自然災害と個人

ニラの花

今年になってから、大雨による水害、コロナウィルスなど、実に災難続きです。

こういった自然災害(ここでは水害やコロナウィルスも自然災害とします)を個人の因果律や個人への予言や警告とみなすことには無理があるとことについて書きます。

具体的に例をあげて説明します。

まず長雨による水害について。これは因果律で説明ができます。
(原因)化石燃料の使用による大量の二酸化炭素の排出→(結果)温室効果ガスの形成
(原因)地球全体をおおう温室効果ガス→(結果)地球温暖化
(原因)地球温暖化→(結果)日本の亜熱帯化
(原因)日本の亜熱帯化→(結果)記録的な大雨
もちろん、大雨の原因が二酸化炭素だけではありませんが、ここでは簡略化しています。

そしてこの記録的な大雨が、
(原因)大雨→(結果)河川の氾濫
(原因)河川の氾濫→(結果)家屋や人への被害
という結果になりました。

河川が氾濫した原因は行政の見積もりの甘さがあったり、犠牲者が出たことについては、行政から出ていた注意報や警報に対して、行動が遅れたという原因もあるかもしれません。

しかし、被害があった家屋に住む人や犠牲にあった人が、真理に背(そむ)いた生き方をしていたから、ということは決してありません。実に当然のことです。

コロナウィルスに関しても、同様のことが言えます。

現在のところ、コロナウィルスの感染源は野生動物と人間との接触と言われています。
最初にコロナウィルスに感染した人が原因で、コロナウィルスの世界的蔓延(まんえん)が結果です。

この結果に至るまでの原因をみていくと、某国の感染拡大の隠蔽(いんぺい)、公表の遅れがあります。また、世界保健機構と各国政府の対応の遅れと対応策のまずさもあげられます。

しかしここでも、感染してしまった個人が、悪人であるとか、真理に背いた生き方をしていたからということは決してありません。これも当然のことです。

地球は霊界に比べると、実に危うく、脆弱(ぜいじゃく)です。
自然災害も因果律の結果ではありますが、それによって被害を受けることは、個人の背信行為とは無関係なのです。冷静に考えれば当たり前のことです。

しかし、水害で被害を受けた人やコロナに感染した人に対して、根拠のない非難や中傷は後をたちません。これは厳に慎(つつし)むべきことであり、あってはなりません。

また自然災害を何らかの啓示と受け取る人たちもいます。

「春から○○学校に通おうと思っていたのですが、これは私への警告だと思ってやめました」
「転職をしようと思っていましたが、やめなさいというお告げだと考え、やめました」
とおっしゃる方に実際に何人かお会いしました。

何かをするときに時期は大切です。
コロナウィルスの蔓延で、学校に通うのは難しいと思います。転職も難しいでしょう。そういった意味であれば、行動を中止したことは正しい判断と言えます。

しかし、自然災害を理由に、自分の夢や希望、未来を諦めてはいけません。
自然災害が鎮静化して学校が再開したら、就職市場が回復したら、またチャレンジしていただきたいのです。

自然災害が、個人への警告や個人への何らかの予言であることは、決してないのです。

災害やコロナウィルスの影響で、見通しがたてにくくありませんか?
今は待つべきか、それとも進めるべきか、スピリチュアルカウンセリング で、指導霊に相談してみてはいかがでしょうか。
詳しくはホームページをご覧ください。

こちらの記事もよく読まれています
災難から守ってくれる天使

コメントを残す