月別アーカイブ: 2017年8月

肉体と魂

肉体と魂 | カレスティア

ハナトラノオ

日本人であれば「魂」という言葉を日常的によく使います。

ところで、魂と肉体は同じなのでしょうか?それとも違うのでしょうか?
そして魂と肉体、どちらを重視すべきなのでしょうか?

今日は魂と肉体の関係を車とドライバーの例をあげて説明したいと思います。

仮に2台のスポーツカーがあったとします。
どちらも同じような性能で、差はほとんどありません。

その1台をF1ドライバーが運転し、もう1台を車庫入れもおぼつかない初心者が運転するとします。そして、サーキットを走って、どちらが早いかを競争します。やる前から結果はわかりますよね。

もう一つ例をあげます。

同じ型式の車が2台あります。
1台を常識をわきまえた人が運転し、もう1台を荒くれ者が運転します。

常識をわきまえた人は黄色信号でもちゃんと止まり、狭い道で歩行者がいたら速度を落として、事故が起きないように配慮して運転します。
一方、荒くれ者は、黄色で止まるなんてしませんし、道も譲りません。窓からゴミをポイ捨てするなんて日常茶飯事です。

車の良し悪しよりも、誰がどういった思いで運転するかの方がはるかに大切だということは誰でも納得していただけると思います。

人生は、車に乗っているドライバーにたとえるとわかりわかりやすいと思います。この世に生きている間はずっと運転中。車から出るのは死んだ時。そう考えてみてください。

外からよく見えるのは車(肉体)。
ドライバー(魂)は車の中に入っていて、外からはよく見えません。

運転中(生きている間)は車(肉体)ばかり見えるので、どうしてもよく見える車の方が好まれます。でも実際にどう運転する(人生を生きる)かはドライバー(魂)次第です。

そして、高級車に乗り、ピカピカに磨き上げることに情熱を燃やしていたとしても、死を迎えて、ドライバー(魂)が、車(肉体)から出なくてはいけなくなった時に、頭はボサボサ、無精髭だらけで、顔も洗ったのかどうか怪しく、歩き出したらヨタヨタ。
これでは困ったものです。

車(肉体)はどうでもいいとは言いませんが、何よりも大切なのはドライバー(魂)なのです。そしてもちろん、車とドライバーは同じではありません。

わかりやすいスピリチュアリズム入門講座として、これからしばらく、肉体と魂の関係について書いていこうと思います。

「自分の魂についてもっと知りたい」
そう思った時は、スピリチュアルカウンセリングで、指導霊に直接尋ねてみてはいかがでしょうか。
詳しくはホームページをご覧ください。
ホームページ

お読みの「スピリチュアリズム講座 入門編」は連載記事です。
次の記事は、「魂は本当にあるのか」
連載最初の記事は「スピリチュアリズムとは何か」です。
ぜひ続けてお読みください。

スピリチュアリズムとは何か

スピリチュアリズムとは何か | カレスティア

さあ今日から、スピリチュアリズムに初めて接する方にもわかりやすいよう、記事を一新しての再スタートです。記念すべき第一稿はやはり「スピリチュアリズムとは何か」でしょう。

仮に「スピリチュアリズムとはなんですか?」という質問があったとします。
それに簡潔に説明するなら、私でしたら、「スピリチュアリズムとは魂の浄化のために、いかに生きるべきかを問い続け、実践することです」と答えることでしょう。

でもこれでは言葉が短すぎて、説明が十分ではありません。

まず「魂」ですが、人はどうしても目で見える肉体に関心を寄せがちですが、肉体はあくまでも方舟(はこぶね)でしかありません。本体は魂です。そしてその魂は、永遠に生き続け、消滅しません。

そして人は意味もなく生きているのではなく、たとえ今どんな生き方をしていようとも、全ての人が「魂の浄化」を目指しているということ。その浄化はこの世だけにとどまらず、霊界の住人となってもずっと続きます。

さらにこの世に生きるということは、たくさんの苦難に満ちています。そしてたくさんの愛もあります。そういった一つ一つが、なぜ起こるのかを知ったほうが、人生の目的を達成するためにより優位になります。そして、人生の目的だけではなく、日々をどのように生きていったら良いのか、落とし込んでいく必要もあります。

そして知識だけでなく、実際に「実践」していくことが、なによりも大切なのです。

今日から「魂の浄化のためにいかに生きるべきかを問い続け、実践する」ためにはどうしたらよいのかを時には具体的な例を交えながら、解説していきたいと思います。長期にわたる連載になると思いますが、どうか最後までご愛読ください。

「自分の人生の目的を知りたい」そう思った時は、スピリチュアルカウンセリングで、自分の指導霊に尋ねてみてはいかがでしょうか?
詳しくはホームページをご覧ください。
ホームページ


お読みの「スピリチュアリズム講座 入門編」は連載記事です。
次の記事は、「肉体と魂」です。ぜひ続けてお読みください。

こちらの記事もよく読まれています
スピリチュアリズムを「心霊主義」とするのは誤訳かもしれない

収入が少ないと嘆く前に

収入が少ないと嘆く前に | カレスティア

ゴーヤのツルに雫が光っていました

「もっと収入が欲しい」と思ってらっしゃる方はとても多いと思います。
そして単に不満だけでとどまらず「より給料の高いところへ転職したい」と具体的に考えている方も多いことでしょう。

でも、「給料が不満→転職」と安易に行動を移す前に、少し考えていただきたいことがあります。
それは、「自分は仕事を通して、本当に他人の役に立っているのだろうか」ということです。

他人とは、社内の人たちかもしれませんし、顧客かもしれません。
何しろ、自分がやっていることが、どれだけ他人の役に立ち、喜びや笑顔をもたらしているのかを見つめ直して欲しいのです。

お給料というのは、厳しい言い方をすると「あなたの評価」なのです。

学生の時を思い出してみてください。
学期末になると成績表が渡されますよね。その成績表を見て、喜んだり、がっかりもしますが、それはやっぱり、あなたの日頃の行動や試験結果の第三者的評価なのです。成績が悪いからといって腹を立てても、それは的外れでしかありません。

給料が少ないと思うであれば、それは会社から見た場合、あなたの評価がその程度ということなのです。

たとえ最初の基本給が低くかったとしても、十分な働きをし、その職場においてかけがえのない人となっているのであれば、おのずと基本給も上がっていくはずです。
会社というのは計算ずくですから、手放したくない人と、そうではないとの待遇は当然のように変えてきます。

基本給が少ない、不満だと思うのであれば、もっと今の仕事を頑張るべきです。

仕事と給料にも因果律の法則は働いています。
どういう種を蒔いたかによって、収穫が変わるのです。

そしてきっかけは、お給料だったとしても、人の役に立つことを繰り返していくうちに、おのずと人は何のために働くのかがわかるようになれるかもしれません。

「今の仕事は自分を活かしきれていると思えない」「もっと良い仕事があるのではないか」
そう思った時は、スピリチュアルカウンセリングで、指導霊の意見をきいてみませんか?
詳しくはホームページをご覧ください。

ホームページ

こちらの記事もよく読まれています
仕事と収入