カテゴリー別アーカイブ: 霊界

お盆

お盆 | カレスティア

ムクゲ

夏真っ盛り、早いものでもう8月です。
8月と聞くと、やはりお盆を思い浮かべますよね。

そして、この時期になるとよくされる質問があります。それは「お盆中、他界した人は帰ってくるのですか?」というものです。
答えは「イエス」です。

ミディアムシップやスピリチュアルカウンセリングで、スピリットとアクセスする時以外は、私は霊力を閉じて、スピリットの存在を感じないようにしているのですが、それでもお盆の1週間くらい前になると、街角や人ごみの中にスピリットがいることをよく見かけます。きっとそれくらいスピリットの数が多くなるということなのでしょう。

でもなぜ、お盆の期間にスピリットが増えるのでしょうか?

キリスト教やイスラム教には、夏にスピリットが現世界を訪問するという考え方はありません。
日本でもすっかり定着した感のあるハロウィンは、もともと英国のケルト人たちの土着信仰で、秋の収穫祭と併せて行われていたそうです。また中南米では「死者の日」というのが11月にあって、マリーゴールドとお菓子とお酒で他界した家族をお迎えするのだそうです。

どうやら、夏にスピリットが現世界を訪問するというのは、世界的な習慣ではないようです。

ではどうして、お盆の時期にスピリットが増えるのかというと、これは私の推測ですが、現世界にいる私たちに原因があるのではないかと思っています。

日本人には、仏教、神道といった宗教の垣根を越えて「夏=お盆=ご先祖を迎える」という考えが刷り込まれています。ですから、8月のお盆が近づいてくると「ご先祖様をお迎えする準備をしなきゃ」「お墓まいりに行かなきゃ」「(他界した)おばあちゃん、お家に来てくれるかな」といろんな考えが巡ります。

そして現世界にいる人たちのこの思いが、霊界にも伝わるのだと思います。
そして、「私のことを思い出してくれている。家族の様子を見に行こうかしら」となって、スピリットたちが現世界を訪れるのではないかと思うのです。

つまり日本人、一人一人の思いが、霊界にいるスピリットたちを呼び寄せているのではないのでしょうか。

他界してしまったけれども話をしたい方がいらっしゃいますか?
ミディアムシップで、他界した方とお話をすることができます。
詳しくはミディアムシップをご覧ください。

ホームページ

スピリットは現世界を自由に訪れることができるか

スピリットは現世界を自由に訪れることができるか | カレスティア

キョウチクトウ

大切な肉親が他界してしまった家族が思うことの一つとして「私たちをいつも見ていてくれているのかしら?」という疑問(願い)があります。

「もちろんですとも!」と言いたいところですが、ミディアムシップで多くのスピリットたち、それも指導霊ではなく、ごく一般的なスピリットと話をすればするほど、どうやらそうではなさそうだということがわかってきました。

たとえば、息子に彼女ができたとか、娘が結婚したとか、下の息子が会社を辞めて独立した、というような家族の変化をスピリットが全く知らないことがよくあるからです。

ではどうして、家族のところに来てくれないのでしょうか?

それは、私たちが霊界にいるスピリットたちの日常を見ることができないのと同じように、霊界にいるスピリットが、現世界の人々を見るのはとても困難だからのようです。

でもなかには、家族のことを時折見に来ているスピリットもいます。

そういったスピリットに共通していることがいくつかあるのもわかりました。
・ 「極めて家族思いである」こと。
・「霊界に行ってある程度の年月が経っている」こと。一概には言えませんが、どんなに早くても他界して2〜3年は必要なようです。
・ 「霊界で、現世界に訪れるための特別な訓練をしている」
この3つです。

現世界を訪れるにあたって、たくさんのスピリットの協力が必要です。そのことに感謝している話もミディアムシップでまれにですが、語られます。

ではどれくらいの時間、現世界にいることができるのかというと、わずか数分のようです。「ご家族は何をされていましたか?」とたずねると、日常の何気ない生活を語ってくれるスピリットがほとんどで、それも時間的にとても短い描写になります。

もちろんこれらは、スピリット側の意思で、現世界を訪れる場合です。

ミディアムシップは特別な環境を作り上げ、通常よりも多くのスピリットの協力を得て行いますので、先ほどあげた3つの条件は不要です。また、時間の制限も伸びます。しかし、40分が経験的にいって限界です。

「もう一度話しがしたい」そう思ってらっしゃる方がいますか?
ミディアムシップで、他界した大切な方とお話をすることができます。
詳しくはミディアムシップをご覧ください。

ミディアムシップ

こちらの記事もよく読まれています
ミディアムシップ
ミディアムシップとエビデンス
霊界でも霊的成長を続ける

先祖供養は必要か

先祖供養は必要か | カレスティア

柿に花が咲くなんて、今まで知りませんでした

スピリチュアルカウンセリングで時折、「先祖が成仏できていないので、先祖供養をしなさいと言われました。本当でしょうか」という相談を受ける時があります。

お客様の指導霊に尋ねると「そのようなことはないので安心しなさい」と言われることがほとんです。そして時には「あまりにもナンセンスです」と憤り(いきどおり)をもって回答されることもあります。

スピリチュアルカウンセリングの終了後、事情を伺ってみると新興宗教の教祖や幹部の人にそのように言われ、そして、「先祖供養のために○○をしなさい」とか、「入信しなさい」と続くらしいのです。

