カテゴリー別アーカイブ: 輪廻

地球以外に再生することはあるのか

前回のブログ「地球以外に生命体はいるのか」からの連載記事です。まだお読みになっていないようでしたら、リンクをつけましたので、よろしかったらお読みください。

前回のブログで、地球に生まれることを自分で決めてきたと書きました。ところで、地球での再生を繰り返してきた魂が、地球以外の惑星に生まれることってあるのでしょうか。

結論を先に言いますと「あります」。でも、とてもまれなことです。
でははなぜ、他の惑星への再生がまれなのかを書きます。

人はもともと霊界で魂として生まれます。地球人や他の惑星人がスタートではありません。
生まれたばかりの魂は、霊界での生活を続けていくうちに小さな問題を起こし、それが積み重なり、少しずつ霊的真理から離れていきます。わかりやすくいうと、魂に悪癖が着きだすのです。

身につけてしまった悪癖はもちろん、霊界で落とすことができます。しかし霊界は似たもの同士が集まる世界です。なかなか自分の異常性に気づくことができません。さらに、軌道修正もゆっくりしています。

そこで一気に悪癖を落として、きれいな魂の状態に戻そうとする試みが、地球(惑星)への誕生なのです。

しかし、地球(惑星)には魂を浄化させるためのワナが潜んでいます(「地球以外に生命体はいるのか」を参照してください)。そのワナを見破り、霊的真理に基づいた生き方ができれば、悪癖を一気に落とすことができるのですが、大抵はそう、うまくはいきません。悪癖を落とすどころか、ワナにはまって、さらなる悪癖を身につけてしまうことが多いのです。

地球で身につけてしまった悪癖は、地球でのみ解消することができます。

なぜなら、霊界は地球と同じ環境ではありませんので、その悪癖が発生する状況が起きないからです。たとえば、地球で散々やってきた物欲は、霊界では発生しません。なぜかというと、霊界では必要なものが必要なだけ、多過ぎず足らな過ぎず与えられるからです。つまり、霊界では物欲が起こり得ないのです。

地球での魂の浄化が失敗に終わってしまった魂は、霊界に戻った後、再び地球への再生を試みます。そしてまた、不本意な結果に終わって、霊界にもどり、また再生を試みる。この繰り返しが「輪廻転生」の正体なのです。

では、地球(惑星)での再生を繰り返すうちに、全ての悪癖を取り除き、きれいな魂の状態になったら、次はどうするのでしょうか。

それは、さらなる魂の進歩向上を目指して、霊界で努力を続けることになります。
地球での目的を全て達成した魂は、次回は別の惑星に誕生するということはしません。

それでは当初の質問にもどります。「地球以外に再生することはあるのか」にもっとわかりやすく答えると、「あります。でも、宝くじの1等に当たるくらいまれなことです。」

では、その極めてまれな他の惑星への再生は、どのようなときに起こるのでしょうか。

状況は様々ですが、一番よくあるのは、地球で大きな問題を起こしてしまい、すべての人間関係を崩壊させてしまったときです。

魂が地球に再生する時には、親が必要です。現代の医療技術をもってしても、親なしで生まれることはできません。そのため、霊界にいるうちに親になってくれる魂を探す必要があります。しかし、人間関係を崩壊させてしまっていますので、あらゆる縁やつてを使っても、親になることを承諾してくれる魂を見つけることができなくなってしまうことがあります。

そういったときは仕方がないので、地球以外の惑星に生まれるしかありません。これが、地球以外に再生する主たる理由です。
このことは、他の惑星から、地球に生まれる魂にも同じことがいえます。

「自分の魂はどれくらい浄化できているのだろうか」
そう疑問を感じたときは、スピリチュアルカウンセリングでご自身の指導霊に尋ねてみてはいかがでしょうか。
詳しくはホームページをご覧ください。

こちらの記事もよく読まれています
霊界でも親和性の法則が働く
「輪廻」人はなぜ生まれ変わるのか

地球以外に生命体はいるのか

今日は「地球以外に生命体はいるのか」という話題で書きます。こういった種類の話題が好きな方はたくさんいらっしゃると思います。私は今まで意図的にこの手のややもすると「ふわっと」なりがちな話題を避けてきたのですが、質問がとても多いので、あえて書くことにしました。

なお、スピリチュアルカウンセラーである私が書くのですから、科学的見地からではなく、魂の視点ですので、あらかじめご承知おきください。

結論を先に申し上げますと、地球以外の星や惑星にももちろん、私たちと同じように魂を持った生命体がいます。

「そうはいっても、火星や木星にとても生き物がいるとは思えないんだけれども?」と思った方もいらっしゃると思います。確かに、太陽系の場合、地球以外の惑星には酸素がありませんし、極低温ですので、とてもではありませんが、生き物が生きられる環境ではありません。

しかしそれはあくまでも、私たちが生きる波長帯域でみた時の話です。

波長をあげる、または下げるなどして、波長帯域を変えると、また違った世界が見えてくるのです。ただの岩砂漠が広がっているだけの惑星が、生命にあふれ、多くの人々が生活し、都市が形成されているのです。

