カテゴリー別アーカイブ: 土地・住まい

念は残る

念は時間とともに少なくなったり、自然に消えてしまったりはしない。特別なことをしない限り、長期間にわたって残るものだということについて書きます。

まずは「念」とは何かについて、説明します。

念とは簡単にいうと、思考エネルギーのことです。何かを考えたり、思ったりする、これが念です。スピリチュアリズムでは「意念」といいますが、あまり一般的な言葉ではありませんので、ここではみなさんにもなじみのある「念」という言葉を使うことにします。

とりわけ、強く思ったり、繰り返し考え続けたりするとそのエネルギー量は大きくなります。そして、念のエネルギーは建物や地面に付着して、そこに長期にわたってとどまります。

たとえば、霊能者が交通事故のあった現場に行って、「ここではこんな事故がありました」と話しているのをテレビで見たことがありませんか?

これは事故現場に残っている被害者の驚きや痛み、恐怖といった念を霊能者が読み取っているのです。よく考えて欲しいのですが、事故現場にスピリットがいて、そのスピリットとコンタクトをとっているなんてあり得ないのです。みなさんだって、「いつか霊能者が来るかもしれないので、ここに数ヶ月待っててください」と言われたって、嫌でしょ?スピリットだって同じです。そして、そんなに暇ではありません。

念に関するエピソードとして、こんなことがありました。
私はイギリスのティンタジェル城に友人の霊能者と一緒に訪れたことがあります。この城はイギリスの伝説的英雄アーサー王が住んでいたといわれています。

この城で瞑想をし、残存している念を友人と一緒に読み取ってみました。すると、ここに住んでいた王はやさしいが、とてもおくびょうで、大陸から軍隊が船で攻めてくるのではないかと不安で、しょっちゅう海を眺めていました。勇ましいアーサー王とは程遠い別の人物でした。この城の王は今から約1500年前に住んでいたと言われていますので、念がとても長く残るということがおわかりいただける思います。

念は悲惨な出来事や伝説的人物だけのものではありません。この世のすべての人たちに存在しています。

残存している念に注意すべき代表格は、マンション、アパートといった賃貸物件や中古住宅です。

前の住人が変死をした事故物件が嫌がられるのは、なんとなく気持ち悪いからだけではありません。事故後に住んだ住人が居心地の悪さを感じたり、いたたまれなくなってすぐに退去してしまうことから「やっぱり事故物件は…」となり、敬遠されるのです。

もちろんこういった好ましくない念は、事故物件だけではありません。アル中、いつも怒っている、悩みがある、気持ちが不安定といった前の住人の念も残っています。

では、建物に残った念に対して打つ手はないのかというと、そうではありません。前の住人の念を消して、クリアな状態にすることができます。ただこの方法には、どのケースにもあてはまる普遍的なものはなく、建物、前の住人が残した念、新しく住む人の組み合わせでアレンジする必要があります。

スピリチュアルカウンセリングで、建物についた念の適正な消去のしたかをお教えすることができます。荷物や家具を入れる前にクリアな状態にしてみませんか。

ラップ音がたびたび聞こえたら注意が必要

ラップ音って、ご存知でしょうか。
誰かが鳴らしているわけではないのに「パチッ」とか「バキッ」という音が部屋の中に響く、あの音のことです。

部屋の中で人為的ではない、こういった音がするという現象は昔からありました。

しかし、スピリチュアリズムの黎明期に、アメリカのハイズビル村に住む幼い姉妹が、部屋の中で鳴る音に意思があることを発見し、音の回数によって対話ができるようになりました。そして、音の発生源は昔この家に住んでいた故人(スピリット)であると名乗りました。このことが新聞記事にも乗り、世間の注目を集めました。

この姉妹の家でなっていた音が、木でなにかを叩くような「コツコツ」という音でしたので、当時の新聞はthe rap(たたく音)と命名しました。これが「ラップ音」の由来です。
ちなみに、日本ではラップ音を「叩音(こうおん)」、つまり「たたく音」と訳しています。

ここで注意して欲しいのは、部屋で鳴っている音の全てが霊的現象ではないということです。今、鳴っている音が霊的現象なのか、ただのきしみ音なのかを見極める方法は私の以前の記事「ラップの見分け方」をご覧ください。

さて、鳴っている音が霊的現象だと分かった場合は、ぜひともそのスピリットとコンタクトを取ってみてください。今まで体験をしたこともなかったような驚きと発見があるかもしれません。

しかしラップ音には、安易に喜んでばかりもいられない側面もあります。

というのは、ラップ音はスピリットが何かを叩いて音を出しているのではないのです。部屋の中に複数の人がいても、ある人にはラップ音が聞こえますが、他の人には聞こえないのです。そうつまり、ラップ音は特定の人にしか聞こえないのです。

