指導霊が転職を勧めるとき

梅の花

梅の花が咲きました

スピリチュアルカウンセリングの相談で、お客様から「転職をしたほうが良いのでしょうか」と尋ねられることは、よくあります。
こういった質問の場合、お客様の仕事に対する向き合い方や人間関係、状況によって、転職の可否も含めて、いろいろなアドバイスを指導霊からもらうことができます。

しかし中には、お客様自身が転職を考えていないのに、指導霊の方から「転職を勧めます」と言ってくることがあります。

こういったことは決して多くはないのですが、今までの事例をみてみると、いくつかの共通点があります。

まずなんといっても、お客様が精神的に追い込まれていて、このままではウツや自律神経失調症など、なんらかの精神的・肉体的不調を起こしてしまう可能性がとても高いと判断されるときです。ただし、この危惧しかない場合の時は転職ではなく、休職を勧めてくる時もあります。

指導霊が転職を勧めてくるのは精神的・肉体的不調に加えて、「仕事に希望を持てていない」「将来性が薄い」「役に立てていない」この3つが該当するときです。

「仕事に希望を持てていない」とは、仕事が好きではない、夢中になれない、やりがいを感じられない、ということです。

「将来性が薄い」とは、事業自体の将来性が乏しくて事業縮小の可能性がある、昇進・昇格の可能性が低い、ルーティンの繰り返しでお客様自身の進歩向上が望めない、といったときです。

そして「役に立てていない」とは、仕事を通してお客様の喜びを得られていない、仲間の役に立っていないというときです。仕事というのは本来、どのような仕事であっても、誰かのためになるものです。しかしおかしなもので、企業規模が大きい会社だと、お客様どころか、仲間の誰の役にも立てていない仕事というのが存在しているのです。

指導霊から「転職を勧めます」と言ってくると、ほとんのどのお客様が「えっ、なぜ?」という反応をします。

自分と仕事との関係を客観的に見ることができないほど、追い詰められているのでしょう。指導霊から転職をしたほうが良い理由を一つ一つ例をあげながら伝えると、「よく考えてみればその通りです」と、転職という考え方を受け入れられるようになります。

自分と仕事との関係を客観的に考える、ということはとても大切なことです。

お仕事のことで悩んだ時は、ご自身の指導霊に尋ねてみてはいかがでしょうか。
スピリチュアルカウンセリングで、自分では気がつかなかった視点でのアドバイスをもらうことができます。
詳しくはホームページをご覧ください。

コメントを残す