カテゴリー別アーカイブ: 土地・住まい

風水アイテム

スモークツリー

梅雨の晴れ間に爽やかな青空が見えました

「職場や家の中の雰囲気がどうも良くありません。風水や水晶など、何か置いた方が良いのでしょうか」という相談を受けることがあります。

結論を先に申し上げますと、もし、職場や家の中が悪く感じる原因が、土地の持つエネルギーによるものだとしたら、たとえどんな風水アイテムを置いたとしても、期待できるような効果はほとんどありません。

風水というのは本来、国の覇権者が都をどこに定めようかと決めるときに、土地の持つエネルギーを見極めるために用いられたものであり、為政者とともに発達した学問です。都として満点といえる土地は滅多にありませんので、なるべく条件の良い土地を探し、その欠点を補うために、河川の位置を変えたり、エネルギーの拠点となる霊場などを設けて方位除けにしたのが、風水アイテムのはじまりです。

ですから風水は職場とか、家の中というような小さな空間で力を発揮するものではありません。巷(ちまた)にはあらゆる風水グッズが売られていますが、これらのアイテムで幸せになれるのは、売っている人だけです。

では風水ではなく、水晶や魔除け、お札などはどうでしょうか。

これも土地の持つネルギーが原因の場合、ほぼ効果はありません。
しかし、雰囲気がしっくりこない原因がスピリットにある場合は要注意です。

私たちが住む現世界と霊界は、物理的には一部を共有しあっています。ただ次元が違うため、お互いが認識しておらず、お互いにないものとみなしているだけなのです。これは、ラジオのチューニングがずれていることで「何も聞こえない=何もない」と思っているのと同じです。

私たちの職場や住まいの一部が、スピリットの通り道になっていることはよくあります。
この霊の通り道に水晶や魔除け、お札を置いたらどうなるでしょうか。

スピリットからすると「今まで通れた道が、なぜか急に不通になっている」という状況になります。そしてスピリットたちはやむを得ず、迂回をすることになります。その迂回先が、リビングや寝室になってしまうかもしれません。今まで、職場や家の一部の雰囲気がしっくりこなかったのに、今度は家全体がしっくりこなくなってしまうのです。これは要注意です。

土地の持つエネルギーが原因で、本人や家族の不調和が生じるのでしたら、抜本的な解決策は引っ越すしかありません。職場でしたら、異動願いを出すか転職するしかありません。

家や職場の一部が霊の通り道になっているのでしたら、どこからどこまでが霊の通り道なのかを正確に判断することが大切です。そして、霊の通り道にはイスやソファー、ベッドなどを置かず、長居しないようにする工夫しましょう。たったこれだけで、問題はほぼ解決できます。

もし、不調和の原因が、そこにいる人々の考え方(意念)を原因としているのなら、ハーブや水晶を置いたり、エッセンシャルオイルスプレーを噴霧したり、浄化の祈りをすることで快方に向かうことができます(下記にリンクを貼りましたのでご覧ください)。

「職場や家の雰囲気が良くない」そう感じた時は、原因を正しく知ることが大切です。むやみやたらにアイテムに置くと、思わぬ結果を招くことにもなりかねません。注意が必要です。

「子供が夜遊びをして困る」
もしかしたら、子供にとって家の波長が合わない→家にいたくないという可能性もあります。
スピリチュアルカウンセリングで、ご自身の指導霊に原因と対策を尋ねてみてはいかがでしょうか。詳しくはホームページをご覧ください。

こちらの記事もよく読まれています
家選びで気をつけること
部屋の浄化
香りと浄化

お祀(まつ)りをすると低級霊がつく

「もう誰も住まなくなった実家をとり壊して、土地を売りたいと思っています。しかし、敷地にお稲荷様がまつってあって、どうしたらよいのか困っています。」という相談を受けることがあります。

もちろん、指導霊からは、その家の事情にそった具体的で、的確なアドバイスがもらえます。

しかし、たくさんの相談を通して私が持つ印象は「まつってあるものを壊すのは一筋縄ではいかないな」というものです。

なぜかというと「神主や僧侶などを招いて、魂抜きをしてもらえば良い」というような簡単なことではないからです。

お稲荷様などを壊すときに一番厄介なのは、まつっている対象ではなく、そこにいる低級霊なのです。低級霊に納得してもらい、敬意をもって立ち去ってもらうことが大切で、それを怠ると、低級霊が嫌がらせをしてくるのです。

それにしてもなぜ、お稲荷様やお宮に低級霊がいるのでしょうか。

それは、お供えをしたり、手を合わせて祈ることが、あがめられたい、うやまわれたいといった気持ちを抱いている低級霊を呼び寄せてしまうからなのです。

人はあくまでもお稲荷様に手を合わせているのですが、そういった家人の前に偉そうにふんぞりかえって、満悦な表情をしている低級霊の姿を見たことがあります。

低級霊というと、なんとも恐ろしそうに聞こえてしまうかもしれませんが、実はただのスピリットでしかありません。呪ったり、末代までたたるような凄まじいパワーがあるわけではありません。しかし、世俗の欲にまみれたスピリットではありますので、くだらない嫌がらせをするのも事実です。

