信仰

シャクナゲ

シャクナゲ

「信仰」という言葉を聞くと何をイメージしますか。
おそらく多くの方が、キリスト教や仏教、神道のような既存の宗教が頭の中に浮かんだのではないでしょうか。

しかし、信仰と宗教は必ずしも一致しません。

詳しく説明をしましょう。
自分がどこかの宗教団体に所属していて、その教義に賛同し、信じているのであれば、それは信仰です。

しかし、宗教団体に所属していても、教義を知らない、生活や生き方の礎(いしずえ)になっていないというのであれば、それは信仰とはいいません。

たとえば、仏教の○○宗の檀家であり、お盆と正月にお墓参りをしている。しかし、その宗派の教義は知らないし、生き方の指針にもなっていないというのであれば、その人は信仰をもっているとはいえないのです。

それに対し、どこかの宗教団体に属しているわけではないけれども、神またはそれに相応するものを信じている。そして、その教えにもとづいて生きている。というのであれば、それは信仰といえるのです。

たとえば、高く険しい山に聖なるものを見い出し、自分も自然の一部であると考え、自然の摂理に背くことなく、自然と一体になる生き方を心がけている、というのであれば、その人は信仰をもっているといえるのです。

信仰という言葉はあまりにも一般的で普及されているがゆえに、あまり深く考えることがないかもしれません。また、人と話をする時に政治と信仰の話をしないことが、スマートであり、逆にそれらの話をすることはタブーである、という常識があるゆえに、信仰について考えるのがおろそかになっているのかもしれません。

今は人々が築いてきた秩序や日常がおびやかされる、不確かな時代です。

こんな時代だからこそ、信仰とは何かを改めて自分自身に問い直してみてはいかがでしょうか。そして、心の中に清らかさを保ち、人々に深い愛をもって接し、一見、当たり前と思えるような日々が、実は多くの人に支えられていることに感謝をすることが大切なのではないでしょうか。

毎日たくさんの情報に振り回されていませんか?
マイナスの言葉や悲惨な映像は、魂に著しいダメージを与えてしまいます。
こういう時だからこそ、指導霊からの愛あふれる言葉に耳を傾けてみてはいかがでしょうか。
詳しくはホームページをご覧ください。

カルマの代行

スピリチュアルカウンセリングで最近、似た内容の相談が続きました。指導霊からのメッセージはそれぞれの立場での話でしたが、結論はいずれも同じでしたので、このブログに書きたいと思います。

さて、同じような相談とは、「あなたのカルマを浄化してあげる」、「前世での悪行を消してあげる」と言われたけれども、本当にしてもらってもよいのでしょうか、というものです。

指導霊がどのように言ったのかをお伝えする前に2点、知っておいて欲しいことがあります。それは、「カルマ」と「人生の課題」についての正しい知識です。

まず1め、「カルマ」について
カルマも悪行も業も、表現は違いますが、全て同じものです。以降、文章を簡略化するため、カルマと書きます。

人は生きている間に残念ではありますが、霊的真理から外れた思考や行為をしてしまいます。さらに、同じ種類の失敗を繰り返してしまいます。これがカルマです。

霊的真理から外れた思考や行為の具体的な例をあげると
・人への愛が足りない
・自分さえよければという考え方
・うわべは温かそうなのに本当は冷たい
などです。
人を殺した、重傷を負わせ、犯罪者だったという極悪なものばかりがカルマではないのです。

そして2つめ「人生の課題」について。

私たちはこの世に生まれるときに目的を持って生まれてきます。その目的の代表格が、人生の課題の達成です。たとえば、「父を信頼することできなかった。その父と今度は夫婦になって、相手を信じたい」というようにです。

過去生で私たちは多くの失敗をしています。今回の人生で、その全てを解消するのはとても難しく、ほぼ不可能です。そのため、課題を1つか、2つにしぼりこんで、「今度こそは達成してみせる」と決意して生まれてくるのです。

課題の原因となっているのが、霊的真理にそぐわない思考や行為の積み重ねであり、すわなちカルマなのです。言い換えると「人生の課題を達成する」ということは、「カルマを解消する」と同義なのです。

