月別アーカイブ: 2019年10月

スピリットに反対された結婚

カシワバアジサイの紅葉

カシワバアジサイの紅葉

人はこの世に生まれる時に無闇に生まれてくるのではなく、「○○をしよう」とか、「○○をしたい」といった再生の計画をたててから、生まれてきます。

今日は周囲の反対を押し切ってまで「○○したい」と願ってパートナーを決めた場合、どいうことが起こりうるのかを書きます。

たとえばある人が誰かに命を助けてもらったとします。そしてその恩に報いたいと考え、来世でその人をパートナーとして迎え、その人に尽くしたいと願ったとします。
しかし、指導霊や教育係の霊からは「恩には感謝で十分です。恩のためにパートナーになるのは適切ではありません」と説得を受けたとします。

ある人は自分の子供にあれこれと言い過ぎて、やりたいこともやらせてあげなかった。来世では夫婦となって、今度はどんな無理難題でも受け入れて、やりたいようにやらせてあげたいと願ったとします。
しかし指導霊から「束縛をしていたのだから今度は自由を与えたいというのはわかります。しかし、好き放題にさせて、それを全て受け入れるというのは間違っています」と、さとされたとします。

お二人とも、度重なる説得にも一切、耳をかさず、ただひたすら「○○したい」という願望を実現したい一心で現世界に生まれてきました。
霊界というのは自由意志を尊重する世界なので、指導霊や教育係の霊、高級霊といえども、首に縄をくくったり、強制することができないのです。

さて、お二人とも現世界に生まれ、大人になり、それぞれお目当ての相手の方と巡り合い、恋に落ち、結婚しました。

結婚してしばらくは、パートナーの方が自分とは違う考え方や価値観、生き方をしていることに魅力を感じ、パートナーに尽くしたいという一心で、懸命に努力してきました。そしてそういった一つ一つが喜びであり、生きがいでさえありました。

しかし結婚して、20年を過ぎたあたりから、だんだんと辛く感じるようになってきました。
考え方や価値感、生き方が本当に自分と違うのだと、ほとほと痛感するようになってきたのです。さらに、この人とこれからも生涯を共にすることに喜びや心の平安を感じられない、とさえ思うようになってきました。

これが指導霊が散々言い続けた「尽くすためだけに一緒になることは無意味」の真相です。

しかしそうはいっても、パートナーに尽くす人生を始めてしまったのですから、もう後戻りはできません。
大切なのは、「これからどうするか」です。

選択肢はたくさんあります。

まず、「離婚するか」「婚姻を継続する」か。
離婚を選んだとしてもその先の選択肢はたくさんあります。どのように子供たちや親と関わって生きていくか、別れたパートナーとどのようにつきあっていくか。仕事はどうするか。
別れないを選んでも選択肢はたくさんあります。このままずっと我慢するのか、心を閉ざすのか、家庭内別居するのか、思い切って話し合ってみるのか。

人生はまだまだ終わりません。
これからの人生を無駄にしないために、なりたい将来像をしっかりと決めて、正しい選択をすることが大切です。逃げたい一心で安易に決めたり、惰性に流されるのだけはやめましょう。

どうやら自分も「スピリットに反対された結婚」だったのかもしれない。
そう思った時は、パートナーの方とのこれからをどうするか、慎重に考えた方が良いです。スピリチュアルカウンセリング で、本当に「スピリットに反対された結婚」だったのかを確認し、これからのことをご自身の指導霊に相談してみてはいかがでしょうか
詳しくはホームページをご覧ください。

こちらの記事もよく読まれています
願望
人生の課題と願望、そして大志
自由意志

先祖供養と因果律

キンモクセイ

キンモクセイ

スピリチュアルカウンセリング で、「霊能者から先祖が苦しみの中にいる。供養が必要だ。あなたがうまくいっていないのも先祖供養が足らないからだと言われた」という内容の相談受けることがたまにあります。そしてその霊能者は「私なら供養ができる。そのためには・・・」と続けるのです。

もちろん、指導霊からは、供養をしてもらう必要はないということと、その理由が説明されるですが、ある方のスピリチュアルカウンセリング で、ちょっと違った視点での説明があり、私も「なるほど」と思ったことがありましたので、ブログに書きます。

