疾患の原因

今日は疾患の全てが生き方や自分が原因とは限らないない、だからこそ見極めが大切だ、ということを書きます。

慢性疾患で辛い思いをしている方は多くいらっしゃいます。
たとえば肝臓、腎臓といった内臓の機能不全、アトピーなどの皮膚炎、脊椎湾曲や関節痛などの骨格系の病気などです。

これらの疾患は医者に診てもらい、投薬を受ければすぐに治るというものではありません。長期間の治療が必要で、生活にも支障をきたしがちです。そして肉体的、精神的苦痛も伴います。

病い(感染症を除く)にかかったときは、自分の生き方を振り返る絶好のチャンスです。

しかし全ての病いが、生き方が原因とは限らないのが難しいところです。どのような時に慢性疾患になるのかをスピリチュアリズムの観点から例をあげて説明します。

1 過去生由来
過去生での生き方が、現世での疾患の原因になっている場合です。
たとえば過去生で多くの人を苦しめてきた、自分勝手な生き方を何度も繰り返してきた、などが原因で、体の特定部位に問題が発生するケースです。

2 生き方に問題がある
現世での生き方に原因がある場合です。
くよくよと悩んでいる、仕事で多くのストレスを抱えているなど、現世での生き方、考え方に問題がある場合です。

3 生活環境
自分では気がついていない化学物質、たとえば壁紙や家具などに使用される揮発物質が原因の場合。食物の中に重金属やアレルギー物質が含まれている場合などです。

4 肉体由来
親から受け継いだ肉体に問題があって、それが原因となっている場合です。
内臓の弱さや不全、構造上の問題が原因で疾患が起きているケースです。

上記のうち、1が原因の場合は、単純に1だけではなく、2の要素も加わっていることがよくあります。
この場合は、過去生由来の性格の見直しと悪習を改めることが必要になります。

3と4は、その人の生き方とは全く関係ありません。
生き方を振り返ったときに「自分が悪いのではないか」と間違った判断をしてしまい、自分を責める気持ちが起きてしまったとしたら、それは問題です。自分を責めることは魂を傷つけることになります。3と4の場合は、生き方は関係ないのだと割り切り、有害物質を取り除き環境を整え、治療に専念することが大切です。

だだし、3と4の場合でも、2が加わることによって、より症状を悪化させていたり、寛解を遅らせていることはありえますので、その場合は2への対処も必要です。

疾患の原因が上記の1〜4のいずれなのか、または複合的なのかをご自身で判断するのは難しいかもしれません。スピリチュアルカウンセリング で指導霊から疾患の原因と対処方法を聞くことができます。詳しくはホームページをご覧ください。
遠方でサロンにお越しいただくのが難しい、移動が辛い、人混みが心配という方にはSkypeやLine通話でもセッションも行っています。通信によるセッションも対面と同じ品質です。

こちらの記事もよく読まれています
病(やまい)は気づきのチャンス
病(やまい)の原因
「カルマ」病気やケガが治れば解消される?

神社仏閣は低級霊がいる場所でもある

マンサクの花

マンサクの花

今日は神社仏閣は低級霊がいる場所でもあるので、興味本位や、旅行がてらの気軽な参拝・訪問はなるべく避けて、必要な時に真摯(しんし)な気持ちで訪れた方がいいですよ、ということを書きます。

神社や仏閣は木々に囲まれていて、たとえ都会にあっても静寂につつまれた空間です。寒さも緩んできましたし、癒しを求めて、おもわず散歩したくなるかもしれませんね。しかし、ミディアムである私の目には、神社仏閣はみなさんとちょっと違う見え方をしているのです。どのように見えているかというと、神社仏閣の森や敷地を遠くから眺めると、全体がくすんだモヤに包まれているように見えるのです。

神社を例にあげて説明します。

一口に神社といっても、祀(まつ)っている対象、敷地の構造にも色々な形態があります。しかし、全ての神社に共通していることがあります。それは、神社には結界が張られているということ。そしてその結界が、私たちが住む世界と神聖な世界を明確に分けていることです。これは神社の大小は関係なく、すべての神社がそのようになっています。

しかし、結界を張ったままだと、人が参拝することができませんので、入り口になっているのが鳥居です。

鳥居が三つある神社を例にあげます。
社殿を中心にみて、一番外にある大きな鳥居が一の鳥居。そして、森の入り口にある鳥居が二の鳥居です。一の鳥居と二の鳥居を結ぶ道が参道です。大きな神社の参道の両脇には、飲食店やお土産、名産品を売るお店が並んでいます。

そして、二の鳥居をくぐると、森の中に入ります。森をしばらく進むと再び鳥居があります。この鳥居が三の鳥居です。この鳥居をくぐると境内になり、社殿があります。

この例ですと、三重の結界で神聖な社殿を守っているのです。
実はこの結界が、要注意なのです。

低級霊は一の鳥居の中に入ることができません。
しかし、低級霊が人に憑依した状態だと、この一の鳥居を通過することができます。しかし、三の鳥居を通過することはさすがにできず、落っこちてしまいます。すると、低級霊は境内に入ることができず、かといって、二の鳥居を通って戻ることもできず、二の鳥居と三の鳥居の間を行ったり来たりしています。ミディアムにはこの空間に、いくつもの霊がいるのが見えます。

そしていつの日か、参拝を終えて、帰ってきた人のうち、自分と波長の合う人が見つかると、その人に憑依して、低級霊は俗世間に戻ってくるのです。

つまり、憑依されていた人も、憑依されていなかった人も、参拝を終えた後に、低級霊に憑依されてしまう可能性があるのです。これが、安易な気持ちで神社仏閣に訪れない方がいいという理由です。

