カテゴリー別アーカイブ: 隣人愛

生きづらさの原因

野ばら

人は一人で生きているわけではありません。家庭ではパートナーや子供といった家族、仕事に出れば上司に同僚、取引先とたくさんの人たちに囲まれて生きています。こういった中で、センサーを働かせ、予測をするをすることが大切だということについて書きます。

渋谷には有名なスクランブル交差点というのがあります。歩行者の信号が青になると、全方位から一斉に人が歩き出し、向こう側へと渡るのですが、人の量が桁違いに多いのが特徴です。この交差点で人々がどのように渡っているのかを観察をすると、あることがわかります。

それは、外国の人は何回も人にぶつかりそうになって、ようやく向こう側に渡るということです。

日本人の多くはスマホを見ながら下を向いて歩いてるのですが、誰もぶつかりそうになりません。それに対して外国の人は前を見ながら歩いているのに、何回も人にぶつかりそうになります。

また渋谷の街を歩いていると外国の人がたくさんいらっしゃいます。彼らがグループの場合、たいていが横になって歩いています。後ろから誰かが足早に近づいてきても、とうせんぼをした状態のまま、おしゃべりに夢中になって歩いています。

日本人グループ場合、横になって歩いて、話に夢中になっていても、後から人がやってくると、スッと道をあけます。

いったいどういうことでしょうか。それは、日本人は「センサー」をいつも強く働かせていて、「予測をしている」ということです。

日本人は歩きながらスマホに没頭しているようで、実は周りの人と自分との距離感を気にしなが歩いています。これが「センサー」です。

後ろからやってくる人の気配を感じたら、邪魔になっているのではないかと「予測をして」道をあける、ということをしているのです。

この記事でいいたいのは「なんて日本人は素晴らしいのだ」ではなくて、日本人には「センサーを常に働かせ、予測をする」ことが暗黙のうちに強く求められているということです。

秩序があり、スマートな国民性ではありますが、見方を変えると、こういったことが苦手な人には「生きづらい国」なのです。
しかし、この国に生まれ、この国で生きているのですから、愚痴を言っていても始まりません。

自分は周りとうまく溶け込めていない、スムーズな人間関係を作れない、そう感じている方は「センサーを働かせる」「予測をする」ということが手薄になっていないかセルフチェックをしてください。

「センサー」は気をつけようと心がければ、少しずつ磨かれていきます。

「予測をする」はずばり、「考える」ということです。
自分のことだけに夢中になっていてはだめです。今の状態を続けているとどうなるだろうと「考える」ことが必要なのです。

生きづらさには必ず原因があります。その原因を探し出すことが大切です。でも、もし見つからない場合は、「センサーを働かせ、予測をする」ことで、ずいぶんと変わることができるはずです。

生きづらいと感じる本当の原因はなんでしょうか。その原因と対策を指導霊に尋ねることができます。詳しくはホームページをご覧ください。

一人の方がラク

梅干し

今年は梅がたくさんとれたので、梅干しを作りました

スピリチュアルカウンセラーの村田哲郎です。

「人との関係をうまく構築できない」という悩みを持つ方がいらっしゃいます。
原因は人によって多種多様ですが、その原因の一つに「一人でいた方がラク」と思ってしまう思考パターンをもっている場合があります。

たとえば、人と一緒にいるのはどうも疲れしてしまう。仕事が終わって一人暮らしの部屋に帰るとホッとする。お休みの日には誰とも会わないで過ごすことが多く、そのことで寂しいとか辛いとかは全く感じない。むしろ快適ですらあると感じてしまう、今日はそのような方が対象です。

こういった方は、仕事でもなるべく人と関わらなくてすむようなものについている場合がほとんどです。たとえば、工場のライン作業、倉庫内作業、輸送といったように、話し合いやチームワークが不要な職業です。