以下は指導霊からの言葉の引用です。

そもそも苦しみというのは、不都合なことが起きている理由がわからないことにあります。そして、将来どうなるか分からないという不安からも起きるのです。

しかし肉体から離れ、魂だけの状態になった私たちは、今まで繰り返してきた全ての再生の記憶を取り戻し、現世界で起きた悲しみや苦しみを客観的にとらえることができます。

そして真理に照らして考え、悲しみや苦しも、自分がしてきたことが原因であり、結果であることがわかります。

さらに、今していることが、将来を作ることも知っています。今を正しく生きれば、将来に不都合はありません。
私たちには、あなたたちが考えるような苦しみはありません。ですから、霊能者による供養は必要ありません。

とのことでした。ここまでが、指導霊からの引用です。

「霊界は愛の世界、懲罰や懲らしめとは無縁の世界である」という説明が多かった中、「苦しみは因果律を理解していないから起きるのだ」という視点からの説明でした。

私たちには、「自分がうまくいかないのは、○○のせい」という、責任転嫁をして逃げるクセがあります。その弱さに目をつけ、悪徳者はつけ込んでくるのです。いずれにせよ、先祖たちが霊界で苦しむということはありません。もちろん、成仏できないということもありません。

物事がうまくいかない、不都合なことがある時は、自分に原因があるのではと、もっと自分自身に目を向ける必要があります。そして、不都合なことと、他界した愛する人たちのことは切り離して考え、純粋に思いをよせて、祈ってはいかがでしょうか。

それでもまだ先祖のことが気になりますか?
そういう時は、スピリチュアルカウンセリング んで、ことの真相を尋ねてみてはいかがでしょうか。
詳しくはホームページをご覧ください。

こちらの記事もよく読まれています
先祖供養は必要か
成仏
親の因果が子に報う?
ご先祖さま
スピリットとお墓

家柄

彼岸花

彼岸花

自分の家柄にこだわる方達がいます。

正確には、家柄にこだわっているというより、家柄にすがっているというのが実態なのですが、今日は先祖よりも自分自身を見てはいかがでしょうか、ということを書きます。

「先祖は武士だった」「うちは名家だ」と、親に何度となく聞かされて育ってきた。しかしそのことが嫌だったというのならともかく、その人自身がその価値観を受け継いでいるのです。そして話の端々に周囲の人々を見下している様が散見され、自分は他とは違うんだという意識も読んでとれます。

武士は昔の数ある職業のひとつにすぎません。
江戸時代の人口で約7%が武士でした。つまり、さほど特殊な職業というわけではなかったのです。それに武士といっても、その職務内容は、政(まつりごと)に直接関わるものから、会計、事務、馬や武具の管理にいたるまで、実に広範囲にわたっていました。つまり、武士イコール偉いとか、尊いというのは虚像でしかありません。

自分の家柄にこだわってい人たちに共通していることがあります。
それは「自身の境遇に満足していない」ということです。

仕事で活躍できていない、パートナーと巡り会えていない、家族としっくりいっていないなど、自分の今の境遇が自分自身で納得できていないのです。そして、自分を慰めるために「ご先祖様は偉かった」という、美談や妄想を作りあげているのです。

しかし、それはやはり違います。
先祖の功績は、努力をした先祖のものです。先祖の栄光は、あなたを賞賛するものではありません。

今の境遇は、自分が行ってきた事実の積み重ねであり、結果です。

それが気に入らないのだったら、今からでも遅くはありません。日々の行動や考え方を変えるのです。体裁や言い訳を全て捨てて、ひたむきに努力すれば、必ず報われます。

先祖の栄華から目を離し、自分自身を正視する。それが大切なのではないでしょうか。

「自分がうまくいかないのは、先祖の因果のせい?」
そう思っているのでしたら、スピリチュアルカウンセリング で、先祖が影響しているのかを尋ねてみてはいかがでしょうか。目を開くことができるかもしれませんよ。
詳しくはホームページをご覧ください。

こちらの記事もよく読まれています
ご先祖さま
なぜ因果律があるのか
因果律とは