月別アーカイブ: 2015年1月

「オーラ」って何?

おはようございます。

昨日は雪が降りましたね。
私が住んでいる町では、昨年は雪が降りませんでしたので、この冬初めての雪になりました。

午後からは雨が降ったので、今は日陰にしか、雪が残っていません。
暖かくなりそうなので、ほとんど溶けてしまうでしょう。

オーラって何?・雪

今日からは新しい話題、「オーラ」について書いていこうと思います。

みなさん、オーラという言葉を聞いたことがありますか?
芸能人を街角で見かけて「やっぱり芸能人のオーラはすごい。普通の人とは違う」とか、
エネルギッシュに活躍している人に「いいオーラしてるね」とか、
「なんだか彼、今日はどんよりしたオーラを出している」
というように、日常会話に「オーラ」という言葉が出てきませんか?

では、オーラって、なんでしょう?

体からにじみ出てくるもの?
肉体の上に覆っている何か?
光輪のようなもの?

私は
「オーラとは人の肉体といくつかの意識体であり、エネルギーそのもの。」
と考えています。

詳しくは次回以降のブログで、説明させていただきたいと思っています。

さて、オーラの語源と言われているものにはいくつかあります。
その一つがサンスクリット語の「ar」で、「車輪のスポーク」という意味があり、身体からスポークのように四方八方に飛び出しているものというものです。

もう一つが、古代ギリシャ語の「アヴラ」を元にしているという説。
アヴラは「呼吸」や「そよ風」の意味で、人が生きる上で、呼吸は必要不可欠であり、命を吹き込み必要不可欠なエネルギー、というものです。

次回は、「オーラのエネルギーとは何か」について、書こうと思います。

他界したあの人と再会できます。カレスティアのホームページミディアムシップをご覧ください。

「祈り」主の祈り

おはようございます。

昨日は、とても温かな一日でしたね。
寒い日が続いていましたので、久々にほっとしました。

今日の写真は、自作のラテアートです。
カフェラテをつくるときに、エスプレッソにピッチャーを振りながらミルクを注いで、絵を描いています。ピックや棒は使いません。フリーポアといわれる方法です。
これは、ロゼッタという絵柄。
簡単そうですが、これができるようになるまで、結構苦労しました。笑

主の祈り・ラテアート

前々回のブログ、「祈り」時間をかけた本格的な祈りで、「主(または創造主、宇宙の真理、神)への賛美や礼賛、お礼をします。」と書かせていただきましたが、今日は、私はどのような賛美をしているかをご紹介したいと思います。

私は「主の祈り」をしています。
とても有名ですね。

「天にまします我らの父よ。
願わくは御名(みな)を聖となさしめまえ。
御国(みくに)を来たらしめたまえ。
御心(みこころ)を天におけるごとく、地にもおこなわしめたまえ。
・・・」

というものです。

この後には、
「我らの日用の糧(かて)を、今日も与えたまえ。
我らに罪をおかす者を、我らがゆるすごとく、我らの罪をもゆるしたまえ。
我らをこころみにあわせず、悪より救いいだしたまえ。
国とちからと栄えとは、限りなくなんじのものなればなり。」

というのが続くのですが、私の場合、この後半部分は言いません。

というのは、私の師匠である山本貞彰氏が、「後半部分はのちの教会関係者がつけ加えたもので、イエス様が祈っていた祈りにはありませんでした。」と、おっしゃっていたからです。
・・・山本氏はジェラルディング・カミンズさんが自動書記した「イエスの少年時代」の翻訳者です。

確かに後半部分は急に世俗的になったり、しょく罪を求めるものだったり、前半と様子が変わっている気がします。

これはあくまでも私の場合ですので、伝統的に最後まで祈るのも、もちろん良いです。
・・・伝統的「主の祈り」を批判するものではありません。気分を害された方がいらっしゃったら、ごめんなさい。