ではなぜ、その仕事をしているのかというと、端的にいうと「生活のため」です。

この仕事が好きだからとか、誰かの役に立ちたいからというような理由ではありません。働かないと生きていけないからであり、最低限の収入を得るために、人と関わりたくないという気持ちに折り合いをつけながら、人との関わり方が最低限で済むような職業についているのです。

「一人の方がラク」と思ってしまう人には他にも特徴があります。
それは過去生でも、今と同じように人と関わらない生き方をしてきたということです。

いくつか例をあげてみます。
・過去生で引きこもりだった。他人はもちろん、家族とも極力関わらないようにして生きてきた。
・過去生で修道院で僧として過ごした。宗教的な熱意や真理を学びたい、人々を救いたい、といった理由から僧になったではなく、生活のためだった。
などです。

僧になった人の場合は、少し解説が必要かもしれません。
時代が古ければ古いほど、どこの国であっても、人々は生きていくのに精一杯です。生涯にわたって命の保証がされている職業というのは決して多くありません。そういった中で、どのような宗教であっても、出家というのは、飢えの恐怖から解放される数少ない職業の一つだったのです。

特にキリスト教の場合は、沈黙の業というのがあり、他の僧との会話が制限されていて、「一人の方がラク」という人にとって、好都合だったのです。

つまり、人との関係がうまく構築ができないという人で、「一人でいる方がラク」だと感じている人は、今世だけの問題ではなく、過去生からの繰越しの課題であり、「筋金入りの難しさ」だというとを理解してほしいのです。

「筋金入りの難しさ」だからこそ、一気に解決できるようなことへのチャレンジを避けたほうがよいです。ほんの少しの努力と勇気さえあればできそうなことから始めたほうが、結果として最短ルートになるはずです。

そこでおすすめなのが「人に興味を持つ」ことです。

自分の周りは、自分とは違う価値観や関心を持っている人たちがたくさんいるはずです。そういった人たちに、どうしてそういう気持ちになったのか、動機を尋ねるのです。

「一人の方がラク」な人は、人間関係が希薄です。しかし、生活のためにしている仕事に少なからず同僚がいるはずです。そういった人たちに対して、マスで見るのではなく、個々の人として見るのです。

たとえば、フィギュアが好きな同僚がいて、あなたがフィギュアになんの関心もないとします。そういった同僚にフィギュアについて質問をしてみるのです。「どんなフィギュアを集めているのですか」でも、「どこに魅力を感じているのですか」でも、なんでも良いのです。

相手の方も「今日は暑いですね」と話しかけられるよりも、ずっと受け答えしやすく、ましてや自分の好きなものに関してなら、おのずと熱が入るはずです。気がつけば、随分と話し込んでしまったということにもなるでしょう。

相手の意外な面を知ると、相手のことをさらに知りたいと思うし、今まで空気のような存在だった人が、急に親しく感じるものです。

こんなちょっとしたことでさえ、人との関係は大きく変わるのです。
「一人の方がラク」と公言してはばかりない人は、「人に興味を持つ」というのを早速始めてみてはいかがでしょうか。

「人との関係をうまく構築できない」そう思っているのでしたら、問題点に気づいている証拠です。ちょっとした努力を重ねるだけで、大きく状況は変化します。スピリチュアルカウンセリングで、未来を変えてみませんか。
詳しくはホームページをご覧ください。

こちらの記事もよく読まれています
コミュニケーション
コミュニケーションを断つということ
相手を理解する努力

介護といかに向き合うか

ご家族の中に病気や障がい、老齢の人がいて、介護をしているという方もいらっしゃると思います。そういった方は、介護の苦労に加え、自分の生活とのバランス、先行きの不安といった様々な苦悩が重なり合い、辛い思いをされていらっしゃると思います。

今日は介護が必要な家族とどのように向き合っていったらよいのか、その指標となる考え方を私自身の体験とスピリチュアルカウンセリング を通して語られた指導霊達の言葉、そしてスピリチュアリズムの観点から、わかりやすくまとめてお伝えしようと思います。