これは私たち地球に住む人々が、霊界が見えないのと同じことなのです。

地球から見ると太陽系の惑星には生命はいないように見えます。逆に他の惑星に住む生命体から見ると、地球は生き物が生きられる環境ではなく、水もない、ただの荒涼とした大地が広がっているように見えているのです。

ではなぜ、地球以外の惑星に魂を持った生命体がいるのでしょうか。
その答えは、「その惑星の特異性が、魂の浄化に好都合」だからなのです。

地球の特異性は、地球が提供する物質で肉体が形成されていて、地球が提供するものを摂り続けて生命を維持することにあります。

どういうことかというと、私たち地球人は絶えず食べ物を食べなくては生きていけません。光合成もできませんので、地球に生きる植物、動物、さらには水といったものを摂取し続ける必要があります。

しかし地球には嵐や洪水、干ばつといった自然災害や、ありとあらゆる不測の事態が発生します。枯渇した食料を前に奪い合いすら起こります。こういった危機的状況から、人々には生きることへの執着や不安、恐れが生まれてきます。お金に対する欲望は命への渇望の変形です。こういったことこそが、地球に生まれる最大の理由なのです。

生きることだけに関心をもち、霊的真理や他人を思いやる余裕を失わせてしまう、そんなワナが地球にはあるのです。

他の惑星には他の特異性があり、霊的真理や愛から目をそらす条件が揃っています。そういった特異性が、魂の浄化に大きく役に立っているのです。

ひとりひとりが、魂の浄化の計画を立てる時に、各惑星の特性を熟考した上で、「私は地球にしよう」「私は○○にしよう」と決めるのです。

さて次回のブログでは「地球以外に再生することはあるのか」について書こうと思います。今日の話題に興味を持っていただけた方は、次回もお読みいただけるとうれしいです。

「人生を生きていると、本当にわからないことだらけだ」
そう思ったときは、スピリチュアルカウンセリングで、ご自身の指導霊に霊的真理を尋ねてみてはいかがでしょうか。
詳しくはホームページをご覧ください。

人は人以外に生まれ変わるか

センニンソウ

センニンソウ

人が霊界と現世界(地球)を行ったり来たりして再生することを輪廻(りんね)といいます。

ところで、人が生まれ変わって再び現世界に来る時に、人以外、たとえば動物や鳥類、は虫類、昆虫などに生まれることってあるのでしょうか。

結論を先に言いますと、人は人にしか生まれません。人が動物や鳥類に生まれ変わることはないのです。

ではどうして人は人にしか生まれないのでしょうか。それは地球での霊的グループの棲み分けが鍵を握っています。

地球にはいくつかの霊的グループが存在しています。そのうち代表的な3つを紹介します。

まず1つめ、動物や鳥類、植物や菌類など、人以外のすべての生き物たちのグループです。
このグループは地球という自然界を形成し、生命の営みを通して、地球を3次元的な意味で、生きた惑星にしています。

このグループの特徴に、本能で生きているというのがあります。
昆虫は卵を産んだら親の役割は終わりです。卵が孵化(ふか)すると、幼虫たちは誰からも教わることなく食べ物を取って、生殖をして、卵を生みます。
鳥類や動物は子供が生まれると、ある程度の大きさになるまで育てはしますが、それ以上の面倒はみません。鳥類や動物の子供たちも親に頼らずに、本能によって、たくましく生きていきます。

2つ目のグループは精霊たちのグループです。

このグループは地球上の生き物たちの生育や成長、自然の管理と運行をつかさどっています。
たとえば、植物たちに発芽うながしたり、花を咲かせたり、実をつけることも精霊たちの仕事です。

「温かくなったら芽が出るのでは?」「受粉は昆虫が行っているのでは?」という反論が聞こえてきそうですが、温度や湿度、日照などは条件でしかありません。私たちの目には見えませんが、妖精たちの働きなしに動植物の生育はありません。
他には海をクリーニングしたり、大気をコントロールしている精霊もいます。

そして最後の3つ目のグループが、私たち人間です。

これら3つのグループには霊的進化の道筋として、ゴールに明確な区分けがあります。

動植物は、食物連鎖を形成して、自らの命を提供することによって、他を養うという究極の奉仕をしています。
精霊は、先ほども述べましたように地球そのものや、地球に生きる生き物たちの営みをコントロールすることによって奉仕をしています。
人は、隣人愛を生き方の中心にすえることが目標です。

ちなみに、「人と動植物の何が違うの?」と疑問を持たれる方には、人は食物連鎖の中に加わっていない、何の役割もしていない、ということをみていただけると理解できると思います。

少し長くなりましたが、地球上にはこのような代表的な3つのグループが存在しています。
グループにおけるゴールに到達することが、そこに属する者達の使命です。目標未達のままで、グループを越境し、前回は人だった者が、今回は動物に生まれるということはありえないのです。

人のゴールは隣人愛ですが、ゴールに至るまでには個々の課題があります。
自分の課題を知りたくなった時は、指導霊に尋ねてみてはいかがでしょうか。
詳しくはホームページをご覧ください。

こちらの記事もよく読まれています
「輪廻」人はなぜ生まれ変わるのか