「クラウド アトラス」

クラウド・アトラス

今日は久々に映画のご紹介です。

ウォシャウスキー姉妹(「マトリックス」の監督 なんと、性転換により兄弟から姉妹に!)とトム・ティクヴァ監督による「クラウド アトラス」です。

6つの時代にわたる人々の生き方を描いています。

スピリチュアリズムにもとづいた映画というわけではないようですが、「すごい!」と思わずうなる点がいくつもあります。
たとえば、
・人が転生を繰り返していること。
・関係のあった人と時代が変わってもまた関係持つこと。それが、時には濃く、時には薄く。
・過去生の性格を受け継いでいること。
・人によって、速度差はあるものの霊的成長を遂げつつあること。

個人的に驚嘆したのは、私がスピリチュアルカウンセリングをしていて、お客様の指導霊から過去生を見せてもらう時と、その描写の仕方がとても似ていることです。
・・・詳しくは前世のどんな場面が見えるのかをご覧ください。

ただし映画としては、6つの時代が平行に描かれていきますので、やや難解になりがちです。理解しようとせず、感じながら見るといいかもしれません。
主要な6人の俳優さんたちが、それぞれの時代で誰になっているのかを探しつつ、お楽しみください。

自分の周りにいる人たちって、もしかして過去生でも関係があったのかしら?
そう思った時は、スピリチュアルカウンセリングで、両親や兄弟、気になるあの人との過去生での関係をきくことができます。
詳しくはホームページをご覧ください。

ホームページ

こちらのブログもよく読まれています。
映画「ヒア・アフター」
「思い出のマーニー」
現世界と霊界を行き来する理由
「輪廻」人は生まれ変わり、永遠に生きる

コメントを残す