介護といかに向き合ったらよいかは、以下の4つの視点に絞ることができます。
1 情で介護をしない
2 理想に縛られない
3 被介護者と自分と家族との関係
4 人生の目的と到達度
この4つとそれぞれのバランスです。では一つずつ解説していきます。

まずはじめに「情で介護をしない」についてです。

「かわいそう」とか、「前はあんなに元気だったのに」という気持ちで、かいがいしく世話をしていませんか?
残念ながら、それはあまり正しい向き合い方とはいえません。介護が必要になったのは、その人にとっての必然かもしれませんし、助けてもらう立場になってこそ気づけることがあるのかもしれません。「かわいそう」と思うのは、あなたの思い込みにすぎません。考え方を変えるべきです。

次に「理想に縛られない」について。

「できるだけのことをしてあげたい」と無理をしていませんか?
介護は介護される方とあなたの双方が笑顔でいることが、あるべき姿です。そのためには無理のない範囲で介護をすることが大切です。手が抜ける時は抜いて、忙しいときには他の家族やプロにお願いしてよいのです。すべてをあなたが完璧にやろうと思わないことです。

3つめ「被介護者とあなたの関係」

ここが最も大切です。
被介護者、わかりやすくするために仮に父とします。あなたとお父さんは、もともと関係のある組み合わせなのでしょうか。向き合うべき相手なのでしょうか?

あなたとお父さんが和解のために、または何かを乗り越えるために親子になったのだとしたら、愛憎や苦渋がたくさんあるでしょうが、真剣に取り組まなくてはいけません。そのために生まれてきたのであり、介護が締めくくりなのですから。

もし、あなたとお父さんとの間に取り組むべき課題がない、つまり初めての組み合わせだとしたら、他の家族と父の関係をみてみましょう。仮にあなたの弟と父との間に取り組むべき課題があったとしたら、弟に介護をしてもらうべきです。
「弟は親と離れて暮らしているから・・・」そんな状況は、関係ありません。あなたが介護をしていることが、意図せず、父と弟の関係改善の障害になっていることもあるのです。

そして最後に「人生の目的と到達度」について

あなたの人生の目的はなんでしょうか。ちゃんと取り組めていますか?到達度はどれくらいですか?

あなたが人生の目的に着実に取り組んでいて、年齢相応の到達度であるのなら、あなたとお父さんに向き合うべき課題がなかったとしても、人として、愛を分け与えるために介護をしても、もちろん大丈夫です。

しかし、人生の目標に取り組めていない、または進捗に遅れがある、なおかつ、お父さんとの間に課題がないのだとしたら、すぐにでも介護を他の方に頼むべきです。他の家族にもお父さんと関係がないのであれば、施設に入れることを検討してください。
こういう場合、指導霊からも「介護よりも、あなたがやるべきことをしなさい」と言われてしまいます。

ここで大切なのは「薄情なのではないか」「家族なのに」と後ろ髪をひかれないことです。
後悔の念を持ってあなたが他界してしまうと、本来は関係はないはずの父と、来世でペアを組むことになってしまいます。そして、どうあるべきかを学び直すことになるのです。

霊的真理やスピリチュアリズムは決してドライではありません。
むしろその真逆で、愛そのものです。

しかし人々は、本当の愛を理解できていません。
ついつい、情念の愛や世間的な愛と混同してしまうのです。大切な家族の介護だからこそ、冷静に考え、判断することが大切なのです。

「どのように介護をしていったらよいのかわからない。このままでは共倒れになってしまう。」
そんなときは、スピリチュアルカウンセリング で、ご家族とどう向き合い、介護をしていったら良いのか、指導霊からアドバイスをもらってはいかがでしょうか。あなたの置かれている状況に合った適切な言葉をもらえます。
詳しくはホームページをご覧ください。

こちらの記事もよく読まれています
「再生の計画」前世と親子関係について
再生の計画で選んだ親なのに課題がない
計画した両親とは違うところに生まれてきた子
障碍のある体をあえて選ぶ