彼らは霊界を一体どんなところだと思っているのでしょうか?
おどろおどろしい、恐怖の世界だとでも思っているのでしょうか。

霊界はひとことでいうなら「愛の世界」です。
懲罰や懲らしめなどとは無縁の世界です。

確かに一時的に中間世にとどまってしまうことはあります。でもそれは、自殺か、この世に凄まじいくらいの執着を持っている限られたごく一部のスピリットだけです。

しかし、そういったスピリットも永遠に中間世にいるわけではありません。指導霊の言葉に耳を傾け、心を落ち着かせ、自分の波長が霊界の波長と同調するようになれば、いつでも霊界に行くことができるのです。

ここで大切なのは、霊界に行けるかどうかは、スピリット自身の意思によるということです。決して、高名な僧侶や霊能者の祈祷によって、スピリットを霊界へと移動(成仏)させることはできません。

では、お墓まいりやお仏壇に手を合わせることに意味はないのかと言うと、そんなことはありません。

あなたが、他界した父や母、先祖を思う気持ちは霊界に届きます。
「わたしたち家族はみんな元気にしています」といった報告や、「安らかにお過ごしください」といったスピリットへの心遣いは霊界は大歓迎です。
供養のためにお墓まいりや手を合わせているのだとしたら、それは意味をなしていません。

それでも本当に成仏したか心配ですか?
あなたの指導霊に他界した大切な人が今どうしているかを尋ねることができます。
詳しくはホームページをご覧ください。

ホームページ

霊界でも霊的成長を続ける

霊界でも霊的成長を続ける | カレスティア

庭で可愛らしい花をつけた野草を見つけました。調べてみましたが、名前がわかりませんでした。

他界した人はいきなり霊界に行くのではなく、まず最初に霊界の病院のようなところ(パラダイス)に行き、疲れた心と体を癒します。

そして、波動がおだやかになり、霊界の波動と同調してくると、いよいよ霊界に移ります。この時、どのような霊界に行くかというと、簡単に言うとそのスピリットの霊格にあった界に行きます。

霊界は無数とも言えるたくさんの界で構成されていて、必ずどこかに、そのスピリットに適合した界があります。

さて、今日の本題です。

霊界に移ったスピリットは、ずっと同じ界で過ごすのかというと、そうではありません。スピリットが霊的真理を学び、社会奉仕を通して霊的に成長すると、より高い界へと移ります。この霊的成長には終わりがありません。1つが終わると、次といった具合に、より高い界へと無限に歩みを進めていきます。

その一方、霊的成長に関心が薄く、奉仕や他者への愛をおろそかにしているスピリットは、いつまでも同じ界にとどまることになります。

霊界では誰かに強制されることがなく、本人の意思が尊重されます。そのため、やる気のあるスピリットは先へ先へと無限に進み、やる気のないスピリットは停滞、時には後退してしまうことすらあるのです。

霊的成長のために何が足らないのか、どうしたら良いのかをご自身の指導霊に尋ねてみませんか?
詳しくはホームページをご覧ください。

ホームページ

こちらの記事もよく読まれています
ミディアムシップ
ミディアムシップとエビデンス

霊界で人生の反省をどのように行うのか

霊界で人生の反省をどのように行うのか | カレスティア

シャクナゲとオオデマリ

ミディアムシップのときにお客様の依頼で、スピリットに「霊界で今、何をしていますか?」と質問をすると、「自分の送ってきた人生を振りかえっています」という答えが返ってくることがよくあります。

私の指導霊の一人一人に、他界してからどのようなことが起こり、霊界で現在に至るまで何をしていたのかをインタビューしているのですが、やはり、霊界に行ってしばらく経つと人生の反省を行うと語っています。

そこでふと、「人生を振り返るって、具体的にどのようにしてやるのだろうか」という疑問が湧きました。そこで、私の指導霊に尋ねたところ、以下のような回答をもらいました。

「生まれてから、他界に至るまで、生涯の全てを行います。忘れてしまっているようなことさえも、詳細に振り返ります。

どのように振り返るかというと、ホログラムのような立体映像を指導霊と一緒に見るのですが、これをどのようなメカニズムで行っているのかは、あなたたちの住む世界に似たようなものがないので、うまく表現できません。

映像は第三者的に見えるのではなく、自分の視線で再現されます。
また、単に映像と音声だけでなく、当時自分がどのような心境で何を考えていたか、そればかりか相手の気持ちまで、全てを感じることができます。

そして、一つのケースごとに、本当はどうしたほうがよかったか、どのような気持ちでいた方が良かったかを考えなおします。
一緒に見ている指導霊は「こうすべきだった」と結論をいうことはなく、より霊的真理に近い回答を導き出せるよう、言葉を添えてくれます。

真理に近い回答に至らなかった場合は、後日、霊的真理を学なびながら、改めてそのケースについて、考え直すことになります。

この作業にどれくらいの時間をかけて行うかというと、霊界には時間の感覚がないので正確ではありませんが、私の場合だと、地球の時間で数ヶ月かかりました。人によっては、数年かけて行うことも決して珍しくありません。」

とのことでした。

この質問に答えてくれた指導霊は他界して約70年が経っているスピリットです。

私の指導霊の中では、他界してからの期間が最も短いスピリットですが、それでも70年前です。現在の霊界のテクノロジーはさらに進み、3Dホログラムよりもっと、リアルな方法で、指導霊と共に人生の振り返りを行なっているのかもしれません。

「あの時、どうすればよかったのか」
そんな風に今でも悩んでしまう過去の出来事がありますか?
もしそうなら、スピリチュアルカウンセリングで、あなたの指導霊に尋ねてみてはいかがでしょうか。
詳しくはホームページをご覧ください。

ホームページ