夜に見る夢、朝に見る夢

人は眠りについたあと、夢を見ます。ところでみなさんは、こんな夢を見たことはありますか?
・他界した家族と話をした
・アドバイスをもらった
・将来を示唆するような内容だった
というように、ただの夢と割り切っていいものかどうか判断に迷う夢です。

今日は夢で見た内容がスピリットと会った事実やメッセージ性があるものなのか、それとも、ただの夢なのかを判断する方法のうち、1つをご紹介します。

さて、このブログで以前書いたことがありますが、人は眠りについたあと、霊界を訪れ、指導霊と今日あったことの報告と善後策について話し合いをします。そしてときには、スピリットドクターに心と身体の不調を治してもらったり、またときには他界した家族と会ったり、霊界の街並みを散策したりしています。

でもこういった体験を毎晩しているわりには、霊界での出来事を全然覚えていませんよね。

実はこのことが、夢が真実なのかどうか判断するポイントになっているのです。
では詳しく説明します。

人は眠りについたあと、夢を見ているレム睡眠と、夢を見ないノンレム睡眠を繰り返します。ある研究報告によりますと、一晩で4回くらいのレム睡眠をしている、つまり夢を4回見ているのだそうです。

人が霊界を訪れるのは、眠りに落ちたあとの2時間後、つまり最初のレム睡眠の時がほとんどで、まれに2回目のレム睡眠のときなのです。この時に見ている内容が指導霊や他界した家族との対話や霊界での体験なのです。

霊界を訪れた直後に、なんらかの事情で目が覚めて、「夢を見てた」と思ったのであれば、これがまさに霊界での体験ということになります。

しかしここにはハードルが2つ存在します。

ハードルの1つ目
魂は肉体から離れ、魂だけの状態で霊界を訪れるのですが、魂が体験している出来事を脳は現実的論理性にもとづいて、勝手に書き換えを行なってしまうのです(繰り返し見る夢を参照ください)。そして、正確ではない、変な夢にしてしまうのです。

ハードルの2つ目
睡眠中に脳は、記憶の定着と消去を行ないます。脳が必要と判断したものは忘れてしまわないように記憶の定着をします。それに対して、不要と判断したものは捨ててしまうのです。
霊界での出来事を書き換え、変な夢にしてしまい、覚えていても意味がないものと判断して消去してしまうのです。

これが、霊界での出来事を私たちが全く覚えていないメカニズムです。

一方、覚えている夢というのは、夢を見たあと、少しずつ眠りが浅くなり、自然な形で目が覚めた時のものです。つまり一番最後の4回目のレム睡眠の夢なのです。

4回目のレム睡眠の夢は霊界での体験ではなく、脳が好き勝手に働いた結果であり、日頃いだいている願望の映像化でもあります。もちろん、メッセージ性もありません。

ではまとめます。
霊界での体験、スピリットとの対話、メッセージ性のある夢は眠りに落ちて1回目、または2回目に見る夢のこと。そして、明け方に見る夢はほぼただの夢ということになります。

将来を知りたいですか?
スピリチュアルカウンセリングで、ご自身の指導霊に今の生き方を続けていると何が起こるのかを尋ねることができます。
詳しくはホームページをご覧ください。

生きづらさの原因

野ばら

人は一人で生きているわけではありません。家庭ではパートナーや子供といった家族、仕事に出れば上司に同僚、取引先とたくさんの人たちに囲まれて生きています。こういった中で、センサーを働かせ、予測をするをすることが大切だということについて書きます。

渋谷には有名なスクランブル交差点というのがあります。歩行者の信号が青になると、全方位から一斉に人が歩き出し、向こう側へと渡るのですが、人の量が桁違いに多いのが特徴です。この交差点で人々がどのように渡っているのかを観察をすると、あることがわかります。

それは、外国の人は何回も人にぶつかりそうになって、ようやく向こう側に渡るということです。

日本人の多くはスマホを見ながら下を向いて歩いてるのですが、誰もぶつかりそうになりません。それに対して外国の人は前を見ながら歩いているのに、何回も人にぶつかりそうになります。

また渋谷の街を歩いていると外国の人がたくさんいらっしゃいます。彼らがグループの場合、たいていが横になって歩いています。後ろから誰かが足早に近づいてきても、とうせんぼをした状態のまま、おしゃべりに夢中になって歩いています。

