家選びで気をつけること

家選びで気をつけること | カレスティア
水仙が咲きました

転職や結婚、家族構成の変化といった事情から、引越しを考えている方もいらっしゃると思います。

新居を選ぶにあたって、様々な希望もあるでしょう。
たとえば駅から近い方がいい、静かな住宅街がいい、通勤に便利な○○線沿線にしたい、あこがれの○○町に住みたい、といったようにです。

至便性や部屋数、広さも大切ですが、ぜひとも考慮していただきたいのは、自分が住もうとしている場所が「自分の波動にあっているか」をしっかり見極めることです。

賃貸でしたら、自分の波動と合っていなくて「やっぱりしっくりこない」と思ったら、また引越すことも可能ですが、分譲マンションや土地を買って家を建てるとなると、そういうわけにはいきません。場所選びはことさら慎重に行う必要があります。

もし、波動が自分にあっていない場所を選んでしまった場合、風水やラッキーアイテムを置いて改善することもできますが、それはあくまでも応急処置に過ぎません。わかりやすくいうと、ドブの上に板を引いてそこに家を建てて、いくら家の中を飾り立てても、ドブの上であることには変わりがないのと同じです。

土地が持つ波動は、町によって変わりますが、同じ町の中でも細かく見るとさらに違いがあります。

カレスティアのサロンがある渋谷は、基本的には繁華街です。
みんさんが渋谷と聞くと道玄坂や公園通りといった、多くの店や雑踏をイメージされると思いますが、渋谷サロンは桜丘という町にあります。桜丘にはIT関係の企業が多く、観光客やお買い物目当ての人はまず滅多にいません。

さらにいうと、桜丘にも飲食店街もありますが、渋谷サロンがある場所は店がほとんどない閑静な住宅地にあります。波動も穏やかで、スピリットとの接触に向いている、隠と陽のどちらにもかたよりのない中立な場所です。

このように、駅でいうと渋谷、さらに小さな単位である桜丘であっても、たった1ブロック変わるだけで、波動は大きく変わるのです。このことはぜひ覚えておいてください。

さらに大切なのは、ご家族での引っ越しの場合は、「家族全員の波動とのマッチングが大切」ということです。

夫婦というのは基本的に似た者同士なので、夫と妻とで、波動が異なるということはあまりないのですが、夫婦と子供の波動が違うというのはまれにあります。
そういった場合は、家族全員の平均値にあわせるか、夫婦または子供に合わせることになります。

夫婦に合わせると子供には居心地が良くないので、大学生になるとすぐに家を出て、そのまま家に戻らず社会人になってしまいます。子供に合わせると、夫の帰宅が遅くなったり、いつもイライラしていてケンカが多くなったりと夫婦に不協和音が出てしまいます。

たかが引越しと甘く見ず、家族の将来を決める重要なことととらえ、しっかりと選んでいただければと思います。



スピリチュアルカウンセリング で、お目当の土地がご家族にとって向いているかどうかを指導霊にたずねることができます。
詳しくはホームページをご覧ください。


こちらの記事もよく読まれています
住んでいる街から、自分の霊格を知る方法

コメントを残す