カテゴリー別アーカイブ: 因果律

人は想像した通りになる

マンサクのつぼみ

マンサクのつぼみ

今日は人は想像した通りになる。だから、自分にとってマイナスであったり、否定的な想像はほどほどにすべきだ、という話について書きます。

少しでもわかりやすいように、例をあげてみます。

ここにAさんという人がいます。Aさんはパートナーから離婚して欲しいと突然言われ、うろたえています。Aさんは離婚をしたくありません。どうにかして離婚を回避したいと望んでいます。

Aさんは自分の何が悪かったのか必死に考えました。そしてあれかもしれない、これかもしれないといくつか思い当たることがあります。ではそれをどうしたら良いのか、どうしたらパートナーの望む通りになるのかを必死に考えます。

しかし頭の中によぎるのはそればかりではありません。離婚したら、子供たちはどうなってしまうのか。誰が親権を持つことになるのか。パートナーに親権が渡ってしまったら、子供たちに会うことができるのか。そもそも親の離婚が、子供達の心に影を落とすことになってしまわないだろうか、と考えてしまいます。

それだけではありません。離婚したら自分の生活はどうなるのか。ひとりで寂しく生きていくのか。老後はどうなる。病気をしたら。

職場に離婚したことを報告しなくてはいけないのか。もし話したら、同僚たちはどのように接してくるのだろうか。いづらくなってしまうのだろうか。

田舎の両親にも話さなくてはいけない。親はどんな顔をするだろうか。歳をとった親を悲しませたくない。

考え出したらキリがありません。

気がつくと、離婚を回避するための善後策よりも、離婚した後にどうなるのかを考えている時間の方がはるかに多くなっています。

しかし、注意して欲しいことがあります。
人は「想像した通りになる」ということです。

望むと望まざるとにかかわらず、思いを巡らした量や質、時間が最も多いことが現実となるのです。「そんなバカな」と思うかもしれませんが、これは事実です。最も思考を働かせたことが「お望み」で、たくさん想像したことで「お望みの結果を得てしまう」のです。

離婚をしたくないのであれば、離婚を回避する方法、自分がしてきたことの反省と改善策に最も時間をさかなくてはいけません。

もちろん、ネガティブなことは一切考えるな、とは言いません。もし離婚となった場合、その後どうなるかは、リスク回避の観点からも考えるべきです。

しかし、質・量・時間を離婚しないための思考に最も重きを置かなくてはいけません。それがやがて「お望みの結果」になるからです。

少し前の予備校の広告に「わたしが○○大学に?」というのがありましたが、それはあり得ない話です。第一希望の○○大学に入れた生徒さんは、確かに学力的には今一歩だったかもしれません。しかし誰よりも○○大学に入学した自分に思いを巡らせ、ひたすら努力をしてきたのです。その結果が○○大学への入学を勝ち得たのです。

人は想像した通りの生き方をあゆみものなのです。なりたい結果をイメージし続け、そうなるための思考に時間を費やすことがとても大切なのです。

万策尽き果てたと思っていませんか?
あなたの指導霊なら、あなたの窮地を必ず救ってくれます。
詳しくはホームページをご覧ください。

こちらの記事もよく読まれています
動機が重要

人生におけるタイミング

椿のつぼみ

ツバキのつぼみがふくらんできました

今日は相談者の方が指導霊のアドバイスを実行に移す速度によって、結果が異なってしまうということについて書きます。

スピリチュアルカウンセリングでお客様の指導霊から「状況を良くするためには、○○してください」というアドバイスをいただくことがよくあります。

しかし世の中には「腰の重い人」というのが存在します。数ヶ月後に再びスピリチュアルカウンセリングにお越しになり、指導霊とコンタクトを取ると、指導霊が明らかに不満な様子なのです。
その理由を尋ねると「以前、私から伝えたアドバイスを全く実行に移していない」というのです。

お客様にそのことを尋ねるとやはり、「気にはなっていてやろうやろうと思いつつ、まだやっていません」という回答が返ってきます。

それに対し、指導霊からのアドバイスを言われたことを誇張ではなく、本当にその日のうちに実行に移す方もいらっしゃいます。そういった方が再びスピリチュアルカウンセリングにお越しになると、指導霊から「さらなる高みを目指すために、○○をしましょう」と、追加のアドバイスをいただくことになります。

するとその方は前回と同じように、その日のうちにアドバイスを実行に移します。

指導霊のアドバイスを素直に聞き入れ、まずは行動してみる。行動を続けるうちに、やがてその本質が理解できるようになり、自分の中で消化し、応用が効くようになってきます。

こういった方は明らかに(ちょっとモヤッとした言い方ですが)「運気が上がる」のです。
自分だけの努力ではなかなか到達できないレベルに、極めて短期間で達成することができるようになります。