他の礼賛、たとえば「アッシジの祈り」やご自身で考えたオリジナルなものでもいいでしょう。
祈りの中に、礼賛(賛美、お礼)をとり入れてみてください。

文末
☆☆☆☆☆☆☆☆
よろしかったら、フェイスブックの「いいね!」や「シェア」をクリックしてください。

疲れた心を癒します。スピリットヒーリングやってます。カレスティアのホームページをご覧ください。

follow us in feedly

「祈り」瞑想の前に

おはようございます。
寒い日が続いていますね。

外は寒いので、楽しみを家の中にみつけることが多くなります。

我が家には薪ストーブがあって、毎日、大活躍しています。
独特のやわらかい暖かさに癒されますが、なによりも火が揺らめいているのを眺めるのはいいものです。
気がつくとずうっと、見ていたりして。笑

祈りと瞑想

今日ご紹介するのは、瞑想をする前にスピリットガイド(指導霊)に「今から◯◯をします」と伝えてから、はじめましょうという内容です。
ですから、祈りというよりは、進行の次第に近いものかもしれません。

なぜ、瞑想の前に次第(あまりいい表現ではないですね)を伝えるのかというと、スピリットガイドに近くにいていただき、瞑想や祈りが障害なくできるよう、見守っていて欲しいという願いを込めています。
それと、瞑想というのはある意味、霊界とも関わることですので、それを一言もなく始めるのは、失礼かな、という気持ちもあってしています。

では、どのように行うのか、私の例をあげてご紹介します。

私が毎朝、行っている瞑想は
・チャクラの瞑想
・インターチャクラの瞑想(これはまだご紹介していません)
・ロウソクを使った瞑想
です。これらに続けて、
・スピリットガイドとの対話
・主への祈り
・スピリットガイドの祈り
・他界した父母への祈り
を行っています。

では、実際の祈りはこのようにして行います。
呼吸を整えて、気持ちを落ち着け、邪念を払います。

・・・邪念の払い方はまた別の機会でお伝えしたいと思います。

そして次のように祈ります。
「スピリットガイド(指導霊)様、ただいまからチャクラの瞑想、インターチャクラの瞑想、ロウソクを使って思考を下げる瞑想をさせていただきます。
そのあと、◯◯の方法によって、スピリットガイド様と会わせてください。◯◯と◯◯についてお話しをさせてください。スピリットガイド様とお別れをして、主への祈り、スピリットガイド様への祈り、父母への祈りをさせていただきます。」
という感じです。

私は夜にも瞑想をしているので、同じ要領で、瞑想を始める前に祈っています。

☆☆☆☆☆☆☆☆
よろしかったら、フェイスブックの「いいね!」か「シェア」をクリックてくださいね。

他界した肉親、知人との再会が実現します。カレスティアのホームページミディアムシップをご覧ください。

follow us in feedly

「祈り」一日の締めくくり

おはようございます。

昨日は久々に雨が降りました。
それもどっさり。笑

水溜りには薄氷が張っています。
空気が潤って、過乾燥が良くなるといいですね。

祈り・水たまり

今日ご紹介するのは、朝に行う(必ずしも朝でなくてもいいのですが)本格的な祈りと対になる祈りです。

内容としては、本格的な祈りに、今日一日を振り返っての反省を加えます。

では、具体的にご紹介します。
時間は夜、寝る直前がいいでしょう。
場所は自分のサンクチュアリ、または寝室。
他に人がいない、一人の状態で。

まず「主よ」(創造主、宇宙の真理、神など)と呼びかけ、賛美や礼賛をします。
自分以外の人たちに対する祈り
自分の霊的成長や心の平安などの祈り
自分の比較的長い期間での目標や願い

そして、朝に祈った、今日会う人や行動の祈りに対して、自分が正しい意念や行動を行えたかを振り返ります。
行えたのなら主(創造主、宇宙の真理、神など)に感謝します。
行えなかったのなら、反省し、次に同じようなことがあるときはできるように祈ります。

