、相手の心の平安を祈ります。そして、相手のカサカサとした心が穏やかになっていく様子を想像するのです。

「赦す」「愛の祈りで返す」たったこれだけです。
これだって十分に「汝の敵を愛す」行為ではないでしょうか。

嫌がらせにおびえたり、憤りを感じていた自分も気がつくと、いつの間にか心が軽くなって、本当の意味で「汝の敵を愛せた」と思える瞬間が訪れることでしょう。

なぜ、私に嫌がらせをするのだろうか?
そう悩んだときは、スピリチュアルカウンセリングで、嫌がらせの理由と解決方法を指導霊に尋ねてみてはいかがでしょうか。
詳しくはホームページをご覧ください。

こちらの記事もよく読まれています
赦し(ゆるし)
捉われた心を解放する方法
嫌がらせをされたら

念の影響を受けないためにやるべき3つのこと

念の影響を受けないためにやるべき3つのこと

他人からの念が飛んで来て、影響を受けていると感じる時がありますか?
そういったときは、やるべきことが3つあります。

まず、過去にこのブログで紹介した防御の仕方をためすこと。これには人それぞれに向き、不向きがありますので、いくつか実際に試して、自分に最も合うものを見つけてください。
「防御のしかた」紫色のマント
他はカテゴリー「防御の仕方」をご覧ください。

次にやるべきことは、念を発している人からのコネクションを断ち切ることです。これについては、下記をご覧ください。
サイキック・バンパイアからの解除の仕方

そして最後に仕上げとして、大切なことは「相手を忘れること」です。

念を感じたり、不調だと思うたびに、あなたが「また○○(名前)か!」と思うことは、意図せず、相手とのつながりをもつことになるからです。
つまり、相手からつなげてくるばかりでなく、あなたがつないでしまっているのです。

念の影響を受けないようにする仕上げとして、「○○のことを忘れることができますように」と祈り、名実ともに相手を忘却の彼方に追いやることが大切なのです。

「私の不調は誰かの影響なのかしら?」
そう思った時は、お客様の指導霊に尋ねてみてはいかがでしょうか。
真相を知り、その対処方法を教えてもらうことができます。
詳しくはホームページをご覧ください。

こちらの記事もよく読まれています
防御のしかた:紫色のマント
防御のしかた:チャクラを閉じる
霊感体質の人はなぜ憑依されやすいのか
サイキック・バンパイアからの解除の仕方
霊感体質とサイキック・スポンジ