スピリットガイドと天使の違い

スピリットガイドと天使の違い

庭に蒔いた記憶もないルドベキアという、ひまわりによく似た花が群生しています^^

前回の記事からの続きです。天使にはスピリットガイドとよく似た働きをする者たちがいるのですが、その前にスピリットガイドと天使の違いについて説明します。

スピリットガイドは霊格が高い高級霊であり、人として現世界を生きた経験を持っています。
そして、必要があればまた現世界へ再生する可能性があるスピリットです。

それに対し、天使はスピリットガイドよりもさらに霊格が高く、人として現世界を生きた経験がありますが、人として現世界に再生する可能性はありません。
・・・参考までに、天使の一部には人としての経験がなく、自然霊から霊格が上がった者もいるという説が浅野和三郎氏を中心にあります。

どのようにして天使になるかというと、大きく分けて二つあるようです。
ひとつは現世界での生き方が崇高で、他界後すぐ天使になる人たち。
二つ目は他界後、いったんは高級霊となり、霊界ですぐれた多くの活躍と意識の向上によって、霊格が上がり、天使となる人たち。
この二つのようです。
なお、生まれたときから天使だったという人はいないようです。

次回はいよいよスピリットガイドににた働きをする「守護天使」とそれとは異なる「大天使」について書かせていただきます。

「自分の人生はこれで良いのかしら?」と思ったら、スピリットガイド(指導霊)からのメッセージを受け取ってみませんか?詳しくは「ホームページ」をご覧ください。

ホームページ

こちらの記事もよく読まれています
守護天使と大天使
守護天使は人を災難から守る存在ではない


スピリチュアルブログをもっと見る

購読すると最新の投稿がメールで届きます。

コメントを残す