才能は過去生における努力のたまもの

才能は過去生における努力のたまもの | カレスティア

ウメの花が咲きました!

みなさんの中にもピアノやバイオリンといった楽器の演奏を幼い頃から親しんでいた方も多いと思います。

その幼い頃を少し思い出してみてください。
最初はドレミの音の出し方から始めました。自分も、周りのみんなも、みんな同じです。
しかし、同じスタートを切ったはずなのに、めきめきと腕を上げ、明らかに他の人とは違った音色や情感で演奏をするお友達って、いませんでしたか?

自分もかなりがんばっているけれども、どうしてもその子に追いつきません。その子に聞くと、練習時間は自分とあまり変わりません。そして、到底追いつけないところまで、あっという間に引き離されてしまい「なんて世の中は不公平なんだ」と思った経験って、ありませんでしたか?

絵画も同じです。
絵画教室で同じように初歩から始めたはずなのに、一人だけすごく違った絵を描いていて、先生からも高く評価されている。その子の真似をしようと思うけれども、なぜかできない。そもそも発想からして違う。こんな体験です。

人は輪廻転生で、過去から多くのものを引き継ぎます。その1つに「努力」があります。

生涯をかけてコツコツとひたむきに重ねて来た努力は、次の生へと引き継がれていきます。次の生でも同じ内容をひたすら努力し続けると、さらに次の生でも引き継ぎ、もう誰にも追いつけないような、ずば抜けた才能として開花します。

天才的な演奏家や作曲家、芸術家などがまさにそうで、過去生において、何度も同じ努力を続けて来た人たちなのです。

ですから、天才を見て「なんて世の中は不公平なんだ」とやっかんだとしても、実は的外(まとはず)れなのです。

「努力をしたものだけが報われる」そう、実に公平にできているのです。

ただし、その果実を摘み取るのが今世とは限りません。成果が出ないからといって諦めなかった者だけが、来世で報われるのです。

「自分は前世でどんなことをしてきたのだろう?」
そう思った時は、スピリチュアルカウンセリングで、前世について尋ねることができます。
詳しくはホームページをご覧ください。

ホームページ


スピリチュアルブログをもっと見る

購読すると最新の投稿がメールで届きます。

コメントを残す