自殺した霊はどこへ行くのか

自殺した霊はどこへ行くのか

今年も黄色いバラ「伊豆の踊子」が咲きました

自殺した霊は、他界後、残念ながら霊界に行くことはできません。
自殺をした霊は、大変乱れた波動をしていて、その波動が霊界と相いれないからです。
仮に霊界に行ったとしても、その波動がゆえに、周囲の霊に迷惑と苦痛を与えてしまいます。

では、どこに行くのでしょうか?
それは、「中間世」という現世界と霊界の間にあるイレギュラーな世界に行きます。

そこは光が全くない暗黒の世界で、非常に寒いところです。
他の霊もまわりにいなく、ただひたすら孤独な世界です。
ここに行った霊はある範囲から自由に動き回ることができません。地域に縛られる、いわゆる地縛の状態になります。

自殺した霊はこのような過酷な世界に行き、何をするのでしょうか?
続きは、自殺した霊は中間世で何をするのかをご覧ください。

たとえどんな窮地に立たされていても、必ず解決策はあります。スピリチュアルカウンセリング にて、ご自身の指導霊からのアドバイスに耳を傾けてみませんか。
詳しくはホームページをご覧ください。
ホームページ


お読みの記事は7回にわたる連載記事です。
最初の記事は「自殺はなぜおきるのか」
第2回「自殺した霊はどこへ行くのか」
第3回「自殺した霊は中間世で何をするのか」
第4回「自殺した霊に家族や友人がしてあげられること」
第5回「自殺をしないために、させないために その1」
第6回「自殺をしないために、させないために その2」
第7回「自殺をしても愛する人と会うことはできない」

コメントを残す