ではどうしたら良いのでしょうか。
まずは、神社仏閣を訪れるのはしっかりとした目的があるときに限ること。つまり、回数によるリスクを回避することです。

そして、2つめは、真摯な気持ちで訪れること。
結界(鳥居)で黙礼をする、手水で手を洗うなど、清らかさと敬う気持ちを維持して、低級霊の低い波長とは明らかに異なるよう、自分の波長を上げることが大切です。

なお、お寺の場合は結界がありませんので、低級霊が集まっているのは神社とは事情が異なります。
寺には何かにすがりたい、救いを求めたいという人が来るので、その波長に同調して、低級霊が集まってきているのです。

お寺も必要な時だけに、真摯な気持ちで、自身の波長を高く維持して訪れることが大切です。

「スピリチュアルカウンセリング を受けてみたいけれども、コロナウィルスが怖くて、人混みに行くのはどうも気が進まない」
そういった方は、SkypeやLine通話でスピリチュアルカウンセリングを受けみてはいかがでしょうか。
詳しくはホームページをご覧ください。

こちらの記事もよく読まれています
霊障は滅多にない
霊感体質とサイキック・スポンジ

介護といかに向き合うか

ご家族の中に病気や障がい、老齢の人がいて、介護をしているという方もいらっしゃると思います。そういった方は、介護の苦労に加え、自分の生活とのバランス、先行きの不安といった様々な苦悩が重なり合い、辛い思いをされていらっしゃると思います。

今日は介護が必要な家族とどのように向き合っていったらよいのか、その指標となる考え方を私自身の体験とスピリチュアルカウンセリング を通して語られた指導霊達の言葉、そしてスピリチュアリズムの観点から、わかりやすくまとめてお伝えしようと思います。

介護といかに向き合ったらよいかは、以下の4つの視点に絞ることができます。
1 情で介護をしない
2 理想に縛られない
3 被介護者と自分と家族との関係
4 人生の目的と到達度
この4つとそれぞれのバランスです。では一つずつ解説していきます。

まずはじめに「情で介護をしない」についてです。

「かわいそう」とか、「前はあんなに元気だったのに」という気持ちで、かいがいしく世話をしていませんか?
残念ながら、それはあまり正しい向き合い方とはいえません。介護が必要になったのは、その人にとっての必然かもしれませんし、助けてもらう立場になってこそ気づけることがあるのかもしれません。「かわいそう」と思うのは、あなたの思い込みにすぎません。考え方を変えるべきです。

次に「理想に縛られない」について。

「できるだけのことをしてあげたい」と無理をしていませんか?
介護は介護される方とあなたの双方が笑顔でいることが、あるべき姿です。そのためには無理のない範囲で介護をすることが大切です。手が抜ける時は抜いて、忙しいときには他の家族やプロにお願いしてよいのです。すべてをあなたが完璧にやろうと思わないことです。

3つめ「被介護者とあなたの関係」

ここが最も大切です。
被介護者、わかりやすくするために仮に父とします。あなたとお父さんは、もともと関係のある組み合わせなのでしょうか。向き合うべき相手なのでしょうか?

あなたとお父さんが和解のために、または何かを乗り越えるために親子になったのだとしたら、愛憎や苦渋がたくさんあるでしょうが、真剣に取り組まなくてはいけません。そのために生まれてきたのであり、介護が締めくくりなのですから。

もし、あなたとお父さんとの間に取り組むべき課題がない、つまり初めての組み合わせだとしたら、他の家族と父の関係をみてみましょう。仮にあなたの弟と父との間に取り組むべき課題があったとしたら、弟に介護をしてもらうべきです。
「弟は親と離れて暮らしているから・・・」そんな状況は、関係ありません。あなたが介護をしていることが、意図せず、父と弟の関係改善の障害になっていることもあるのです。

そして最後に「人生の目的と到達度」について

あなたの人生の目的はなんでしょうか。ちゃんと取り組めていますか?到達度はどれくらいですか?

あなたが人生の目的に着実に取り組んでいて、年齢相応の到達度であるのなら、あなたとお父さんに向き合うべき課題がなかったとしても、人として、愛を分け与えるために介護をしても、もちろん大丈夫です。

しかし、人生の目標に取り組めていない、または進捗に遅れがある、なおかつ、お父さんとの間に課題がないのだとしたら、すぐにでも介護を他の方に頼むべきです。他の家族にもお父さんと関係がないのであれば、施設に入れることを検討してください。
こういう場合、指導霊からも「介護よりも、あなたがやるべきことをしなさい」と言われてしまいます。

ここで大切なのは「薄情なのではないか」「家族なのに」と後ろ髪をひかれないことです。
後悔の念を持ってあなたが他界してしまうと、本来は関係はないはずの父と、来世でペアを組むことになってしまいます。そして、どうあるべきかを学び直すことになるのです。

霊的真理やスピリチュアリズムは決してドライではありません。
むしろその真逆で、愛そのものです。

しかし人々は、本当の愛を理解できていません。
ついつい、情念の愛や世間的な愛と混同してしまうのです。大切な家族の介護だからこそ、冷静に考え、判断することが大切なのです。

「どのように介護をしていったらよいのかわからない。このままでは共倒れになってしまう。」
そんなときは、スピリチュアルカウンセリング で、ご家族とどう向き合い、介護をしていったら良いのか、指導霊からアドバイスをもらってはいかがでしょうか。あなたの置かれている状況に合った適切な言葉をもらえます。
詳しくはホームページをご覧ください。

こちらの記事もよく読まれています
「再生の計画」前世と親子関係について
再生の計画で選んだ親なのに課題がない
計画した両親とは違うところに生まれてきた子
障碍のある体をあえて選ぶ