地球の現象にあらがわない

地球の現象にあらがわない | カレスティア

どんぐり

今日は、地球で起こる様々な現象が私たちの肉体や魂に影響を与えるということと、そういった時にどのように過ごしたら良いかについて書きます。

ところで、今年は台風がいくつも日本にやってきて大変でしたね。
台風が近づいてくると、胸の中がざわざわするような不快な感じがしませんか?

実はこれ、台風による磁場の乱れを肉体がキャッチしたことによって起こる症状なのです。

このブログでもたびたび書いていますが、私たちは本体は魂です。そして、この現世界にいる間は肉体という乗り物に乗っている状態です。

肉体はその全てが、地球の物質からできています。このことは、肉体が死を迎えると髪、肉、骨、全てが生物分解され、土へとかえっていくことからもわかります。ちなみに、魂は地球の物質でできていませんので、肉体の死が来ても土へとはかえることなく、霊界へと戻っていきます。

地球の物質で構成されている肉体は、地球の変化や現象を敏感に感じ取り、無意識のうちに共鳴してしまいます。そして不調になった肉体の影響を受け、魂の調子も悪くなってしまいます。わかりやすくいうと、ドライバー(魂)自身はいたってご機嫌なのですが、ガタガタいっている車(肉体)に乗っていると、不機嫌になってしまうのと同じです。

不調をもたらす現象は台風ばかりではありません。たとえば天気。どんよりとして、気持ちが沈むような感じがするどうにもならない曇りの日って、ありますよね。

季節変動もそうです。
たとえば、春。長く寒い冬からようやく解放され、植物たち芽吹きだすころ、けだるさや体の不調を感じる方も多いと思います。

月の運行も肉体に影響を与えます。
たとえば、満月。車の運転をしていて「なんだか今日は荒い運転をする人が多いな」と思うと、それが満月だったという体験をした方も多いと思います。

こういった地球の影響を受けて不調となる期間は「できるだけ特別なことはしない」よう、心がけることをお勧めします。もし、特別なことをするスケジュールが事前に入ってしまっているのでしたら、延期を試みてください。

特別なこととはたとえば、賃貸物件を見にいく、カーディーラーに新車を見にいく、プロジェクトの方向性を決めるなど、正しい判断が要求されることを指しています。

私たちが地球に生きている以上、良くも悪くも地球の変化や現象に影響を受けていることを知り、あらがわないようにすることが、上手に生きるちょっとしたコツなのです。

病気というわけでもないのになぜか調子が悪い。
そういうときは、スピリットヒーリングで、スピリットドクターの癒しを受けてみませんか。
詳しくはホームページをご覧ください。

こちらの記事もよく読まれています
肉体と魂
肉体は大切

コメントを残す