カテゴリー別アーカイブ: 解除のしかた

トラウマ

ホーリーバジル

ホーリーバジル

英国スタイルのスピリチュアルカウンセラー 村田哲郎です。

お客様とのご相談の中で「トラウマがあって、物事がうまくいきません」と訴える方がまれにいらっしゃいます。

しかし、本当の意味でのトラウマに苦しんでいるという方は、あまりそう多くはありません。

「トラウマ」の本来の意味は、何かショッキングが出来事があり、それが心の傷となってしまう現象のことです。

お客様からは「飼っていたハムスターを飼いきれずに、餌をやらず、見殺しにしてしまった」とか、「学校で飼育していたうさぎが、悪い生徒にひどく傷つけられてしまった」そしてそれがトラウマになっているとおっしゃいます。

そのことをお客様の指導霊に尋ねますと、「それはトラウマではなく、置き換えです」と言われることがあります。

確かに飼いきれなかったハムスターを見殺しにしたり、うさぎが傷つく姿を見たのはショッキングな体験だったでしょう。しかし、指導霊から伝えられた本当の心の傷はそれではなかったのです。
本当の心の傷は、小学校時代にバカにされたり、いじめられた体験でした。

そういった辛いできごとを他のショッキングな体験に置き換えて、それがあるから「今の自分がうまくいかないんだ」と思いこんだり、なぐさめていたのです。

子供の頃にいじめられるのは、確かに辛い体験です。しかし、その辛い出来事は10年も20年も前の事なのです。

指導霊の言葉には続きがあります。
「思う通りに生きられない、生きづらさを感じている、その本当の原因は執念深さです」と。

バカにされたり、いじめられたことをいつまでも根に持ち、それを定期的に思い出すという癖を持っていたのです。

そしてなおかつ、それが「○○によって引き起こされた」という考え方を持っていて、その特定の人をこらしめたり、逆襲をする空想をしていたのです。こういったことを子供の頃のみならず、大人になった今でさえ、何度も思い出して、何度も復讐しているのです。

空想の中で復讐をすると、一時的な快感を得られるかもしれません。しかし、得られる快感以上に自分の魂をひどく傷つける行為になっているです。魂はうしろむきなもの、調和から遠いもの、暴力に極端に弱いのです。子供の時にいじめていた○○に復讐をしているようで、実は自分自身を痛めつけているのです。

さらに、自分の思いが、ある特定の時にとどまっているというのもよくありません。

時は水の流れのようなものです。いつまでも同じところにはいません。さらさらと次へと流れていくものなのです。それなのに時の流れに逆らって、遠い過去に居続けようとするのは、そのこと自体がとても不自然な行為です。

過去に被害者となって苦しい体験をした人は、思い出すことを少しずつ減らしましょう。空想といえども決して復讐をしてはいけません。そして、昔にとらわれるのではなく、今を生きましょう。たったこれだけでも状況は大きく変わります。うまくいかない原因は自分にあります。笑顔で前向きな人生を取り戻してください。

「ある出来事にとらわれてしまって、前に進むことができない」そんなときは、とらわれからの解除の仕方をご自身の指導霊に尋ねることができます。詳しくはホームページをご覧ください。

こちらの記事もよく読まれています
自分の魂を傷つける行為
過去を悔やむ

パワーストーンの選び方

一時期ほどではないものの、パワーストーンを手首に巻いている方が結構いらっしゃいます。パワーストーンの人気は相変わらずのようですね。

ところでみなさんは、パワーストーンをどのようにして選んでいるのでしょうか。
・店員さんや、信頼できる人に選んでもらった
・色が素敵だと思った
この2つが多くを占めるのではないかと思います。

でもこの2つは、パワーストーンの選び方として、残念ながら良いとはいえません。もちろん、アクセサリーとしてなら、これでも構いません。

せっかくパワーストーンを身につけるのですから、効果のある石を選びたいですよね。今日はパワーストーンをどのように選んだら良いのかをお伝えします。

まずは、石が持つそれぞれの効能はいったん忘れてください。たとえば、恋愛運とか金運とか、健康運といったようなものです。これらはパワーストン屋さんが勝手につけた効能で、意味もなければ、根拠もありません。

次に目で見るのをやめましょう。目で判断すると、どうしても色や形、濁りや透明度が気になってしまいます。しかし、これらはパワーストーンの力とほとんど関係がありません。