全てのことに言えることですが、タイミングはとても大切です。
タイミングについて、わかりやすくサーフィンにたとえて話をします。

サーフィンをするには、波が自分の方に押し寄せてきて「さあ今乗るぞ」という、わずかな一瞬にしかタイミングはありません。それをもたついてタイミングを逃したら、次の波が来るまで待つしかありません。人生における波は1つを逃すと、次にやってくる波は数ヶ月後かもしれませんし、下手をすれば数年後かもしれません。

人生は決して長くありません。ものごとが数年レベルで遅れをとってしまうと、取り返しのつかないことはたくさんあります。受験、恋愛、結婚、転職…。あげ出したらキリがありませんね。

「腰の重い人」というのは、絶好の波乗りタイミングを逃して、すっかり凪(なぎ)になった頃にボードの上に乗って、「全然前に進まないんですけれども?」と文句を言っているのと同じなのです。

実行に移すことはもちろん大切です。
しかしそれと同じくらいに大切なのが「タイミングを逃さない即実行」ということなのです。

人生の大切なタイミングを逃さないために、スピリチュアルカウンセリングで、お客様の指導霊からのアドバイスをきいていみませんか。
詳しくはホームページをご覧ください。

自然災害と個人

ニラの花

今年になってから、大雨による水害、コロナウィルスなど、実に災難続きです。

こういった自然災害(ここでは水害やコロナウィルスも自然災害とします)を個人の因果律や個人への予言や警告とみなすことには無理があるとことについて書きます。

具体的に例をあげて説明します。

まず長雨による水害について。これは因果律で説明ができます。
(原因)化石燃料の使用による大量の二酸化炭素の排出→(結果)温室効果ガスの形成
(原因)地球全体をおおう温室効果ガス→(結果)地球温暖化
(原因)地球温暖化→(結果)日本の亜熱帯化
(原因)日本の亜熱帯化→(結果)記録的な大雨
もちろん、大雨の原因が二酸化炭素だけではありませんが、ここでは簡略化しています。

そしてこの記録的な大雨が、
(原因)大雨→(結果)河川の氾濫
(原因)河川の氾濫→(結果)家屋や人への被害
という結果になりました。

河川が氾濫した原因は行政の見積もりの甘さがあったり、犠牲者が出たことについては、行政から出ていた注意報や警報に対して、行動が遅れたという原因もあるかもしれません。

しかし、被害があった家屋に住む人や犠牲にあった人が、真理に背(そむ)いた生き方をしていたから、ということは決してありません。実に当然のことです。

コロナウィルスに関しても、同様のことが言えます。

現在のところ、コロナウィルスの感染源は野生動物と人間との接触と言われています。
最初にコロナウィルスに感染した人が原因で、コロナウィルスの世界的蔓延(まんえん)が結果です。

この結果に至るまでの原因をみていくと、某国の感染拡大の隠蔽(いんぺい)、公表の遅れがあります。また、世界保健機構と各国政府の対応の遅れと対応策のまずさもあげられます。

しかしここでも、感染してしまった個人が、悪人であるとか、真理に背いた生き方をしていたからということは決してありません。これも当然のことです。

地球は霊界に比べると、実に危うく、脆弱(ぜいじゃく)です。
自然災害も因果律の結果ではありますが、それによって被害を受けることは、個人の背信行為とは無関係なのです。冷静に考えれば当たり前のことです。

しかし、水害で被害を受けた人やコロナに感染した人に対して、根拠のない非難や中傷は後をたちません。これは厳に慎(つつし)むべきことであり、あってはなりません。

また自然災害を何らかの啓示と受け取る人たちもいます。

「春から○○学校に通おうと思っていたのですが、これは私への警告だと思ってやめました」
「転職をしようと思っていましたが、やめなさいというお告げだと考え、やめました」
とおっしゃる方に実際に何人かお会いしました。

何かをするときに時期は大切です。
コロナウィルスの蔓延で、学校に通うのは難しいと思います。転職も難しいでしょう。そういった意味であれば、行動を中止したことは正しい判断と言えます。

しかし、自然災害を理由に、自分の夢や希望、未来を諦めてはいけません。
自然災害が鎮静化して学校が再開したら、就職市場が回復したら、またチャレンジしていただきたいのです。

自然災害が、個人への警告や個人への何らかの予言であることは、決してないのです。

災害やコロナウィルスの影響で、見通しがたてにくくありませんか?
今は待つべきか、それとも進めるべきか、スピリチュアルカウンセリング で、指導霊に相談してみてはいかがでしょうか。
詳しくはホームページをご覧ください。

こちらの記事もよく読まれています
災難から守ってくれる天使