霊感

「霊感」だと思っている場合のほとんどが、実は「霊感ではない」ということについて、書きます。

世の中には「自分には霊感がある」って思っている人が結構多くいらっしゃいます。
たとえば
・交差点の角にたたずむ人影が見えたけれども、もう一度見るといなかった
・喫茶店のボックスシートに寂しげに座っている人がぼんやりと見えた
というようにです。

こうおっしゃる方に「それはいつ頃の話ですか」と尋ねると「3年くらい前です」とか、「年に数回見ます」といった返答をされる場合がほとんどです。

数年前にせよ、年に数回にせよ、頻度がずいぶんと少ないですよね。意地の悪い言い方かもしれませんが、本当に霊感があるのなら、スピリットの姿は毎日のように見え、声も毎日のように聴こえるはずです。

つまり、スピリットを毎日見たり、毎日聞こえるのでなければ、「たまたま霊界と波長があっただけ」ということになります。つまり「霊感がある」とは言えません。

むしろ、霊感がないのに、スピリットを見たり聞いたりしていることに問題があります。
どうして問題なのかを説明します。

人や動物、石や金属など、全てのものが振動しています。これを波長といいます(詳しくは、「波長にもっと気を配ろう」をお読みください)。

そして人には人特有の波長帯域、つまり振動数の上限と下限があります。この波長帯域を超えてしまった時、つまり「逸脱した時」にスピリットを見たり、聞いたりするのです。

では、波長帯域の逸脱は何と関係があるのでしょうか。それは「衰弱」と「思考」です。

病気が進行し、もうだめかもしれないと思っている家族が、ベッドの上であらぬ方向を見てしきりに意思表示していたり、すでに他界した両親がお迎えに来た、と言うのを聞いたことがあるかもしれません。これは、生命エネルギーが極端に衰弱したことによって、人の波長帯域を逸脱し、スピリットを見ることができるようになった証拠です。

波長帯域を逸脱するもうひとつの理由「思考」は、日頃何を考えているかです。具体的にはネガティブな思考です。
たとえば
・昔の出来事にとらわれて後悔している
・現在起きている問題に良い対処できず袋小路に入り込んでいる
・物事を前向きにとらえることができず、うっせきした気持ちでいる
といった感じです。

こういった状態を長く続けていると、やはり波長帯域が逸脱し、スピリットを見るようになります。

「私には霊感がある」と、言う人があなたの周りにいませんか。
もしそういう人がいたら、その人の性格を思い出してみてください。決して明るくて前向きな人ではないはずです。簡単に言うと暗く後ろ向きな印象を与える人ではないでしょうか。

スピリットが見える、スピリットの声が聞こえるという人は、自分の日頃の思考内容をしっかりと見つめ直す必要があります。

もう一度話しがしたい大切な方がいらっしゃいますか?
ミディアムシップで、他界した方とお話をすることができます。
詳しくはホームページをご覧ください。

こちらの記事もよく読まれています
波長にもっと気を配ろう

格付け

ハナミズキ

人を自分より上か、それとも下かの格付けをするクセがついているとしたら、それは無意味なことです。

世の中には横柄(おうへい)なものの言い方や態度をとる人がいます。
たとえば、
・店員さんに上から目線で話す人
・出入りの業者さんにぶっきらぼうな人
・コールセンターに苦情を言い続ける人

では、そういった人は誰に対してもそうしているのでしょうか?

もちろんそうではありません。
上司や地位の高い人には、ちゃんとした言葉使い、いやむしろ丁寧で、嫌味は絶対に言いません。

では、彼らの思考にはどういったメカニズムが働いているのでしょうか?

それは、相手を見た瞬間に「自分より下か」「自分より上か」の格付け機能をフル回転させて、「自分より下」と判断したら、横柄に話して優越感を味わっているのです。

しかし、
店員さんがうやうやしく接してくれるのは、商品を買ってほしいから
業者さんが腰が低いのはあなたに対してではなく、あなたを雇っている会社への敬意
コールセンターが謝り続けるのは、早く電話を切ってほしいからです
勘違いもはなはだしいですね。

こういった人は、職業や服装、外見を格付けの基準にしていますが、格付けの基準を霊格にしたら、いったいどういうことがおこるのでしょうか?

自分より下だと思っている相手が、本当は自分よりもはるかに上、ということも十分にあり得ます。

ああ、少し誤解を招きかねない表現をしてしまいました。
実は霊格が上か、下かを論ずることには意味がないのです。

地球に生きる人は例外なく全員が、霊格の向上を願ってこの世に生まれてきました。

霊格を階段のようなものだとすると、霊格が下の人は、自分が過去生で歩んできた道のりです。だから、霊格の下の人を見下すことは過去の自分をあざ笑うのと同じこと。
霊格が上の人はこれから自分が行こうとしている、少し先を歩いている人です。だから、霊格が上の人をうらやんだとしても、いずれ自分もそうなれるのです。

どうでしょうか。
人を自分より上か下かを判断することが、本当に意味がなく、バカらしいことだと思っていただけましたでしょうか。

格付けにこだわるのは、猿山のお猿さんがやることであって、人がやることではないのです。

マウントをとられて悔しい思いをする相手がいますか?
スピリチュアルカウンセリングで、その人とあなたとの関係、そして対処法を尋ねてみてはいかがでしょうか。
詳しくはホームページをご覧ください。

ヘブンリー・カフェ 6月開催のお知らせ

カレスティア渋谷サロン

6月5日(日)にカレスティアの渋谷サロンで瞑想と、リラックスしたトーク交流会を行います。
ヘブンリー・カフェに参加するのがはじめてという方、カレスティアのスピリチュアルカウンセリングやミディアムシップをまだ受けたことがないという方も、もちろん歓迎です。

トークの話題としては、
・スピリチュアリズムに関すること
・魂の浄化について
・スピリットの世界

など、私、村田哲郎からの話はもちろん、参加していただいたみな様が体験した出来事や、カレスティアのブログを読んで疑問に思ったことなどを質問していただき、みな様の考えをうかがったり、村田はどのように考えるかなどを自由な感じでトーク交流したいと思います。ご希望の方は下記のフォームメールからお申し込みください。

日付 6月5日(日)
時間 午前の部 10:00開始 11:30終了 定員になりました
   午後の部 13:30開始 15:00終了 定員になりました
場所 カレスティア 渋谷サロン ご予約の方に詳しい行き方地図をお送りします
費用 3,000円
募集人数 午前の部、午後の部ともに各5名 

ヘブンリー・カフェは4月、6月、8月、10月、12月に開催しています。