月別アーカイブ: 2018年10月

ソウルメイト

ソウルメイト | カレスティア
初めて会ったはずなのに、なぜか以前にも会ったことがあるような気がする。それどころかとても仲が良かったはずだと妙な確信さえある。こんな経験はありませんか。

もしそう思ったとしたら、その人と過去生で会っていたのかもしれません。または、霊界で一緒に活動し、何かを約束し合った間柄なのかもしれません。

こういった相手を世間では「ソウルメイト」という言葉で表現しているようです。

しかしソウルメイトとは特別なものではなく、あなたの周りにいる人たちのそのほとんどが、実はソウルメイトなのです。

なぜなら、両親、兄弟姉妹、パートナーとは過去生ですでに縁を持っていて、そこでなんらかの問題を起こしたか、やり残したことがあって、再び現世で家族になっていることが多いからです。

私が少々あきれてしまうのは、雑誌などに「ソウルメイトと結婚できたら幸せになれる」というような無責任な表現がされていることです。

パートナーになるということはすなわち、その人とやらなければならない何かがあるということ。あなたのパートナーはあなたたを鍛え上げてくれるタフな相手です。決して、あなたが安穏と日々を過ごすことができる理想の王子やお姫様ではありません。

相手を理解し、歩み寄って、お互いが努力した結果として、幸せになるのが本来のパートナーなのです。

まだ見ぬ私のパートナーはどこにいるのかしら?
そう思った時は、スピリチュアルカウンセリングで指導霊に尋ねてみてはいかがでしょか。パートナーは今どこにいて、何をしているのかを教えてくれますよ。
詳しくはホームページをご覧ください。

成仏

成仏 | カレスティア

スピリチュアルカウンセリング やミディアムシップの時に、他界されたご家族のことを心配されて「ちゃんと成仏できているでしょうか」というご質問をよくうけます。

以前、「先祖供養は必要か」というタイトルで、「霊界は愛の世界であり、懲罰や懲らしめとは無縁の世界です」という趣旨のことを書きました。霊界は昔話や地獄絵図に出てくるような、冷血無慈悲な審判者が君臨するおどおどろしい世界では決してないのです。

人はそもそも霊界の住人であり、私たちが生きる現世界は旅行先なのです。ですから、旅をしていた人が本来の居場所である霊界に戻るのはごく当然で、自然なことなのです。

でもなぜ多くの人が家族が霊界に行けた(本当は戻れた)かどうかを気にしてしまうのでしょうか。それはもしかしたら、「供養」という言葉がもつ誤ったイメージに問題があるのかもしれません。

たとえば仏教なら、
お経を読んだり、お坊さんにお経を唱えてもらうのは、お釈迦様の教えに触れ、自分の生き方を見つめ直すためのものです。
お墓参りをするのは、お墓を訪れ、故人を思い出し、語りかけるためです。
お仏壇にお花やお菓子を供えるのは、大切な人が大好きだったお花やお菓子を霊界に届けて、楽しんでもらうためのものです。

お経を読んだり、お墓参りをしたり、お供えをしたから、成仏するのではありません。もちろん、お経を唱えてもらわないから、お墓参りをあんまりしないから、お供えをしないから、成仏できないということは決してありません。

もしそう考える人がいるのなら、お経やお墓参り、お供えが「成仏という交換条件を引き出すため」の随分と不純な動機で行なっていることになりませんか。

多くの人が「成仏できるだろうか」というような考えに解放される日が来ることを願ってやみません。

誰にも相談できない悩みがありますか?
スピリチュアルカウンセリング で、指導霊のアドバイスを聞き、いちばんよいかたちで解決してはいかがでしょうか。
詳しくはホームページをご覧ください。

こちらの記事もよく読まれています
先祖供養は必要か
お供え

地球の現象にあらがわない

地球の現象にあらがわない | カレスティア

どんぐり

今日は、地球で起こる様々な現象が私たちの肉体や魂に影響を与えるということと、そういった時にどのように過ごしたら良いかについて書きます。

ところで、今年は台風がいくつも日本にやってきて大変でしたね。
台風が近づいてくると、胸の中がざわざわするような不快な感じがしませんか?

