カテゴリー別アーカイブ: 輪廻

人は人以外に生まれ変わるか

センニンソウ

センニンソウ

人が霊界と現世界(地球)を行ったり来たりして再生することを輪廻(りんね)といいます。

ところで、人が生まれ変わって再び現世界に来る時に、人以外、たとえば動物や鳥類、は虫類、昆虫などに生まれることってあるのでしょうか。

結論を先に言いますと、人は人にしか生まれません。人が動物や鳥類に生まれ変わることはないのです。

ではどうして人は人にしか生まれないのでしょうか。それは地球での霊的グループの棲み分けが鍵を握っています。

地球にはいくつかの霊的グループが存在しています。そのうち代表的な3つを紹介します。

まず1つめ、動物や鳥類、植物や菌類など、人以外のすべての生き物たちのグループです。
このグループは地球という自然界を形成し、生命の営みを通して、地球を3次元的な意味で、生きた惑星にしています。

このグループの特徴に、本能で生きているというのがあります。
昆虫は卵を産んだら親の役割は終わりです。卵が孵化(ふか)すると、幼虫たちは誰からも教わることなく食べ物を取って、生殖をして、卵を生みます。
鳥類や動物は子供が生まれると、ある程度の大きさになるまで育てはしますが、それ以上の面倒はみません。鳥類や動物の子供たちも親に頼らずに、本能によって、たくましく生きていきます。

2つ目のグループは精霊たちのグループです。

このグループは地球上の生き物たちの生育や成長、自然の管理と運行をつかさどっています。
たとえば、植物たちに発芽うながしたり、花を咲かせたり、実をつけることも精霊たちの仕事です。

「温かくなったら芽が出るのでは?」「受粉は昆虫が行っているのでは?」という反論が聞こえてきそうですが、温度や湿度、日照などは条件でしかありません。私たちの目には見えませんが、妖精たちの働きなしに動植物の生育はありません。
他には海をクリーニングしたり、大気をコントロールしている精霊もいます。

そして最後の3つ目のグループが、私たち人間です。

これら3つのグループには霊的進化の道筋として、ゴールに明確な区分けがあります。

動植物は、食物連鎖を形成して、自らの命を提供することによって、他を養うという究極の奉仕をしています。
精霊は、先ほども述べましたように地球そのものや、地球に生きる生き物たちの営みをコントロールすることによって奉仕をしています。
人は、隣人愛を生き方の中心にすえることが目標です。

ちなみに、「人と動植物の何が違うの?」と疑問を持たれる方には、人は食物連鎖の中に加わっていない、何の役割もしていない、ということをみていただけると理解できると思います。

少し長くなりましたが、地球上にはこのような代表的な3つのグループが存在しています。
グループにおけるゴールに到達することが、そこに属する者達の使命です。目標未達のままで、グループを越境し、前回は人だった者が、今回は動物に生まれるということはありえないのです。

人のゴールは隣人愛ですが、ゴールに至るまでには個々の課題があります。
自分の課題を知りたくなった時は、指導霊に尋ねてみてはいかがでしょうか。
詳しくはホームページをご覧ください。

こちらの記事もよく読まれています
「輪廻」人はなぜ生まれ変わるのか

人が再生する理由「時間」

人が再生する理由「時間」 | カレスティア

ムスカリ まるでブドウのような紫色のつぶつぶがかわいらしいですね

魂に死はありません。私たちが死と呼んでいるものはあくまでも肉体の死です。
肉体が病や事故でだめになってしまうと、魂はそこから抜け出して、霊界に戻っていきます。

そう、魂の本来の居場所は霊界なのです。
ではなぜ、人は霊界にずっと居続けるのではなく、現世界に生まれてきたり、霊界に戻ったりということを繰り返しているのでしょうか。

その理由を簡単に説明すると「霊界では体験できないことを通して、魂を浄化・向上をしようとしているから」なのです。

霊界で体験できないことの一つに「時間」があります。

意外に思われるかもしれませんが、霊界には「時間」の概念がありません。

もちろん、時間がないわけではないのですが、霊界にいるスピリットたちに時間という考え方や感覚がないのです。といいますのは、霊界には「沈む太陽」がありません。太陽はいつも天に輝き、昇ったり、沈んだりしません。それによって、時間という考え方がなくなってしまうのです。

また、現世界は地球の地軸にズレにより、四季や光や気温の変化があります。しかし、霊界にはそれがありません。

つまり霊界は、一日中明るく、一年中同じ気温なのです。
加えて、霊界では老いもありません。
このことがより一層、スピリットに一生といった単位や年、季節や時間の概念を奪っているのです。

