カテゴリー別アーカイブ: スピリットガイド(指導霊)

指導霊との打ち合わせ

以前このブログで、私たちは寝ている間に指導霊と打ち合わせをしている、ということについて書きました。
・・・夜寝ている間にする4つのこと

今日はもう少し詳しく「なぜ寝ている間なのか」ということと、「具体的にどのようなことを」話し合っているのかについて書きます。

まず最初に「なぜ寝ている間なのか」について。

指導霊はいつも私たちのそばにいて、私たちの思考や行動をつぶさに観察しています。
そして、「これはまずい」「気がついてほしい」というときには、私たちに話しかけたり、サインをだしています。しかしだいたい、私たちは指導霊からのアクションを見逃して、失敗してしまいます。

なぜ、指導霊の言葉やサインに気がつかないのでしょうか。

それは、私たちが常に思考を続けているからです。何かを考えている、脳を動かしていることが、指導霊とのコミュニケーションのさまたげになるのです。

それゆえ、人が思考を止めている間、つまり、眠っている間に指導霊と対話をしているのです。

では次に「具体的にどのようなこと」を話し合っているのでしょうか。

話し合いはまず私たちのほうから、今日1日にあったことについて、報告します。そして指導霊が「あやまち(霊的真理にそむこと)に気がついていないな」と感じたら、「○○について、もう少し詳しく話してください」と言います。

それでもまだ、私たちが気がつかないようだったら、「どうしてそのように考えたのですか」と重ねて質問します。

ようやく私たちが自分のあやまちに気づいたら、今度は指導霊から「どうしたらよかったでしょうか」と意見を求められます。

指導霊からは「ああしろ、こうしろ」「こうやらなくてはダメだ」ということは一切言いせん。私たちが、みずからあやまりに気がつき、答えを導くことが大切なのです。

しかしいくら寝ている間に反省しても、目が覚めると全てを忘れてしまいます。
このままだときっと、同じあやまちを何度も繰り返してしまうだろうと判断したときは、あやまちに気がつくようにイベントを起こしてくれるように指導霊に頼みます。

もちろん、どんなイベントを起こすかは、自分で考えます。

多くの場合、ちゃんと立ち止まって、じっくりと考えることができるように、窮地に立たされるようなこと、病気といったような、不都合なことをイベントとして選びます。

依頼された指導霊は、私たちがイベントなしに気がつくことを願いつつも、依頼された条件が成立したらしゅくしゅくと、イベントを発生させるのです。

先日あったあの出来事は、何かのサインだったのかしら?
そう思った時は、スピリチュアルカウンセリングで、指導霊に尋ねてみてはいかがでしょうか。
詳しくはホームページをご覧ください。

こちらの記事もよく読まれています
夜寝ている間にする4つのこと
スピリットガイドはチームメイト
スピリットガイドのアドバイス

守護霊はいるのか

梅の花

梅の花が咲きました

唐突ですが、みなさんに質問をしたいと思います。
「守護霊は存在すると思いますか?」

さて、どうお答えになるでしょうか。
色々な考えがあるとは思いますが、結論を先に述べますと守護霊はいません。残念ですが。

なぜ守護霊がいないのかを説明する前に、共通の認識を持つため、「守護霊とは何か」という言葉の定義をしましょう。
「守護霊」を、みなさんは「事故や病気、災難などから助けてくれる存在」と考えていると思います。これを守護霊としましょう。

ではあらためて、私たちを災難から守ってくれる霊がいるのかを考えてみましょう。

私たちの日常は、病気、交通事故、仕事上の事故、自然災害など、ありとあらゆるリスクに囲まれています。そういったすべてのことから守られていて無縁の人って、いるのでしょうか?
世界中どこを探しても、おそらくそんな人はいないと思います。

それとも、事故や災害に遭った人たちは、信仰や信心、謙虚さ、日頃の生き方に問題があって、守護霊に見放されてしまったから、災難にあったのでしょうか?
もちろん、そんなわけはないですよね。信仰に厚い人や良心にあふれる人でも災難に遭うことはいくらでもあります。

守護霊を「守ってくれる存在」と定義するなら、やはり守護霊はいないと結論づけるしかありません。

それではなぜ、多くの人が「守護霊」がいると思っているのでしょうか?