実はこれ、台風による磁場の乱れを肉体がキャッチしたことによって起こる症状なのです。

このブログでもたびたび書いていますが、私たちは本体は魂です。そして、この現世界にいる間は肉体という乗り物に乗っている状態です。

肉体はその全てが、地球の物質からできています。このことは、肉体が死を迎えると髪、肉、骨、全てが生物分解され、土へとかえっていくことからもわかります。ちなみに、魂は地球の物質でできていませんので、肉体の死が来ても土へとはかえることなく、霊界へと戻っていきます。

地球の物質で構成されている肉体は、地球の変化や現象を敏感に感じ取り、無意識のうちに共鳴してしまいます。そして不調になった肉体の影響を受け、魂の調子も悪くなってしまいます。わかりやすくいうと、ドライバー(魂)自身はいたってご機嫌なのですが、ガタガタいっている車(肉体)に乗っていると、不機嫌になってしまうのと同じです。

不調をもたらす現象は台風ばかりではありません。たとえば天気。どんよりとして、気持ちが沈むような感じがするどうにもならない曇りの日って、ありますよね。

季節変動もそうです。
たとえば、春。長く寒い冬からようやく解放され、植物たち芽吹きだすころ、けだるさや体の不調を感じる方も多いと思います。

月の運行も肉体に影響を与えます。
たとえば、満月。車の運転をしていて「なんだか今日は荒い運転をする人が多いな」と思うと、それが満月だったという体験をした方も多いと思います。

こういった地球の影響を受けて不調となる期間は「できるだけ特別なことはしない」よう、心がけることをお勧めします。もし、特別なことをするスケジュールが事前に入ってしまっているのでしたら、延期を試みてください。

特別なこととはたとえば、賃貸物件を見にいく、カーディーラーに新車を見にいく、プロジェクトの方向性を決めるなど、正しい判断が要求されることを指しています。

私たちが地球に生きている以上、良くも悪くも地球の変化や現象に影響を受けていることを知り、あらがわないようにすることが、上手に生きるちょっとしたコツなのです。

病気というわけでもないのになぜか調子が悪い。
そういうときは、スピリットヒーリングで、スピリットドクターの癒しを受けてみませんか。
詳しくはホームページをご覧ください。

こちらの記事もよく読まれています
肉体と魂
肉体は大切

人生は短い、だからすばらしい

人生は短い、だからすばらしい | カレスティア

柿が色づいてきました

私たちは、「究極の愛」になるという、まるで見果てぬ夢のような、途方もない理想を実現するために何百年、何千年と魂の修行を続けています。

現世界、つまり地球で生きる私たちの世界での死はあくまでも「肉体の死」でしかありません。魂は永遠に生き続け、本当の意味での「死」は存在しません。現世界を去った魂は、故郷である霊界へと戻っていくのです。

ではなぜ、魂は霊界と現世界を行ったり来たりしているのでしょうか。それは、現世界の方が霊界よりも格段に早く魂の浄化ができるからです。そして、それぞれの魂が持つ課題や願望、大志を実現するために現世界へとやってきているのです。

偉人と言われる人たちは、凡人には到底達成できないような素晴らしいことを実現してきました。でも、よく考えてみるとその素晴らしいことも、わずか数十年という努力の結果、実現しているのです。決して、何百年という月日はかかっていません。

大志を実現した偉人でなくても、誰でも持っている課題、たとえば「母と和解したい」といったことは、嫌悪の感情を乗り越え、相手を理解し、その全てを受け入れることができれば、早ければ数年、どんなに遅くても数十年後には達成できるのです。

地球上のどこに生まれようと、性別がどちらであろうと、富んでいようが貧しかろうが、全ての人は等しく、自分の人生を自由に意のままに生きる権利とチャンスがあるのです。

魂が生きる長さから比べると、ほんの一瞬でしかない人生。このわずかな時間を有効に使い、ダイナミックに生きれば、あなたが願っている課題や願望、大志は、必ず手に入るのです。つまり、「人生は短い、だからすばらしい」のです。

自分は人生の目標に向かってちゃんと歩めているのだろうか?
そう思った時は、スピリチュアルカウンセリング で、あなたの指導霊に尋ねてみてはいかがでしょうか。
詳しくはホームページをご覧ください。

こちらの記事もよく読まれています
なぜ現世界に再生するのか
人生の課題と願望、そして大志