先祖供養と因果律

キンモクセイ

キンモクセイ

スピリチュアルカウンセリング で、「霊能者から先祖が苦しみの中にいる。供養が必要だ。あなたがうまくいっていないのも先祖供養が足らないからだと言われた」という内容の相談受けることがたまにあります。そしてその霊能者は「私なら供養ができる。そのためには・・・」と続けるのです。

もちろん、指導霊からは、供養をしてもらう必要はないということと、その理由が説明されるですが、ある方のスピリチュアルカウンセリング で、ちょっと違った視点での説明があり、私も「なるほど」と思ったことがありましたので、ブログに書きます。

以下は指導霊からの言葉の引用です。

そもそも苦しみというのは、不都合なことが起きている理由がわからないことにあります。そして、将来どうなるか分からないという不安からも起きるのです。

しかし肉体から離れ、魂だけの状態になった私たちは、今まで繰り返してきた全ての再生の記憶を取り戻し、現世界で起きた悲しみや苦しみを客観的にとらえることができます。

そして真理に照らして考え、悲しみや苦しも、自分がしてきたことが原因であり、結果であることがわかります。

さらに、今していることが、将来を作ることも知っています。今を正しく生きれば、将来に不都合はありません。
私たちには、あなたたちが考えるような苦しみはありません。ですから、霊能者による供養は必要ありません。

とのことでした。ここまでが、指導霊からの引用です。

「霊界は愛の世界、懲罰や懲らしめとは無縁の世界である」という説明が多かった中、「苦しみは因果律を理解していないから起きるのだ」という視点からの説明でした。

私たちには、「自分がうまくいかないのは、○○のせい」という、責任転嫁をして逃げるクセがあります。その弱さに目をつけ、悪徳者はつけ込んでくるのです。いずれにせよ、先祖たちが霊界で苦しむということはありません。もちろん、成仏できないということもありません。

物事がうまくいかない、不都合なことがある時は、自分に原因があるのではと、もっと自分自身に目を向ける必要があります。そして、不都合なことと、他界した愛する人たちのことは切り離して考え、純粋に思いをよせて、祈ってはいかがでしょうか。

それでもまだ先祖のことが気になりますか?
そういう時は、スピリチュアルカウンセリング んで、ことの真相を尋ねてみてはいかがでしょうか。
詳しくはホームページをご覧ください。

こちらの記事もよく読まれています
先祖供養は必要か
成仏
親の因果が子に報う?
ご先祖さま
スピリットとお墓

コメントを残す