日本人グループ場合、横になって歩いて、話に夢中になっていても、後から人がやってくると、スッと道をあけます。

いったいどういうことでしょうか。それは、日本人は「センサー」をいつも強く働かせていて、「予測をしている」ということです。

日本人は歩きながらスマホに没頭しているようで、実は周りの人と自分との距離感を気にしなが歩いています。これが「センサー」です。

後ろからやってくる人の気配を感じたら、邪魔になっているのではないかと「予測をして」道をあける、ということをしているのです。

この記事でいいたいのは「なんて日本人は素晴らしいのだ」ではなくて、日本人には「センサーを常に働かせ、予測をする」ことが暗黙のうちに強く求められているということです。

秩序があり、スマートな国民性ではありますが、見方を変えると、こういったことが苦手な人には「生きづらい国」なのです。
しかし、この国に生まれ、この国で生きているのですから、愚痴を言っていても始まりません。

自分は周りとうまく溶け込めていない、スムーズな人間関係を作れない、そう感じている方は「センサーを働かせる」「予測をする」ということが手薄になっていないかセルフチェックをしてください。

「センサー」は気をつけようと心がければ、少しずつ磨かれていきます。

「予測をする」はずばり、「考える」ということです。
自分のことだけに夢中になっていてはだめです。今の状態を続けているとどうなるだろうと「考える」ことが必要なのです。

生きづらさには必ず原因があります。その原因を探し出すことが大切です。でも、もし見つからない場合は、「センサーを働かせ、予測をする」ことで、ずいぶんと変わることができるはずです。

生きづらいと感じる本当の原因はなんでしょうか。その原因と対策を指導霊に尋ねることができます。詳しくはホームページをご覧ください。

我が子の方が再生回数が上

霊格とこの世に生まれる再生の回数は密接な関係にあります。魂の浄化や進歩向上には、どうしてもある程度の再生回数が必要です。それゆえ一般的に、再生回数が多ければ、霊格も上ということになります。もちろん例外もありますが。

今日は夫婦や親子というのは基本的には同じような霊格(=再生回数)の者同士で家族を構成することが多いのですが、ときには親よりも子供の方が再生回数が上、ということも決して珍しくはないということについて書きます。

では本題に入りましょう。

みなさんは、お子さんを自分より下だと思っていませんか?
たとえば、
・うちの子は世間知らずだから
・間違いのない道に進ませてあげよう
・この子の才能を発見してあげたい

親としてこう考える気持ちは良くわかります。我が子はあぶなっかしくて、可愛いものです。

でも、
・世間知らずなのはまだこの世に生まれてからの経験数が少ないだけのこと
・間違いのないっていうのは、あくまでもあなたの人生観ですよね
・才能って、人に発見してもらうものなのでしょうか
ちょっと意地悪な言い方をしましたが、こういう見方もできるのです。

親よりも再生回数の多い子供の場合、幼い時はこの世での経験数が当然ながら少ないのですが、歳を重ねるにつれ、思慮の深さ、自信のあらわれなどは親を凌駕(りょうが)することが多くなります。

また、人生の目標を達成するための計画が親よりもしっかりしていて、何をするために生まれてきたのかを無意識に把握していることがほとんどです。そのため、親から言われる見当違いなアドバイスは受け入れません。

才能は過去の人生の積み重ねから生まれるものです。決して発掘するような種類のものではありません。親からなんと言われようと、夢中になってやっていることや、小さい頃から一貫して「○○になりたい」といっていることがあるのでしたら、それが才能なのです。

あなたのお子さんが
・親の意見をどこ吹く風といった感じで聞き流している
・子供の方が落ち着いていて意見を言いにくい
・まるで祖父母と接しているような気持ちになることがある
ということがあったとしたら、お子さんの方があなたよりもずっと人生の先輩なのかもしれません。

そういう場合は、世間の常識や人としてのルールを教えるにとどめ、あとは我が子を信じて、あたたかく見守る方が、お互いにとって良い結果になることでしょう。

子育てや子供の進路で迷っていたら、スピリチュアルカウンセリングで、我が子が歩もうとしている道を尋ねてみてはいかがでしょうか。
詳しくはホームページをご覧ください。

こちらの記事もよく読まれています
現世界と霊界を行き来する理由
赤ちゃんの魂は無垢ではない