この2つをしっかりと覚えたら、パワーストーンを売っているお店に足を運んでください。

そして石の全てを片っ端から、手をかざしてみてください。慣れないうちは石から5cmくらい上がいいと思います。手を軽く開いて、手のひらを石のほうに向けます。そして、手をかざしたままゆっくりと左右に動かします。

すると、ふわっと暖かい感じがしたり、弾力を感じたり、ピリピリとしたしびれのようなものを感じる瞬間があります。もしそのような感じを受けたら、どの石がその波長を出しているのか、慎重に選別します。特定の石が見つかったら、トレーなどに確保しましょう。

そして引き続き、店内の全ての石に手をかざして、感触のあるものを全て選び出します。

たくさんの石が置かれているお店といえども、感触を得られる石はせいぜい3〜5個くらいだと思います。

実は全てのパワーストーン(正確にはどんな石でも)は、波長を出しているのですが、自分の波長と同じ波長を出している石はさほど多くはないのです。

そして、選別した石を一つ一つ丁寧に手をかざして、「この石を身につけたい」と思えるかどうかの基準で選んでください。暖かいのが良くて、刺激的なのはだめ、というのではありません。もちろん、色や美しさに惑わされてはいけません。

波長を感じた石とはいえ、「身につけたい」と思えるのは案外少ないものです。
何軒ものパワーストーンのお店をめぐって、やっと1つ巡り合えるということもありえます。

これが本当にあなたにあったパワーストーなのです。
手首に巻けるくらいのパワーストーンを集めるとなると、数年がかりになってしまうかもしれませんね。

人間関係に疲れていませんか?
そのようなときは、スピリチュアルカウンセリング で、ご自身の指導霊に相談してみてはいかがでしょうか。
詳しくはホームページをご覧ください。

こちらの記事もよく読まれています

汝の敵を愛せ

汝の敵を愛せ | カレスティア
職場や学校、ママ友といった集団は必ずしも良い人たちばかりとは限りません。影で悪口を言う人、嫌がらせをする人、そういった人はどこにでもいるものです。

では、そういった人から嫌がらせを受けてしまった時には、どうしたら良いのでしょうか。

聖書には「汝の敵を愛せ」という言葉がたびたび出てきます。

しかし、自分を敵視する憎い人を愛するなんて、とてもできそうにもありません。もちろん、本来そうすべきなのでしょうが、できないからこそ苦しいのです。

そこで、提案なのですが、イエス様の言葉を少し拡大解釈してみてはいかがでしょうか。

まずは、敵を愛するとは「敵を赦(ゆる)す」ととらえる。

ここで大切なのは「許す」ではなく、「赦す」だということです。
「許す」とはわかりやすくいうと、いたずらをした子供に、「もうしません」と約束をさせて、ゆるすことです。そこには「もうしない」という条件がついています。

それに対して「赦す」は、「もうしません」という条件を求めずにゆるすことです。

これは考えようによってはとてもラクです。なぜかというと、嫌な人と話し合いなんてしたくないし、そもそも、話し合ってわかるような人物じゃないから、嫌がらせをしてくるのです。だからこそ「一方的に赦してしまう」のです。

そしてさらに、相手の悪意に対して、「愛の祈りで返します」。

どんなに怒りがこみ上げてきても、こちらも負けじと仕返しをしてはいけません。そんなことをしてしまうと、相手と同じ低いレベルまで、自らを落とすことになってしまいます。

悪意を感じとった時には、心を少しだけ落ち着かせて、ごくわずかな時間でよいので、相手の心の平安を祈ります。そして、相手のカサカサとした心が穏やかになっていく様子を想像するのです。

「赦す」「愛の祈りで返す」たったこれだけです。
これだって十分に「汝の敵を愛す」行為ではないでしょうか。

嫌がらせにおびえたり、憤りを感じていた自分も気がつくと、いつの間にか心が軽くなって、本当の意味で「汝の敵を愛せた」と思える瞬間が訪れることでしょう。

なぜ、私に嫌がらせをするのだろうか?
そう悩んだときは、スピリチュアルカウンセリングで、嫌がらせの理由と解決方法を指導霊に尋ねてみてはいかがでしょうか。
詳しくはホームページをご覧ください。

こちらの記事もよく読まれています
赦し(ゆるし)
捉われた心を解放する方法
嫌がらせをされたら