すでにまつられてしまっているものを取り壊すときには、用心を重ねて、まつっている対象とそこにいるであろう低級霊にも配慮して慎重に行うべきです。

もし、これからお宮や神棚など、崇拝の対象となるものを設置しようとしているのだったら、決して安易な気持ちではなく、子や孫たちにも負担をかけることがなかいかを熟考した上で、まつるべきでしょう。

土地の造成や新築、取り壊しで気になることがありますか?
そういったときは、スピリチュアルカウンセリング にて、お客様の指導霊からのアドバイスを聞いてみてはいかがでしょうか。
詳しくはホームページをご覧ください。

こちらの記事もよく読まれています
家選びで気をつけること

繁盛する店

今日は繁盛するお店には、スピリットや土地の持つ力が影響を与えている、ということについて書きます。

お酒が飲める方にとって、会社帰りに居酒屋に立ち寄るのは一つの楽しみですよね。
駅周辺や繁華街にはたくさんの居酒屋があります。その中でも、何十年と続く老舗の居酒屋は、どの街にもあって、いつもたくさんのお客様で賑わっています。

さて、そういった老舗居酒屋を冷静な視点で観察してみたことはありますか。
何か特別なメニューとか、ここでしか飲めないお酒って置いてあったでしょうか。

もちろんおいしいおつまみはあります。しかし「このお店ならではですか?」ときかれると案外そうでもないはずです。他のお店でも出していたりします。
お酒も同様です。今時ここでしか飲めないお酒といったら、地酒ぐらいでしょう。しかし、そういったお酒はどうしても高額になりがちです。そのため、老舗の居酒屋にはむしろ置いていなくて、どこでも飲める、ごく普通のお酒を出していたりします。

それでは、他のお店との違いは一体どこにあるのでしょうか。
長い年月がかもしだす趣(おもむき)のある雰囲気であったり、庶民的な肩の張らない親しみやすさかもしれません。
しかしそれだけで、お客様を何十年も魅了し続けることができるでしょうか。

実は繁盛している店は、お店の中、つまり客席が霊界の通り道になっていることがとても多いのです。

私のようなミディアムから見ると、繁盛している老舗居酒屋には、人に混じって、スピリットが、しごく当たり前の顔をして椅子に座り楽しんでいる様子やまるで常連のように、静かに座っている姿をよく見かけるのです。

もちろんスピリットはお酒を飲むことはしませんし、つまみを食べることもできません。
居酒屋の雰囲気を楽しんでいるのです。きっと生前はお酒が好きなスピリットだったのでしょう。

これはいったいどういうことかというと、実はスピリットの流れと人の流れはほぼ一致しているということなのです。つまり、霊が多く通るところは、人も多く訪れるということ。これが商売繁盛へと結びつくのです。

特に客単価が低く、高い回転率が要求される商売の場合は、霊の通り道が店舗内にあることがベストです。もしそういった店舗に入居できれば、商売繁盛が確約されたも同然です。

しかし、客単価が高く、回転率をあまり気にしなくても良い商品を扱っている場合は、むしろ霊の通り道にはお店を出さない方が賢明です。

もしそのようなところにお店を出すと、たくさんのお客様が訪れてはくれるのですが、売り上げには結びつかず、冷やかしの客ばかりになってしまいます。そういった感じの客が店内にあふれていると、じっくりと商品を選びたいと思っている本来のターゲット客を逃してしまうことになります。これは要注意です。

また土地の持つ力も商売と密接な関係があります。

骨董品や芸術品を扱っていて、長年にわたって営業を続けているお店ってありますよね。
でもそういうお店に限って、通りから眺めても、客が入っているところをほとんど見かけることがありません。一体どうやって商売しているんだろうと不思議に思います。

実は極端に客単価が高い商品の場合、お客様の足があまり向かないところの方が良いのです。
具体的には、土地の持つ波動が低く、鈍重で、陰気なところが向いているのです。もちろん、霊の通り道であってはいけません。

「客が来ないのでは商売が成立しないじゃないか」と思うかもしれませんが、実はそうではありません。お目当てのものがあって、じっくりと静かに見たい、吟味したいという客に実に好都合なのです。

そもそも高額商品なので、1日に何人ものお客様に来ていただく必要がありません。たとえ数日に1人であっても、利幅の大きい商品を買ってもらえれば、それで十分なのです。

店舗をどこにするかは、扱う商品、客単価、回転率などによって変ります。それを計算した上で、霊の通り道、土地の持つ波動が最適なところに出店すれば、商売繁盛へと直結するのです。

店舗をお探しですか?
現地にお伺いして、ご商売に適切なお店かどうかをアドバイスすることができます。ホームページからお問い合わせください。

こちらの記事もよく読まれています
家選びで気をつけること
マンション探し