カテゴリー別アーカイブ: スピリットガイド(指導霊)

指導霊の交代の時期と起こること

彼岸花

彼岸花

この世に生きる全ての人には、指導霊がいます。

指導霊は生涯にわたってずっと同じではなく、時折、別の指導霊と交代をします。今日はどのような時に指導霊が交代するのかと、交代した時にどのようなことが起こるのかについて書きます。

最初の指導霊は、人が生まれた時から7歳くらいまでを担当します。次の指導霊は14歳くらいまで。そして次の指導霊は21歳くらいまでを担当します。この年齢はあくまでも目安であって、ぴったりこの年齢というわけではありません。さらにいうと、年齢だけでなく、小学校への入学、中学校への入学、そして社会人になって少し慣れてきた時期、といった人生における節目がひとつの目安になります。

社会人になってから以降の指導霊の交代時期は人によってかなりばらつきが出ます。さらに7年後という人もいれば、20年間ずっと同じ指導霊ということもよくあります。

では、社会人になってからの最初の指導霊の交代はいつなのでしょうか。それは「人生の目的に着手した時」です。

このブログで、何度も触れてきましたが、人はこの世に生まれる時に「◯◯をしたい」とか、「◯◯ができるようになりたい」といったような具体的な目標持ってやってきます。このような目標を「人生の目的」とよんでいます。

少年期は過去生での経験や性格を再現する時期です。「◯◯で活躍したい」という人生の目的を持っている人は、少年期の時にすでに「◯◯で活躍したい」とか、◯◯という具体性がまだなかったとしても、「何かで活躍したい」という希望を持っています。

家族との問題を乗り越えたいという人生の目的を持っている人は、少年期の時にすでに、家族との間に問題が発生しています。

「したい」や「できるようになりたい」は、ぼんやり思っているだけでは先に進んでいるとは言えません。真剣に考え、それに着手しだすと指導霊が交代するのです。

では次の指導霊の交代はいつなのでしょうか。それは、人生の目的の実行が軌道に乗り、「更なる高みを目指した時」です。あとは延々とこの繰り返しになります。逆にいうと、人生の目的に着手していない、または更なる高みを目指していない人は、何十年もの間、ずっと同じ指導霊が担当することになります。

それでは2つ目の話題、指導霊が交代する時にどのようなことが起こるのかについて。
結論を先に言いますと、指導霊の交代が行われると「調子が悪く」なります。

どのように調子が悪くなるかというと、だるい、やる気が起きない、元気が出ない、微熱が続くといった症状です。

調子が悪い期間は、人によって異なります。鋭敏で繊細な神経を持っている人は、調子の悪さが2週間くらい続きます。さほど鋭敏でない人でも、3、4日は調子が悪くなります。
この時期に医者にかかったとしても「きっと疲労でしょう」といわれるのが関の山です。薬を飲んでも飲まなくても、日数さえ経てば治ってしまいます。

より症状が深刻になることもあります。それは、前に担当していた指導霊よりも数段パワフルな指導霊に交代したときです。どれくらい症状が重くなるかというと、たとえば、嘔吐感、寝込んでしまう、考えがまとまらない、めまいがするといった強めの症状です。そしてなおかつ、日数も増える傾向にあります。3ヶ月間も不調になってしまう、ということもよくあります。

これは、「波長の不和」によって起こる現象です。人も指導霊も固有の波長を持っています。今まで担当をしていた指導霊とは、長い付き合いですので、波長も合っています。しかし、新たに交代した指導霊とは、基本的に波長が合っていません。そのため、波長が合うまでの期間、調子が悪くなってしまうのです。

さらにいうと、高みを目指すために来てくれた指導霊は基本的にパワフルであり、波長の違いもより顕著です。そのため、不調の症状もより強く、期間も長くなってしまいます。

もし原因不明の不調に困惑しているのでしたら、最近、自分の生き方を変えたり、更なる高みを目指そうと努力をしていたかを思い出してください。もし思い当たることがあったとしたら、無闇にあわてないで、指導霊と同調できるまで、ゆったりと過ごしてみてはいかがでしょうか。

「自分は人生の目的が本当にわかってるのだろうか?」
そんな疑問を持ったときは、スピリチュアルカウンセリングで、ご自身の指導霊に尋ねてみてはいかがでしょうか。
詳しくはホームページをご覧ください。

指導霊の服装と持ち物

モミジ

新緑のモミジ
ハート型が見えますか?

スピリチュアルカウンセリングでお客様の指導霊と対話をしていると、ときおり「おやっ」と思うような服装や、いでたちをした指導霊に会うことがあります。今日は指導霊の服装と持ち物について、それが意味することについて書きます。

多くの場合は、指導霊は現世界で生きていた最後の時代の服装をしています。ですから、服装から指導霊が生きていた時代や地域を推察することができます。しかしなかには、当時の服装に加えて、ちょっと変わったアイテムを持って現れることがあります。そういう時は、指導霊になぜそれを持っているのか理由を尋ねるようにしています。では、例をいくつか紹介します。

「剣を持っている」
剣や刀をたずさえて指導霊が現れることはよくあります。しかしその多くは剣を鞘(さや)にいれて、腰帯などにさしています。しかし中には、剣をむき出しで、なおかつ、手にかざしていることもあります。

なぜ剣を持っているのか尋ねると「(相談者が)自分の良くない点や魂の浄化に反する行為や思考に気がつき始めた。みずからをいましめ、立ち向かってほしい」という趣旨のことを言うことがあります。