それは、私たちの人生は予測不可能なことが多く、自分の力だけではどうにもならないことばかりで、身体も命もはかないものだと感じているからでしょう。そして、そういった災厄から守ってほしいという願いが、守護霊という虚像を生み出しているのだと思います。

では私たちは、孤立無縁で奮闘しなくてはいけないのかというと、もちろんそうではありません。
このブログでも書いているように、指導霊、主護霊(発音は同じですね)、守護天使がいます。それぞれが何のためにいるのか、私たちとどう関わっているのかについては、過去のブログのリンクを貼っておきますので、お読みいただければと思います。

いつも自分と共にいる指導霊と話をしてみたいとお思いですか?
それなら、スピリチュアルカウンセリング で、その思いが実現します。
詳しくはホームページをご覧ください。

こちらの記事もよく読まれています
スピリットガイド(指導霊)の役割
守護天使と大天使
守護天使は人を災難から守る存在ではない

指導霊に話しかけてみよう

ゴーヤの花

ゴーヤの花

今日は「自分の指導霊にもっと話しかけてみてはいかがでしょうか」という提案をしたいと思います。

指導霊は、上から目線で指図をする存在ではなく、自分よりも少し上の霊格ではあるものの、いわば仲間のような存在です。そして、たとえどんなささいなことでも相談したり、尋ねたり、話しかけても良いのです。

しかし指導霊としての考えや応えをもらうには、指導霊とコミュニケーションをとる必要があります。

まず最初は一方通行で構いません。
「困ったな」「どうしよう」ということが起きたら、「指導霊様、どうしたら良いですか」とか、「指導霊様、正しい判断ができますように」と語りかけてみてください。

ここで大切なのは、冒頭に「指導霊様・・・」と、話したい相手を明確にすることです。これをすることによって、あなたの想いは指導霊に届くようになります。

これができるようになったら、今度は日常的に指導霊に語りかけてみてください。

たとえば朝、出勤する時に「指導霊様、無事に会社に着きますように」とか、「指導霊様、今日一日、お会いするすべての人たちと正しい意念でお話ができますように」というようにです。

そして、会社に着いたら、「指導霊様、無事会社に着きました」とか、退社の時に「指導霊様、おかげさまでお会いした皆さんと正しい意念でお話ができました」または「○○さんとは、もう少し親身になって話せれば良かったと思います」というように、感謝や反省の言葉を伝えてみてください。

指導霊への語りかけがしばらく続くと、指導霊の方もなんとかして自分の思いを伝えなくてはと、行動を開始します。

しかし私たちは肉体を持っているが故に、簡単にはコミュニケーションができません。

そこで、指導霊はあらゆる方法を試みます。
短い言葉として聞こえたり、自分とは異なる思考が伝わってきたり、映像が瞬間的に見えたり、象徴的な出来事が起きたりなど、何かが起こります。

ごくわずかな時間見えたり、気がする程度では、コミュニケーションとしては頼りないのは事実ですが、大切なのは「指導霊の存在を常に意識している」ということを指導霊にわかってもらうことです。

いついかなる時も指導霊とともに考え、行動をするようになると、本当の意味でのチームメイトになるのです。

人に与えられた時間は思っている以上に短いものです。
遠回りをしたり、誤った選択はできだけしないに越したことはありません。

人生の目的に向かって、しっかりと歩みを進めるためにも、指導霊に語りかけることを習慣としてみてはいかがでしょうか。

「本当にこのままで良いのだろうか」
と思ったときはスピリチュアルカウンセリング で、指導霊の意見を尋ねてみてはいかがでしょうか。
詳しくはホームページをご覧ください。

こちらの記事もよく読まれています
スピリットガイド(指導霊)の役割
スピリットガイドの霊格
スピリットガイドになるように頼んできた
スピリットガイドはチームメイト