時間の概念がないことによって、どうなるかというと、どうしても全体的に「のんびり」になってしまうのです。スピリットは霊界でも、魂の浄化と向上を目指しているのですが、相当な意志を持っていない限り、やはり「のんびり」になってしまうのです。

そこで、「一気に魂を浄化・向上したい」「スピードアップをはかりたい」といった思いに応えるのが、現世界なのです。

ご存知の通り、私たち現世界での人生に与えられた時間はせいぜい80年くらいしかありません。

成人になるまでの少年期に過去生での再現をし、考え方や行動の至らなさを体験します。
そして成年期で、それらを反省し、改心するチャンスが与えられます。
初老期には、かんばしくない成年期の過ごし方をした場合、やり直しの最後のチャンスが訪れます。
そして老年期は、良くも悪くも人生の実りを収穫します。

最も重要なのは「成年期」です。これを行うために現世界に来ているといっても過言ではありません。
どうです?いかに「時間が少ない」かがお分かりいただけたと思います。

それなのに私たちは、時間がいかに重要なのかに全く気がついていません。
仕事で疲れて帰ってきて、ぼうっとテレビを見て、お風呂に入って寝る。
休みの日は寝坊をして、お酒を飲んだり、パチンコをしたり、掃除や洗濯をして気がつけば夜を迎える。

これでは何のために現世界に来たのかわかりませんね。

1日が24時間しかないのは、むしろ幸運なのかもしれません。

夜をむかえたら、「さて今日一日、どれだけの人に喜びをもたらせただろうか」「どれだけ人の役にたっただろうか」「人との関係をどれだけ改善できただろうか」と反省し、いたらなかったと思ったのなら、明日こそやるぞと発奮し、メリハリのある生き方を行うことができます。

時間は本当に貴重です。大切な時間を有効に使って、やるべきことをやりたいですね。

自分は意義のある生き方を送れているのだろうか?
そう思ったときは、スピリチュアルカウンセリング で指導霊の意見を聞いてみはいかがでしょうか?
詳しくはホームページをご覧ください。

こちらの記事もよく読まれています
霊界には月日の概念がない
人生は短い、だからすばらしい
若い頃は過去生を再現する

現世界と霊界の喜びと悲しみ

現世界と霊界の喜びと悲しみ | カレスティア

スイカズラが咲きました。甘く濃厚な香りがただよっています。

赤ちゃんが生まれると、新しい家族の誕生を祝い、喜びに満ちあふれます。
家族が他界すると、別れがつらく、悲しみにくれます。

人は霊界と現世界を行ったり来たりして、再生を繰り返しています。
ということは、現世界の誕生は霊界での別れであり、現世界の他界は霊界での帰還ということになります。

ここで素朴な疑問が出てくるのですが、現世界で誕生を祝っている時には霊界では悲しんでいて、現世界で別れを惜しんでいる時には、霊界ではお祝いをしているのでしょうか?

正解は「その通り」です。

随分と前になるのですが、眠りから覚めようと、ウトウトとしていた時に他界した母から「○○さんが、もうすぐ霊界にやって来るの。そのため霊界では、歓迎パーティーの準備で大忙しなの!」と言われました。

母は外国名の姓のみで、名を言わなかったことと、眠気の残るはっきりしない頭で「○○って、誰?」と思っていました。

このことがあった、さらに翌日、何気なく開いた新聞にその人の死亡記事を見つけました。そして、「ああ、このことだったのか!」と納得しました。
その人は現代スピリチュアリズムの浸透に大きく貢献をした、とあるアメリカ人だったのです。

このように、他界したことにより、現世界で家族が悲嘆に暮れる中、霊界では親交のあったスピリットたちが再会を心待ちにして、ワクワクしているのです。

それでは、現世界での誕生はどうでしょうか。

現世界に生まれることを決意したスピリットは、日頃お世話になっているスピリットや仲良くしているスピリット達に別れを告げて惜しみあいます。この時が霊界での悲しみの時になります。

その後、そのスピリットは、今までいた界を離れ、現世界に生まれる準備のための特別な界へと移動し、再生の準備を整えていきます。

まとめますと、誕生の時も、他界の時も、それぞれに時間的な差はありますが、現世界の人々がお祝いをしているときが霊界の悲しみの時であり、現世界の人々が悲しんでいるときが、霊界の喜びの時なのです。

いつまでも悲しみにくれていないで、もうそろそろ区切りをつけたい。
そう思ったときは、ミディアムシップで、他界した大切な方とお話をしてみてはいかがでしょうか。元気に過ごしていることを知って、悲しみも癒されるかもしれません。

こちらの記事もよく読まれています
現世界と霊界を行き来する理由
魂(意識体)は死を迎えることがあるのか
現世界への再生に終わりはあるのか