ここまでを1サイクルとします。
そしてこれを同様にスピリットガイド(指導霊)と他界した肉親に対して祈ります。

一日の締めくくりを祈りで終えるのを習慣にしていただけるとうれしいです。
それに、寝る前に祈ると気持ちよく深く眠れ、朝の目覚めも良いですよ。
ぜひ、やってみてください。

☆☆☆☆☆☆☆☆
よろしかったら、フェイスブックの「いいね!」か「シェア」をポチッとしてください。

疲れた心を癒します。スピリットヒーリングやってます。

follow us in feedly

「祈り」時間をかけた本格的な祈り

おはようございます。

寒い日が続いていますね。
家の周りを探してみたのですが、さすがに冬。写真に撮れそうなものが、見つかりませんでした。
それで今日の写真は、我が家の羊さんです。

本格的な祈り・羊さん

足がソリになっていて、小さな子供が乗って遊べるようになっています。
なかなかにりりしい、ハンサムくんでしょ?

さあ今日は、いよいよ時間をかけた本格的な「祈り」をご紹介します。

まず、いつ祈るかですが、基本的に時刻はいつでも良いです。
でも、一番お勧めなのは「朝」です。

朝は一日のスタートですから、「今日一日を◯◯のように過ごせますように」と、祈るのはとても意味のあることです。そして、祈ることによって、自分に「◯◯のように過ごそう」という確認作業にもなります。

祈る場所は一人きりになれる所。
以前このブログで紹介しました、自分にとってのサンクチュアリがいいでしょう。
・・・詳しくは「「チャクラの瞑想」どこでしたらよい?を参照してください。

立って祈っても良いですが、座った方が落ち着けると思います。

そして、日の出の方向(東)を向きます。
・・・こちらも詳しくは「「チャクラの瞑想」日の出の方向を向く理由を参照してください。

目を閉じます。

そして、この祈りを誰に対して行うのかをまず言います。
たとえば、「主よ・・」
もちろん、この「主よ」は創造主や宇宙の真理、神、などご自身の信仰や考えに基づいて、適宜変えていただいて結構です。

そして、祈りの本文ですが、
最初に祈りの対象(私の場合は主)への賛美や礼賛、お礼をします。
私の場合は、「主の祈り」をしています。

次に自分以外の人たちに対する願いを祈ります。
たとえば、家族や友人・知人、社会などの心の平安や健康などです。

最後に、自分の霊的成長や心の平安などを祈ります。
自分については、5〜10年といった比較的長い期間での目標や願いを祈ります。
そして、今日について祈ります。
特に誰かと会ったり、何かをする予定があったら、それについて祈ると良いでしょう。
例えば、「◯◯様と打ち合わせがあります。相手を尊重し、正しい意念でお話ができますように。」
といった感じです。

ここまでが1サイクルです。

つぎに、祈りの対象を「スピリットガイド(指導霊)」にします。
スピリットガイドの平安を祈り
自分以外の人や社会に対する祈り
そして自分について、長い期間と今日についての祈りを行います。

これができたら、次に祈りの対象を他界した父母といった肉親にして、同じように祈ります。

お気づきとは思いますが、私のこの祈り方は、結構時間がかかります。笑
忙しい方は、少々荒っぽくなりますが、祈りの対象を最初に全員にしてしまい、たとえば「主、スピリットガイド(指導霊)様、お父さん、お母さん・・・・」としてしまっても良いかもしれません。

重要なことを一つ。
それは、祈りの内容に「自己愛」と「世間愛」を排除すること。
自分が有利になるための祈り、または自分のエゴを満たすための祈りをしてはいけません。
たとえ祈ったところで、主もスピリットガイドもそんな願いはきいてくれませんが。笑

☆☆☆☆☆☆☆☆
よろしかったら、フェイスブックの「いいね!」か「シェア」をポチッとしてください。
スピリチュアルカウンセリングのご相談はこちらから

follow us in feedly