月別アーカイブ: 2021年4月

お供え物のその後

ドウダンツツジ

ドウダンツツジ

お客様から、「ブログで、お供え物をするとそれが霊界に届くと書いてありましたが、届いたお花はその後どうなるのでしょうか。いつかは枯れてしまうのでしょうか。それともずっと咲き続けるのでしょうか。」という質問を受けました。

お供えをすると供えたものが、霊界に届くというのは、スピリットから何度も聞いたことがありますが、供えたものがその後どうなるのかまで、私自身が関心を持っていませんでしたし、知りませんでした。それでさっそく、お客様の指導霊と私の指導霊に尋ねてみました。興味深い話もありましたので、このブログでご紹介します。

まずお供えですが、大切なのは、特定の誰かを思い浮かべて、その人に差し上げるという気持ちをもつことが大切です。相手のことを思い浮かべずに、ルーチンとして、お仏壇にお茶を置いただけではスピリットに届きません。

また、置くのは1つのお茶だとしても「お父さんどうぞ、おばあさんどうぞ」と心に思い浮かべると、他界したお父さんとおばあさんの元に同じお茶が届くのだそうです。霊界って、物理じゃないんですね。
それと、熱いお茶は熱く、ぬるいお茶はぬるく届くのだそうです。

お茶が届いたら、スピリットはお茶を飲みこそしませんが、香りを楽しんだり、潤いを感じながらお茶を楽しむのだそうです。そうすると、私たちがお茶を飲んだ時と同じように、お茶がなくなり、湯呑みだけになるのだそうです。これは、お菓子や果物などの食品も全く同じだそうです。

では、お花はどうでしょうか。

お花も供えたものと全く同じお花が霊界に届きます。

そしてスピリットは、花の匂いを嗅いだり、私たちと同じように部屋に飾って、見て楽しむのだそうです。食べ物と違う点は、匂いを嗅いでも、見て楽しんでもお花は消えないことです。しばらくの間は、スピリットの部屋で美しく咲いているのだそうです。しかし、それは永遠ではありません。少しずつ茶色くなって、しおれてくるのだそうです。

どういう時にしおれてくるかというと、供えた現世界の人が、その花への関心を失ったり、他のお供えに気を取られたりすると、しおれていくのだそうです。

「もし仮に現世界の人がずっと供えた花のことを思い続けていたら、いつまでも霊界の花はしおれないのですか。」と質問をしたところ、それはさすがにないのだそうです。ある程度の限界があって、やがていつかはしおれてしまうのだそうです。

そして、しおれた花はどうなるかというと、ある日突然、ふっと、無くなってしまうのだそうです。

スピリットが特別な感情を持って、花を拒絶する時以外は、しおれた花をみずから処分することはないのだそうです。

霊界へのプレゼントは私たちの想念で成り立っているのですね。

もう一度話しがしたい大切な方がいらっしゃいますか?
ミディアムシップで、他界した方とお話をすることができます。
詳しくはホームページをご覧ください。

こちらの記事もよく読まれています
お供え