剣は他人に対してではなく、自分の中にある弱いもの、悪癖に対するものなのでしょう。そしてそれらに、果敢に立ち向かってほしいという指導霊からの応援の気持ちを表しています。

「カブトをかぶっている」
鎧(よろい)や、脛(すね)当て、肘(ひじ)当てなどの武具を身につけて現れることもよくあります。しかしそのような場合でも、大抵はカブトはつけていません。このような場合は、指導霊が武者であったことのしるしで、それ以上の意味があるということはあまりありません。

しかしカブトまでかぶっているとなると、事情は少し異なるようです。

カブトをかぶっている場合は、相談者が特定の誰かや自分以外の全ての人からの対処に苦慮し、攻撃を受けているような意識持ち、自分を守りたいと思っているというときに多くあります。

「宝飾品を過度につけている」
髪飾りやネックレスをつけていることはよくあります。しかし、髪飾りやヘアバンド、ネックレス、ときには服にまで宝石が散りばめられているというのは、そう多くはありません。

こういった過度な宝飾品を身につけている理由を尋ねると、相談者が本当の自分よりもよく見せたい、他人から評価されたいといった、世間体を気にしていることがあります。

指導霊としては、「実態とはかけ離れて飾り立てるのは、むしろ滑稽(こっけい)ではありませんか?」というメッセージのようです。

「性別と反対の服装をしている」
男性の指導霊なのに女装をしていたり、女性なのに男装をしている時です。

これは何を意味しているかというと、相談者が肉体の性とは異なる性の思考を持っている、トランスジェンダーだという意味ではなく、二面性を持っているという意味を表していることが多いようです。

たとえば、とても人当たりがよくみんなから親しまれているが、本当は方便のためにそうしているだけで、心の中では違うことを考えているとか、優等生的な言動をしているが、実際は自己中心的であるという場合です。

処世術としては優秀なのかもしれませんが、世の中をうまく渡っていけている分、自分のまずさに気がついていないという警告を意味している時があります。

これらの例はあくまでも参考でしかありません。

指導霊がこのような姿をしていたら、それは即○○だということではありません。実際はもう少し複雑で、指導霊に直接尋ねないと、本当の趣旨はわかりません。

いずれにせよ、指導霊の服装や持ち物は、自分の担当している人に対する警告や応援といった、メッセージ性をもつことがよくあります。

自分の指導霊はどんな人かを知りたくなりましたか?
スピリチュアルカウンセリングで、ご自身の指導霊がどのような人なのか、なぜ自分の指導霊をしているのかを尋ねることができます。
詳しくはホームページをご覧ください。

こちらの記事もよく読まれています
スピリットガイド(指導霊)の役割

指導霊との打ち合わせ

以前このブログで、私たちは寝ている間に指導霊と打ち合わせをしている、ということについて書きました。
・・・夜寝ている間にする4つのこと

今日はもう少し詳しく「なぜ寝ている間なのか」ということと、「具体的にどのようなことを」話し合っているのかについて書きます。

まず最初に「なぜ寝ている間なのか」について。

指導霊はいつも私たちのそばにいて、私たちの思考や行動をつぶさに観察しています。
そして、「これはまずい」「気がついてほしい」というときには、私たちに話しかけたり、サインをだしています。しかしだいたい、私たちは指導霊からのアクションを見逃して、失敗してしまいます。

なぜ、指導霊の言葉やサインに気がつかないのでしょうか。

それは、私たちが常に思考を続けているからです。何かを考えている、脳を動かしていることが、指導霊とのコミュニケーションのさまたげになるのです。

それゆえ、人が思考を止めている間、つまり、眠っている間に指導霊と対話をしているのです。

では次に「具体的にどのようなこと」を話し合っているのでしょうか。

話し合いはまず私たちのほうから、今日1日にあったことについて、報告します。そして指導霊が「あやまち(霊的真理にそむこと)に気がついていないな」と感じたら、「○○について、もう少し詳しく話してください」と言います。

それでもまだ、私たちが気がつかないようだったら、「どうしてそのように考えたのですか」と重ねて質問します。

ようやく私たちが自分のあやまちに気づいたら、今度は指導霊から「どうしたらよかったでしょうか」と意見を求められます。

指導霊からは「ああしろ、こうしろ」「こうやらなくてはダメだ」ということは一切言いせん。私たちが、みずからあやまりに気がつき、答えを導くことが大切なのです。

しかしいくら寝ている間に反省しても、目が覚めると全てを忘れてしまいます。
このままだときっと、同じあやまちを何度も繰り返してしまうだろうと判断したときは、あやまちに気がつくようにイベントを起こしてくれるように指導霊に頼みます。

もちろん、どんなイベントを起こすかは、自分で考えます。

多くの場合、ちゃんと立ち止まって、じっくりと考えることができるように、窮地に立たされるようなこと、病気といったような、不都合なことをイベントとして選びます。

依頼された指導霊は、私たちがイベントなしに気がつくことを願いつつも、依頼された条件が成立したらしゅくしゅくと、イベントを発生させるのです。

先日あったあの出来事は、何かのサインだったのかしら?
そう思った時は、スピリチュアルカウンセリングで、指導霊に尋ねてみてはいかがでしょうか。
詳しくはホームページをご覧ください。

こちらの記事もよく読まれています
夜寝ている間にする4つのこと
スピリットガイドはチームメイト
スピリットガイドのアドバイス