さあここからが本題です。
人の手でカルマを解消しもらおうかどうか悩んだ相談に対し、指導霊は共通して以下のことを言いました。

「その人がカルマを消すことができるかは疑問です。
しかし仮にその人がカルマを消すことができたとしても、大きな問題を抱えることになります。
なぜなら、あなたは○○という課題を達成するために生まれてきました。そのための計画もたててきました。しかし、その課題の原因であるカルマを消してしまうと、因果律にもとづいて、他のカルマを原因とする新たな困難が発生しまいます。しかし、それに対する計画をあなたは持ちあわせていません。また、それを乗り越える知恵も覚悟もできていません。その結果、新たな困難によって生じる苦しみは、今とは比べ物のならないものになるでしょう。」

というものでした。

人生を生きるのは確かに辛く、苦しみに満ちています。
しかし、この辛さや苦しみも全ては、課題を乗り越えるために計画したものです。苦しいからといって、人の手を借りて、余計な困難を招くことは愚の骨頂といえるのではないでしょうか。

毎日が苦しく、辛いものですか?
そういうときは、スピリチュアルカウンセリング で、ご自身の指導霊に相談してみてはいかがでしょうか。活路がきっと見出せるでしょう。
詳しくはホームページをご覧ください。

こちらの記事もよく読まれています
人生の課題
人生の課題と願望、そして大志

子供を授かるためだけの結婚

ハナニラ

私たちはこの世に生まれるときに様々なことを計画してから生まれてきます。パートナーを選ぶこともそのうちの1つです。

今日は「子供を授かる、それだけの目的でパートナーと約束をとりつけ、結婚することもある」ということについて書きます。

たとえばある人が、過去生で誰かと悔いの残る人生を終えてしまったとします。そして、その人との関係を改善するために、「来世では親子になろう。私が親になり、その人には子供になってもらおう。親子なのだから、どんなに嫌になっても逃げることなく、全力で向き合おう。」と考えたとします。そして、その人にもこの計画を打ち明け、子供として生まれてくることを承諾してもらいました。

次にやるべきことは誰をパートナーにするかです。

多くの場合は、パートナーともやはり過去生で問題があってそれを解決したいというように、課題がある人と結婚の約束をするのが一般的です。

しかしときには子供との関係に集中したいので、「課題のない人をあえてパートナーにした方がよい」と考える人もいます。そういったときには、過去生で出会ったさほど縁があるとも言えない人に事情を説明し、夫婦になってくれるよう懇願します。

そういったときはえてして、相手側からいくつかの条件が出されことがあります。スピリチュアルカウンセリングで、実際にあったケースをあげてみましょう。
たとえば
・本来のパートナーと出会うのに時間がかかるので、それまでの期間限定でよければ
・誰とも結婚するつもりはなかったが、身の回りの世話をしてくれるのなら
・好きなようにさせてくれて、口出しをしないのなら
などがありました。

さて、このような二人が現世に生まれた後はどのようになるのでしょうか。
代表的な例をあげてみます。

二人が予定通りに出会います。
マジックがかかっているので、お互いが好きになります。
結婚し、子供が生まれます。
子供を産んだ途端、妻は夫に興味を失っていきます。
夫はあまり子供をかわいがりません。
妻はこの夫ともに人生を過ごすことに意味も意義も見出せなくなります。

こうなると離婚は時間の問題でしょう。

早い人ですと子供がまだ赤ちゃんのうちに、または幼稚園や小学校の入学などの節目の時に別れてしまいます。

さらに、別れるときも揉(も)めることなく、すんなりと離婚することが多いようです。
別れた後、夫のことを思い出すこともあまりありません。同じように夫も妻のことをほとんど思い出しません。そして、子供に会いたいともあまり思いません。

このような体験をした人はふと、「自分は薄情なのではないか」と思うかもしれません。

しかし、そうではありません。
なぜななら、子供を授かるという目的のための夫婦だったのですから。

夫(妻)と別れてしまったことを後悔していますか?
離婚が正しい判断だったのか、これからどうしたら良いかを指導霊に尋ねることができます。詳しくはホームページをご覧ください。渋谷・栃木サロンはもちろんのこと、遠方、人混みが気になる方にはSkypeやLine通話でもセッションを行うことができます。

こちらの記事もよく読まれています
霊界で結婚の約束をしている
人生の課題と願望、そして大志
人生を生きる目的