ではどういった人がラップ音が聞こえるのでしょうか。それは「人のもつ特有の波長帯域からずれている人」なのです。

人にはここから、ここまでというように、人特有の波長の幅があります。しかし、感情や頭の中で考えていることが原因で、その波長帯域を飛び出してしまうことがあります。しかも、高い方(高尚)に出ることはほとんどなく、多くの場合は低い方に出てしまうのです。

たまたまラップ音が聞こえたくらいなら、そう心配することはないのですが、頻繁にラップ音が聞こえるようでしたら、自分の思考や感情にぜひ着目してください。悩み事や心配事があったり、ものごとを明るく考えられなかったり、後悔してはいないでしょうか。

こういった種類の思考は波長を低くしてしまいます。
また、後ろ向きな思考は、自分の魂を傷つけ、健康にも悪い影響を与えてしまいます。

ラップ音がたびたび聞こえるようでしたら、要注意。最近の感情と思考を確認してみてください。

家の中でしょっちゅう音がする。でも、怖くて確かめることができない。そんなときは、スピリチュアルカウンセリングで、それがラップ音なのかそれとも違うのか、ラップ音だとしたらスピリットが伝えたかった内容を尋ねることができます。
詳しくはホームページをご覧ください。

こちらの記事もよく読まれています
ラップの見分け方
魂は本当にあるのか

風水アイテム

スモークツリー

梅雨の晴れ間に爽やかな青空が見えました

「職場や家の中の雰囲気がどうも良くありません。風水や水晶など、何か置いた方が良いのでしょうか」という相談を受けることがあります。

結論を先に申し上げますと、もし、職場や家の中が悪く感じる原因が、土地の持つエネルギーによるものだとしたら、たとえどんな風水アイテムを置いたとしても、期待できるような効果はほとんどありません。

風水というのは本来、国の覇権者が都をどこに定めようかと決めるときに、土地の持つエネルギーを見極めるために用いられたものであり、為政者とともに発達した学問です。都として満点といえる土地は滅多にありませんので、なるべく条件の良い土地を探し、その欠点を補うために、河川の位置を変えたり、エネルギーの拠点となる霊場などを設けて方位除けにしたのが、風水アイテムのはじまりです。

ですから風水は職場とか、家の中というような小さな空間で力を発揮するものではありません。巷(ちまた)にはあらゆる風水グッズが売られていますが、これらのアイテムで幸せになれるのは、売っている人だけです。

では風水ではなく、水晶や魔除け、お札などはどうでしょうか。

これも土地の持つネルギーが原因の場合、ほぼ効果はありません。
しかし、雰囲気がしっくりこない原因がスピリットにある場合は要注意です。

私たちが住む現世界と霊界は、物理的には一部を共有しあっています。ただ次元が違うため、お互いが認識しておらず、お互いにないものとみなしているだけなのです。これは、ラジオのチューニングがずれていることで「何も聞こえない=何もない」と思っているのと同じです。

私たちの職場や住まいの一部が、スピリットの通り道になっていることはよくあります。
この霊の通り道に水晶や魔除け、お札を置いたらどうなるでしょうか。

スピリットからすると「今まで通れた道が、なぜか急に不通になっている」という状況になります。そしてスピリットたちはやむを得ず、迂回をすることになります。その迂回先が、リビングや寝室になってしまうかもしれません。今まで、職場や家の一部の雰囲気がしっくりこなかったのに、今度は家全体がしっくりこなくなってしまうのです。これは要注意です。

土地の持つエネルギーが原因で、本人や家族の不調和が生じるのでしたら、抜本的な解決策は引っ越すしかありません。職場でしたら、異動願いを出すか転職するしかありません。

家や職場の一部が霊の通り道になっているのでしたら、どこからどこまでが霊の通り道なのかを正確に判断することが大切です。そして、霊の通り道にはイスやソファー、ベッドなどを置かず、長居しないようにする工夫しましょう。たったこれだけで、問題はほぼ解決できます。

もし、不調和の原因が、そこにいる人々の考え方(意念)を原因としているのなら、ハーブや水晶を置いたり、エッセンシャルオイルスプレーを噴霧したり、浄化の祈りをすることで快方に向かうことができます(下記にリンクを貼りましたのでご覧ください)。

「職場や家の雰囲気が良くない」そう感じた時は、原因を正しく知ることが大切です。むやみやたらにアイテムに置くと、思わぬ結果を招くことにもなりかねません。注意が必要です。

「子供が夜遊びをして困る」
もしかしたら、子供にとって家の波長が合わない→家にいたくないという可能性もあります。
スピリチュアルカウンセリングで、ご自身の指導霊に原因と対策を尋ねてみてはいかがでしょうか。詳しくはホームページをご覧ください。

こちらの記事もよく読まれています
家選びで気をつけること
部屋の浄化
香りと浄化