スピリットガイド(指導霊)の選び方

スピリットガイド(指導霊)の選び方

以前のブログで、わたしたち自身がスピリットガイド(指導霊)になってくれるよう頼んできた。そして、祖父母、先祖といった血縁のあるスピリットからは選ばない。知人など、過去になんらかの関係のあったスピリットからも選ばない、ということを書きました。

今日は、ではどういったスピリットから選ぶのかを、もう少し詳しく書いてみようと思います。

スピリットガイドは、初めて会うスピリットなら誰でも良いというわけでは、もちろんありません。

スピリットは霊界で、それぞれが社会的役割をになっています。
この役割を大きく分けると
・霊界にいるスピリットたちへの奉仕
・現世界に生きる人たちへの奉仕
に分けることができます。

この現世界に生きる人たちへの奉仕のひとつに、スピリットガイドがあります。要はこの中から選ぶのです。しかし、まだそれだけではありません。

スピリットガイド候補は霊格に応じて、たくさんのグループに分かれています。
そこで、自分よりも少し霊格が高いグループに所属しているスピリットの中から適任者を探すのです。

なぜ、少し上なのかというと、自分の霊格とスピリットガイドとの霊格が離れすぎていると、スムーズなコミュニケーションがとれませんし、アドバイスも的確さを欠き、共感も得られません。
たとえて言うならば、幼稚園の先生として、大学教授を迎えるようなものになるからです。

これだ、というスピリットが見つかったら、スピリットガイドになってくれるようお願いをします。そして双方が納得、了解したら、現世界に生きる人、スピリットガイドというチームになるのです。

人間関係で苦しさを感じるときは、その原因と解決方法をスピリットガイド(指導霊)に尋ねてみませんか。
詳しくは「ホームページ」をご覧ください。

ホームページ


スピリチュアルブログをもっと見る

購読すると最新の投稿がメールで届きます。

コメントを残す