指導霊に話しかけてみよう

ゴーヤの花

ゴーヤの花

今日は「自分の指導霊にもっと話しかけてみてはいかがでしょうか」という提案をしたいと思います。

指導霊は、上から目線で指図をする存在ではなく、自分よりも少し上の霊格ではあるものの、いわば仲間のような存在です。そして、たとえどんなささいなことでも相談したり、尋ねたり、話しかけても良いのです。

しかし指導霊としての考えや応えをもらうには、指導霊とコミュニケーションをとる必要があります。

まず最初は一方通行で構いません。
「困ったな」「どうしよう」ということが起きたら、「指導霊様、どうしたら良いですか」とか、「指導霊様、正しい判断ができますように」と語りかけてみてください。

ここで大切なのは、冒頭に「指導霊様・・・」と、話したい相手を明確にすることです。これをすることによって、あなたの想いは指導霊に届くようになります。

これができるようになったら、今度は日常的に指導霊に語りかけてみてください。

たとえば朝、出勤する時に「指導霊様、無事に会社に着きますように」とか、「指導霊様、今日一日、お会いするすべての人たちと正しい意念でお話ができますように」というようにです。

そして、会社に着いたら、「指導霊様、無事会社に着きました」とか、退社の時に「指導霊様、おかげさまでお会いした皆さんと正しい意念でお話ができました」または「○○さんとは、もう少し親身になって話せれば良かったと思います」というように、感謝や反省の言葉を伝えてみてください。

指導霊への語りかけがしばらく続くと、指導霊の方もなんとかして自分の思いを伝えなくてはと、行動を開始します。

しかし私たちは肉体を持っているが故に、簡単にはコミュニケーションができません。

そこで、指導霊はあらゆる方法を試みます。
短い言葉として聞こえたり、自分とは異なる思考が伝わってきたり、映像が瞬間的に見えたり、象徴的な出来事が起きたりなど、何かが起こります。

ごくわずかな時間見えたり、気がする程度では、コミュニケーションとしては頼りないのは事実ですが、大切なのは「指導霊の存在を常に意識している」ということを指導霊にわかってもらうことです。

いついかなる時も指導霊とともに考え、行動をするようになると、本当の意味でのチームメイトになるのです。

人に与えられた時間は思っている以上に短いものです。
遠回りをしたり、誤った選択はできだけしないに越したことはありません。

人生の目的に向かって、しっかりと歩みを進めるためにも、指導霊に語りかけることを習慣としてみてはいかがでしょうか。

「本当にこのままで良いのだろうか」
と思ったときはスピリチュアルカウンセリング で、指導霊の意見を尋ねてみてはいかがでしょうか。
詳しくはホームページをご覧ください。

こちらの記事もよく読まれています
スピリットガイド(指導霊)の役割
スピリットガイドの霊格
スピリットガイドになるように頼んできた
スピリットガイドはチームメイト

指導霊に話しかけてみよう」への1件のフィードバック

  1. 国分裕子

    いつも傍にいてくれて見守り支えてくれている様な存在です。
    一人じゃないって素敵です。

    返信

コメントを残す